平凡でも カレー なる日々

【ご案内】GW明け復帰が延びてしまいました(泣)ちょっと予定が読めませんが必ず戻りますので待っていて下さい!

全体表示

[ リスト ]

.
.
.
27日締切でクイズやってます!

参加資格問わず!是非ご参加下さい!


【店名】      ディヤダハラ
【年月日・時間帯】 H18/11/14 夜 
【カテゴリ】    インド料理/スリランカ料理
【場所】      練馬駅徒歩6分
【住所*電話】  練馬区豊玉北6-14-9藤岡ビル2F *03-5912-0671
【定休日など】   なし
【お店HP】    http://www.diyadahara.tokyo.walkerplus.com/
【教えたい度】   ◎ 下記参照。
【備考・その他】
スリランカ料理店です。

スリランカフェスティバルに出店していたが、行列で食べることが出来なかったお店です。

さっそくご紹介します。


見やすいメニューは、野菜系・肉系・魚介系と3つにカレーがカテゴライズされている。
さらにそれぞれに
 「大地とスパイス」
 「力とスパイス」
 「海の幸とスパイス」
〜などとネーミングされているのは、この店なりのこだわりが感じられて面白い。
ファーストインプレッションは良好。
それぞれのメニューに簡単な説明が付記されており、写真添付され大体の様子はつかめる。
それでも、下記ご紹介するメニューのように予想とは異なる料理に出くわすこともある。
これは楽しいハプニングと考えよう。

単品カレーは約20種類。790−1200円の価格レンジ。
エビなどがやや高めなのは他店と同様。大体は千円以内で食べることが出来る。
メニューで見る限り、「これが日本のスープカレーの原点だ!」というようなものは発見出来なかった(笑)。

ディナーにはスリランカ料理にスポットを当てたセットメニュー有り。今回頂いた2種の他に4種。
加えてターリーのようなコースものもあり、最も高いものでも3000円と比較的手頃な南インドとスリランカをミックスしたようなセットを頂ける。
よりスリランカっぽいのは、やはり6種のスリランカディナーセットメニューだろうか。
もちろん内容がお好みに合うかどうかだが、まずはご覧になって頂きたい。
お値段に不満も出ないはずだ。

タンドール料理や一品料理も有り。サイドメニュー・おつまみにも良い手頃なお値段。
一品料理は、どれも家庭的な雰囲気のもの。

あとは「炒め物」が有る。スリランカでは「デヴェル」だか「デヴィル」だかという呼び方のものらしい。
恐らくどれも美味しいのだと思うが、このカテゴリに、余りエスニックな期待をすると外す可能性がある。
新宿のサンサールで野菜の炒め物を頼んだら、中華の炒め物のようなものが出てきたことがある。
勝手にこちらの思いこみだし、文句を言う筋合いのものではないが・・・やや拍子抜け・・・。
炒め物を試してみたいのなら、「ただ炒めました」というより、例えばコットロティのようにパラタを使用している炒め物など、何か変わった点がある料理の方を先に試したほうが、違いや特徴が良く分かると思う。

全メニュー辛さ調整可なのは×。
  甘口・普通・中辛・ベリーホットの4段階設定。
「甘口」と言われたら、どうやって調整するのだろうか?方法を聞きたくもないけど・・・
逆に、ダルカレーを「ベリーホットで!」という客が居たら対応するのだろうか?
これはどうにも納得行かない点。

昼も夜も食べ放題有り。



まず、注文したお料理のご紹介
 パティス (2P)・・・・ 420円
 トサセット ・・・・・・・1260円
 イカのカレー ・・・・・・840円
 オクラとジャガイモのカレー・・・840円
 ストリングホッパーセット・・・1365円
・・・当然一人ではなく、二人前です(笑)。

パティス

 スリランカのスナックを一品。マグロとジャガイモを入れて揚げたもの。
 スリランカフェスティバルのような条件で食べるのと違い、やはりお店で食べると風味から何から全然違う。
 しかしインドなどではスナック類は屋台で食べられるらしいので「出店だから」というのは本来通用しない。
  注:スリフェスでここのお店の料理は食べていない。あくまで、スリフェス全体的な印象からの「例え話し」

イメージ 2

 ココナツチャツネ付き。これが抜群に旨い。白くなく赤いタイプ。ココナツの甘みとチリの辛み。
 甘みはさらに砂糖添加。生姜は当然だが、隠し味でミツカン酢使用(マジ)とのことで、ビックリ!(笑)
 私としては、これだけライスにかけて食べたいくらい嵌ってしまった。
 何とか家で作ってみたい。Let's Try!
北インドはカレーそのもののダイナミックレンジの広さが魅力で、南インドはレンジは狭くとも、素材とスパイスのハーモニーが真骨頂。それがいわゆる滋味深さに繋がる。
加えて付け合わせの多彩さ。特にチャツネ(チャトニ)は、恐らく家庭の数だけ味のバリエーションが有るはずだ。
北のチャツネはそれほどの種類はなさそうだが、南は何でもあり。
胡麻までチャツネにするのはレシピをご紹介したとおり。
スリランカも傾向としては南インドに近似だ。で、この甘くて辛いチャツネも抜群だった。

