天皇の戦争責任

[ リスト | 詳細 ]

記事検索
検索

全519ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]

細菌戦の系譜!!

24日(月)〜28日(金)までブログをお休みします。
軍事研究に関する学長声明  龍谷大学 学長 入 澤  崇
第24回  スタディツアー 事前学習会
文学者の戦争協力
香港の皆様へ!!
731部隊「講演と合唱の夕べ」
北宏一朗さんを偲ぶ
長崎731部隊・100部隊パネル展
京大 学位授与問題!!
長野平和の旅
日本はなぜ戦争責任問題を解決できないのか
武蔵村山の国立感染症研究所問題!!
安倍政権の歴史改ざん政策(中国人ビザ発給拒否裁判)
「北東アジア国際関係の激変と日中関係」 大西広慶応義塾大学教授
731と米国の核戦略
防衛省731部隊情報公開裁判の途中経過から見えてきたこと
原子爆弾症研究者都築正男と米の核戦略
武見太郎と金原節三の関係



香港の皆様へ!!
北宏一朗さんを偲ぶ
6月10日に、北宏一朗さんが逝去されました。
横浜の「戦争の加害展」では、私は大変お世話になり、色々相模海軍工廠の事や、関東大震災時の横浜での虐殺事件のことを教えていただきました。
また、映画「沈黙」の上映会の時は、茅ケ崎、横浜、横須賀と体調の悪い中、先頭に立って、上映会を成功させたことが大変印象に残っています。
心より、ご冥福をお祈りいたします。



追悼 北宏一朗さん  2019年1月26日文京区民センター



相模海軍工廠・寒川と平塚にあった秘密毒ガス工場
北宏一朗
海軍の毒ガス工場・相模海軍工廠 (寒川町)で、どのような化学兵器が作られていたのか、化学実験部=海軍技術研究所(平塚)では? 

―毒ガス工場の恐ろしさ―
これらの化学兵器・毒ガス兵器はどこに送られ、敗戦時にはどこに隠匿されたのでしょうか。その多くが中国大陸へ、そして南方へ、対ソ戦用に北方に配備、最後には本土決戦用 として(決号作戦)大量の毒ガス兵器が配備されました。 陸軍毒ガスエ場の大久野島(広島)には現在も地下壕に大量の毒ガスが埋蔵されています。北海道美幌基地の地下壕にある60kgイペリット・ルイサイト混合爆弾(不凍)、福岡県苅田港周辺海域に放置されたまま538発にのぼる爆弾、寒川町岡田にある特殊地下壕に隠匿された各種毒ガスの原材料、毒ガス兵器、隠匿された陸・海軍の化学兵器、毒ガス兵器は今日に於いても、その毒性はおとろえることもなく地下に、地中に、海中等に眠っています。国内にとどまらず、中国をはじめ東南アジア全域に、南洋諸島に及んでいます。


何で微罪で長期勾留する??
微罪で長期勾留?おかしくないか?日本も人権意識が欠如している!!
以前までは香港の日本領事館が南京大虐殺の抗議を受け取っていたが、去年は受け取らないので、日本まで抗議に来たという。
香港人「靖国神社」建造物侵入事件"長期勾留"の謎?

靖国神社でぼや、横断幕も=中国籍の男を逮捕


●徳仁・日本政府・日本医学界は、731部隊のことを謝罪し、戦争被害者の救済、戦争をしない政策にお金をかけるべきだ!
日本の医学界はなぜ謝罪しない???
又、ヒロシマ・ナガサキ・ビキニ・フクシマと4度被曝した日本は、世界に先駆けて核兵器廃絶・脱原発と叫ぶべきではないか!!
なぜ、日本医学界は、先頭に立って「脱原発!!」と叫ばないのか!!
戦後、731部隊員はアメリカの核戦略に協力した!!

「731部隊・100部隊・毒ガス戦」パネル展 2019年4月29日〜5月3日
「日本はなぜ戦争責任問題を解決できないのか 」 田中利幸さん


日本はなぜ戦争責任問題を解決できないのか


●沖縄
沖縄戦全記録 2015 6 14


松代大本営と沖縄



海は命!!
シバサシ−安里清信の残照− ダイジェスト






沖縄は、核と枯葉剤で汚れている!!
「天皇メッセージ」 (てんのうめっせーじ)
枯れ葉剤を浴びた沖縄とベトナム戦争


沖縄と核




●水爆実験ブラボーで被爆したのは第5福竜丸1隻ではなく、延べ1000隻近くの漁船が被爆した!!

ビキニ「死の灰」世界各地へ


日本は、あの侵略戦争を反省して、憲法9条を作った!!

平和条約締結は「日本が大戦の結果認めること」 露外相
●憲法第9条
1、日本国民は、正義と秩序を基調とする国際平和を誠実に希求し、国権の発動たる戦争と、武力による威嚇又は武力の行使は、国際紛争を解決する手段としては、永久にこれを放棄する。
2、前項の目的を達するため、陸海空軍その他の戦力は、これを保持しない。国の交戦権は、これを認めない。

日本の政治の常道【historyとは、彼(his)(権力者)の物語(story)】

・まずい事は隠す!!(=あったことを無かったことにする、=データ改ざんは当たり前)
・責任を下に押し付ける!!(=権力者は、責任を取らない)
統計不正聴取に厚労省官房長同席 中立性への疑念、更に
水爆実験で被爆したのは第五福竜丸だけではない!!延べ992隻が被爆!!
なぜ、「731」と書かれた戦闘機に乗れるのだ???

2013年5月12日 安倍 731と書かれた戦闘機に乗る!!宮城県松島市にある航空自衛隊の基地で撮影

オリンピックにお金をかけるのではなく、いじめ対策・貧困対策・戦争被害者対策にお金をかけるべきだ!!


●戦争とは何だろうか??
隠されたトラウマ〜精神障害兵士8000人の記録〜


戦争神経症


「文学者の戦争協力」  神子島健(かごしまたけし)



治安維持法10万人の記録 


治安維持法と長野県


NNNドキュメント「防衛大学校の闇 連鎖した暴力…なぜ」


東南海地震:「地震の次は何をお見舞いしましょうか」とB29がビラ



●ニュース
エボラ出血熱のウィルスなど危険の高いものをなぜ輸入する?
日本は全く細菌戦の反省をしていない!!
危険性高いウイルスの取り扱い 住民に伝達 国立感染症研究所

危険性高い病原体扱えるBSL4稼働へ 武蔵村山の施設



沖縄戦遺族、鎮魂の火ともす…「慰霊の日」前夜祭

沖縄戦74年「慰霊の日」平和への願い 戦争の記憶どう受け継ぐ

「安倍首相がんばれ」間違いだった 籠池夫妻講演



「陸海空軍その他の戦力は、これを保持しない。国の交戦権は、これを認めない。」と言っている国が、なんで空母を持つのだ???
防衛省、護衛艦「いずも」「かが」を空母化へ 自衛隊内部からも疑問の声


辺野古の埋め立て加速 玉城デニー知事「暴挙以外の何ものでもない」

自衛隊の不祥事!!
日航機123便墜落の真相 〜JALボーインング747に訪れた悲劇の全貌〜



このままでは終わらせない…“森友事件”のいま【ザ・ドキュメンタリー】



“私は不妊手術を強いられた” 〜追跡・旧優生保護法〜

医学界の反省の弁はないのだろうか???原因は何だ???
強制不妊、首相「反省とおわび」 救済法成立時、談話発表へ

福島第一原発の原子炉建屋 開けられる鍵が9000本以上


彼の無念晴らしたい 森友疑惑 自殺職員の元同僚


なぜ、日本医学界は「脱原発!!」と叫ばない!!
「わざわざ自分らのことを『げんしりょくむら』とは?

「あつまれ!げんしりょくむら」に批判相次ぐ サイト閉鎖

20190330 UPLAN 小出裕章「フクシマ事故8年 原子力を廃絶させる道」



731部隊の病理解剖の顧問をした清野謙治も、窃盗事件で京大を追われた後、戦後は東京医大教授になった。731部隊で細菌を製造していた柄沢も東京医大だ!!
日本の底にツルハシでも崩れない差別がある 東京医科大の不正入試提訴 会見詳報

イージス・アショア 田岡俊次 青木理



なぜ、日本は脱原発と叫ばないのか??
20181104 小出裕章と樋口健二のコラボ講演会


2005/12/25 【原発問題】推進派vs反対派 小出裕章氏


竹田恒和JOC会長、IOC委員を辞任




竹田会長の記者会見は本当に「潔白主張」なのか
海外メディア「かえって疑惑深まった」 JOC竹田会長の会見

【大竹まこと×金子勝×室井佑月】 日立がイギリス原発輸出を断念! 世界に逆行する日本と経団連の責任


森友・加計問題 疑惑の核心/下 政治家、官邸官僚… 「安倍側用人」を覆う「黒い霧」

「水俣病は終わらない」公式確認から60年―私たちに託されたメッセージ

松本元死刑囚らの死刑執行文書、ほぼ全て黒塗りで開示

“旧優生保護法”強制的な不妊手術 事業として推進(18/04/27)


真実を隠すために死刑にしたのでは??
オウム13人死刑で「上川陽子法相」一生SPつきの生活


京大の「731部隊」論文疑惑(上) 勝間田秀樹(京都支局)

731部隊将校の学位取り消しを 人体実験疑い論文で京大に




●横浜「戦争の加害展」感想


2月13日
・普段触れることがない過去の出来事を知ることができました。もっと知って記憶もするよう努力したいと思います。(男性、60代)

●「特殊部隊731」
秋山 浩著 (三一書房 1956年6月30日 発行)

第3部

追われるもの

延々とつながれた長い貨車は、傷ついて逃げ行く蛇のように走った。私が乗った車輌は、同輩と雇員が大部分で、武器を所持してきた者は半数ぐらいだった。拳銃や軍刀はどこかに、まとめて積み込んであるはずだった。高級幹部たちは、最後の車輌である。
逃げながらも、私達は、日本が負けるなどとは考えていなかった。だが、行く先がはっきりしないらしく、車輌の責任者である尾藤属すら確かな回答はできない始末だ。





●日本は、日中戦争で国際法に違反して、毒ガス戦、細菌戦、無差別爆撃を行った。日本政府は、この事実をきちんと認めていない!!
『日本の中国侵略と毒ガス兵器』 歩平著(山邊悠喜子、宮崎教四郎訳)明石書店より

第6章 悪魔の兄弟たちの毒ガス網

731部隊との関係

「2人の516部隊員は独房から独房へと経めぐり、1個1個毒剤瓶を小窓ごとに投げ入れ、『かつかつ』と革靴の音が廊下に響き渡る。
ガラス瓶が割れると、青酸は急速に気化し、『マルタ』たちは瞬く間に窒息した。口から泡を吹き、手錠をつなぐ鎖で小窓をたたきながら、間もなく息絶えた。
建物全体が人間地獄と化した」

