平凡でも カレー なる日々

【ご案内】GW明け復帰が延びてしまいました(泣)ちょっと予定が読めませんが必ず戻りますので待っていて下さい!

全体表示

[ リスト ]

.
.
27日締切でクイズやってます!

参加資格問わず!是非ご参加下さい!



【店名】      オリエンタルカレー・ダイナー
【年月日・時間帯】 H18/9/ 夜
【カテゴリ】    カレーショップ
【場所】      池袋駅徒歩10分
【住所*電話】  豊島区東池袋 サンシャインアルタB1F *03-5985-1360
【定休日など】   無し、だと思った。
【メニュー・価格】 .リエンタルカレー780円 ¬邵擇燭辰廚螢汽薀汽薀レー800円
【セットの内容や具】.献礇イモ・人参・ポークなど 下記
【辛さ】      ヾ鼎瓠´⊃匹
【スパイス感】   〔気掘´⇒り
【汁気】      .肇蹈蝓´▲汽薀
【濃厚度】     ´普通 
【教えたい度】   まあまあ
          http://www.oriental-curry.co.jp/frame16.html
【備考・その他】
サンシャインシティに今年5月頃に出来たお店です。
サンシャインには、トプカレーベンに続き、3店目のカレー専門店ですが、位置的には一番遠い「アルタ」の中にあります。
あ、ナンジャタウン内のカレーのお店は除外します。リンクも無し(笑)
勿論レトルトカレーなどお馴染みの商品も店内で買うことが出来ます。

イメージ 2

例のマスコットのようなキャラものも販売していました。

HPを見てみると、妙な展開をしていますね。
本格的なカレーショップとしては、どうも池袋が初めてのようですが、
 愛知・岐阜の高速道路のSAに3カ所
 香港・台湾に4カ所
 金沢にオリエンタルがプロデュースした店が有り、ちょっと変わったメニューを出している
と、なっている。

皆さんの中にも、懐かしいと思われる方がいらっしゃると思いますが、
実は、ワタシ、オリエンタルに思い出はない!
ウチはS&Bだったです。

あ、
「ハヤシもあるでよ〜」のTVCMは思い出深いです(笑)



メニューはカレー8種にドライカレーとハヤシライス
カレーの価格レンジは780〜900円(最高値はカツカレー)とやや高い印象。
高速道路の店は「元祖オリエンタルカレー」580円というのが有ったが、この店では780円のカレーがそれに当たるのだと思う。

席に着くと目に付くのは、「オリジナルカレーを作ろう」というキャッチコピー。
別に「家でカレーを作れ」というのではなく、この店でカレーにチャツネを混ぜ好みの味にして食べようという事だ。
同じ混ぜ混ぜでも、私が推奨するターリー屋とは少し性格が異なる。

チャツネは以下の2種類を常備。
 スパイシーチャツネ:いわゆる辛さ調整用で、唐辛子ベース
 フルーティチャツネ:マンゴ・レーズン・リンゴなどを使用。当然甘い。

イメージ 3

その他の付け合わせとしては、細かく刻んだピクルスと、何と呼んだらよいか分からぬ漬け物(*)有り。
 (*)大根・レンコン・生姜などをスライスして醤油ベースのタレにつけ込んだと思われるもの。微妙。

オリエンタルカレーとは、一番ベーシックなカレーであり、まずはこれから頂く。
「野菜ゴロゴロ」とまでは行かないが、野菜中心のカレーだ。

イメージ 4

味は甘めの設定。
2種のチャツネを混ぜて食べた方がよいのは言うまでもない。
私としては、ベースが十分に甘いので、スパイシーチャツネは大胆に入れても良かろうと思う。
フルーティチャツネは様子を見ながら控えめに。スパイシーチャツネを入れすぎた時の中和役としても良い。
いずれにしても、両方入れた方が味の厚みが増す。
うん、これは間違いなくホッとする味だ。家庭のカレーの味。
などと言っては失礼だ。家庭のカレーがオリエンタルカレーの味なのだから逆なのだ。(笑)

カレーに使用されているらしい「マースチャツネ」は、オリエンタルのオリジナルチャツネのことで、「マースMARS」とは「マンゴ・リンゴ・干しぶどう・スパイス」の頭文字を取ったものらしい。
前出の「フルーティチャツネ」とは名前を分けているので、違うものだろうか?この点は判断が付かなかった。

次に(笑)
野菜たっぷりサラサラカレーを頂いた。
写真はごはん少なめで▲100円。
この価格設定があるのは有り難い。さほど気にせず自然に2杯目を頼むことが出来る(笑)

イメージ 5

カレーが出てくると、まず鼻に飛び込んでくるのは、どこかしら「薬膳」の香りだ。
野菜処理(下記参照)と、ターメリックを強めにしたためにこのようになるのだと思う。
癖があるというレベルではなく、そそる設定に止めているのは正解だが。

因みに、レギュラーのカレーも量は思ったより少ないので、男性なら迷わず大盛りに。(+150円)
「トマト・玉葱・人参・セロリ・バナナ・リンゴなど8種類の野菜を形が無くなるまでじっくり煮込みました」との説明。
ここはツッコミどころ(笑)
8種類との説明だが、上記は6種類しか書かれていないので、残りの2種が何なのだか気になる。
それを探り当てろ?無理無理!こんなサラサラのカレーになってしまっては、分かりませんて!
元々、舌に自信は無いのだから・・・・。
たしかに「サラサラ」だ。でも「形が無くなるまでじっくり煮込んだ」などとウソを付いてはいけませんねえ。
これは、カレーと野菜を共にミキサーにかけて完全にサラサラにしたものです。
「形が無くなるまでじっくり煮込んだ」と「甘さの後に辛さが」というのは、カレー会に於ける2大騙しテクニックなのですよ。
お気を付け下さい。
あ、別にミキシングが悪いと言うことで無いのです。インド料理だって、ミキシングは常套手段だから。
適切にご説明願いたい、という事なのです。

とはいえ、基本のカレーは(調整するにしても)「甘くて・・・」という方にはこちらをお薦めする。
更にスパイシーチャツネを加えると、キッチリ汗をかくことが出来る。
もちろん、フルーティチャツネの出番も有り。


総合的には良い店だと思うのですが、やはり少々値段が高いように思います。
オリエンタルのブランド?
でも、オリエンタル=家庭のイメージだから、それで価格を押し上げているなら・・・
少々、納得行かない気分がする・・・のは、私だけ?

高めの値段設定は否定しませんが、
 ベーシックなカレーは安く
 直営店舗ならではの、お店でしか食べられないHGカレー
という構成をキチンと組み立てて、上手くアピールしないと、何か釈然としないお客は多いのではないでしょうか?
500円から1200円程度のレンジ設定で展開出来るカレーが出せると良いと思います。

カレーは美味しいのですけどね・・・

【独断評点】    3.30点

この記事に

閉じる コメント(3)

顔アイコン

からすさんの記事にトラックバックを送らせて頂きました。

2006/11/26(日) 午後 11:04 カレー・ノーブル 返信する

顔アイコン

一度行ってみたいのですが、福岡にはないようです。残念。

2006/11/28(火) 午前 2:14 POCHI 返信する

顔アイコン

ぽちさん、おはようございます。そうですね〜、ここは、これまでの展開を見ても、今後どういう出店をしていくのか、良く分からないですよね・・・いっそ、香港に食べに行かれたら??(笑)

2006/11/28(火) 午前 5:05 カレー・ノーブル 返信する

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

.


みんなの更新記事