平凡でも カレー なる日々

【ご案内】GW明け復帰が延びてしまいました(泣)ちょっと予定が読めませんが必ず戻りますので待っていて下さい!

全体表示

[ リスト ]


賞品付きカレーのクイズを実施しようと思います。
   応募資格はどなたでも有り!制限はありません。
   出題は11月19日から21日の間に行います。
   是非、又、見に来て下さいね!

★カレー店索引★

★カレーレシピ一覧★



特集《カレーなる一週間》のご説明

『カレー研究所』を一週間研究する! 〜その5とまとめ!




【店名】      カレー研究所池袋店
【年月日・時間帯】 H18/10/
【カテゴリ】     カレーショップ
【場所】       池袋駅徒歩4分
【住所*電話】    豊島区南池袋2-27-5 カテイビルB1F *03-3980-5848
【定休日など】   無し
【お店HP】    ?
【メニュー・価格】 インドネシア・ビーフカレー 924円
【セットの内容や具】牛肉・茄子
【辛さ】      弱め
【スパイス感】   低
【汁気】      トロリ
【濃厚度】     やや濃いめ
【教えたい度】   下記参照。
【備考・その他】

世界のカレーを出して下さるお店

その名も〜

『カレー研究所』!

キャッチ〜
「研究しつくされた究極のカレーの感動的な美味しさをご堪能下さい」
ですって!

これは素晴らしい。是非とも研究の成果を拝見しなければいけないですね!




   金曜日はインドネシアを研究する  ・・・  『インドネシア・ビーフカレー』


イメージ 1

インドネシア・ビーフカレー
研究論文(メニューの説明)です。
じっくりと丹念に煮込んだビーフブイヨンをベースに香辛料調味料を加えながらゆっくりと
熟成させた究極のビーフカレー。
やわらかな牛肉をたっぷりと使った贅沢なコクと旨味のカレーです。

イメージ 2

牛肉は大きさや形が揃っているでもなく、割と無造作にバラバラ入っています。
ゴロゴロという感じではない、バラバラ。
その他の具は、ナスが見られる程度。
固形の肉とは別途のビーフ及び玉葱などの野菜が挽肉状になっています。
ルウは、少しだが臭みというか、癖(?)がある。
辛さは弱く、むしろ甘めだが・・・・このカレー・・・インドネシアとの事ですけど・・・



もしや、コレ、関西っぽくないですか?
ズバリ!牛すじカレーの味付けだ!

そう思ったら、もうこれが牛すじカレーとしか思えなくなってしまいました。

笑いながら食べた(笑)

なるほど、インドネシアと関西はどこかで繋がっているという訳ですね(笑)。
いや、まじめな話、インドネシアで使う何かの香辛料が、そう思わせるのでしょうか?

注:「牛すじ肉」を使用していたわけではなく、味の傾向のお話しです。

このカレーについては、ちょっとスパイスや辛みを増量した結果がイメージ出来ません。
あまりいじらない方がよいのではないかと思いました。



   その他ご紹介だけ  ・・・・・  『印度チキンカレー』『タイグリーンカレー』


前回頂いたので今回は省略した「印度チキンカレー」の説明は以下の通り。

印度チキンカレー
インドの本格派指向のイエローカレー。
10種類のスパイスと南インドから直輸入したグリーンマサラやマンゴーチャツネをふんだんに使った秘伝のカレーです。
骨付きチキンの旨味が利いています。

私が苦手な「タイグリーンカレー」の説明は以下の通り。

タイグリーンカレー
ココナツミルクのマイルドな口当たりと鶏肉の旨味にグリーンチリのキレの良い辛みが加わったタイのカレー。
野菜もたっぷりでサラッとした仕上がりが独特の味わいのある女性にも人気のカレーです。

お好みで頂いてみて下さい。

NOBLEベストチョイス!

  ネパール風キーマカレー 4倍スパイス+5倍ホット=1186円
これでキマリ!パンチがありますよ。
少々高いですが・・・


NOBLE研究論文

「○○風」かどうかは、いかんせん私の方も怪しいので、不確かなことは申し上げられません。
カレーも個々のパワーは多少不足が見られますが、まずまず丁寧に作られていて品質も悪くありません。
どこかに書かれていた「通好み」というフレーズなどには違和感を覚えたものの(笑)、平均的なレベルで申し上げると、各カレーとも十分に美味しく、気楽に行くには手頃なお店でしょう。
が、問題点もそれなりに・・・

3点、お話しします。
『研究課題』ふたつと『価格設定』のお話しです。

まず、『研究課題』・・・

《その1》
メニュー構成です。
今も何か研究中なのでしょうか?今後、追加メニューも有り?
一通り頂いてみて、少し変更してもよいと感じました。
そろそろ飽きられる頃かも知れませんし。
もし整理するなら、ビーフカレーは英国風とするのが良いでしょう。
何度も申し上げていますが「池袋では美味しい欧風ビーフカレーが有りません」からチャンス有り。
野菜は、英国風ではなくて、南インドの野菜カレーを出しましょう!
(やや品質管理や調理に難しい部分は有りますが)
地域別なら、中国と日本も欲しいです。是非、追加を望みます。

ただ、研究対象を「国別」にこだわらなくても良いのでは無いでしょうか。
「こだわりの具材別」にするのも魅力的です。
具材にこだわるとコストを押し上げる懸念がありますが、コスト対策も研究して頂いて(笑)

《その2》
この店、化ける可能性もあります。結構面白そうな要素もあるのです。
どうせなら「研究所」という名前をもっと活かしていきませんか?