上述の資料は、731部隊が撤退の前に大虐殺を行ったとき、516部隊が参与し、致命的な化学兵器を使用したことを証明する。関東軍の細菌部隊と化学部隊との間には極めて密接な連絡があったのだ。


(広島県大久野島毒ガス工場)




●天皇制廃止に向けての第一歩:雲上人を人間化する運動を!
田中利幸
3)憲法前文、9条と第1章の根本的矛盾
憲法前文の第1段落は、「政府の行為によって再び戦争の惨禍がおこることのないようにすることを決意し」、この新しい憲法を制定するのだと主張している。したがって、戦争放棄を唱える憲法9条も、15年という長期にわたる日本人の戦争体験からの反省と戦争責任の深い認識を基本的な理念としていることは明らか。つまり、9条の絶対的な非戦・非武装主義は、憲法前文で展開している憲法原理思想と密接に絡み合っているのであって、したがって、9条は前文と常にセットで議論されなくてはならない。その点で、、とりわけ、前文の以下の第2、第3段落の部分が重要である。



●『人間の価値』
―1918年から1945年までのドイツ医学
Ch.ブロス/G.アリ編
林 功三訳

1938年11月9日*を思う
*「水晶の夜」
ベルリン医師会の声明

医師たちは選別と殺戮の官僚機構に協力した。専門家として彼らは選別の鑑定を行い、国家医療行政機構に協力して、強制収容所へ患者を移送させた。

医師たちは「安楽死病院」で働いた。彼らによる「認定」がヨーロッパのユダヤ人の工場的規模の殺戮の基礎になった。

医師たちは強制収容所、研究所、大学病院で残酷な人体実験を行った。

ごくわずかの医師たちが彼らのキリスト教的、社会主義的、共産主義的世界観にしたがって抵抗したにすぎない。

ベルリン医師会はその過去の重荷を負う。我々は悲しみと恥を感じている。



昨年2018年12月に、『留守名簿 関東軍防疫給水部 満州第659部隊』2冊が発売されました!!(不二出版)


●「化学学校記事」情報公開裁判
9月4日 11:30〜(522号法廷)

●「衛生学校記事」とはどんなものだろうか?
なぜここまでして、国は衛生学校や化学学校で作っていた機関誌を公開しないのだろうか?

次回 第23回『衛生学校記事』情報公開裁判
9月26日(木)11:30〜419法廷

金原節三氏が寄贈した資料が、衛生学校庁舎3階の彰古館に1982年に「金原節三コーナー」として展示された。
その2000点を超える資料はその後どうなったのであろうか?
防衛省の回答では、金原氏の目録と一致する資料は、今現在は641点だという。
あとの資料はどこに消えたのか?
彰古館に勤めていた人(1996年から2013年)の聞き取りでは、彰古館では、きちんと整理していていなかったようである。
金原資料は、1995年に防衛庁戦史部に移管されたが、翌年また彰古館へ戻したという。
その時はすべてを戻したわけではなかったようだ。
2010年に、彰古館が学校庁舎3階から今の建屋になり、資料も移管されたが、金原資料の整理はきちんとされていないようだ。
金原資料の一部はあるようだが、その他の金原資料は、どこに保管しているのだろうか。
また、彰古館には旧軍資料しか置いていないともいう。本当に「衛生学校記事」や教範類は置いていないのだろうか?
次の裁判までに、勤めていた人の陳述書を防衛省側は出すという。

1957(昭和32)年7月『衛生学校第1号』発刊


第4代衛生学校長
『衛生学校記事』を発刊したときの、衛生学校長金原節三とはどんな人物なのだろうか?
金原節三(1901〜1976)
陸軍省医事課長時代(1941.11〜43.8)に731部隊から報告を受けていた。「陸軍省業務日誌摘録」
厚生省東海北陸医務出張所から衛生学校へ 1955.8.1

金原節三と細菌戦
金原の略歴を見ると、昭和16年11月に陸軍省医務局医事課長になっていて、17年に8月に軍医大佐になっている。
細菌戦資料センターの会報には、次のような記載がある。「陸軍省医務局医事課長だった金原節三元軍医大佐が、1955年に陸上自衛隊に入隊した。細菌戦部隊を指導していたのは、陸軍参謀本部、陸軍省医務局衛生課そして陸軍省医務局医事課である。金原は、「金原業務日誌摘録」に細菌戦部隊からの報告を記録している。


金原節三と武見太郎
金原と戦後日本医師会会長になり、医師会、薬剤師会、歯科医師会に大きな影響を及ぼした武見太郎は、軍隊内の先輩・後輩関係にあった。『金原節三資料目録』(陸上自衛隊衛生学校)の巻頭言は、日本医師会長武見太郎が書いている。

「衛生学校30年のあゆみ」
校長在職時代の憶い出
第4代校長 金原節三
車を本館前に停めて、内部を見て回ったが、まだ移駐前のこととて、わずかな先発隊員が開設準備作業をしているだけで、どの部屋もガラン洞で淋しいものだった。しかし、出来立ての建物は、さすがに奇麗で、白い壁面もクリーム色の塗装も見た目に快く、小粒ながら清々しい感じだった。
確か今の総務課の室(現在は総務課厚生班室)だと思ったが、1人の将校らしい人が、数名の部下を指揮して、上衣に汗を滲ませながら、自らも何か一生懸命に取付作業をやっているところだった。当時階級章も何も判らない私には、挨拶されたその人の顔の若々しさから、中尉位の階級だと思ったが、これが松岡2佐(管理課長)その人であった(のち、第1衛生大隊長に転出、急逝された松岡多喜夫1佐)。この時の松岡2佐の尊い率先垂範ぶりが、私の自衛隊入りを決めるについての大きい要素となったことは、思えば1つの運命であった。

※細菌戦に関わった金原と、戦後日本医師会で権力をふるった武見。こんな2人に関係があると、日本医師会が細菌戦のことなど反省するはずがない。防衛医科大学校は、武見と金原の人間関係で設立された。もちろん、生物戦、化学戦、原子戦などを想定して、色々なことに取り組んでいるのではないかと思う。すべて防御のためと称して。


第5代衛生学校長
井上義弘【1904〜1969(65歳)、石川県出身
1929年に台北医専卒、陸軍見習士官を経て1931年3等軍医、1948年軍医中佐、その間、陸軍軍医学校教官、陸軍医務局課員、シンガポールに設置された細菌戦部隊(南方軍防疫給水部9420部隊)に所属、戦後、第1復員省、厚生省復員局勤務、1953年復員局から保安庁に出向、陸上幕僚監部衛生課長、陸上自衛隊衛生学校第5代校長、陸上幕僚監部衛生監を歴任1960年退官。近代5種競技世界選手権大会(ブタペスト)に日本選手団長として参加中、1969年9月急逝。1969年日本体育協会近代5種・バイアスロン連合会副理事長となり、専門の体力医学の分野で活躍】
第4代衛生学校長であった金原が1957年12月突如転任になり、第5代の衛生学校長になったのが井上だ。両人とも戦時中の細菌戦部隊にかかわった人物である。それも金原は細菌戦部隊の指導的な立場にあった。それがアメリカの圧力か何かで、衛生学校長の職を転任になり、その後を井上が引き継いだ。
井上は、自衛隊に保管されていた731関連の資料を自宅に持ち帰り、保管していたが、ブタペストで急逝したため、何も知らない遺族がそれらの資料を廃棄してしまった。ところがそれが神田の古書店に行きつき、某大学の研究者の目に留まり、その大学で買い取った。そこで改めてその資料を検証すると、731部隊の毒ガス実験等の論文があった。某大学では、その買い取った731関連の資料や、731部隊のデータを使って書いた論文等は、以前はその大学研究者は許可を得て見ることができたが、今ではそれらを見ることができなくなっている。
又、京大の次に多くの医学者を731に送った東大も細菌戦に関する資料を公開せず問題になっている。
東京医大等の不正入試だけでなく、大学医学部の戦中の細菌戦関連の資料の隠蔽も今、大きな問題になっている。
※1955年に二木秀雄が精魂塔を多磨霊園に建立し、731部隊の戦友会「精魂会」が発足した。
1950年には日本ブラッドバンクが内藤良一(元731部隊員)らによって設立され、元731部隊員は復権に向けて動き出している。
南方軍防疫給水部(岡9420部隊)





イタイイタイ病を究明した男 萩野昇

驚愕!御用医学者をさかのぼると、すぐに731部隊に行き着く

水俣病問題

小島三郎国立予防衛生研究所所長の過去

小泉親彦と宮川米次の絆

ヒロシマからフクシマへ

宮川正

「想定外」 と日本の統治—ヒロシマからフクシマへ—

ビキニ「死の灰」世界各地へ

自衛隊とサリン

相模海軍工廠・寒川と平塚にあった秘密毒ガス工場

日本の国家機密

兒嶋俊郎さんを偲ぶ



●昭和天皇の戦争責任を問う!!大嘗祭反対!!
天皇万歳に浮かれる無責任国家  田中利幸より
重要なことは、アメリカが、日本占領支配のために、裕仁の戦争責任を隠蔽してまでも、彼の天皇としての「権威」を政治的に利用したことである。つまり、私たちが本当に問わなければならないのは、「絶対的権力を保持していた国家元首の戦争犯罪・責任の免罪・免罪の上に制定された民主憲法が、果たしてどこまで真に民主主義的であるのか?」ということである。





●昭和天皇(ハーバード・ピックス著『昭和天皇』より)
第3部   陛下の戦争
1931(昭和6)年―1945 (昭和20)年
※昭和天皇は、平和主義者でもなんでもなかった。好戦的であり、常に軍部に色々と指示を出していた!!


第9章 聖戦

大本営の主要メンバーはすべて天皇を輔翼するが、陸海の現地司令官に天皇の命令を伝達するのは陸海軍の統帥部長だけだった。昭和天皇は、大本営を通じて関東軍や支那派遣の陸軍のような天皇直属の現地部隊を含めた陸海軍に対する最終的な指揮権を行使していた。天皇と統帥部は、大本営政府連絡会議を通じて、文民統治機構との政策調整を試みた。しかし、昭和天皇にとって戦争指導の調整と統一は達成不可能であることが判明する。というのは、大本営では陸海軍の対立が再現される一方、連絡会議は、国務大臣が個々に天皇を輔弼するという原則―それは結局、守られなかったが―に基づいていたからでる〔明治憲法は内閣が全体として天皇を輔弼するのではなく、各々の国務大臣が所管事項について単独で天皇を輔弼するという原則を採用していた〕。


小泉親彦と昭和天皇

近現代史を《憲法視点》から問う〜「湘南社」の憲法論議〜

近代天皇制の真髄は

福沢諭吉

神武と戦争




憲法9条を生かそう!!


開く コメント(0)

細菌戦の系譜!!

