平凡でも カレー なる日々

【ご案内】GW明け復帰が延びてしまいました(泣)ちょっと予定が読めませんが必ず戻りますので待っていて下さい!

全体表示

[ リスト ]

★★ブログ目次★★

★カレー店索引★

★カレーレシピ★

【店名】      タンドールキッチン
【年月日・時間帯】 H18/12/ 夜
【カテゴリ】    インド料理店
【場所】      熊谷駅徒歩15分
【住所*電話】  埼玉県熊谷市宮町1−76 *048-527-1601
【定休日など】   無し
【お店HP】    http://tandoorkitchen.fc2web.com/index.html
【メニュー・価格】 3500円(3675円)食べ放題飲み放題コース
【教えたい度】   ◎ 
【備考・その他】
熊谷在住の知人KYさんの案内でインド料理店へ。
熊谷駅から少し歩いた市役所の斜め向かいです。

KYさんは何度か来ているらしいのですが、特別カレーフリークというわけではありません。
同行頂いた、OKさんとYNさんもカレーは好きでしょうが、同じく特別にインド料理ファンでは有りません。
気が置けない旧知の仲であり、久々に会えることそのものが嬉しいのです。
それもインド料理店とは文句無い設定で、大変楽しみにして出かけました。

KYさんが予約してくれたのは「飲み放題付きで2時間3500円」のコース料理。
このコースは事前予約が必要で、それも4名からという条件付き。
値段は妥当なところですが「4名以上で要予約とは少々厳しくない?」と思ったのが正直なところ。
実はこの点で条件の厳しさと言うより、お店の力量にほんの少し疑問を持っていたのです。
拝見したHPの出来はイマイチ、いや「イマニ」くらいで様子を掴みきれなかったこともありました。

が、結論から言うと・・・これがなかなかでした。


私が勘違いしていたのは「飲み放題付きのコース」ではなくて「食べ放題飲み放題コース」だった点。
バイキングやビュッフェ形式ではなく食べたかったら都度頼む形式。
バイキングより圧倒的に良いのは、作りたてを頂けること。
ナンもタンドール料理も焼きたてをサーブしてくれます。

コースのお料理は以下の通り。
  パパド
  サラダ
  パコラ
  焼き物2種
  カレー2種類
  ガーリックナン
  ナン
  サフランライス
内容としては取り立てて珍しいものではありません。
でも嬉しいのは、カレーは全メニューから選べる点。
毎度申し上げていますが、コースやセットのカレーを無条件に選べるお店は少ないのです。
選べずに決まっていたり、選べても種類が限定されていたり・・・融通が利かないことが殆どです。

まず「パパド」(豆の粉を揚げたセンベイ)
そして「サラダ」は普通の生野菜。
イメージ 1

ただドレッシングはインドの香りを感じました。コリアンダーでしょうか?
僅かにスパイス入りで、食欲をそそる設定は憎いです。

「パコラ」は野菜などの天ぷら。
イメージ 2

小麦粉や天ぷら粉の代わりに「豆の粉」を使います。
内容は、ナス・ジャガイモスライス・そしてカリフラワー!
ソースは単純なケチャップだったのが残念でしたが、カリフラワーを食べた時点で「このお店は○!」とほぼ確信が出来ました。
インド料理に馴染みがない方はカリフラワーの登場は意外でしょうが、とても魅力的な食材です。
油で揚げるものですし、パコラはやはり温かい方が美味しいです。キチンとした出来のパコラでした。

焼き物2種は「タンドリーチキン」「シークカバブ」
イメージ 3

この二つは、いずれも北インドの王道を行く出来です。
ややシークカバブのマトン風味が大人しめに感じましたが、他の3名の評判も上々。
カレーが出てくるのを待たずに「お代わり!」の第一声が聞こえたメニューです。

