平凡でも カレー なる日々

【ご案内】GW明け復帰が延びてしまいました(泣)ちょっと予定が読めませんが必ず戻りますので待っていて下さい!

全体表示

[ リスト ]

イメージ 1


一応私のホームグランドである池袋。
池袋特集で主だったお店はご紹介しておりますが、
まだご紹介していないお店も有りますので少しずつ。
今回は、喫茶店その他、出来るだけ色々なお店も。


【店名】 服部珈琲舎
【年月日・時間帯】 H18/7/ 夜
【カテゴリ】    喫茶店
【場所】      池袋駅徒歩1分
【住所*電話】  南池袋1-27-5 *03-3971-2719
【定休日など】   月
【メニュー・価格】 牛肉カリー 1050円
【辛さ】      少し辛い
【スパイス感】   無
【汁気】      トロリ
【濃厚度】     普通
【具やセットの内容】ビーフ
【教えたい度】   −
【備考・その他】

  大正2年創業〜「大正ロマン溢れるライスカリー」

「ライスカリー」が名物とのことで、結構目立つように打ち出しがされているので、そそられる人は多いと思う。
看板が目に付いたので、入ってみた。

「牛肉カリー」と季節によって具が変わる(らしい)「野菜カリー」の2種が有り、共に1050円。
牛肉カレーを頂いてみた。

イメージ 2

見た目ハッキリ量が少ないし、地味だ。

いやいや、そんなことはないですね。
地味じゃありません。色は自然な茶色で好ましいです。
このところ、派手なカレーばかり食べてましたから、少々感覚が麻痺しているようです。

とはいうものの・・・
肝心の牛肉が少ないのは悲しい。知らずに黙って食べたら豚バラ肉かと思うかも知れない。
カレーそのものは「ルウ」のカレーを食べているという感じがするが、普通に美味しい。
これが「浪漫」というか懐かしい味ではある。
なので、伝統がありそうな雰囲気もわかるが、如何せん高い。
飲み物付きだと1250円になってしまう。

例えば「懐かしのカレー」となると、雰囲気もお味も、そして値段も新宿の「UMAI'S」の方が勝ちだ。
あ、でも、新宿は大正ではなくて「昭和」だった。
より遡った方がより高くなる、というように考えれば良いのでしょうか?(笑)

ノスタルジーを感じる為には・・・多少多めにお金を払わなければならないでしょうか・・・・

【独断評点】    2.55点

この記事に

閉じる コメント(4)

顔アイコン

おはよー!ございますー!ここ!毎日前を通りますよー!美味しそう!今度挑戦しますね!

2006/12/9(土) 午前 8:42 りま 返信する

顔アイコン

りまさん、いらっしゃいませ!池袋のお店は結構ご紹介していますので、この記事の上の方、「カレー店索引」をクリックして探してみて下さいね!

2006/12/9(土) 午前 9:04 カレー・ノーブル 返信する

顔アイコン

コーヒー好きのワタシとしては美味しそうなパッケージにひかれる。 200円プラスで飲めるんなら良心的。 削除

2006/12/9(土) 午前 11:01 [ レイコクン ] 返信する

顔アイコン

レイコクン。そうか・・・これ、コーヒーとセットだと、違う味に感じるかも知れないね

2006/12/9(土) 午後 11:40 カレー・ノーブル 返信する

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

.


みんなの更新記事