トサセット

 ココナツサンバルカレー付き
 ポルサンボル付き

イメージ 3

 ドーサではなく「トサ」と言うらしい。「D」ではなくて「T」だった。
 説明には「ウラド豆使用」と書かれていたのでドーサと同じものと思ったが、どこか違う雰囲気もあったので、
 それを確かめるために注文してみた。
 やはり材料は似通ったものだが、丸く厚みを持たせてふっくら焼いたタイプで、南インドの「ウタパム」に近い。
 ウタパムとは俗称「南インドのお好み焼き」と言われているが、お好み焼きに近いとは思わない。
 どう考えても、ドーサを厚めにしっとり焼いたもの、としか言いようがない。
 二つ折りを開いてみると、所々に緑色の細かな切れ端が。ネギなのかアサツキなのか。
 これに、サンバルやサンボル(ややこしい・・・(笑))、他のカレーやチャツネなどをつけて食べる訳だ。
 ココナツがバッチリのサンバルカレーは酸味より甘みが勝ったものだが、サンボルが辛さとの対比が楽しい。
 サンボルというのはふりかけの総称で、ポルサンボルとは、カツオ節・ココナツなどを細かく切って和えた物。
 歯触りがよい生の玉葱も一役買って、結構辛い。
 トサセットに止まらず、サンボルをあれやこれやに混ぜて食べる。勿論美味しい。
 同行者さんが(盛んに)「美味しい♡」と仰ったので、お代わりサービスしてくれたのはここだけの話し。
 

イカのカレー

 この店の魚介カレーは、殆どのものがココナツベース。
 イカのカレーは、説明にココナツとは書かれておらず、写真で見る限り少しピンク色に近い赤。
 一番正体不明なので頼んだのが、実際はこれもココナツだった。(ガッカリと言うことではない)
 甘みあり、辛み有り、実に複雑な味わい。このへんになると何を使っているのか、てんで分からなくなる。
 例えば、イカのワタなども使っているのだろうか?臭みは感じなかったが、コクもある。

イメージ 4

オクラとジャガイモのカレー

 野菜カレーから、一品、お店の方のお薦めを聞いてチョイスした。
 これは珍しいものだ。というより予想と違った。カレーと言うより炒め物
 野菜から多少水分も出ており完全にドライではない。
 このように浅い「皿」に盛られていると、見た目もかなり野菜炒め状態である。
 前出の「炒め物」のカテゴリに入るべきもののような気もする。
 逆に言うと、これが野菜カレーのカテゴリであるなら、「炒め物」はやはり「炒め物」なのかも知れない。
 結構な量があり、野菜をたっぷり取るのに向いている。
 ライスを頼んで、豪快にぶっかけて食べたい気分。丼みたいに食べてみたい。更に唐辛子を追加して。

イメージ 5

二人で食べると、色々な種類を食べられるのは良いのだが、既に舌が追いつかない・・・のは贅沢な文句?
これは少々問題、いや、課題になるかも??

ストリングホッパーのセット

 ストリングホッパーというのは、米粉を蒸してところてんのように押し出して麺にしたビーフンのような物。
 麺状にしていないものが「ホッパー」で、南インドで「イディヤパン」と呼んでいる物と同じようだ。
 デフォルトで付く2種類のカレーは、豆(ダル豆)カレーとチキンカレー。
 このうち、チキンカレーをマトンにチェンジして貰った。
 詳細は、同行者の方(後半の記述を参照下さい)が詳しくご紹介下さるはずだ。
 と、ここは他力本願で(笑)

イメージ 6



後半に続きます・・・

この記事に

閉じる コメント(2)

顔アイコン

GPなら、いくらでも(笑)。クイズ、考えてます(^^)。1店は検討ついたのですが・・・。

2006/11/24(金) 午前 9:20 [ ffc*unc* ] 返信する

顔アイコン

ffchuncoさん。そうですか、是非、GPよろしくです!そちらのほうに追いやりますので(笑)あ、クイズ、当てて下さいね!あまり欧風系はお召し上がりにならないですよね?是非、古川へご一緒しましょう!

2006/11/25(土) 午前 0:57 カレー・ノーブル 返信する

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

開く トラックバック(1)


.


みんなの更新記事