全体表示

[ リスト | 詳細 ]

記事検索
検索
プラッツのブースです。 Dragonも会場発表がございましたが、昔ほどの人だかりはないですね。 


Dragon IDF M113 Combo Set 「FITTER / Chata“p Field Repair Vehicle”」
イメージ 1


イメージ 2

イメージ 3

M113シリーズの系列を展開させていますね。 Fitterはアカデミー社からしかインジェクションキットは出ていなかったので嬉しいですが、そもそもベースとなるM113キットが評判悪くて、車体下部パーツの後ろのカットなど、なかなか面倒なことをしなくてはなりません。 系列展開させるならカットの必要がないパーツを用意して欲しいものです。 サスペンションアームも車体下部パーツと1体成型されており、古いタミヤのキットと変わりません。 これならAFVクラブの方に期待してしまいますが、こっちも組み立て辛いらしく、ため息がでてしまいますね。 タミヤさんにリニューアルして欲しいな〜。



Dragon BLACK LABEL 「FV603 Saracen」
イメージ 7
“BLACK LABEL”ってまだ続いていたのですね。 そう言えばサラディンもそうだったので派生型も “BLACK LABEL”でなきゃおかしいか。 サラセンはサンプルはなくパネルの発表のみでした。


Dragon NEO SMART KIT 「Pz.Kpfw.Ⅲ Ausf.M & N」
イメージ 4

イメージ 6

イメージ 5

初回限インテリア付で、履帯がDS(ドラゴンスチレン)でもなく、マジックトラックでもなく、部分連結方式になっていますね。 過去のスマートキットを持っているので、あまりピンと来ませんでしたが、これから初めて作られる方には組みやすいかもしれませんね。 それより説明書などちゃんと間違いを直しているのか心配です。


インターアライドのブースです。

 Trumpeter 「T-72A」

イメージ 8

やっと初期型に迫ってまいりましたトラペのT72シリーズ。 こちらも勿論、模型店で予約して首を長くして発売を待っています。 早く極初期のURALタイプを発売して欲しいですが、あと1〜2年以内には出してくれそうな気がします。


以下、ぞくぞくと続くトラペキット〜。

Trumpeter 「S-300V SAM System 9A83-1 TELAR 9M83 GLADIATOR」
イメージ 9

Trumpeter 「ロシア連邦軍 追跡レーダーシステム “フラップリッド」
イメージ 10

Trumpeter 「KV-9」
イメージ 11

Trumpeter 「T-80U」
イメージ 12
こちらは、Zhukov閣下の呟き情報では、もうすぐ発売だそうです。 先に発売されているT-80UDを購入していますので、ちょっと様子見て買います。



童友社のブースです。
狙いはHOBBY BOSSのキット。


HOBBY BOSS 「BT-2」
イメージ 13

イメージ 14

イメージ 15
回るターンテーブルに乗っていましたので、様々な向きで撮影しました。

HOBBY BOSS 「オリファントMk.1B」
イメージ 16
センチュリオンをベースに作られた南アフリカの戦車です。 キットはすでに販売されていますが完成品を見たのはこれが初めて。 思っていたより肥大化してますね。 砲塔はセンチュリオンより一回り大きいです。



まだ続きますよ〜
ホビーショーで見た&聞いた、新製品情報でございます。 まずはビーバーのブースから。

Amusing Hobby 「Sd.Kfz184 FERDINAND & 16t STRABOKRAN」
イメージ 1
先日発表された“TAKOM”とまさかのバッティングですよ。 しかもこちらは、フィルディナンド付。  16tクレーンの方はサンプルの展示もございました。 

イメージ 2



Amusing Hobby 「試製五HUSKY式砲戦車・ホリⅡ」
イメージ 3

和製ヤクトティーがーでしょうか?。 当時にこんなのも研究されていたのでしょうか、私は全く存じませんでした。


Panda HOBBY 「M8 AGS 」
イメージ 4
シェリダンの後継車両を競った戦車ですが、こんなのもキットになるんですね〜。


Panda HOBBY  「M1 IP ABRAMS」
イメージ 5
“M1”  と “M1A1” の間に存在した型らしいのですが、私の記憶にないんですよね。 砲塔前面装甲が強化された “M1E1” なら当時の専門雑誌にも掲載されていましたが、“M1 IP” は当時は公表されていなかったのでしょうか。 


