かべや信洋の 初挑戦日記

刈谷市議会議員を経験したかべや信洋の奮闘記です。

無題

[ リスト | 詳細 ]

記事検索
検索

10月18日です

今日は昼から、名古屋の自民党愛知県連事務所に行ってきました。イメージ 1
急な召集だったのですが、5階の会議場は一杯でした。
またマスコミも何社かきていました。
 
はじめに鈴木政二県連会長の挨拶でした。
そこで重徳和彦候補予定者が、自民党県連からの出馬要請を
受諾していただいた旨を話されました。
 
イメージ 2その後、重徳氏が入場され、決意表明をされました。
総務省を退職され、退路を断たれ
県政への熱い想いを語っていただきました
会場からは大きな拍手と頑張れの掛け声がかかっていました。
 
 
愛知県知事選挙 自民党公認立候補予定者 重徳 和彦氏のイメージ 3
プロフィールをご紹介いたします。
生年月日 1970年12月21日(39歳)
出身地   豊田市
学 歴   愛知県立岡崎高等学校卒業
       東京大学法学部卒業
職 歴   1994年 自治省入省
       山形県・青森県(市町村振興課長)・
       広島県(財務室長)において県行政を経験
 
 
 

10月16日です

今日は朝から刈谷東部地区の資源ごみ回収でした。
刈谷東部地区の資源ごみ回収は、とても盛んです。
特に段ボールの量はすごいです。
先日視察したリサイクル率日本一の鎌倉市のシステムもいいですイメージ 1
地区の皆さんが協力して回収する刈谷のリサイクルシステムも
素晴らしいと思います。
 
その後、刈谷幼稚園の運動会に行ってきました。
年少・年中・年長とそれぞれ親子競技が用意されていました。
それ以外にPTA対抗の綱引きもありました。
当然子どもが見ている手前、お父さんは手が抜けません。
筋肉痛にならない事を祈ります。
 
イメージ 2幼稚園の運動会を抜けさせていただき、西部の文化展に行ってきました。
毎回感心しますのは、とても趣味とは思えない作品の完成度の高さです。
見ていると普段お世話になってる方の作品がありました。
こんなご趣味があるなんて全く知りませんでした。
またいろいろ教えていただきたいと思います。

10月15日です。

今朝から電話がひっきりなしです。
大村代議士に河村名古屋市長から知事選出馬への
要請があったという記事が中日新聞に載ったからです。
しかし代議士の口から我々に何の説明もされていないので
申し訳ありませんが、お答えできないのです。
イメージ 1
 
さて刈谷市議会 福祉経済委員会 視察研修3日目です。
今日は栃木県日光市の「障害者就労支援について」です。
刈谷市も同じような事業を行っています。
刈谷市が行っているのは、「障害者就労相談支援事業」です。
では日光市と刈谷市では何が違うのでしょうか
 
一言でいえば日光市の障害者就労支援は攻めの姿勢です。
それに比べたら刈谷市は受け身の姿勢と言えるでしょう。
では何が攻めの姿勢なのか。
 
イメージ 2日光市では、その予算で営業担当を採用しているのです。
そこで市内事業所を回って、障害者のみなさんが請け負う事が出来る仕事のPRを行っているのです。
そのためのパンフレットも1200部
(予算額40万円)作成されています。
そのパンフには、各授産施設、特定非営利活動法人などの
自主製品の紹介(品名・単位・単価・販売時期など)
役務の提供(提供している役務(例えば草刈りなど)・受注実績など)
最後に事業所の紹介PRがカラー刷りで紹介されています。
 
実際、刈谷市の授産施設の方々がどんな役務が出来るのかは
広く知られていません。それどころか授産施設そのものの存在も
ご存じない市民が見えるかもしれません。
こういった就労支援の方法もあったのか!と目からうろこの気持ちでした。
 
さて今回、生まれて初めて委員長としての視察研修でした。
委員のみなさん、そして随行していただいた当局、事務局のの職員さん
本当にありがとうございました。
みなさんのご協力のおかげで、本当に充実した研修ができました。
今後、今回の視察研修で得た知識を刈谷市政へ生かしていただけるよう
お願いをいたしまして、私のご挨拶に代えさせていただきます。
3日間、ありがとうございました。
 
 
 
 

10月14日です。

突然ですが、ロンドン市場で一時円が80円台後半にまで
なったそうです。いったい日本はどうなってしまうんでしょうか。
 
さて刈谷市議会 福祉経済委員会 視察研修2日目です。
イメージ 1
今日は鎌倉市の「リサイクル率日本一の取り組みについて」です。
まず、そもそもリサイクル率とは?
 
