白い旅人 ほのぼのブログ♪

自然楽校・未来船 副楽校長をさせていただいております。

全体表示

[ リスト | 詳細 ]

記事検索
検索

全882ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]

今回の企画展の図録とは別の話になりますが8月に博物館主催で開催する昔の観光地をバスで移動しながら巡るイベントで一つアイデアが思い浮かびました!

書籍化について近年はちょっとした「 古地図ブーム 」で「 古地図アプリ 」やGooglemapにも場所によってはタイムシフトする物まで登場しているほど静かな古地図ブームです。

地図自体は昔から根強いファンがいますけどね。

書籍で一番多いのが「江戸古地図を歩く」と言う物で現在の東京地図と江戸古地図を比較して見ながら歩く事の出来る楽しい本で何冊も出ております。

そこで「 房総の鳥瞰図を歩く(仮) 」とか過去の房総を鳥瞰図やチラシ等を載せながら巡る歴史観光案内を書籍化して博物館で販売する事を思いつきました。

千葉県全体だとかなりのボリュームになるので例えば「 房総半島 」や「 内房エリア 」に絞ってそではくに行かないと購入出来ないレアアイテムとして販売するとか呼び込む為の一つの案として考えました。

逆に袖ケ浦市郷土博物館として名前を出して書籍化して多くの方々に書店等で見て知っていただくのも良いかと思います。

内容は近くで懐かしい昭和40年代のバスガイド教本の案内の内容を一つの流れとして、そのガイドにそって地域の資料をカラーで紹介するのも楽しそうです♪

例えば「 千葉市〜館山市まで 」なら文章とカラー写真を入れても気軽に持ち運べる一冊の本になります。

この内房エリアにある博物館もちゃんと紹介して本に書ききれない部分は各博物館で学んでいただくと言う横の繋がりも持ちながら地域の歴史旅へいざなう、そのスタートが「 そではく 」になってほしいです。

こういう本は企画展の時にしか出せないのか?予算もあるので難しいと思いますが博物館に提案してみました。

今はスマホで何でも簡単に調べられますが実際にその場に行った方が得る情報量は違います。

この歴史観光案内を一つのきっかけとして本を持って地域の歴史や観光や魅力ある博物館等を巡りながら学んでいただけたら嬉しいです。

そんな本を出版したいと思います。

この記事に

開く コメント(0)

リクエストをいただきましたペヤング焼きそば超超超大盛のMEGAMAXのレポートです( ̄□ ̄;)!!

先生からの一言

「 高校生時代に出会いたかった! 」

私としては子どもの頃に標準サイズのペヤング焼きそばの量に物足りなさを強く感じていました(^0^;)

超大盛は普通に食べられるレベル!

超超超大盛は子どもの頃に一度は夢見た

「お腹いっぱいペヤング焼きそばを食べたい!」

と言う夢を持った大人たちにお届けする感じです( ̄∇ ̄)

混ぜる時にはアドバイス通り我が家の大きなホークを2本使い丁寧に混ぜましたよo(^▽^)o

あと、お湯が1. 3リットル(ヤカン一つ分)入りました(^0^;)

イメージ 1

イメージ 2

この記事に

開く コメント(0)

自然から学ぶこと

おはようございます(#^_^#)

森ちゃんが退職してからあちらこちらで転職の話を聞くようになりました。

内に秘めて人前では言わない人もいると思うのでかなり大きな影響が会社中に広がっている事が分かりました。

そんな中でもみんなで協力しあい1日1日を乗り切っていこうと言う雰囲気も出てきております。

私はきっかけは森ちゃんでしたが森ちゃんとは関係なくこれからの事を考えて残るにしても移るにしても来月に予約した障害者就業支援センターに行ってみたいと思います。

仕事自体は自分に合っているので残る事を前提に私の身体の状態から最善の場所がもし見つかれば検討したいと思います。

今は6連勤なので、かなり身体への負担が多いのと近年は「 週休2日制 」が当たり前になり私が学びたいイベントなどがほとんど土曜日開催で仕事があり行けずにいるのが現状です。

アルビノの子どもたちやご家族のこれからの為に私も様々な角度から知識を増やして親御さんたちからの質問に出来る限り多く対応出来るように、多くの事を学びたいです。

ただ今の状態だと仕事が3年で3倍以上増えて、6連勤で休みは1日のみなので身体を休める事も難しいのが現状です。

まずは身体への負担を減らして、もっと多くの事を学びたいです。

その為には残るのか?移るのか?これから様々な情報を集めて比較検討したいと思います。

先日、仕事を終えて更衣室に向かう途中に側溝の中に草が青々と生えているのを見ました。

草は自分で生える場所を選べません!

与えられた環境下で育ちます。

この草を見た時に正に今の私の状況を思いました。

まずは今の仕事をしっかりとこなす事が大事だと思います。

この草事態は枯れるまでこの場所で過ごしますが何かの方法で子孫をこの場所から別の場所へと移す事は出来ると思います。

例えば風や鳥などに移動させるという手段です。

植物はただ黙って咲いているように見えて実はかなりの戦略を持って子孫を残す事をしています。

私もこれからの事を考えて情報収集をしたいと思います。

この草のように今の場所でしっかりと働きながら次の事を考えていこうと思いました。

自然は黙っていても何かを教えてくれます。

ありがとうございます(#^_^#)

イメージ 1

イメージ 2

この記事に

開く コメント(0)

企画展に向けて(^_^)ノ

いよいよ本格的な準備スタートします♪

先ほどお世話になっています4月から博物館に戻って来て下さった学芸員さんより以下のコメントが書かれたメールをいただきました。

もうすぐ企画展のお知らせ記事がのった広報そでがうら7月1日号が出ますね。
ポスター・チラシも7月4日納品予定で進んでいます。

いよいよ8月4日(土)からの開催に向けて本格的な準備がスタートします。

今回の企画展をきっかけに袖ケ浦市郷土博物館の素晴らしさを多く方々に知っていただきリピーターになってほしいです。

今回、私が提供させていただく資料は全て博物館の為だけに集めた物なので資料が地域の近現代史を学ぶ為に使っていただけたら嬉しく思います。

イメージ 1

この記事に

開く コメント(0)

これからの人生を考える

15日に市役所の障がい者支援課に行ってきました。

親御さんからご相談があった難病指定の話を聞きに行きましたが資料をいただき「 保健所に聞いて下さい 」との事であっさり終わりました(^0^;)

その話の中で就職支援の話になって市役所内にあります相談室の「 えがお 」をご紹介いただきました。

こちらも就職支援の事は詳しくは分からないとの事で木更津市にあります「 障害者就業・生活支援センター エール 」さんを教えていただきました。

予約制との事なので今後の事も考えて一度お話をお伺いさせていただけたらと思います。

私の最初の就職は盲学校からの紹介で就職先での待遇や作業環境が本当に酷かった事で今の会社に転職しました。

今の会社への転職は時代的に履歴書も一切見ず「 行ったら即採用!」だったので、あれから24年も経った今の現状を知る良い機会になります。

今の会社に残る事を前提に身体の事を考えてガテン系一筋だった私に出来る仕事があるのか?真剣に転職も視野に入れた情報収集をしていきたいと思います。

これからの子供たちやご家族がもし就職等で、この先に迷う事があった時の為に私も自ら経験して学ばせていただき良い方へとアドバイスが出来るようにしておきたいと思います。

まずは自ら一歩踏み出す事が大切だと思います。

ピンチはチャンス!これからの人生をより良い方へ♪

この記事に

開く コメント(0)

全882ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]


.


みんなの更新記事