カレーは前記の通り全メニューから2種を選べます。
カレー単品の概要は以下の通り。
他のメニューの事も含めて駆け足でざっとご紹介を。
 チキン&マトンカレー系が9種
 シーフード系が5種
 ベジタブル系が10種
 価格帯は1050−1365円
立地を考慮すると、単品メニューとしては気持ち高いでしょうか?ただ量はソコソコ有りそうですね。
メニューに写真は有りませんが、比較的分かり易い2行程度の簡潔な説明が有るのは好ましいです。
例えば「ナブラタンコルマ」と言われたって、インド料理ファン以外には全くイメージが湧かないでしょうが、
 〜フルーツが沢山入ったカシューナッツベースの甘口カレー。辛さが苦手な方に。
という説明があると、女性や子供に合いそうな雰囲気が伝わります。
但し「辛さ全品調整可」は賛成出来ません。
 甘口→普通→中辛→大辛→激辛→インド辛、という段階設定。

カレーの辛さについて・・・
辛さについてのお話は以下のリンクをクリックお願いします。
「耳タコだ!」という方は、クリックせず先に進んで下さい(笑)
 →http://blogs.yahoo.co.jp/noble_curry/43370728.html

カレー以外も一通り揃います。例えば〜
 ナンなどパン類は9種で263円から。クルチャやパラタも有り。
 ライス系で「ビリヤニセット」1313円は、ビリヤニ+ライタという定番セット。
一品料理は、
 焼き物系10種で、ハーフサイズ700円少々の設定も一部有るのは助かります。
 サモサ368円、パコラ420円は手頃なお値段。

その他セットメニューは
 「タンドリーミックスセット」1890円から「マハラジャセット」3780円まで。
平日はランチセットが有ります。
 カレー1種(4種からのチョイス)+ナン又はライス+サラダ+ソフトドリンクで683円は安い!


実際に頼んだカレー〜
何を選んでも良いのですが、お代わりはその選んだ2種のみ可能です。
うーん、何でもお代わり出来れば嬉しいですが、そこまで言うのは・・・(笑)

頼んでみたいカレーが幾つかあったのですが、今回は下記チョイスが妥当と思いました。

「サグパニール」を辛さ普通で。
イメージ 4

〜メニューでの説明に「(略)・・・とってもヘルシーです」と有りました。
インドではお馴染みのメニュー。ほうれん草とインドのカッテージチーズのカレー。
ほうれん草好きには物足りないでしょうか?癖がなく美味しい出来です。
トロリとしていますが、油が控えめなのは有り難かったです。
こちらは「中辛」にすべきでした。ちょっとミスりました。

「バターチキン」を辛さ普通で。
イメージ 5

〜メニューでの説明は「トマトベースのバター入り。タンドリーチキン、バターの風味が食欲をそそります」と書かれていました。
お馴染みと思いますが、トマト+バター+生クリームのカレーにタンドールで焼いたチキンを入れた、リッチなカレーです。マイルドなカレーの代表格。
トロリとサラリの中間的で、くどさは抑えめで食べやすいものでした。

「ガーリックナン」とノーマルな「ナン」は切って出て来ます。
イメージ 6

但しコースでなく、普通に頼むと切らずに出てくるようです。
他のテーブルを見たら相当大きなサイズでした。
ガーリックナンは余り得意ではないのですが、レギュラーのナンはパリッと香ばしく、味も仄かに甘めで大変よい出来です。少々驚きました。
KYさんは「インド人は右手だけで食べるんだよね」と言いながら、ナンを器用に右手だけで千切って食べます。
これが出来るのも、良いナンの条件です。
ノーマルなナンは好評でお代わりをしました。

「サフランライス」は少し柔らかめに感じましたが、あまり香りが強くなく食べやすいものでした。
イメージ 7

割と量が有ったのですが、ペロッと無くなりました。

お料理が一通り出たところで、単品カレーを追加してみました。
やはり「インド辛」に挑戦してみたいところ。
辛い方が美味しいと思われる「カダイマトンカレー」1260円をチョイス。
私の好きなドライタイプのカレーかも知れません。
「インド辛で」と頼んだら「大丈夫か?」と一応確認されました。
イメージ 8