店内は明るく、スパイスのサンプルや一般的には見慣れないビン調味料を置くなど、ディスプレイには気を配っており感じはよいです。
ただ、せっかくならもっと「研究してます」という雰囲気を出したらどうでしょう?
スパイスのサンプルをもっと見やすく、この店なりに分析して説明を加えて展示するとか。
その程度のことなら全然難しくないはずです。ディスプレイだけで終わっては勿体ないです。
メニュー説明が丁寧にされているのは大変に良いことです。
でも、全体的に記述が抽象的なのは研究所として相応しくありません。
チグハグでイマイチ説得力が有りません。
他にもネタは沢山ありますよ!まだまだ「研究の余地有り!」ということです。


次に『価格設定』のお話し

ソコソコのお客は入っています。ただ、お昼の集客がイマイチなのです。
理由は、ズバリ、価格の高さ。
ランチ価格の設定もなく、とにかく全体的に割高な印象は拭えません。

少しつっこんでお話ししてみましょう。

ベースが既にソコソコの値段なのに、スパイスなどの調整で更に単価を上げようとするのは納得行きません。
又、「ライス少なめ」に対して「値段は変わりません」というのも納得行かない。
大盛りは追加料金を取るのに、これでは理屈が合わないと思います。
まあ、少なめでも値段が変わらないのはこのお店だけではありませんが(苦)。

売上を上げるための主要手段は、相当簡単に言うと「ゝ區瑤鯀やす」「客単価を上げる」ということです。
△両豺腓蓮峅然弊瀋蠅高い」という意味では有りません。
高級料理店では無いのですから、元々のカレーそのものが高いというのでは感心出来ません。
ここは客の意思による「ついで買い」などを誘発させるのが基本です。
カレーショップの場合「ついで買い」させる手段が、或る程度限定されてしまうのは厳しいところです。
例えばトッピングなどの導入は誰が考えても常套手段です。

その見地から、このお店のスパイス増量オプションは間違った手段ではありません。
ただ、それをやるなら、ベースの値段をもう少し下げておくべきではないでしょうか。
ちょっと辛くしてちょっとスパイスを増量しただけで、1000円を確実に超えてしまうのですから。
これでは、スパイス増量しようという気分にはなりません。萎えます・・・。
各3段階増量の2番目位までなら、1000円以内に収めるべきでしょう。

このお店の優先課題は、一旦利益率が下がったとしても、まず「ゝ區瑤鯀やす」ことだと思います。
ランチの設定に加えベース価格の引き下げが出来れば、十分に集客増が見込めます。
併せて、数は多くなくても良いので、数種類のトッピングも揃えましょう。
このお店のキャラからも有効でしょうし、やり方次第ではベース価格の引き下げの元は簡単に取れます。
結果「客単価を上げる」に転化することも可能なのです。

で、重要なのは「5劼慮把蟆宗です。(この説明は、他の機会にします)
´↓が循環することにより、売上も増えますし活性化もしていきます。
現状の価格で、ソコソコお客さんが来てくれているのですから、未だチャンス有り!です。

売上を増やして、更なる研究の為の費用をひねり出し、更にお客様に喜んで頂ける店作りをする。
それが、この「カレー研究所」の正常な進化です。
それが出来れば、一気に拡大も可能だと思います。
池袋や渋谷の他にも研究所を沢山作ることが出来る、ということです。


日々、たゆまぬ研究・・・

大変だなあ・・・


【独断評点】    期待を込めて、3.30点

この記事に

閉じる コメント(4)

顔アイコン

研究論文読ませていただきました。今まで、ちょっと胡散臭さが拭えなかったので、行ってなかったんですが、今度行ってみます(笑)。

2006/11/18(土) 午前 10:01 [ - ] 返信する

顔アイコン

LAKUさん、こんにちは。いや、ここは・・・胡散臭いです(笑)

2006/11/18(土) 午前 11:58 カレー・ノーブル 返信する

顔アイコン

一週間楽しませていただきました。老児も「ラボラトリ=研究所」という名前のブログを描いていますが全然研究っぽくなくてお恥ずかしい限りで(笑)うさんくささではこのお店と同じかも(苦笑)池袋に行く機会は多いので今度いってみよう....

2006/11/19(日) 午後 9:05 [ 老児 ] 返信する

顔アイコン

老児さん、有り難うございます!まあ、一番胡散臭いのは私のブログそのものですから!(爆)

2006/11/19(日) 午後 9:44 カレー・ノーブル 返信する

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

.


みんなの更新記事