全体表示

[ リスト ]

細菌戦の系譜!!

731部隊関連行事
(戦争と医の倫理)パネル展とシンポジウム
武見太郎と金原節三の関係
第21回『衛生学校記事』情報公開裁判
日本反戦平和記憶国際シンポジウム
4月18日(木)ビザ発給拒否国賠裁判(最大の山場)
ABC企画総会・講演、「講演と合唱の夕べ」
ソビエト連邦、中華人民共和国とハバロフスク裁判の忘却1949-1956
情報公開裁判、意見交換会、細菌戦センター総会・講演
731部隊関連年表
人体実験疑い 京大調査継続せず(731部隊)
日本の核開発(加藤哲郎さん)

明仁・日本政府・日本医学会は、731部隊のことを謝罪し、戦争被害者の救済、戦争をしない政策にお金をかけるべきだ!
又、ヒロシマ・ナガサキ・ビキニ・フクシマと4度被曝した日本は、世界に先駆けて核兵器廃絶・脱原発と叫ぶべきではないか!!
●水爆実験ブラボーで被爆したのは第5福竜丸1隻ではなく、1000隻近くの漁船が被爆した!!

ビキニ「死の灰」世界各地へ
日本の核開発

「徴用工問題」とは何か


日本は、あの侵略戦争を反省して、憲法9条を作った!!

平和条約締結は「日本が大戦の結果認めること」 露外相
●憲法第9条
1、日本国民は、正義と秩序を基調とする国際平和を誠実に希求し、国権の発動たる戦争と、武力による威嚇又は武力の行使は、国際紛争を解決する手段としては、永久にこれを放棄する。
2、前項の目的を達するため、陸海空軍その他の戦力は、これを保持しない。国の交戦権は、これを認めない。

日本の政治の常道【historyとは、彼(his)(権力者)の物語(story)】

・まずい事は隠す!!(=あったことを無かったことにする、=データ改ざんは当たり前)
・責任を下に押し付ける!!(=権力者は、責任を取らない)
統計不正聴取に厚労省官房長同席 中立性への疑念、更に
水爆実験で被爆したのは第五福竜丸だけではない!!延べ992隻が被爆!!

2013年5月12日 安倍 731と書かれた戦闘機に乗る!!宮城県松島市にある航空自衛隊の基地で撮影

オリンピックにお金をかけるのではなく、いじめ対策・貧困対策・戦争被害者対策にお金をかけるべきだ!!

●ニュース
人体実験疑い 京大調査継続せず



トランプ大統領 “ゴラン高原 イスラエルの主権を認める時”

透析中止や「非導入」 23%ガイドライン従わず 学会理事調査

「韓国人が嫌いだ」韓国の空港で酒に酔い暴言、厚労省課長を更迭

陸上自衛隊が南西諸島に駐屯地新設へ 「心理的な作用のほうが遥かに大きい」=中国メディア

JOC会長の後任選びは山下氏を軸に 国際的な信頼回復が課題


天皇神話はいらないのでは?
天皇皇后両陛下 来月伊勢神宮へ 最後の地方訪問



竹田会長の記者会見は本当に「潔白主張」なのか
海外メディア「かえって疑惑深まった」 JOC竹田会長の会見

【大竹まこと×金子勝×室井佑月】 日立がイギリス原発輸出を断念! 世界に逆行する日本と経団連の責任


森友・加計問題 疑惑の核心/下 政治家、官邸官僚… 「安倍側用人」を覆う「黒い霧」

「水俣病は終わらない」公式確認から60年―私たちに託されたメッセージ

松本元死刑囚らの死刑執行文書、ほぼ全て黒塗りで開示

“旧優生保護法”強制的な不妊手術 事業として推進(18/04/27)


真相を解明していないからこうなるのだろう!!
オウム13人死刑で「上川陽子法相」一生SPつきの生活


731部隊員・長友浪男軍医少佐の戦中・戦後、甲第1855部隊考、他


国立公文書館で公開された留守名簿を巡る問題


中国の侵略被害者の証言を聞く集い2018 11.30




京大の「731部隊」論文疑惑(上) 勝間田秀樹(京都支局)

731部隊将校の学位取り消しを 人体実験疑い論文で京大に

●横浜「戦争の加害展」感想
2月10日
・とてもおもしろかったです。(女性50代市外)



「特殊部隊731」
秋山 浩著 (三一書房 1956年6月30日 発行)