文学者の戦争協力
香港の皆様へ!!
731部隊「講演と合唱の夕べ」
北宏一朗さんを偲ぶ
長崎731部隊・100部隊パネル展
京大 学位授与問題!!
長野平和の旅
日本はなぜ戦争責任問題を解決できないのか
武蔵村山の国立感染症研究所問題!!
安倍政権の歴史改ざん政策(中国人ビザ発給拒否裁判)
「北東アジア国際関係の激変と日中関係」 大西広慶応義塾大学教授
731と米国の核戦略
防衛省731部隊情報公開裁判の途中経過から見えてきたこと
原子爆弾症研究者都築正男と米の核戦略
武見太郎と金原節三の関係



香港の皆様へ!!
北宏一朗さんを偲ぶ
6月10日に、北宏一朗さんが逝去されました。
横浜の「戦争の加害展」では、私は大変お世話になり、色々相模海軍工廠の事や、関東大震災時の横浜での虐殺事件のことを教えていただきました。
また、映画「沈黙」の上映会の時は、茅ケ崎、横浜、横須賀と体調の悪い中、先頭に立って、上映会を成功させたことが大変印象に残っています。
心より、ご冥福をお祈りいたします。



追悼 北宏一朗さん  2019年1月26日文京区民センター



相模海軍工廠・寒川と平塚にあった秘密毒ガス工場
北宏一朗
海軍の毒ガス工場・相模海軍工廠 (寒川町)で、どのような化学兵器が作られていたのか、化学実験部=海軍技術研究所(平塚)では? 

―毒ガス工場の恐ろしさ―
まさか自分が毒ガス工場に連れてこられるなど誰一人思っていませんでした。更に軍機密として「生涯口にするな」と・・・・・。
動員学徒は大学生もいましたが、主に静岡、神奈川、山梨の中学生一湘南中学(藤沢)、相洋中学(小日原)、日川中学(山梨)、伊東高女(伊東)、豆陽中学(下田)、平塚高女(平塚)等でした。
15才〜16才の少年・少女も含む総数3000名以上を[海軍魂・精神棒」と書いた丸太で殴り、或いは「対抗ビンタJ等で威嚇し毒ガス生産にあたらせたのです。60kgイペリット爆弾を中心に1号特薬(催涙)、 2号特薬(嘔吐)、3号特薬甲(びらん)、イペリット、同乙(ルイサイト)、4号特薬(青酸)等が作られました。


何で微罪で長期勾留する??
微罪で長期勾留?おかしくないか?日本も人権意識が欠如している!!
以前までは香港の日本領事館が南京大虐殺の抗議を受け取っていたが、去年は受け取らないので、日本まで抗議に来たという。
香港人「靖国神社」建造物侵入事件"長期勾留"の謎?

靖国神社でぼや、横断幕も=中国籍の男を逮捕


●徳仁・日本政府・日本医学界は、731部隊のことを謝罪し、戦争被害者の救済、戦争をしない政策にお金をかけるべきだ!
日本の医学界はなぜ謝罪しない???
又、ヒロシマ・ナガサキ・ビキニ・フクシマと4度被曝した日本は、世界に先駆けて核兵器廃絶・脱原発と叫ぶべきではないか!!
なぜ、日本医学界は、先頭に立って「脱原発!!」と叫ばないのか!!
戦後、731部隊員はアメリカの核戦略に協力した!!

「731部隊・100部隊・毒ガス戦」パネル展 2019年4月29日〜5月3日
「日本はなぜ戦争責任問題を解決できないのか 」 田中利幸さん


日本はなぜ戦争責任問題を解決できないのか


●沖縄
沖縄戦全記録 2015 6 14


松代大本営と沖縄



海は命!!
シバサシ−安里清信の残照− ダイジェスト






沖縄は、核と枯葉剤で汚れている!!
「天皇メッセージ」 (てんのうめっせーじ)
枯れ葉剤を浴びた沖縄とベトナム戦争


沖縄と核




●水爆実験ブラボーで被爆したのは第5福竜丸1隻ではなく、延べ1000隻近くの漁船が被爆した!!

ビキニ「死の灰」世界各地へ


日本は、あの侵略戦争を反省して、憲法9条を作った!!

平和条約締結は「日本が大戦の結果認めること」 露外相
●憲法第9条
1、日本国民は、正義と秩序を基調とする国際平和を誠実に希求し、国権の発動たる戦争と、武力による威嚇又は武力の行使は、国際紛争を解決する手段としては、永久にこれを放棄する。
2、前項の目的を達するため、陸海空軍その他の戦力は、これを保持しない。国の交戦権は、これを認めない。

日本の政治の常道【historyとは、彼(his)(権力者)の物語(story)】

・まずい事は隠す!!(=あったことを無かったことにする、=データ改ざんは当たり前)
・責任を下に押し付ける!!(=権力者は、責任を取らない)
統計不正聴取に厚労省官房長同席 中立性への疑念、更に
水爆実験で被爆したのは第五福竜丸だけではない!!延べ992隻が被爆!!
なぜ、「731」と書かれた戦闘機に乗れるのだ???

2013年5月12日 安倍 731と書かれた戦闘機に乗る!!宮城県松島市にある航空自衛隊の基地で撮影

オリンピックにお金をかけるのではなく、いじめ対策・貧困対策・戦争被害者対策にお金をかけるべきだ!!


●戦争とは何だろうか??
隠されたトラウマ〜精神障害兵士8000人の記録〜


戦争神経症


「文学者の戦争協力」  神子島健(かごしまたけし)



治安維持法10万人の記録 


治安維持法と長野県


NNNドキュメント「防衛大学校の闇 連鎖した暴力…なぜ」


東南海地震:「地震の次は何をお見舞いしましょうか」とB29がビラ



●ニュース
エボラ出血熱のウィルスなど危険の高いものをなぜ輸入する?
日本は全く細菌戦の反省をしていない!!
危険性高いウイルスの取り扱い 住民に伝達 国立感染症研究所

危険性高い病原体扱えるBSL4稼働へ 武蔵村山の施設



「逃亡犯条例は廃案」香港政府 学生らの抗議拡大 

三菱強制徴用弁護人団「7月15日までに協議に応じるべき」最後通告

着工できないリニア 建設許可を出さない静岡県の「正義」 


陸自ヘリ着陸失敗、大破=駐屯地内で訓練中−東京・立川


「陸海空軍その他の戦力は、これを保持しない。国の交戦権は、これを認めない。」と言っている国が、なんで空母を持つのだ???
防衛省、護衛艦「いずも」「かが」を空母化へ 自衛隊内部からも疑問の声


辺野古の埋め立て加速 玉城デニー知事「暴挙以外の何ものでもない」

自衛隊の不祥事!!
日航機123便墜落の真相 〜JALボーインング747に訪れた悲劇の全貌〜



このままでは終わらせない…“森友事件”のいま【ザ・ドキュメンタリー】



“私は不妊手術を強いられた” 〜追跡・旧優生保護法〜

医学界の反省の弁はないのだろうか???原因は何だ???
強制不妊、首相「反省とおわび」 救済法成立時、談話発表へ

福島第一原発の原子炉建屋 開けられる鍵が9000本以上


彼の無念晴らしたい 森友疑惑 自殺職員の元同僚


なぜ、日本医学界は「脱原発!!」と叫ばない!!
「わざわざ自分らのことを『げんしりょくむら』とは?

「あつまれ!げんしりょくむら」に批判相次ぐ サイト閉鎖

20190330 UPLAN 小出裕章「フクシマ事故8年 原子力を廃絶させる道」



731部隊の病理解剖の顧問をした清野謙治も、窃盗事件で京大を追われた後、戦後は東京医大教授になった。731部隊で細菌を製造していた柄沢も東京医大だ!!
日本の底にツルハシでも崩れない差別がある 東京医科大の不正入試提訴 会見詳報

イージス・アショア 田岡俊次 青木理



なぜ、日本は脱原発と叫ばないのか??
20181104 小出裕章と樋口健二のコラボ講演会


2005/12/25 【原発問題】推進派vs反対派 小出裕章氏


竹田恒和JOC会長、IOC委員を辞任




竹田会長の記者会見は本当に「潔白主張」なのか
海外メディア「かえって疑惑深まった」 JOC竹田会長の会見

【大竹まこと×金子勝×室井佑月】 日立がイギリス原発輸出を断念! 世界に逆行する日本と経団連の責任


森友・加計問題 疑惑の核心/下 政治家、官邸官僚… 「安倍側用人」を覆う「黒い霧」

「水俣病は終わらない」公式確認から60年―私たちに託されたメッセージ

松本元死刑囚らの死刑執行文書、ほぼ全て黒塗りで開示

“旧優生保護法”強制的な不妊手術 事業として推進(18/04/27)


真実を隠すために死刑にしたのでは??
オウム13人死刑で「上川陽子法相」一生SPつきの生活


京大の「731部隊」論文疑惑(上) 勝間田秀樹(京都支局)

731部隊将校の学位取り消しを 人体実験疑い論文で京大に




●横浜「戦争の加害展」感想


2月13日
・3.1独立運動の起きた地域や重慶の場所等、地図の展示が弱いと思いました。同じ神奈川なのですから登戸の陸軍研究所も取り上げていれば、尚よかったです。同様に帝銀事件にも触れてほしかったです。南京攻略が泥縄で行われたために、余計に軍需物資が不足していたことなど、背景の説明が足りないように感じました。重慶爆撃の爆弾数は初めて知りました。写真も良く集めましたね。朝鮮侵略の歴史は展示してあるのに台湾侵略戦争に全く触れていないのが、バランスを欠いていました。人体実験のミニチュアはグロかったですが、こういった強烈な展示も必要だと思いました。(男性、40代)

●「特殊部隊731」
秋山 浩著 (三一書房 1956年6月30日 発行)

第3部

魔の廃墟のあとに

*       *       *       *       * 

営内は大半燃え尽くしていて、そちこちに焼け残った棒杭が黒く荒涼と突っ立つ中に、堅固な本館だけが、そのままの姿で厳然と空間を領していた。教育部の宿舎の辺りは、煉瓦の建物がこうもよく焼けるものかと思われるほど形なく崩れはて、飼料倉庫からは一向に衰える気配もないもうもうたる黒煙が立ち上っている。給水自動車もまだくすぶっていた。
そのときになって私は、何か気がかりでならなかった明石氏の身辺を思い浮かべた。明石氏のことは誰も口にする人もなかったし、今何処にいるのかもわからない。





●日本は、日中戦争で国際法に違反して、毒ガス戦、細菌戦、無差別爆撃を行った。日本政府は、この事実をきちんと認めていない!!
『日本の中国侵略と毒ガス兵器』 歩平著(山邊悠喜子、宮崎教四郎訳)明石書店より

第6章 悪魔の兄弟たちの毒ガス網

731部隊との関係
この2人は計算した後、防毒衣と防毒マスクを十分装備して、屋上の鋼鉄製ボンベから液体のシアン化水素を慎重にゆっくりとフラスコに1個1個注ぎ入れて、厳重に栓をした。続いて、以下の一幕が出現する。

