坂戸一義、コカコラなる飲料についてかく語りき

将来構想としては、20世紀のものだけを分離して新ブログ立ち上げ

お知らせ

すべて表示

リニューアルの予定

 放置して久しい当ブログですが、リニューアル構想は進めております。17ボトラー時代のことを中心にした「17時代(仮題)」というタイトルにしようと思い、基本的には当ブログの該当記事の移転・再構築になると思われます。移転先は同じYahoo!ブログの方が楽だと思うのでそちらで。  公式資料の少ないみちのく・仙台・三笠の3社の情報は随時募集しております。開設時期は不明ですが、突然かもしれないし3年後とかかもしれません。モチベーションが湧くその時期までしばしお待ちくださいませ。ツイッターもやっており、最近ではそちらのほうが中心です。アカウント名はまあググってくださいということです。それではまた。

その他の最新記事

すべて表示

コカ・コーラ 500ml お徳用...

2012/6/6(水) 午後 11:09

西日本では割増価格ながらレギュラー商品として定着していた500ml缶だが、1993年夏頃から東日本でも「サマーサイズ」と称して販売されるようになった。この缶は1994年製で、コンツァボトルのイラストが入ったバージョンの缶である。 当時はすでに「製造者 ◯◯コカ・コーラボトリング株式会社」に ...すべて表示すべて表示

コカ・コーラ 250ml缶 (19...

2012/6/5(火) 午後 11:42

1967年、日本コカ・コーラは明治製菓に委託していたコカ・コーラ缶の製造を自社で行うため、大阪府高槻市に缶詰工場を建設した。ダイヤモンドデザインの二代目にあたる当該製品は、1967秋から〜1971年春までの約3年半(推測)製造されていた。当時の生産量を考えると、空き缶でも残っていたのが奇跡だろう。ずっと欲しかったが、運良 ...すべて表示すべて表示

コカ・コーラ 350ml缶 「愛さ...

2012/6/5(火) 午後 11:22

100周年記念の際に発売された350ml缶は近畿製の馬車Ver以外にも、スーパー300などでも採用されたシンプルなデザインのものもあった。写真の缶は三国CCBC製のもので、入手した時のまんまのラップ巻き状態。サツキコカ・コーラキャンニング製造の3ピース缶は結構目にするけど、三国名義のものになってからは数が ...すべて表示すべて表示



.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事