Green Flash

松田聖子(大阪城ホール)行きました。

アジアン焼チキン

  新大阪駅のチキンラーメンの店で見つけた「アジアン焼チキン」(3袋入)
 フライパンに230mlの水を入れ、沸騰したら麺とかやくを入れ、水分が
飛んだら、ソースをかけて混ぜて出来上がり。

イメージ 1

 くせになる味です。
 具入りなので、これだけで十分食べれますよ。
 
イメージ 2

開く コメント(0)

開く トラックバック(0)

もらった本コウジで

 6月25日(火)、6:10笠岡発のフェリーで北木島・金風呂港へ。
 そこから自転車で白石島との間の水道「ミチバタ」で竿出ししました。

イメージ 1

 しばらくして、地元のおじいさんが自転車でキス釣りに来て、どんどん歩いて
西の鼻を回った向こうへ行ってしまいました。穴場のいいポイントがあるのか?

イメージ 2

  ここを選んだのは、土曜の釣り大会の後、残った「本コウジ」を4個もらった
ので、水深のあるポイントでタイを狙いたかったため
 コウジ竿3本、キス竿1本の「大物狙い体制」で展開しましたが、何も起こら
ず、時間だけが過ぎて行きましたが、11時前になって、左の離れた所に置い
ていた竿の鈴が鳴り、玉網を手に駆け付け、道糸を少し送って待っていると、
クイッと竿先が入ったので、もういいかと合わせると乗った!
 根がかりの心配はないので、竿を立ててじっくり巻いていくと、黒でなく白っぽ
い魚体が見えて、これはもしや、やっぱりマダイでした。

イメージ 3

 40㎝弱でしたが、きれいな色、きれいな形で大満足。

イメージ 4

 ラインローラー部品待ちのスピンジョイ(シルバー)に替わって、アトミックスラ
イダーを身にまとい復活したエアロキャスト(黒)が仕事をしてくれました。

イメージ 5

 13時前に、右手の竿の道糸を見ていると、だんだん右横に動いて行き、
これはヤツの仕業だなと思っていると、案の定、竿を立てた途端にジャンプ!
しばらくやりとりした後、5号ハリスを切って泳いで行きました。

イメージ 6

 いろんな方向に投げてみましたが、キスのアタリはほとんどなく、糸ふけで
もしやカレイと期待させたのは、そう大きくないキスでした。

イメージ 7

 潮が小さく、あまり流れないまま納竿時刻がきて、15時の便で帰りました。

イメージ 8

  キス・ベラの釣果は少ないですが、本コウジにたった1回だけのアタリをスカ
にせずものにできたので、納得の釣行でした。
 でも、自分で買うのは、いつもの「スーパーコウジ」でいいかな。

イメージ 9

開く コメント(0)

開く トラックバック(0)

 6月23日(日)大阪城ホールで開催された、松田聖子 プレ40周年「Seiko's 
Singles Collection」に行きました。  

イメージ 1

 大阪城ホールでの2日目、ツアーの最後8月8日にも大阪へ帰ってきます。

イメージ 2

 今回は珍しく、スタンド席ではなくアリーナ席が当選しました。

イメージ 3

  ピンクのお姫様ドレスで登場、「時間の国のアリス」で始まり、セットもそれに
合わせたお城やトランプのあるメルヘンチックなもの。
 
 アコースティックコーナーのアンコールでは、シングル曲ではないけど「モッ
キンバード」をみんなで歌いました。
 用意した造花を出して客席で振る、「赤いスイトピー」も。来年には、光る赤い
スイトピーも発売になるとのこと。
 
 赤いいちご風の衣装に着替えて登場して歌ったのは、もちろん「ストロベリー
タイム」。 こういう衣装もよく似合いますね。

 最後のメドレーコーナーでは、デビュー曲の「裸足の季節」で始まり、「夏の扉」
で終了。

 アンコールは、ツアーの青いハッピ姿で登場し、前髪も下し、とても可愛かった
です。

 2回目は、黒のドレスに着替え、ラスト曲は「あなたに逢いたくて」。
 懐かしい曲もたくさん聞けて、セット、衣装もよく、聖子ちゃんを堪能しました。
 

開く コメント(0)

開く トラックバック(0)

 スタバの新作「レモン×ヨーグルト発酵フラペチーノ」680円(税込み)をいた
だきました。

イメージ 1

  レモンとヨーグルトという夏にぴったりの組み合わせ。
 レモンカードソースには、隠し味で甘酒を使っているとのこと。
 店内でWi-Fiがi利用できるようで、今回使ってみました。

イメージ 2

開く コメント(0)

開く トラックバック(0)

交流戦

  6月22日(土)岡山のクラブとの交流釣り大会で下津井田ノ浦港を4時半
出船、広島・豊島・小手島へ。
 私は、一番最後に、6時前に手島の高ノ越の岩場に到着。
 コウジ竿3本、本虫2本針竿1本を投入。

イメージ 1

 すると、7時頃に、コウジ竿の竿先が揺れ出し、だいぶ待って曲がったときに、
合わせると、根がかり?でも、竿をあおると、魚が動き出し、再び、根がかりさ
せないよう必死に巻くと、姿を現したのは、チヌじゃ。
 メジャーを当てると45㎝は超えており、検寸魚が確保でき一安心。

イメージ 2

 この日は、干潮ばさみで、潮位変動も小さく、あまり流れない潮で、アタリも
少なく、本虫で、アタリがあっても根がかりとかで、運よく上がってきたのは
ベラ、ベラ。
 昼前に、仕掛けを手前に引いたときに、コウジにコブらしき強烈なアタリがあ
ったのは、途中で道糸切れ・・・その後同じようなアタリがあったのはアワセが
早くスカ・・・まだまだ修行が足りません。
 で13時で納竿しました。

イメージ 3

 私のチヌは検寸時には、縮んで44㎝級になってましたが、大きさでは、コブ
ダイに次ぎ全体で2番目でした。
 珍しいところでは、36㎝のカレイ!サメも二人が掛けたとのこと。
 本コウジを4個もらったので、次週も出かけるかな。

イメージ 4

開く コメント(0)

開く トラックバック(0)

[ すべて表示 ]


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事