「2人の516部隊員は最初の『マルタ』小屋に近寄り、開閉自由の小窓から中を見た。狭い部屋に4人いたが、夏場のことで彼らの上半身は裸体に近い。2人は小窓から中へ素早くフラスコ瓶を投げ入れた。ガラス瓶は地上で破砕した。『ガスだ!、逃げろ!』静寂な独房は突然騒然となった。
2人の516部隊員は独房から独房へと経めぐり、1個1個毒剤瓶を小窓ごとに投げ入れ、『かつかつ』と革靴の音が廊下に響き渡る。
ガラス瓶が割れると、青酸は急速に気化し、『マルタ』たちは瞬く間に窒息した。口から泡を吹き、手錠をつなぐ鎖で小窓をたたきながら、間もなく息絶えた。
建物全体が人間地獄と化した」


(広島県大久野島毒ガス工場)




●天皇制廃止に向けての第一歩:雲上人を人間化する運動を!
田中利幸
2)天皇裕仁の免罪・免責を目的とした憲法1章と2章9条の設定

そのことと、その憲法が70年以上にわたって「民主憲法」と解釈され、その「国民主権」国家の「民主主義」政治体制の根幹と見なされてきたこととの関係を、我々はどう考えたらよいのであろうか。つまり、筆者が問いたいのは、「絶対的権力を保持していた国家元首の戦争犯罪・責任の免罪・免罪の上に制定された民主憲法が、果たしてどこまで真に民衆主義的であるのか?」ということである。



●『人間の価値』
―1918年から1945年までのドイツ医学
Ch.ブロス/G.アリ編
林 功三訳

1938年11月9日*を思う
*「水晶の夜」
ベルリン医師会の声明

ユダヤ人の医者は「アーリア人」の治療をすることが許されなくなり、1938年、法律によって、彼らの新規採用と開業が禁止され、また彼らの既得の営業許可が消滅されられた。ユダヤ人および異なる思想を持つ人々が排除されたことに対して、同僚の医師サークルやその団体からはほとんど抗議の声が挙がらなかった。

医師たちは「遺伝病の子どもの出生を予防する」法律を準備するのに関与し、無数の病気の人々、身体障害者に対する不妊。断種手術をおこなった。



昨年2018年12月に、『留守名簿 関東軍防疫給水部 満州第659部隊』2冊が発売されました!!(不二出版)


●「化学学校記事」情報公開裁判
9月4日 11:30〜(522号法廷)

●「衛生学校記事」とはどんなものだろうか?
なぜここまでして、国は衛生学校や化学学校で作っていた機関誌を公開しないのだろうか?

次回 第23回『衛生学校記事』情報公開裁判
9月26日(木)11:30〜419法廷

金原節三氏が寄贈した資料が、衛生学校庁舎3階の彰古館に1982年に「金原節三コーナー」として展示された。
その2000点を超える資料はその後どうなったのであろうか?
防衛省の回答では、金原氏の目録と一致する資料は、今現在は641点だという。
あとの資料はどこに消えたのか?
彰古館に勤めていた人(1996年から2013年)の聞き取りでは、彰古館では、きちんと整理していていなかったようである。
金原資料は、1995年に防衛庁戦史部に移管されたが、翌年また彰古館へ戻したという。
その時はすべてを戻したわけではなかったようだ。
2010年に、彰古館が学校庁舎3階から今の建屋になり、資料も移管されたが、金原資料の整理はきちんとされていないようだ。
金原資料の一部はあるようだが、その他の金原資料は、どこに保管しているのだろうか。
また、彰古館には旧軍資料しか置いていないともいう。本当に「衛生学校記事」や教範類は置いていないのだろうか?
次の裁判までに、勤めていた人の陳述書を防衛省側は出すという。

1957(昭和32)年7月『衛生学校第1号』発刊


第4代衛生学校長
『衛生学校記事』を発刊したときの、衛生学校長金原節三とはどんな人物なのだろうか?
金原節三(1901〜1976)
陸軍省医事課長時代(1941.11〜43.8)に731部隊から報告を受けていた。「陸軍省業務日誌摘録」
厚生省東海北陸医務出張所から衛生学校へ 1955.8.1

金原節三と細菌戦
金原の略歴を見ると、昭和16年11月に陸軍省医務局医事課長になっていて、17年に8月に軍医大佐になっている。
細菌戦資料センターの会報には、次のような記載がある。「陸軍省医務局医事課長だった金原節三元軍医大佐が、1955年に陸上自衛隊に入隊した。細菌戦部隊を指導していたのは、陸軍参謀本部、陸軍省医務局衛生課そして陸軍省医務局医事課である。金原は、「金原業務日誌摘録」に細菌戦部隊からの報告を記録している。


金原節三と武見太郎
金原と戦後日本医師会会長になり、医師会、薬剤師会、歯科医師会に大きな影響を及ぼした武見太郎は、軍隊内の先輩・後輩関係にあった。『金原節三資料目録』(陸上自衛隊衛生学校)の巻頭言は、日本医師会長武見太郎が書いている。

「衛生学校30年のあゆみ」
校長在職時代の憶い出
第4代校長 金原節三
その時分は、現在の世田谷公園の中央口あたりから、東へまっすぐ、今の正門の所へ1本道があり、両側には畑の中に人家が点在しているといった開拓地風景で、まだ正門もなく、どこから敷地になるのか判然とせぬほどであった。技術研究所と衛生学校は既に概成していたが、中央病院は、やっとコンクリートの骨格ができたところで、足場を組んで盛んにない内外装の工事を沿ている時であった。そして、到る所に建築材料が山積し、応急の飯場の建物から工事関係の男女が忙しそうに出入りしているばかりか、空地という空地には、背丈ほどもある夏草が一面に生い茂っているといった有様で、とても今の整然とした美しさなど想像さえもできなかった。

※細菌戦に関わった金原と、戦後日本医師会で権力をふるった武見。こんな2人に関係があると、日本医師会が細菌戦のことなど反省するはずがない。防衛医科大学校は、武見と金原の人間関係で設立された。もちろん、生物戦、化学戦、原子戦などを想定して、色々なことに取り組んでいるのではないかと思う。すべて防御のためと称して。


第5代衛生学校長
井上義弘【1904〜1969(65歳)、石川県出身
1929年に台北医専卒、陸軍見習士官を経て1931年3等軍医、1948年軍医中佐、その間、陸軍軍医学校教官、陸軍医務局課員、シンガポールに設置された細菌戦部隊(南方軍防疫給水部9420部隊)に所属、戦後、第1復員省、厚生省復員局勤務、1953年復員局から保安庁に出向、陸上幕僚監部衛生課長、陸上自衛隊衛生学校第5代校長、陸上幕僚監部衛生監を歴任1960年退官。近代5種競技世界選手権大会(ブタペスト)に日本選手団長として参加中、1969年9月急逝。1969年日本体育協会近代5種・バイアスロン連合会副理事長となり、専門の体力医学の分野で活躍】
第4代衛生学校長であった金原が1957年12月突如転任になり、第5代の衛生学校長になったのが井上だ。両人とも戦時中の細菌戦部隊にかかわった人物である。それも金原は細菌戦部隊の指導的な立場にあった。それがアメリカの圧力か何かで、衛生学校長の職を転任になり、その後を井上が引き継いだ。
井上は、自衛隊に保管されていた731関連の資料を自宅に持ち帰り、保管していたが、ブタペストで急逝したため、何も知らない遺族がそれらの資料を廃棄してしまった。ところがそれが神田の古書店に行きつき、某大学の研究者の目に留まり、その大学で買い取った。そこで改めてその資料を検証すると、731部隊の毒ガス実験等の論文があった。某大学では、その買い取った731関連の資料や、731部隊のデータを使って書いた論文等は、以前はその大学研究者は許可を得て見ることができたが、今ではそれらを見ることができなくなっている。
又、京大の次に多くの医学者を731に送った東大も細菌戦に関する資料を公開せず問題になっている。
東京医大等の不正入試だけでなく、大学医学部の戦中の細菌戦関連の資料の隠蔽も今、大きな問題になっている。
※1955年に二木秀雄が精魂塔を多磨霊園に建立し、731部隊の戦友会「精魂会」が発足した。
1950年には日本ブラッドバンクが内藤良一(元731部隊員)らによって設立され、元731部隊員は復権に向けて動き出している。
南方軍防疫給水部(岡9420部隊)





イタイイタイ病を究明した男 萩野昇

驚愕!御用医学者をさかのぼると、すぐに731部隊に行き着く

水俣病問題

小島三郎国立予防衛生研究所所長の過去

小泉親彦と宮川米次の絆

ヒロシマからフクシマへ

宮川正

「想定外」 と日本の統治—ヒロシマからフクシマへ—

ビキニ「死の灰」世界各地へ

自衛隊とサリン

相模海軍工廠・寒川と平塚にあった秘密毒ガス工場

日本の国家機密

兒嶋俊郎さんを偲ぶ



●昭和天皇の戦争責任を問う!!大嘗祭反対!!
天皇万歳に浮かれる無責任国家  田中利幸より
重要なことは、アメリカが、日本占領支配のために、裕仁の戦争責任を隠蔽してまでも、彼の天皇としての「権威」を政治的に利用したことである。つまり、私たちが本当に問わなければならないのは、「絶対的権力を保持していた国家元首の戦争犯罪・責任の免罪・免罪の上に制定された民主憲法が、果たしてどこまで真に民主主義的であるのか?」ということである。





●昭和天皇(ハーバード・ピックス著『昭和天皇』より)
第3部   陛下の戦争
1931(昭和6)年―1945 (昭和20)年
※昭和天皇は、平和主義者でもなんでもなかった。好戦的であり、常に軍部に色々と指示を出していた!!


第9章 聖戦

御前会議は「天皇の意思」を「国家の意思」に正式に変換する装置であった。審議に参加した者はみな、唯一の権威である天皇により、天皇とともに、そして天皇のもとに行動してきたと主張することができた。その一方で、天皇は国務大臣の助言に従って行動してきたと主張しうるのであり、御前会議は責任体系を拡散させた。こうした意味において、御前会議は無責任という日本的な習慣の最たるものであった。というのは、そこに4つの異なる虚構が認められるからである。すなわち、
(a)内閣が実質の権限を持つ、
(b)内閣は天皇の最も重要な輔弼機関である、
(c)内閣と軍統帥部は懸案について妥協による合意形成に到達してきた、
(d)天皇は単に提示された諸政策を裁可していた受け身の君主であった、
というものである。しかし、実際はまったく異なっていた。力のない内閣、骨抜きにされた憲法、そして侵略の立案に精力的に参加し、その過程を指導した天皇があり、天皇のさまざまな介入は、しばしば間接的に行われたが、どの場合にも決定的なものだったのである。



小泉親彦と昭和天皇

近現代史を《憲法視点》から問う〜「湘南社」の憲法論議〜

近代天皇制の真髄は

福沢諭吉

神武と戦争




憲法9条を生かそう!!

開く コメント(0)

細菌戦の系譜!!