第2部
青年の美しい恋

「おい、この間の班長暴行事件なぁ、みんな無罪になるそうだよ。部隊長が握りつぶしてしまうらしい。奴ら、うさを晴らしただけ、得したことになるぜ」
浜中は宿舎へ帰ってくるなり、そういった。
「ほんとか?」と私は叫んだ。
林田が帰ってくるという喜びに加えて、もし本当だとすれば、あのとき、説教がましいことを言って林田の気分を害したことが後悔される。
「いい気持ちだ、これで雇員たち、少しは考え直すだろう?」
憎々し気に上官たちをののしる浜中は、これまでに実際、いじめ通されていた。彼は総務部にいる関係で雇員たちより早く情報を耳にし、私達に語っていた。だから私達を監督する立場にある近江属はいつも苦々しさを抱いていて、浜中を虐待した。それと、浜中はひときわ目立つ美男であったから、それだけでも醜男の近江属には、しゃくの種であったのだろう。
浜中の話によると、本来ならば林田たちは新京に送られて上官暴行罪で軍事裁判にかけられるのだが、あの夜、小宮雇員は思わぬ反抗に逆上気味となり、そばにあった38式歩兵銃を振り回し、菊の紋章に傷をつけたため、公式に林田たちを裁くとなれば、小宮の罪も表沙汰になり、ひいては部隊の不名誉となるので内密に処理しようというのが部隊長の意向なのだそうである。



・陸軍軍医少佐 平澤正欣の学位授与授与の内容
(731資料センター会報28号より:西山勝夫「731部隊問題、克服への道」より)
1945年6月6日に京都大学医学部教授会で審査後纏められた平澤正欣論文要旨(国立公文書館学位授与記録より翻刻、京都大学公文書館の内容と同一)は以下の通り




京都大学は何を学位授与に値すると認定したか。【先人の見解と異なり「イヌノミ」もまた人類に対する「ペスト」媒介蚤なる新事実を発見せり】、人と獣(イヌ)、両方同じ媒体、「イヌノミ」により「ペスト」に感染すること、「ペスト」の人獣感染を新事実として評価しました。ネズミ、モルモットやサルで実験をやっていて、どうして人に感染したと言えるのでしょうか。
審査員の戸田元医学部長、木村医学部長は731部隊に教え子を送った人達です。彼らは、自らも陸軍軍医学校の嘱託研究員などを務め、戦後に戸田は金沢大学の学長、木村は名古屋市立大学学長になったことで知られています。
これらの論文を2014年から15年に検討し、15年3月の戦医研例会で紹介し、問題を、以下の4点にまとめました。
・実験対象がヒトであるにもかかわらず、「さる」と偽った
・当該対象者を治療することを目的とした実験ではなかった
・当該対象者の発症後も治療せずに死亡に至るまで経過を観察した
・死亡後の学位授与認可
・・・・・
人体実験疑い 京大調査継続せず

第45回定例研究会(公開)のご案内

日時 2019年3月24日(日)11:00〜17:30
会場 京都大学医学部構内 医学部先端科学研究棟1階セミナー室(大)
http://www.kyoto-u.ac.jp/ja/access/campus/yoshida/map6r_i.html (地図上の16番の建物)
ホームページ https://japan-war-medicine.jimdofree.com/ 

資料代 1000円

14:00〜15:00 第19回会務総会
15:10〜17:30 一般演題 

1. 優生保護法強制手術に見る宮城県の状況と背景―検証する視点の模索  村口 至(坂総合病院) 
2. 日中、太平洋戦争ー軍部衛生部に組み込まれていった医学生、医師たち  莇昭三(城北病院) 
3. 「留守名簿」石川県内48件の訪問調査の報告         池田治夫(戦医研北陸支部) 
4. 京都大学による旧満洲第731部隊軍医将校の学位授与の検証      西山勝夫(滋賀医科大学)







日本は、日中戦争で国際法に違反して、毒ガス戦、細菌戦、無差別爆撃を行った。日本政府は、この事実をきちんと認めていない!!
●『日本の中国侵略と毒ガス兵器』 歩平著(山邊悠喜子、宮崎教四郎訳)明石書店より
第5章 陸軍習志野学校

残酷な軍事演習
この事故に関係があるもう1つの重大な発見があった。演習隊が散毒地帯を通過後、しばらく休憩して着ていた服装を消毒するのに、比較的安全な散毒地帯の風上を選んだ。しかし突然風向きが変わり、散毒地帯の空気が休憩地点に流れてきた。練習隊は準備していなかったので有毒な空気を吸い込み、その晩は多くの人たちの瞼が腫れ上がり、目には大量の分泌物が出て視力は急激に減退、病院に送り込まざるを得なかった。この偶然の事故は、化学戦の遂行時には気象を軽視してはならないことを証明した。もともと習志野学校には気象に責任ある人員がいたが、化学戦の要求する気象は普通の軍事気象とは違い、決して簡単おおざっぱであってはならなかった。この教訓によって、1935年から、習志野学校に化学気象を研究する将校古林和一郎を専門に配備した。





