実践!伝統野菜のプランター栽培

2013年12月31日を持ちまして、ブログを休止いたしました。今後、更新はなく再開時期も未定です。 (´▽`)ヾ

全体表示

[ リスト ]

今日は、お花見にはサイコーの日曜日〜♪でした。
ご近所の小さな公園ですらシート広げてやってましたから、桜の名所はどこも大混雑だったんでしょうな。

私は、そういう場所は遠慮させていただき、神戸・六甲アイランドの小磯記念美術館に行っておりました。
こちらは人が少なく、じっくり見ることができてよかったですよ。


さてはて、発芽させたナス・ピーマンの種を使った苗作り。
作業状況を、また記録しておきました。

イメージ 1
ナス・ピーマンの育苗には、
温度管理が重要。

そこで、
最高・最低温度計を用意します。

現在温度だけでなく、
それまでの最高気温と最低気温が、
同時に確認できる温度計です。

こちらは、水銀柱式のもの。
デジタル式と違って電池が不要。
参考価格:1650円

しかし、長くて大きく、
横にして使うと水銀切れをおこす、
という欠点もあります。

小さな育苗箱では使いにくいので、
今回は使わないことにしました。

イメージ 2
今回使うのは、このデジタル式です。
小型で使いやすく、お気に入り。
参考価格:1980円

温度確認が簡単で、
記録を取るのも楽です。

ちなみに箱は、
温度計に合わせて作ったもの。

イメージ 3
7.5センチのポリポットに、
用土を入れます。

細かい用土が育苗に好適。

割りばしで、播き穴をあけます。
深さ2センチ程度です。

先に用土を吸水させておくと、
作業しやすい。

イメージ 4
発芽した鳥飼ナスの種。

発芽から1日経っただけで、
こんなに芽が伸びてました。

これをポリポットに埋めていきます。

イメージ 5
ピンセットでそっとつまんで
播き穴に入れます。

必ず胚軸を下にして埋めましょう。
今は曲がっているけど、
生育すればちゃんとなります。

種まき作業だけは、
ていねいにしておきたいですね。

イメージ 6
種の埋め込みをしたポリポットは、
発泡スチロールの箱に入れました。

軽くて保温性抜群。

紙箱入りの最高・最低温度計も、
ポリ袋に包んで入れておきます。
じかに入れると正しい温度を測定できず、
直射日光で温度計が傷みます。

透明アクリル板3枚でふたをします。
参考価格:1枚798円

イメージ 7
日のよく当たる場所におきます。
夜間は室内に取り込んで冷さないように。

透明アクリル板を使うのは、
今年思いついたアイデア。
去年まではビニールシートを使ってました。

やはり、ビニールシートで包むより便利!
厚さ5ミリで重さが350グラム、
風でも飛ばず、保温性も向上しました。

隙間を開けての温度調整も楽です。

閉じる コメント(4)

顔アイコン

はじめまして、勉強になるです。

お気に入りにさせてもらいます。

いろいろ教えてくださいませ。

2010/4/9(金) 午前 4:51 [ 睡蓮・虻 ] 返信する

顔アイコン

睡蓮・虻さん、こちらもはじめまして。

家庭菜園をやったり、あちこちで植物を見たりして、気付いたことをご紹介させていただいております。教えるというほど偉そうなものでもございませんが、何か少しくらいご参考になれば、私もうれしく幸いです。今後とも、どうぞよろしくお願いいたします。(*^_^*)

2010/4/9(金) 午後 10:37 菜偏人 返信する

顔アイコン

こちらの記事を参考にさせていただき、パプリカ・ナス・タカノツメの苗作りに挑戦中です(^^)
トラックバックさせてくださいm(_ _)m (成一郎)

2011/5/2(月) 午前 11:46 山本成一郎設計室 返信する

顔アイコン

成一郎さん、コメントありがとうございます。

今年も、この記事と同じようにナス科の苗作りやっております。

今からでしたら、もう用土にじかにまいても大丈夫ですョ。
そのほうが、手間が掛からなくていいと思います。

すぐに生長が追いついて、7月下旬くらいから収穫できそう。(^_^)v

2011/5/4(水) 午後 6:46 菜偏人 返信する

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

開く トラックバック(1)


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事