文学者の戦争協力
香港の皆様へ!!
731部隊「講演と合唱の夕べ」
北宏一朗さんを偲ぶ
長崎731部隊・100部隊パネル展
京大 学位授与問題!!
長野平和の旅
日本はなぜ戦争責任問題を解決できないのか
武蔵村山の国立感染症研究所問題!!
安倍政権の歴史改ざん政策(中国人ビザ発給拒否裁判)
「北東アジア国際関係の激変と日中関係」 大西広慶応義塾大学教授
731と米国の核戦略
防衛省731部隊情報公開裁判の途中経過から見えてきたこと
原子爆弾症研究者都築正男と米の核戦略
武見太郎と金原節三の関係


香港の皆様へ!!
北宏一朗さんを偲ぶ
6月10日に、北宏一朗さんが逝去されました。
横浜の「戦争の加害展」では、私は大変お世話になり、色々相模海軍工廠の事や、関東大震災時の横浜での虐殺事件のことを教えていただきました。
また、映画「沈黙」の上映会の時は、茅ケ崎、横浜、横須賀と体調の悪い中、先頭に立って、上映会を成功させたことが大変印象に残っています。
心より、ご冥福をお祈りいたします。



追悼 北宏一朗さん  2019年1月26日文京区民センター



相模海軍工廠・寒川と平塚にあった秘密毒ガス工場
北宏一朗
海軍の毒ガス工場・相模海軍工廠 (寒川町)で、どのような化学兵器が作られていたのか、化学実験部=海軍技術研究所(平塚)では? 

―毒ガス工場の恐ろしさ―
「顔は黒く、目は赤く、肺はただれ、集会の折、駆け足で来る第2工場(イベリット)`の人達は咳が止まらず、血を吐いていた」(日川中学動員学徒証言)
「昭和20年5月頃、30名程の朝鮮少年工(16才〜20才前)が宮前寮の一室で、ガスにやられ死んだ様になっていた。」(湘南中学学徒証言)
国家総動員法(昭和13年)国民徴用令(15年)により毒ガス工場には昭和16年から20年5月まで合計21回の徴用工が配属され、2000名を超える労働者が強制的に働かされました。更に学徒動員、女子挺身隊、そして朝鮮から強制連行(徴用工と称している)した朝鮮人。



何で微罪で長期勾留する??
微罪で長期勾留?おかしくないか?日本も人権意識が欠如している!!
以前までは香港の日本領事館が南京大虐殺の抗議を受け取っていたが、去年は受け取らないので、日本まで抗議に来たという。
香港人「靖国神社」建造物侵入事件"長期勾留"の謎?

靖国神社でぼや、横断幕も=中国籍の男を逮捕


●徳仁・日本政府・日本医学界は、731部隊のことを謝罪し、戦争被害者の救済、戦争をしない政策にお金をかけるべきだ!
日本の医学界はなぜ謝罪しない???
又、ヒロシマ・ナガサキ・ビキニ・フクシマと4度被曝した日本は、世界に先駆けて核兵器廃絶・脱原発と叫ぶべきではないか!!
なぜ、日本医学界は、先頭に立って「脱原発!!」と叫ばないのか!!
戦後、731部隊員はアメリカの核戦略に協力した!!

「731部隊・100部隊・毒ガス戦」パネル展 2019年4月29日〜5月3日
「日本はなぜ戦争責任問題を解決できないのか 」 田中利幸さん


日本はなぜ戦争責任問題を解決できないのか


●沖縄
沖縄戦全記録 2015 6 14


松代大本営と沖縄



海は命!!
シバサシ−安里清信の残照− ダイジェスト






沖縄は、核と枯葉剤で汚れている!!
「天皇メッセージ」 (てんのうめっせーじ)
枯れ葉剤を浴びた沖縄とベトナム戦争


沖縄と核




●水爆実験ブラボーで被爆したのは第5福竜丸1隻ではなく、延べ1000隻近くの漁船が被爆した!!

ビキニ「死の灰」世界各地へ


日本は、あの侵略戦争を反省して、憲法9条を作った!!

平和条約締結は「日本が大戦の結果認めること」 露外相
●憲法第9条
1、日本国民は、正義と秩序を基調とする国際平和を誠実に希求し、国権の発動たる戦争と、武力による威嚇又は武力の行使は、国際紛争を解決する手段としては、永久にこれを放棄する。
2、前項の目的を達するため、陸海空軍その他の戦力は、これを保持しない。国の交戦権は、これを認めない。

日本の政治の常道【historyとは、彼(his)(権力者)の物語(story)】

・まずい事は隠す!!(=あったことを無かったことにする、=データ改ざんは当たり前)
・責任を下に押し付ける!!(=権力者は、責任を取らない)
統計不正聴取に厚労省官房長同席 中立性への疑念、更に
水爆実験で被爆したのは第五福竜丸だけではない!!延べ992隻が被爆!!
なぜ、「731」と書かれた戦闘機に乗れるのだ???

2013年5月12日 安倍 731と書かれた戦闘機に乗る!!宮城県松島市にある航空自衛隊の基地で撮影

オリンピックにお金をかけるのではなく、いじめ対策・貧困対策・戦争被害者対策にお金をかけるべきだ!!


●戦争とは何だろうか??
隠されたトラウマ〜精神障害兵士8000人の記録〜


戦争神経症


「文学者の戦争協力」  神子島健(かごしまたけし)



治安維持法10万人の記録 


治安維持法と長野県


NNNドキュメント「防衛大学校の闇 連鎖した暴力…なぜ」


東南海地震:「地震の次は何をお見舞いしましょうか」とB29がビラ



●ニュース
エボラ出血熱のウィルスなど危険の高いものをなぜ輸入する?
日本は全く細菌戦の反省をしていない!!
危険性高いウイルスの取り扱い 住民に伝達 国立感染症研究所

危険性高い病原体扱えるBSL4稼働へ 武蔵村山の施設



着工できないリニア 建設許可を出さない静岡県の「正義」

<新潟・山形地震>5県で28人けが 屋根瓦崩落や塀倒壊


「陸海空軍その他の戦力は、これを保持しない。国の交戦権は、これを認めない。」と言っている国が、なんで空母を持つのだ???
防衛省、護衛艦「いずも」「かが」を空母化へ 自衛隊内部からも疑問の声


辺野古の埋め立て加速 玉城デニー知事「暴挙以外の何ものでもない」

自衛隊の不祥事!!
日航機123便墜落の真相 〜JALボーインング747に訪れた悲劇の全貌〜



このままでは終わらせない…“森友事件”のいま【ザ・ドキュメンタリー】



“私は不妊手術を強いられた” 〜追跡・旧優生保護法〜

医学界の反省の弁はないのだろうか???原因は何だ???
強制不妊、首相「反省とおわび」 救済法成立時、談話発表へ

福島第一原発の原子炉建屋 開けられる鍵が9000本以上


彼の無念晴らしたい 森友疑惑 自殺職員の元同僚


なぜ、日本医学界は「脱原発!!」と叫ばない!!
「わざわざ自分らのことを『げんしりょくむら』とは?

「あつまれ!げんしりょくむら」に批判相次ぐ サイト閉鎖

20190330 UPLAN 小出裕章「フクシマ事故8年 原子力を廃絶させる道」



731部隊の病理解剖の顧問をした清野謙治も、窃盗事件で京大を追われた後、戦後は東京医大教授になった。731部隊で細菌を製造していた柄沢も東京医大だ!!
日本の底にツルハシでも崩れない差別がある 東京医科大の不正入試提訴 会見詳報

イージス・アショア 田岡俊次 青木理



なぜ、日本は脱原発と叫ばないのか??
20181104 小出裕章と樋口健二のコラボ講演会


2005/12/25 【原発問題】推進派vs反対派 小出裕章氏


竹田恒和JOC会長、IOC委員を辞任




竹田会長の記者会見は本当に「潔白主張」なのか
海外メディア「かえって疑惑深まった」 JOC竹田会長の会見

【大竹まこと×金子勝×室井佑月】 日立がイギリス原発輸出を断念! 世界に逆行する日本と経団連の責任


森友・加計問題 疑惑の核心/下 政治家、官邸官僚… 「安倍側用人」を覆う「黒い霧」

「水俣病は終わらない」公式確認から60年―私たちに託されたメッセージ

松本元死刑囚らの死刑執行文書、ほぼ全て黒塗りで開示

“旧優生保護法”強制的な不妊手術 事業として推進(18/04/27)


真実を隠すために死刑にしたのでは??
オウム13人死刑で「上川陽子法相」一生SPつきの生活


京大の「731部隊」論文疑惑(上) 勝間田秀樹(京都支局)

731部隊将校の学位取り消しを 人体実験疑い論文で京大に




●横浜「戦争の加害展」感想


2月13日
・県内の毒ガス製造の資料展示は参考になった。(男性、70代)


●「特殊部隊731」
秋山 浩著 (三一書房 1956年6月30日 発行)

第3部

魔の廃墟のあとに

*       *       *       *       * 

貨車に乗る者は千人ほどの部隊主力で、残務整理のために残る人たちは、輸送機で逃げることになっていた。
午前11時になって、やっと乗車命令が出た。乗車は特に割当てられた訳ではなく、大体研究班ごとに乗ったようだったが、私は当初の通り浜中、森島と同じ車輌に、尾藤属、大角雇員、伊藤雇員たちと一緒だった。
だが、それからしばらく発車せず、私はいつの間にか眠ってしまった。そして、貨車ががくんがくんと鈍い音をたてて動き出したときに眼をさました。もう午後の3時頃になっていたようだ。
まだ小雨は降り続いている。私達は扉をこじ開けて、細い隙間から、次第に遠のいてゆく悪夢のあとにも似た部隊の残骸をいつまでも見続けた。





●日本は、日中戦争で国際法に違反して、毒ガス戦、細菌戦、無差別爆撃を行った。日本政府は、この事実をきちんと認めていない!!
『日本の中国侵略と毒ガス兵器』 歩平著(山邊悠喜子、宮崎教四郎訳)明石書店より

第6章 悪魔の兄弟たちの毒ガス網

731部隊との関係
引き続き森村誠一の本を読むと、問題がはっきりする。もともと2人は516部隊から来たのだ。彼らの任務は731と協力して撤退前にシアン化水素酸(「茶」剤)を使用して731隊所属の監獄中に監禁されている「犯人」=「マルタ」を虐殺することだった。この2人は計算した後、防毒衣と防毒マスクを十分装備して、屋上の鋼鉄製ボンベから液体のシアン化水素を慎重にゆっくりとフラスコに1個1個注ぎ入れて、厳重に栓をした。続いて、以下の一幕が出現する。


(広島県大久野島毒ガス工場)




●天皇制廃止に向けての第一歩:雲上人を人間化する運動を!
田中利幸
2)天皇裕仁の免罪・免責を目的とした憲法1章と2章9条の設定
これが、「マッカーサー憲法三原則」と呼ばれるものであるが、下記はその全文である。