(広島県大久野島毒ガス工場)




●登戸研究所資料館(明治大学平和教育登戸研究所資料館ガイドブックより)
第二展示室


風船爆弾の開発に携わった人々
風船爆弾の開発に当たっては、登戸研究所第一科(科長・草場季喜(くさばすえき)を中心として、研究所外の様々な組織の協力を得て行われました。八木秀次などの高名な科学者が顧問として名を連ねた他、太平洋上を吹く偏西風が放球に適しているかどうか判断するための調査は中央気象台技師の荒川秀俊、ウイルス兵器開発には、第二科の久葉昇及び家畜衛生研究所の中村稕治(じゅんじ)と、各分野における専門家が動員されました。
このほかにも大学教授を始め国立研究所や民間会社の技師までも嘱託職員として動員し、組織の壁を超えた一大プロジェクトが形成され、太平洋横断による攻撃が目指されました。





●特集 軍拡に走る安倍政権と学術①

15年戦争中の「医学犯罪」に目を閉ざさず、繰り返さないために
1、戦争における医学者・医師たちの犯罪

西山勝夫さん(滋賀医科大学名誉教授)に聞く
にしやま・かつお=滋賀医科大学名誉教授、 15年戦争と日本の医学医療研究会事務局長、「戦争と医の倫理」の検証を進める会代表世話人、軍学共同反対連絡会共同代表


2、戦争医学犯罪に医学界・大学医学部はどうかかわったのか

3、戦後、日本の戦争医学犯罪は裁かれなかったのか
■隠蔽・極秘取引・タブー・無視と検証・克服
―これらのことについて、戦後の医学界・医療界、医学者・医師はどのように向き合ってきたのでしょうか。団体の動きや、個人の発言などもふくめて紹介してください。

1946年に設立された民主主義科学者協会、新日本醫師聯盟(後に新日本医師協会、通称新医協に発展的に解消)などでは、科学者のみならず教育者、知識人の戦争協力について調査し戦犯者として摘発、追放しなければならないという意見がひろく起こっていました。当時の新医協機関紙の調査により、防疫給水部の名で呼ばれ、細菌爆弾やいろいろの細菌謀略のために少なからぬ細菌学者や病理学者が研究に参加し、その間非道な人体実験が行われ、また部分的に実戦に使用されたことは、軍医として徴集された多くの医師が知っていたこともわかりました。


昨年2018年12月に、『留守名簿 関東軍防疫給水部 満州第659部隊』2冊が発売されました!!(不二出版)



●「衛生学校記事」とはどんなものだろうか?
なぜここまでして、国は衛生学校や化学学校で作っていた機関誌を公開しないのだろうか?
第21回『衛生学校記事』情報公開裁判

1957(昭和32)年7月『衛生学校第1号』発刊


衛生学校の人々
園口忠男(第8代衛生学校長 在任期間 1969.8.1〜1971.6.30)
S14 熊本医大
S15.6.18〜18.4.1
19.12〜〇 軍医少佐 731部隊第2部教育部長
寧波作戦の輸送指揮官
(1940年)「寧波作戦の陸路輸送指揮官をやっていましたね。私も陸路行きの1人だったんだけどね。園口は軍医学校を終わったばかりでね。軍医中尉に任官して来たばっかりでしたよ。15年の6月頃来たんじゃないですかね。来たばかりで輸送指揮官になって杭州に私らを引率して行ったわけですよ。8.9.10.11と向こうにいて12月半ばにハルピンに帰ったですよ。その間、奈良部隊と名乗っていました。」

戦後、園口は学位授与されている
博士論文 「赤痢菌族の分類に就いて」 授与大学名 熊本医科大学 授与年月日 S21.5.17 

以下、『細菌戦センター会報第27号』より引用(【 】の部分)
【金原衛生学校長の要請で自衛隊に1956年8月に入隊し衛生学校教育部教官(第4課長)となる。

1967年12月、陸上自衛隊衛生学校にて衛生史編纂協議会が置かれ、1968年3月、金原節三を含む6人に編集顧問を委嘱した。
『大東亜戦争陸軍衛生史』全9巻が、1970年前後に刊行された。その中の7巻目が「軍陣防疫」であり、監修は園口忠男、執筆者は元731部隊の2代目隊長と幹部である。

