器のある生活

九谷焼を中心とした陶磁器の歴史、製造などのコラムです

九谷焼

すべて表示

九谷美陶園

イメージ 1

九谷美陶園の紹介

石川県 加賀市 山代温泉 16-71
tel 0761-76-0227 
fax 0761-77-5265

創業1914年-88年前(創業者 祖父 寺前為吉)
株式会社設立昭和20年(1945年)
初代社長 寺前青美(現 東京芸大卒)
現社長 寺前瑛生(神戸大学卒)
専務取締役 寺前みつ子(日本女子大卒 デザイン担当)
ロクロ成形からの素地造りで上質さに代々定評ある工房です。
絵は総て手描で、伝統的な品も作っていますが
自社オリジナルの明るい現代的な作品に特徴があります。
ショ-ル−ムには常時400種類ほどの器がディスプレイされています。

九谷美陶園HP:http://www.kutani-mfg.jp/
九谷美陶園ー瑛生の器ーYahoo店:
http://store.yahoo.co.jp/cgi-bin/clink?kutani-bitouen+2WE8nB+index.html

その他の最新記事

すべて表示

九谷の歴史

2005/2/9(水) 午後 8:58

山代温泉(九谷焼正統の地) 若杉焼で磁器生産に成功したことを受け、かつて古九谷を生み出した大聖寺藩でも、もう一度あのすばらしい古九谷のような磁器を復活しようという動きが興りました。 その中心人物が大聖寺の豪商吉田屋伝右衛 ...すべて表示すべて表示

九谷の歴史

2005/2/9(水) 午後 8:57

九谷焼の再興と発展 古九谷が廃窯となって約百年後、九谷焼は加賀藩の保護によって再興することになる。文化年間(1800年頃)に加賀藩は京都の文人画家青木木米(あおき・もくべい)を招き、金沢市春日山に築窯させ、主に呉須赤絵写(ごすあか ...すべて表示すべて表示

九谷の歴史

2005/2/9(水) 午後 8:56

九谷焼は、江戸時代初期、明暦元年(1655)ごろ江沼郡九谷村(現在の山中町九谷)で初めて焼かれたことからその名が付けられた  加賀藩の支藩である大聖寺藩内の九谷鉱山で焼き物に適した陶石が発見された。そこで、藩主前田利治が後藤才次郎に命じ ...すべて表示すべて表示


.


みんなの更新記事