すなわち、憲法第1章と2章9条(「マッカーサー草案」では、第1章は7条から成っており、したがって現在の9条は8条になっていた)は、「裕仁訴追」をさけるために、最初から政治的に組み合わされる1セットとして考案されたものであるということが、ここでアメリカ側から明らかにされたわけである。
極めて重大な問題は、憲法第1章1条〜8条と2章9条が、裕仁の「戦争犯罪と戦争責任」を帳消しにするために設定されたという、この厳然たる事実である。一国の憲法が、その国家の元首の個人的な「戦争犯罪・責任の免罪・免責」を意図して測定されたこと。憲法第1章で規定された国家元首の、本来は問われるべき戦争犯罪責任を、第2章9条の平和条項で隠蔽したしまったこと。このような形で測定された国家憲法は、人類史上、また各国現行憲法の中でも、日本国憲法以外に世界のどこにもないのではなかろうか。



●『人間の価値』
―1918年から1945年までのドイツ医学
Ch.ブロス/G.アリ編
林 功三訳

1938年11月9日*を思う
*「水晶の夜」
ベルリン医師会の声明

ベルリン医師会はいま、ナチズムの中で医師層がはたした役割と、忘れることができない犠牲者の苦しみを思い起こす。医師組織を結成する我々は、我々地震の過去とナチズムに関与した医師の責任を問題にしないわけにはいかない。

ナチス政権掌握の何年も前から、医師たちも人間の社会的差別と少数者の迫害を奨励する思考をはっきりもっていた。遺伝優生学や人種的遺伝体質、遺伝的に劣る人間、人生の余計者、生きる価値のない人生、といった思考であり、ナチス保健政策の基礎を築いた思考である。これが社会的に自明のものとされ、差別を正当化したのである。それが人間の絶滅を可能にしたのである。

※※戦後すぐは、〈沈黙の医師たち 医学界・医師たちの相互防衛姿勢〉という事で、ミチャーリヒとミールケはともに医師なのですが、医師の裁判に行くようにと言われて、この裁判に行けば勿論自分の将来は無いだろうなと分かっていたのですが、報告書を作ります。それは、医師会の方で買い取られまして、そしてそれらは全部裁断されてしまいます。彼らは、「巣を汚す者だ」とされてしまいます。



昨年2018年12月に、『留守名簿 関東軍防疫給水部 満州第659部隊』2冊が発売されました!!(不二出版)


●「化学学校記事」情報公開裁判
9月4日 11:30〜(522号法廷)

●「衛生学校記事」とはどんなものだろうか?
なぜここまでして、国は衛生学校や化学学校で作っていた機関誌を公開しないのだろうか?

次回 第23回『衛生学校記事』情報公開裁判
9月26日(木)11:30〜419法廷

金原節三氏が寄贈した資料が、衛生学校庁舎3階の彰古館に1982年に「金原節三コーナー」として展示された。
その2000点を超える資料はその後どうなったのであろうか?
防衛省の回答では、金原氏の目録と一致する資料は、今現在は641点だという。
あとの資料はどこに消えたのか?
彰古館に勤めていた人(1996年から2013年)の聞き取りでは、彰古館では、きちんと整理していていなかったようである。
金原資料は、1995年に防衛庁戦史部に移管されたが、翌年また彰古館へ戻したという。
その時はすべてを戻したわけではなかったようだ。
2010年に、彰古館が学校庁舎3階から今の建屋になり、資料も移管されたが、金原資料の整理はきちんとされていないようだ。
金原資料の一部はあるようだが、その他の金原資料は、どこに保管しているのだろうか。
また、彰古館には旧軍資料しか置いていないともいう。本当に「衛生学校記事」や教範類は置いていないのだろうか?
次の裁判までに、勤めていた人の陳述書を防衛省側は出すという。

1957(昭和32)年7月『衛生学校第1号』発刊


第4代衛生学校長
『衛生学校記事』を発刊したときの、衛生学校長金原節三とはどんな人物なのだろうか?
金原節三(1901〜1976)
陸軍省医事課長時代(1941.11〜43.8)に731部隊から報告を受けていた。「陸軍省業務日誌摘録」
厚生省東海北陸医務出張所から衛生学校へ 1955.8.1

金原節三と細菌戦
金原の略歴を見ると、昭和16年11月に陸軍省医務局医事課長になっていて、17年に8月に軍医大佐になっている。
細菌戦資料センターの会報には、次のような記載がある。「陸軍省医務局医事課長だった金原節三元軍医大佐が、1955年に陸上自衛隊に入隊した。細菌戦部隊を指導していたのは、陸軍参謀本部、陸軍省医務局衛生課そして陸軍省医務局医事課である。金原は、「金原業務日誌摘録」に細菌戦部隊からの報告を記録している。


金原節三と武見太郎
金原と戦後日本医師会会長になり、医師会、薬剤師会、歯科医師会に大きな影響を及ぼした武見太郎は、軍隊内の先輩・後輩関係にあった。『金原節三資料目録』(陸上自衛隊衛生学校)の巻頭言は、日本医師会長武見太郎が書いている。

「衛生学校30年のあゆみ」
校長在職時代の憶い出
第4代校長 金原節三
(1976年逝去、衛生学校史第1巻掲載文から抜粋転載)
私が衛生学校長兼三宿駐屯地司令を任じられたのは昭和30(1955)年8月1日付で、8月4日名古屋から上京、8月8日着任式を行い、安西前校長の後を引き継いだのであったが、実はそれより1か月余り前に関係方面に呼ばれ、入隊のお勧めを受けた時、一度現場を見てもらえないかという話で、当時、越中島にあった防衛庁人事局衛生課長 石舘文雄氏などのご案内で、新築間もない三宿の衛生学校を見学したのであった。

※細菌戦に関わった金原と、戦後日本医師会で権力をふるった武見。こんな2人に関係があると、日本医師会が細菌戦のことなど反省するはずがない。防衛医科大学校は、武見と金原の人間関係で設立された。もちろん、生物戦、化学戦、原子戦などを想定して、色々なことに取り組んでいるのではないかと思う。すべて防御のためと称して。


第5代衛生学校長
井上義弘【1904〜1969(65歳)、石川県出身
1929年に台北医専卒、陸軍見習士官を経て1931年3等軍医、1948年軍医中佐、その間、陸軍軍医学校教官、陸軍医務局課員、シンガポールに設置された細菌戦部隊(南方軍防疫給水部9420部隊)に所属、戦後、第1復員省、厚生省復員局勤務、1953年復員局から保安庁に出向、陸上幕僚監部衛生課長、陸上自衛隊衛生学校第5代校長、陸上幕僚監部衛生監を歴任1960年退官。近代5種競技世界選手権大会(ブタペスト)に日本選手団長として参加中、1969年9月急逝。1969年日本体育協会近代5種・バイアスロン連合会副理事長となり、専門の体力医学の分野で活躍】
第4代衛生学校長であった金原が1957年12月突如転任になり、第5代の衛生学校長になったのが井上だ。両人とも戦時中の細菌戦部隊にかかわった人物である。それも金原は細菌戦部隊の指導的な立場にあった。それがアメリカの圧力か何かで、衛生学校長の職を転任になり、その後を井上が引き継いだ。
井上は、自衛隊に保管されていた731関連の資料を自宅に持ち帰り、保管していたが、ブタペストで急逝したため、何も知らない遺族がそれらの資料を廃棄してしまった。ところがそれが神田の古書店に行きつき、某大学の研究者の目に留まり、その大学で買い取った。そこで改めてその資料を検証すると、731部隊の毒ガス実験等の論文があった。某大学では、その買い取った731関連の資料や、731部隊のデータを使って書いた論文等は、以前はその大学研究者は許可を得て見ることができたが、今ではそれらを見ることができなくなっている。
又、京大の次に多くの医学者を731に送った東大も細菌戦に関する資料を公開せず問題になっている。
東京医大等の不正入試だけでなく、大学医学部の戦中の細菌戦関連の資料の隠蔽も今、大きな問題になっている。
※1955年に二木秀雄が精魂塔を多磨霊園に建立し、731部隊の戦友会「精魂会」が発足した。
1950年には日本ブラッドバンクが内藤良一(元731部隊員)らによって設立され、元731部隊員は復権に向けて動き出している。
南方軍防疫給水部(岡9420部隊)





イタイイタイ病を究明した男 萩野昇

驚愕!御用医学者をさかのぼると、すぐに731部隊に行き着く

水俣病問題

小島三郎国立予防衛生研究所所長の過去

小泉親彦と宮川米次の絆

ヒロシマからフクシマへ

宮川正

「想定外」 と日本の統治—ヒロシマからフクシマへ—

ビキニ「死の灰」世界各地へ

自衛隊とサリン

相模海軍工廠・寒川と平塚にあった秘密毒ガス工場

日本の国家機密

兒嶋俊郎さんを偲ぶ



●昭和天皇の戦争責任を問う!!大嘗祭反対!!
天皇万歳に浮かれる無責任国家  田中利幸より
重要なことは、アメリカが、日本占領支配のために、裕仁の戦争責任を隠蔽してまでも、彼の天皇としての「権威」を政治的に利用したことである。つまり、私たちが本当に問わなければならないのは、「絶対的権力を保持していた国家元首の戦争犯罪・責任の免罪・免罪の上に制定された民主憲法が、果たしてどこまで真に民主主義的であるのか?」ということである。





●昭和天皇(ハーバード・ピックス著『昭和天皇』より)
第3部   陛下の戦争
1931(昭和6)年―1945 (昭和20)年
※昭和天皇は、平和主義者でもなんでもなかった。好戦的であり、常に軍部に色々と指示を出していた!!


第9章 聖戦

天皇は御前会議を主宰し、日本のみならず日本の政策の影響を受ける中国や他の国々の運命に関わる決定を承認した。御前会議は、通常、大本営政府連絡会議のあとに開かれ、連絡会議ではあらゆる利害関係者が合意に達していたため、昭和天皇は御前会議で「裁可」すべき案件の内容を事前に知っていた。御前会議とは、天皇はみずからの行為に責任を負うのではなく、側近の助言にしたがい裁可しているにすぎず、あたかも真の立憲君主であるように見せかけることを本来の目的としていた。会議では文民の閣僚はモーニングを着用し、軍人は正装の軍服を着ていた。しかし、この芝居じみた要素から御前会議の重要性をあいまいにしてはならない。すべての御前会議が同じというわけではないし、天皇はいつも会議で口を閉ざしていたわけではない。



小泉親彦と昭和天皇

近現代史を《憲法視点》から問う〜「湘南社」の憲法論議〜

近代天皇制の真髄は

福沢諭吉

神武と戦争




憲法9条を生かそう!!




開く コメント(0)

細菌戦の系譜!!