Rye Field Model 「パンターG型用インテリアセット」
イメージ 6
販売されている同社キット「RFM5018」と「RFM5025」に使えるインテリアとカットモデルの砲塔と車体パーツですが、いやこれ今更出されても・・・・と泣いてる人も居そうですね。 ですが初めからカットされた外装甲パーツは中々、斬新な発想です。


Rye Field Model 「T-34/122」
イメージ 7

イメージ 9

イメージ 10

昔、マケッと社から出してなかったっけ?と調べてみたら、マケット(↓)は砲が100mmでしたね。
イメージ 8

Rye Field Model 「T-34/122」は、発売が楽しみなキットですでに予約しています。


MENG 「HUSKY TSV」
イメージ 11
当初の予定では9月発売でしたので、もしかするとホビーショー会場で買えるかもと思っていましたが、ごらんのように10月発売予定に変わってました。 この手の車両はインテリアの密度が凄いのですよ。

イメージ 12

パンダやキネティック、ブロンコなど組みつらいメーカーがMRAP系の車両をこぞって出していましたが、どれも素晴らしく組み辛く、今回のMENGに期待している人、多いでしょうね。


Kitty Hawk 1:35 「MH-60L ブラックホーク」
イメージ 13

同社の「AH-6J/MH-6J リトルバード フィギュア6体付」と合わせれば、まさにブラックホークダウン!。 ロマンが有りますね〜。 買いたいけど作れない自信の方が勝ってますよ。


TAKOM 1/35 M3 Grant CDL
イメージ 14
ボックスアートのみの告知


MENG 1/35 MAGACH 6B GAL BATASH
イメージ 15
こちらもボックスアートのみの告知ですが、アカデミー食われていきますね。


ビーバーさん、いつもの半額セールをやってまして、「今日は買わない、絶対に買わない」と心に決めていましたが、帰る直前にTAKOMの「M60A1が半額になってしまい、ホイホイと手に取り買ってしまいました。 いかんですね〜。


つづく

久々のブログ更新でございますが、昨日の土曜日に東京ビッグサイトに行ってきました。 目当ては勿論 「全日本模型ホビーショー」 でございます。

イメージ 1

イメージ 2

土曜日の開催時間は9時30分〜18時迄。 事前に某掲示板にタミヤのブースで、新製品 「M551シェリダン」 が 1,000個、先行販売されると見て、これはゲットしなアカンと頑張って開場時間には国際展示場に着きました。

すぐさま入場券を買って入ろうと思ったら、何やら長蛇の列が目前にあります。 私と似たよな匂いがプンプンするので間違いなくホビーショーの入場待ちの列。 運営側が通路に階段もあることから混雑で事故が起きない様に並ばせて、順序良く入場させたかったのでしょう。 おかげで私が入場できた時間は9時50分頃。 20分は並んだことになりますね。 

入場して真っ先にタミヤブースに行きましたら、有った有った、有りました!。
一人、2個まで購入できますとの案内から、サークル仲間でありブロ友のKさんに頼まれていた分と自分の分で2個購入しましたよ。

イメージ 3

今冬発売の専用の「エッチング&金属砲身」までは先行販売は有りません。  (i今冬発売予定のコレね↓)

イメージ 4

タミヤのスタッフに 「今冬っていつなの?」 訊くと、年内ではなく来年になると教えていただきました。 年内には他メーカーから出てしまいそうな気もしますが、そんな時間かけて大丈夫? タミヤさん。

置いてあったサンプルの金属砲身にはライフリングが刻まれてました。 エンジンデッキのメッシュは、やっぱり付属のナイロンメッシュより良いですね。 

イメージ 5

イメージ 6

折角、キットを先行販売で手にしても、やっぱりエッチングと金属砲身が欲しいな〜。 サードパーティーメーカーさん、年内に頑張って出して下さい。

あと、付属のフィギュアがほんと素晴らしい。
イメージ 7

3Dスキャン、恐るべし。


こちらも今冬初発売予定のナム戦用のレーションボックスセット。
イメージ 8

イメージ 9

実物写真のパネルも置かれていました。 シレイラミサイルの誘導ボックス上に置かれた写真など良いですね。

18時まで開場に居ましたが、売り切れることはありませんでした。 今日、手にさされた方も多いでしょう。 一緒に居た、M浦さんが「これじゃ、小売店が困るね。」と言ってましたが、確かにそうですね。 もともとそんなに売れる商品でもないでしょうから、先行販売されてしまうと発売日後に模型屋では売れなくなってしまいます。 そうかと言ってもホビーショーに多くの人が来てもらうよう呼び水も必要。 我々のような客にとっては、うれしいことなんですけどね〜。