各タイトルと執筆者は以下の通り
「防疫給水部編成の由来」(北条円了)、「防疫給水部の運用と活用」(村上隆)「今次戦争における第12防疫給水部の活躍」(渡辺廉)、「防疫給水と香港の衛生行政について」(江口豊潔)、「検疫について」(羽山良雄)、「今次戦争における2.3の病原に関する研究」(北野政次)】

1969年8月1日〜1971年6月30日まで第8代衛生学校長、陸将補となる。


第5代衛生学校長
井上義弘【1904〜1969(65歳)、石川県出身
1929年に台北医専卒、陸軍見習士官を経て1931年3等軍医、1948年軍医中佐、その間、陸軍軍医学校教官、陸軍医務局課員、シンガポールに設置された細菌戦部隊(南方軍防疫給水部9420部隊)に所属、戦後、第1復員省、厚生省復員局勤務、1953年復員局から保安庁に出向、陸上幕僚監部衛生課長、陸上自衛隊衛生学校第5代校長、陸上幕僚監部衛生監を歴任1960年退官。近代5種競技世界選手権大会(ブタペスト)に日本選手団長として参加中、1969年9月急逝。1969年日本体育協会近代5種・バイアスロン連合会副理事長となり、専門の体力医学の分野で活躍】
第4代衛生学校長であった金原が1957年12月突如転任になり、第5代の衛生学校長になったのが井上だ。両人とも戦時中の細菌戦部隊にかかわった人物である。それも金原は細菌戦部隊の指導的な立場にあった。それがアメリカの圧力か何かで、衛生学校長の職を転任になり、その後を井上が引き継いだ。
井上は、自衛隊に保管されていた731関連の資料を自宅に持ち帰り、保管していたが、ブタペストで急逝したため、何も知らない遺族がそれらの資料を廃棄してしまった。ところがそれが神田の古書店に行きつき、某大学の研究者の目に留まり、その大学で買い取った。そこで改めてその資料を検証すると、731部隊の毒ガス実験等の論文があった。某大学では、その買い取った731関連の資料や、731部隊のデータを使って書いた論文等は、以前はその大学研究者は許可を得て見ることができたが、今ではそれらを見ることができなくなっている。
又、京大の次に多くの医学者を731に送った東大も細菌戦に関する資料を公開せず問題になっている。
東京医大等の不正入試だけでなく、大学医学部の戦中の細菌戦関連の資料の隠蔽も今、大きな問題になっている。
※1955年に二木秀雄が精魂塔を多磨霊園に建立し、731部隊の戦友会「精魂会」が発足した。
1950年には日本ブラッドバンクが内藤良一(元731部隊員)らによって設立され、元731部隊員は復権に向けて動き出している。
南方軍防疫給水部(岡9420部隊)





イタイイタイ病を究明した男 萩野昇

驚愕!御用医学者をさかのぼると、すぐに731部隊に行き着く

水俣病問題

小島三郎国立予防衛生研究所所長の過去

小泉親彦と宮川米次の絆

ヒロシマからフクシマへ

宮川正

「想定外」 と日本の統治—ヒロシマからフクシマへ—

ビキニ「死の灰」世界各地へ

自衛隊とサリン

相模海軍工廠・寒川と平塚にあった秘密毒ガス工場

日本の国家機密

兒嶋俊郎さんを偲ぶ



●昭和天皇の戦争責任を問う!!大嘗祭反対!!


●昭和天皇(ハーバード・ピックス著『昭和天皇』より)
第3部   陛下の戦争
1931(昭和6)年―1945 (昭和20)年


第8章 昭和維新と統制



国体問題に関する全国規模の反政府運動は、1935年の春から夏、秋を通じて続いた。陸海軍の上層部、陸軍の影響力が強い帝国在郷軍人会(その支部は全県下にあった)、そして同盟を組んだ大小の右翼団体が、煽動を主導する一方、「皇道 大本教」のように、明らかに国家に服従しているような宗教諸団体も運動に参加した。8月、検察が美濃部の大逆罪を、美濃部にその意図があったわけではないとの理由で棄却すると、天皇機関説への反対は反政府運動として再燃した。それ以来、日本は神聖にして貴く、権威ある統治者に導かれた「無比の国柄」であるという理念に異論がまったくなく、軍事費に対する国民の批判は許さないという観念が育っていった。


小泉親彦と昭和天皇

近現代史を《憲法視点》から問う〜「湘南社」の憲法論議〜

近代天皇制の真髄は

福沢諭吉

神武と戦争




憲法9条を生かそう!!

閉じる コメント(0)

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事