文学者の戦争協力
香港の皆様へ!!
731部隊「講演と合唱の夕べ」
北宏一朗さんを偲ぶ
長崎731部隊・100部隊パネル展
京大 学位授与問題!!
長野平和の旅
日本はなぜ戦争責任問題を解決できないのか
武蔵村山の国立感染症研究所問題!!
安倍政権の歴史改ざん政策(中国人ビザ発給拒否裁判)
「北東アジア国際関係の激変と日中関係」 大西広慶応義塾大学教授
731と米国の核戦略
防衛省731部隊情報公開裁判の途中経過から見えてきたこと
原子爆弾症研究者都築正男と米の核戦略
武見太郎と金原節三の関係


香港の皆様へ!!
北宏一朗さんを偲ぶ
6月10日に、北宏一朗さんが逝去されました。
横浜の「戦争の加害展」では、私は大変お世話になり、色々相模海軍工廠の事や、関東大震災時の横浜での虐殺事件のことを教えていただきました。
また、映画「沈黙」の上映会の時は、茅ケ崎、横浜、横須賀と体調の悪い中、先頭に立って、上映会を成功させたことが大変印象に残っています。
心より、ご冥福をお祈りいたします。



追悼 北宏一朗さん  2019年1月26日文京区民センター



相模海軍工廠・寒川と平塚にあった秘密毒ガス工場
北宏一朗
海軍の毒ガス工場・相模海軍工廠 (寒川町)で、どのような化学兵器が作られていたのか、化学実験部=海軍技術研究所(平塚)では? 

平塚にあった第2海軍火薬廠(当時東洋一と云われた規模)の相模川寄りの一角に海軍技術研究所が築地から移転し(昭和5年)毒ガスの研究・開発・製造が行われ、規模拡大の為、相模川対岸の寒川町一の宮に大規模な毒ガス製造工場を作り(昭和18年)、名称を相模海軍工廠とし、平塚め海軍技術研究所は化学実験部となり、毒ガスはもとより、生物兵器全般の研究・開発にあたりました。更に錦出張所(福島県小名浜)、多摩出張所(八王子市川口町)、上田出張所(長野県上田)を開設疎開工場としました。



何で微罪で長期勾留する??
微罪で長期勾留?おかしくないか?日本も人権意識が欠如している!!
以前までは香港の日本領事館が南京大虐殺の抗議を受け取っていたが、去年は受け取らないので、日本まで抗議に来たという。
香港人「靖国神社」建造物侵入事件"長期勾留"の謎?

靖国神社でぼや、横断幕も=中国籍の男を逮捕


●徳仁・日本政府・日本医学界は、731部隊のことを謝罪し、戦争被害者の救済、戦争をしない政策にお金をかけるべきだ!
日本の医学界はなぜ謝罪しない???
又、ヒロシマ・ナガサキ・ビキニ・フクシマと4度被曝した日本は、世界に先駆けて核兵器廃絶・脱原発と叫ぶべきではないか!!
なぜ、日本医学界は、先頭に立って「脱原発!!」と叫ばないのか!!
戦後、731部隊員はアメリカの核戦略に協力した!!

「731部隊・100部隊・毒ガス戦」パネル展 2019年4月29日〜5月3日
「日本はなぜ戦争責任問題を解決できないのか 」 田中利幸さん


日本はなぜ戦争責任問題を解決できないのか


●沖縄
沖縄戦全記録 2015 6 14


松代大本営と沖縄



海は命!!
シバサシ−安里清信の残照− ダイジェスト






沖縄は、核と枯葉剤で汚れている!!
「天皇メッセージ」 (てんのうめっせーじ)
枯れ葉剤を浴びた沖縄とベトナム戦争


沖縄と核




●水爆実験ブラボーで被爆したのは第5福竜丸1隻ではなく、延べ1000隻近くの漁船が被爆した!!

ビキニ「死の灰」世界各地へ


日本は、あの侵略戦争を反省して、憲法9条を作った!!

平和条約締結は「日本が大戦の結果認めること」 露外相
●憲法第9条
1、日本国民は、正義と秩序を基調とする国際平和を誠実に希求し、国権の発動たる戦争と、武力による威嚇又は武力の行使は、国際紛争を解決する手段としては、永久にこれを放棄する。
2、前項の目的を達するため、陸海空軍その他の戦力は、これを保持しない。国の交戦権は、これを認めない。

日本の政治の常道【historyとは、彼(his)(権力者)の物語(story)】

・まずい事は隠す!!(=あったことを無かったことにする、=データ改ざんは当たり前)
・責任を下に押し付ける!!(=権力者は、責任を取らない)
統計不正聴取に厚労省官房長同席 中立性への疑念、更に
水爆実験で被爆したのは第五福竜丸だけではない!!延べ992隻が被爆!!
なぜ、「731」と書かれた戦闘機に乗れるのだ???

2013年5月12日 安倍 731と書かれた戦闘機に乗る!!宮城県松島市にある航空自衛隊の基地で撮影

オリンピックにお金をかけるのではなく、いじめ対策・貧困対策・戦争被害者対策にお金をかけるべきだ!!


●戦争とは何だろうか??
隠されたトラウマ〜精神障害兵士8000人の記録〜


戦争神経症


「文学者の戦争協力」  神子島健(かごしまたけし)



治安維持法10万人の記録 


治安維持法と長野県


NNNドキュメント「防衛大学校の闇 連鎖した暴力…なぜ」


東南海地震:「地震の次は何をお見舞いしましょうか」とB29がビラ



●ニュース
エボラ出血熱のウィルスなど危険の高いものをなぜ輸入する?
日本は全く細菌戦の反省をしていない!!
危険性高いウイルスの取り扱い 住民に伝達 国立感染症研究所

危険性高い病原体扱えるBSL4稼働へ 武蔵村山の施設



陸上イージス、山口でも標高値ズレ 「誤りではない」

200万人香港デモ、市民の怒りに火をつけたエリート官僚の傲慢

サウジ記者殺害「皇太子関与の捜査が必要」 国連が報告

高知県の人口 推計70万人割れ 戦後初 人口流出止まらず

これもいらない!!
津波対策の必要性認める 陸上イージス、国の説明一転

イージス・アショア「防衛相は辞任すべき」 立民 枝野代表

"老後2000万円"で解る安倍政権の不誠実

「陸海空軍その他の戦力は、これを保持しない。国の交戦権は、これを認めない。」と言っている国が、なんで空母を持つのだ???
防衛省、護衛艦「いずも」「かが」を空母化へ 自衛隊内部からも疑問の声


辺野古の埋め立て加速 玉城デニー知事「暴挙以外の何ものでもない」

自衛隊の不祥事!!
日航機123便墜落の真相 〜JALボーインング747に訪れた悲劇の全貌〜



このままでは終わらせない…“森友事件”のいま【ザ・ドキュメンタリー】



“私は不妊手術を強いられた” 〜追跡・旧優生保護法〜

医学界の反省の弁はないのだろうか???原因は何だ???
強制不妊、首相「反省とおわび」 救済法成立時、談話発表へ

福島第一原発の原子炉建屋 開けられる鍵が9000本以上


彼の無念晴らしたい 森友疑惑 自殺職員の元同僚


なぜ、日本医学界は「脱原発!!」と叫ばない!!
「わざわざ自分らのことを『げんしりょくむら』とは?

「あつまれ!げんしりょくむら」に批判相次ぐ サイト閉鎖

20190330 UPLAN 小出裕章「フクシマ事故8年 原子力を廃絶させる道」



731部隊の病理解剖の顧問をした清野謙治も、窃盗事件で京大を追われた後、戦後は東京医大教授になった。731部隊で細菌を製造していた柄沢も東京医大だ!!
日本の底にツルハシでも崩れない差別がある 東京医科大の不正入試提訴 会見詳報

イージス・アショア 田岡俊次 青木理



なぜ、日本は脱原発と叫ばないのか??
20181104 小出裕章と樋口健二のコラボ講演会


2005/12/25 【原発問題】推進派vs反対派 小出裕章氏


竹田恒和JOC会長、IOC委員を辞任




竹田会長の記者会見は本当に「潔白主張」なのか
海外メディア「かえって疑惑深まった」 JOC竹田会長の会見

【大竹まこと×金子勝×室井佑月】 日立がイギリス原発輸出を断念! 世界に逆行する日本と経団連の責任


森友・加計問題 疑惑の核心/下 政治家、官邸官僚… 「安倍側用人」を覆う「黒い霧」

「水俣病は終わらない」公式確認から60年―私たちに託されたメッセージ

松本元死刑囚らの死刑執行文書、ほぼ全て黒塗りで開示

“旧優生保護法”強制的な不妊手術 事業として推進(18/04/27)


真実を隠すために死刑にしたのでは??
オウム13人死刑で「上川陽子法相」一生SPつきの生活


京大の「731部隊」論文疑惑(上) 勝間田秀樹(京都支局)

731部隊将校の学位取り消しを 人体実験疑い論文で京大に




●横浜「戦争の加害展」感想


2月13日
・もっとたくさんの人に足を運んでぜひ知っていただきたいと思いました。おそらく戦争の被害の方がお多く伝わっていて(沖縄地上戦、広島長崎の原爆投下や全国の街に空から落とされたB29による被害など、シベリアで強制労働させられ戦後たくさんの兵士が亡くなられたことなど…)そしてもっと驚いたのは、毒ガスや細菌が地下に埋められたことによる恐ろしい現実を知ってとても不安になった。(女性、60代)

●「特殊部隊731」
秋山 浩著 (三一書房 1956年6月30日 発行)

第3部

魔の廃墟のあとに

小枝傭員は、わなわなと震える指先で枕元を探していたが、間もなく眼の前にかざしたその細い指の間には、私達もさっき渡されたばかりの、青酸カリの小瓶が光っていた。
私はぎくりとした。
もはや、慰めの言葉も知らない。
「では一足先に参ります」
と、後ろ髪をひかれる思いで、そこを辞したのだった。―





●日本は、日中戦争で国際法に違反して、毒ガス戦、細菌戦、無差別爆撃を行った。日本政府は、この事実をきちんと認めていない!!
『日本の中国侵略と毒ガス兵器』 歩平著(山邊悠喜子、宮崎教四郎訳)明石書店より

第6章 悪魔の兄弟たちの毒ガス網

731部隊との関係
1945年8月10日午前10時に、平房の血、第731部隊本部『ロ』号棟屋上に現れたこの2人(1人は軍人、1人は軍属)の口を突いて出た『青酸…』という言葉、それは731を舞台に、今から繰り広げられようとする凄惨な修羅場をよこくするものであった」
もし、この本の前の部分を読んでいれば、「青酸」という言葉になじみがないことはないだろう。なぜならば、これはまさに日本軍が化学戦の中で大変重視したⅠ種の毒剤ーシアン化水素酸だから。では731部隊に出現した「青酸」、この毒剤は、731細菌実験を行った悪魔部隊が化学兵器とも関係があることを意味するのだろうか。つまり、731部隊自身は化学兵器を使用していたのであろうか。あるいは専門の化学部隊である516との間に何らかの関連があったのだろうか。


(広島県大久野島毒ガス工場)




●天皇制廃止に向けての第一歩:雲上人を人間化する運動を!
田中利幸
2)天皇裕仁の免罪・免責を目的とした憲法1章と2章9条の設定
これが、「マッカーサー憲法三原則」と呼ばれるものであるが、下記はその全文である。