つづく






夏休み 20180816-17

皆様が夏休みが終わる頃に、私も休みを取ることが出来まして、子供達がまだ海水浴未経験でしたので、ここぞとばかりに一泊二日で葉山の一色海岸に行ってまいりました。

朝は「渋滞するぞ!、近隣の駐車場が少ないので早く行かないと泳げないぞ!」と朝5時に我が家を出発して逗子に向かって走りましたが、なんてことはない。 渋滞なんて一度も無く7時過ぎには到着。 駐車場もがらんと空いておりまして余裕でございました。 下調べしてました一色海岸に一番近い有料駐車場に車を止めて海岸に着くと、海の家「さざ波」のお婆ちゃんが、大人千円・子供5百円で夕方5時まで利用できると説明してくださり、他の海の家も同じ金額なので、「さざ波」に決めて夕方まで居ることにしました。

さー、オッサンは目の保養でございますよ!。

イメージ 1

・・・と思っていたのですが、カミサンが体調悪くて泳げず、私が子供達を面倒見る事になりまして、目の保養どころか、はしゃぎ回る子供達から目が離せませんよ。

イメージ 2

オマケに強風で波が激しくて、海中で立っているのもやっと。 波に対して油断していると、すぐに揉みくちゃにされてしまいます。 ライフセーバーの皆さんも真剣に警戒されてましたよ。 休憩も殆んどしないまま昼過ぎて、流石に夕方まで体がもたないと判断し、昼飯も食べていないので13時には撤収。 これまた事前に下調べしておいたお蕎麦屋さん「和か菜」に向かいます。

イメージ 3

1時を回ってますし、もう空いているだろうと思いましたが、なんと駐車に車を止めるのも並んでます。 折角、探した有名なお蕎麦屋さんですから、並んでも食べますよ。 待つ事30分くらいで店内に入れまして、オーダーして10分くらいたってお品が運ばれてきました。

私は好物の「鴨南蛮そば」でございます。
イメージ 4

並ぶお店だけのことはあります。 とても美味いでございますよ!。
普段食べている立ち食いそばとは雲泥の差です。( 比べるのもおかしいか)  そして食後にそば団子も頂きました。
イメージ 5

いいですね〜。 葉山にやって来た風情を感じます。

そこそこ時が過ぎたので、そろそろ宿のチェックインの時間(15時)です。 途中で洋菓子屋さん「マーロウ」で夕食の後に食べるデザートにプリンを購入して、宿「港の灯り」に行きました。

イメージ 6

イメージ 7

この宿「港の灯り」さんは、リノベされた古民家を宿泊に一棟貸しされていまして、一軒まるごとなので広い広い。 そして昔なつかしい感じなので気が休まりますよ。 子供の頃に行った婆ちゃんの家が思い出されます。 夕食は近くの「庭つ鶏」でいただきますので寝泊りと朝食を頂くのみとなりますが、運転tと海水浴で荒波にのまれて心身ともに疲れておりましたが非常に寛げました。

朝起きて、宿の目の前の海岸をお散歩。 私の実家の方の知多の海とは違って、ヤドカリが居ませんが、カニやフナ虫や、貝殻は沢山落ちています。 

イメージ 8

前日の夕方にここでスイカ割りをしていた2組のカップルが居ましたが、その割ったスイカがそのまま海岸に置き去りにされてまして、とても残念な気持ちになりました。 非常識にも度が過ぎてますね。

そして待望の宿の朝ごはん。
イメージ 9

玉子かけご飯様の“生卵”はオプションですが、これを頼まずにはいられません。

黄身と白身を別々の御椀に分けて、白身を泡だて器でメレンゲ状にして、両方をご飯に乗せて“甘醤油”をかけていただきます。 それがまた、んまい!。 やっぱり日本の朝飯はこうでなくっちゃと思いますね〜。 (ね〜カミサン?) アジの干物も最高です。 骨も頭も残さず食べてしまいました。