「鷹の爪が倒立して1本」
2本なら「スケキヨカレーだ!」(一部受け:笑)
基本はトマトベースのカレー。完全にドライでは有りませんが、ドロリと濃いめのカレーです。
生姜とパクチーをあしらってアクセントに。
3口目当たりからガツンとチリの辛さが襲ってきました。
辛さが苦手な人には無理でしょうが、強い人にとっては程よい激辛加減といえます。

この店は結構いけるなあ・・・と思いながらトイレから戻ると・・・


この人達・・・私がトイレ行ってる隙に、勝手にバターチキンをインド辛で頼んでいたのです。
イメージ 9

な、なんてことするんだ!!
バターチキンを「インド辛」にするなんて・・・神をも恐れぬ所業です。
これだから素人は困る(爆)
コースとして頼めるカレーは2種ですが、お代わりする時に辛さを変えるのは問題ないようです。
辛さを変えると、追加料金を取るお店もありますよね。

写真で比べて下さい。
イメージ 10

同じバターチキンですが、左がインド辛、右が普通です。
当然ですが、唐辛子の赤さの違いが歴然ですね。
大幅に増量したチリとバターやクリームが短時間で十分に馴染む筈もなく、面白いお味でした。


キャパとしては50名弱で中規模のお店です。
結構混んでいました。人気があるようです。
最初は「他にないからか?」と思ったのですが、お料理はいずれもしっかりとしたもので、このレベルなら東京でもソコソコの北インド料理店として人気になるでしょう。
スタッフに日本人は居ないようで、怪しげな部分も有りましたが、オーダーの取り違えなどは無く、安心して良いと思います。
頂いたコースの満足感は相当高いものでした。
お近くの方は、是非一度、4名頭数を揃えてお試し下さいませ。
オススメです。

KYさん、良いお店にご案内頂き有り難うございました!

【独断評点】    3.70点

この記事に

閉じる コメント(7)

顔アイコン

バターチキンは、旨辛は無理ですよねえ。お店によっては、同じ最高レベルの辛さを頼んでも、ベジタブルなどは辛さを抑えたりと考えている場合もある気がします。反面で、マトンガダイを何故もっと辛くしない?という店もあります(笑)。

2006/12/27(水) 午後 11:27 [ 辛党 ] 返信する

顔アイコン

↑同感同感同感です!

2006/12/27(水) 午後 11:32 カレー・ノーブル 返信する

顔アイコン

熊谷かあ....興味あるけど遠いなあ(笑)ほとんど高崎の一歩手前なところだよねえ。こないだ会社辞めた同僚が住んでる町ですが。(ていうかもう、よくうちの会社通ってたなあ!という距離ですが)

2006/12/28(木) 午前 0:44 [ 老児 ] 返信する

顔アイコン

バターチキン!インド系はサラサラしたカレーが好きだったのですが、世田谷桜にあるスパイスマジックで考えが変わりました。ちょっと甘い感じでおいひー!で、他のお店で何度か試したけど、店毎でレシピ違うみたいですね。不便なとこですが熊谷より便利だと思います。お試しを。http://gourmet.yahoo.co.jp/0000885780/0002858858/ktop/

2006/12/28(木) 午前 1:05 おまつ 返信する

顔アイコン

老児さん。新幹線使えば、近いんですよ。私が住んでいる所より全然近い!まあ、交通費の問題はありますが(笑)

2006/12/28(木) 午前 5:03 カレー・ノーブル 返信する

顔アイコン

おまつさん有り難うございます。改めて拝見しに行きます!

2006/12/28(木) 午前 5:04 カレー・ノーブル 返信する

顔アイコン

会社やめた同僚は寝坊した時、何度か新幹線で出勤してましたよ(爆)

2006/12/28(木) 午後 9:54 [ 老児 ] 返信する

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

.


みんなの更新記事