ごみ燃料化施設及びセメント原燃料化施設にて中間処理された量を
中間処理後再生利用量から差し引きリサイクル率を算出
 
という基準が環境省が定められています。
ん〜、とは言ってもピンとこないですが、
ようは総排出量を抑えて、紙などのリサイクルを上げていけば
リサイクル率は上げてられる、と考えられます。
 
イメージ 2今回は鎌倉市のリサイクル事業の中心的役割の施設
鎌倉市笛田リサイクルセンターにお伺いし
そのリサイクルシステムの説明を受けました。
市内から回収されたビン・缶などが
ひっきりなしに搬入されていました。
どんな選別方法が行われているのかが気になっていました。
鎌倉市のこの施設においては
人にとって選別が行われていました。
なにより驚いたのは、地区による資源ごみ回収を
行っていないとの事でした。
収集はすべて市が行っているそうです。
 
当然そうなれば、回収率は上がります。イメージ 3
毎週ステーションにおいて回収されるのですから。
しかしそのためにはお金がかかります。
また市民のみなさんも分別が細かくなります。
そこまで税金と市民の協力をお願いしての
リサイクル率日本一です。
しかも当初の計画ではバイオマス事業(生ごみ発電)も
あったそうですが、新市長となってからは見直しが行われ、
この事業は事実上見送りになったそうです。
いまやリサイクルはお金のかかる事業になりつつあります。
今後刈谷市においても、リサイクル率日本一を目指すのであれば、
市民の皆さんのご理解を得られるように努力していかなければならないと思います。
 
 
 
 

10月13日です

久しぶりのブログ更新です。ちょっとブログ恐怖症になってまして。
でも今日は何としても更新したかったので
勇気を出して、宿泊先近くのインターネットカフェのパソコンに向かいました。
さて、今日から私が委員長をさせていただいてます、
刈谷市議会 福祉経済委員会の視察研修です。
初日は、厚木市の「神奈川工科大学厚木市こども科学館」です。
まずはその名前ですが、ここはネーミングライツが採用されています。
これにより神奈川工科大学から年間90万円の手数料をもらっているそうです。
今回はその施設のプラネタリュウムの視察にきました。
 
市民の皆さんがご存知のように刈谷市にもプラネタリュウムがあります。イメージ 1
中央児童館「はばたき」のプラネタリュウムです。
約30年前に中央児童館が建てられた時に
デンソーさんのご寄付を得て
建設、設置された五島光学研究所製のGOTO GMⅡです。
資金的な判断なのか、操作はマニュアルのみです。
しかし、市内の学校の先生方の努力により
毎回すばらしいプログラムを提供しています。
しかし、昨今のCGを使ったプログラムには対応しておらず
全国的に話題となっているような最新のプラネタリュウム作品を上映する事は出来ません。
 
テレビなどで名古屋市科学館のプラネタリュウムが最新式に変わるというニュースは
有名ですが、名古屋市も1962年11月に導入された
カールツアイス4型を同じカールツアイス社製のユニバーサリウム9型に変えるそうです。
本当はこのユニバーサリウム9型を見たかったのですが、イメージ 2
国内にはまだ採用されたおらず、あきらめたのです。
 
では今回の厚木市さんの機種は、と言えば
有限会社 大平技研のメガスターⅡB(光学式)という機種です。
そこに株式会社アストロアーツのステラドームプロ(デジタル式)を
組合したハイブリッドシステムです。
プラネタリュウムには光学式とデジタル式があります。
それぞれ長所を生かすためのハイブリッドシステムなのです。
本体そのものの性能で比べれば、星の投影個数が
旧型のものは6500個でした。しかしメガスターは500万個の投影が可能です。
もちろん目視で確認は出来ません。そのため厚木市子ども科学館では
双眼鏡を貸し出して、その確認をするといったプログラムも用意されていました。
 
イメージ 3今回、質疑応答の後に「HAYABUSA」という大人用のプログラムを
見せていただきました。
委員のみなさんからも絶賛の嵐です。
このプログラムが200円なら絶対安いと感じました。
とともに刈谷市民にも見ていただきたいと思いました。
今まで刈谷市議会において、プラネテリュウムが議論される事は
ありませんでした。
私が委員長のときにそのきっかけが作れた事を誇りに思います。
 
 

.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事