夕べ、お腹一杯で食べられなかった「マーロウ」のプリンも朝食後に頂きます。
イメージ 10

これ一個が650円くらいしますが、それだけのボリュームがあります。 5種類の味を家族で回しながら食べましたが、1人1個で十分ですよ。 チェックアウトの時間、11時まではウダウダと過ごし、宿を出た後はまた海水浴でございます。

イメージ 11

前日に老体に無理して波に立ち向かった所為か、今日は私が下半身の筋肉痛と、日焼けによる痛みで海に入れる状態で無く、変わってカミサンノ方が元気になったので子供達はカミサンに任せて、今日こそ目の保養です。 いや〜最高ですね。 海の家で日陰で椅子に座りながらジュース片手にボンヤリ眺めているだけの時間。 心が癒されますよ。 オマケに仕事の電話も一度も鳴ることなく、なんて幸せな日なんでしょう。

午後2時過ぎまで海で過ごしまして、自宅への帰路に着きましたが、事故も無く無事に帰ってこれました。 また来年も行けたらいいな〜と思う次第です。

でわでわ。



EASTERN EXPRESS BRDM-U <02>

牛歩ながら進めています「EASTERN・EXPRESS BRDM-U」。
キットのパーツは少ないですが、エデュアルドのエッチングは3シートとまぁまぁのボリュームでして、全部使い切ると前記事の完成図画像のようにキンピカになります。 今回はこのエッチングを使い切ってやるぜと息巻いていましたが、やっぱり全てが上手くいかないものですね。 ボンネット上の一番大きなエッチングでしくじってしまいました。 

しくじったエッチングは下の説明図のように、裏から溝をボールペンでなぞれば表側にポッコリとプレス加工されたような膨らんだ線が浮かび、さらにボールでグリグリすれば綺麗な円形の膨らみが出来るというもの。

イメージ 1

ボールペンのところは楽勝でしたが、ボールをグリグリは難しい。
下敷きに軟らかい物を敷き、更にその下に硬い物を敷いてグリグリするよう指示されていますが、その軟らかさの加減が分かりません。 辺りを見回して“軟らかい物“は厚さ5ミリ程のゴムシートが有ったのでこれを使用し、“硬い物”は別に用意しなくても硬い机の上にゴムシートを敷けば良いかと、次はボールを探しましたが、パチンコ玉くらいの丁度良さそうな大きさのボールが見つからず、代わりにお尻の丸いペンを用意しました。 準備が整ったところでエッチングパーツを置いて、ペンのお尻でグリグリと押してみると、想像していたよりも小さな膨らみにしかならず失敗。 もっと太くて丸いものをと探すと、えんぴつのお尻が丁度良さそう。 「おお~これだ。これを使えば良いんだよ。」と調子に乗って押してみると、大きさは良いのですが下敷きのゴムシートでは少々硬いのか膨らみが弱い。 ここで更にもっと力強く押し当ててみようと思っちゃったのが間違でございまして、フルパワ―で押すと膨らむ部分と平な部分の境界線まで引っ張られて膨らんでしまいました。
こうなってしまうともう直すのも大変。 境界線部分を押さえてみましたが、ベコベコになってしまい、もうこのエッチングパーツは使用を断念。

イメージ 2

そもそも、このエッチングパーツとキットのパーツとの形状の違いは、この丸い膨らみ部分の位置でございまして、ならばとキットの丸い部分を切除して位置を変更しました。 これで失敗したエッチングでなくても問題無し。 更に6つの開口部の上に貼る楕円のリングのエッチング付ければ、これで良いじゃないですか。

イメージ 3

インテリアのエッチングも用意されていますが、組み立てても「はて?これは何?」みたいなパーツが多くて困ります。 もう暑くて思考が低下してしまっているので、考察を諦めて分かり難い説明書のとおりに組み付けていきました。

イメージ 4

後部インテリアの左右のボックスは、エッチングでは大きく不自然だったので、一部をプラバンを使用して作り直しています。

イメージ 5

お尻の水泳部の特徴でもある「ウォータージェット式推進装置」のスクリューもエッチングですよ〜。

イメージ 6

今晩には子供達が富士登山から帰ってくるので、また制作時間が減ってしまいますが、そろそろ“16式も”再開しないとね。

ではでは。



.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事