ホイットニーは、2月13日、松本委員長、吉田茂外相、白州次郎終戦連絡中央事務局参与と会談。ホイットニーは、開口一番、日本側の憲法改正案は全く受け入れられるような内容ではないので、こちらで草案を作成したと述べ、「マッカーサー草案」を提示、同時に、裕仁を戦犯容疑で取り調べるべきだという強い要求が他国からあり、この圧力がますます強くなっているが、マッカーサー元帥は天皇を守ろうという固い決意であるとホイットニーは伝えた。その上で、「マッカーサー草案」が受け入れられるならば、裕仁の安泰は確保されることも主張。



●『人間の価値』
カスタマー・レビューより
第二次世界大戦時の医師の責任を問う, 2002/4/29 
レビュー対象商品: 人間の価値―1918年から1945年までのドイツの医学 (単行本) 
現在この「人間の価値 -1918年から1945年までのドイツの医学-」は、ドイツですべての医学生に読むことが義務付けられている(?)著書だ。この著書はドイツでの同名の展示会のおりに刊行された書物(カタログ)の中心的部分をまとめたものである。 
著書の中で、ドイツ人医師が身体障害者、ユダヤ人、ポーラがンド人、精神薄弱者、遺伝病の子供などを、ナチズムという名のもとにおいて公然と人体実験、殺戮した罪を問う。 
この著書が出版されたのは1989年と戦後から44年も経っている。著書によると、1945年から西ドイツでは、中途半端な「非ナチ化」かしか行われてこなかったが、民主主義が成熟し、1980年代になると個人、社会に戦争責任が問われるようになる。 この著書はドイツ人自らが行った過去への反省と、未来への固い誓いとも言えるだろう。 
最近、日本でも医療問題や、戦争に回帰するような発言や動きが絶えない。こんな時代にこそ誰もが読んでほしい著書だ。  


※戦後すぐは、〈沈黙の医師たち 医学界・医師たちの相互防衛姿勢〉という事で、ミチャーリヒとミールケはともに医師なのですが、医師の裁判に行くようにと言われて、この裁判に行けば勿論自分の将来は無いだろうなと分かっていたのですが、報告書を作ります。それは、医師会の方で買い取られまして、そしてそれらは全部裁断されてしまいます。彼らは、「巣を汚す者だ」とされてしまいます。


昨年2018年12月に、『留守名簿 関東軍防疫給水部 満州第659部隊』2冊が発売されました!!(不二出版)


●「化学学校記事」情報公開裁判
9月4日 11:30〜(522号法廷)

●「衛生学校記事」とはどんなものだろうか?
なぜここまでして、国は衛生学校や化学学校で作っていた機関誌を公開しないのだろうか?

次回 第23回『衛生学校記事』情報公開裁判
9月26日(木)11:30〜419法廷

金原節三氏が寄贈した資料が、衛生学校庁舎3階の彰古館に1982年に「金原節三コーナー」として展示された。
その2000点を超える資料はその後どうなったのであろうか?
防衛省の回答では、金原氏の目録と一致する資料は、今現在は641点だという。
あとの資料はどこに消えたのか?
彰古館に勤めていた人(1996年から2013年)の聞き取りでは、彰古館では、きちんと整理していていなかったようである。
金原資料は、1995年に防衛庁戦史部に移管されたが、翌年また彰古館へ戻したという。
その時はすべてを戻したわけではなかったようだ。
2010年に、彰古館が学校庁舎3階から今の建屋になり、資料も移管されたが、金原資料の整理はきちんとされていないようだ。
金原資料の一部はあるようだが、その他の金原資料は、どこに保管しているのだろうか。
また、彰古館には旧軍資料しか置いていないともいう。本当に「衛生学校記事」や教範類は置いていないのだろうか?
次の裁判までに、勤めていた人の陳述書を防衛省側は出すという。

1957(昭和32)年7月『衛生学校第1号』発刊


第4代衛生学校長
『衛生学校記事』を発刊したときの、衛生学校長金原節三とはどんな人物なのだろうか?
金原節三(1901〜1976)
陸軍省医事課長時代(1941.11〜43.8)に731部隊から報告を受けていた。「陸軍省業務日誌摘録」
厚生省東海北陸医務出張所から衛生学校へ 1955.8.1

金原節三と細菌戦
金原の略歴を見ると、昭和16年11月に陸軍省医務局医事課長になっていて、17年に8月に軍医大佐になっている。
細菌戦資料センターの会報には、次のような記載がある。「陸軍省医務局医事課長だった金原節三元軍医大佐が、1955年に陸上自衛隊に入隊した。細菌戦部隊を指導していたのは、陸軍参謀本部、陸軍省医務局衛生課そして陸軍省医務局医事課である。金原は、「金原業務日誌摘録」に細菌戦部隊からの報告を記録している。


金原節三と武見太郎
金原と戦後日本医師会会長になり、医師会、薬剤師会、歯科医師会に大きな影響を及ぼした武見太郎は、軍隊内の先輩・後輩関係にあった。『金原節三資料目録』(陸上自衛隊衛生学校)の巻頭言は、日本医師会長武見太郎が書いている。

「衛生学校30年のあゆみ」
発刊によせて
陸上幕僚監部 衛生部長
陸将 宮崎利雄

学校はよきリーダーによって受け継がれ、今、30年経って新しい若い医官が養成できる時代に突入した。時代の流れを思うとまことに感無量なるものがある。今後30年後には嘗って先輩が夢に見た真の意味のいわゆる「軍医学校」に成長する事を念じつつ、30年の歩みのお祝いにかえたい。


※細菌戦に関わった金原と、戦後日本医師会で権力をふるった武見。こんな2人に関係があると、日本医師会が細菌戦のことなど反省するはずがない。防衛医科大学校は、武見と金原の人間関係で設立された。もちろん、生物戦、化学戦、原子戦などを想定して、色々なことに取り組んでいるのではないかと思う。すべて防御のためと称して。


第5代衛生学校長
井上義弘【1904〜1969(65歳)、石川県出身
1929年に台北医専卒、陸軍見習士官を経て1931年3等軍医、1948年軍医中佐、その間、陸軍軍医学校教官、陸軍医務局課員、シンガポールに設置された細菌戦部隊(南方軍防疫給水部9420部隊)に所属、戦後、第1復員省、厚生省復員局勤務、1953年復員局から保安庁に出向、陸上幕僚監部衛生課長、陸上自衛隊衛生学校第5代校長、陸上幕僚監部衛生監を歴任1960年退官。近代5種競技世界選手権大会(ブタペスト)に日本選手団長として参加中、1969年9月急逝。1969年日本体育協会近代5種・バイアスロン連合会副理事長となり、専門の体力医学の分野で活躍】
第4代衛生学校長であった金原が1957年12月突如転任になり、第5代の衛生学校長になったのが井上だ。両人とも戦時中の細菌戦部隊にかかわった人物である。それも金原は細菌戦部隊の指導的な立場にあった。それがアメリカの圧力か何かで、衛生学校長の職を転任になり、その後を井上が引き継いだ。
井上は、自衛隊に保管されていた731関連の資料を自宅に持ち帰り、保管していたが、ブタペストで急逝したため、何も知らない遺族がそれらの資料を廃棄してしまった。ところがそれが神田の古書店に行きつき、某大学の研究者の目に留まり、その大学で買い取った。そこで改めてその資料を検証すると、731部隊の毒ガス実験等の論文があった。某大学では、その買い取った731関連の資料や、731部隊のデータを使って書いた論文等は、以前はその大学研究者は許可を得て見ることができたが、今ではそれらを見ることができなくなっている。
又、京大の次に多くの医学者を731に送った東大も細菌戦に関する資料を公開せず問題になっている。
東京医大等の不正入試だけでなく、大学医学部の戦中の細菌戦関連の資料の隠蔽も今、大きな問題になっている。
※1955年に二木秀雄が精魂塔を多磨霊園に建立し、731部隊の戦友会「精魂会」が発足した。
1950年には日本ブラッドバンクが内藤良一(元731部隊員)らによって設立され、元731部隊員は復権に向けて動き出している。
南方軍防疫給水部(岡9420部隊)





イタイイタイ病を究明した男 萩野昇

驚愕!御用医学者をさかのぼると、すぐに731部隊に行き着く

水俣病問題

小島三郎国立予防衛生研究所所長の過去

小泉親彦と宮川米次の絆

ヒロシマからフクシマへ

宮川正

「想定外」 と日本の統治—ヒロシマからフクシマへ—

ビキニ「死の灰」世界各地へ

自衛隊とサリン

相模海軍工廠・寒川と平塚にあった秘密毒ガス工場

日本の国家機密

兒嶋俊郎さんを偲ぶ



●昭和天皇の戦争責任を問う!!大嘗祭反対!!
天皇万歳に浮かれる無責任国家  田中利幸より
重要なことは、アメリカが、日本占領支配のために、裕仁の戦争責任を隠蔽してまでも、彼の天皇としての「権威」を政治的に利用したことである。つまり、私たちが本当に問わなければならないのは、「絶対的権力を保持していた国家元首の戦争犯罪・責任の免罪・免罪の上に制定された民主憲法が、果たしてどこまで真に民主主義的であるのか?」ということである。





●昭和天皇(ハーバード・ピックス著『昭和天皇』より)
第3部   陛下の戦争
1931(昭和6)年―1945 (昭和20)年
※昭和天皇は、平和主義者でもなんでもなかった。好戦的であり、常に軍部に色々と指示を出していた!!


第9章 聖戦

同時に、陸海軍統帥部が政府とより緊密に協議し合うことを希望して近衛が推進したのが、軍・政府間での事務連絡機構の設置である。これが1937年11月19日に組織された大本営政府連絡会議だった。陸海軍の決定や要求と、他の省庁の機能や政策を統合することを目的としていた。この連絡会議もまた、当初は、一時的なものであり、情報交換の会議が開催されることはほとんどなかった。
連絡会議の最終的な決定は、天皇が臨席した特別な会議で行われていた。この御前会議は、政府の規定によることなく、憲法の手続きにも関係なく設けられていた。しかしながら、昭和天皇が召集し、その決定を裁可していたので、たとえ実際の参加者は首相、蔵相といった少数の国務大臣だったにしても、当時の日本人は御前会議は正当なものだと考えていた。御前会議は、1938年1月11日から1941年12月1日までの間に、少なくとも8回開催された。出席者は、天皇はじめ、参謀総長・次長軍令部総長・次長、陸相、海相、首相、蔵相、外相、枢密院議長、企画院総裁だった。1941年に行われた2回の重要な御前会議を除き、新聞は御前会議が開かれるとその直後にこれを公に伝えていた。報道は簡素であり、参加者とその服装、そして常に決定が全員一致であることを強調していた。


小泉親彦と昭和天皇

近現代史を《憲法視点》から問う〜「湘南社」の憲法論議〜

近代天皇制の真髄は

開く コメント(0)

細菌戦の系譜!!

香港の皆様へ!!
731部隊「講演と合唱の夕べ」
北宏一朗さんを偲ぶ
長崎731部隊・100部隊パネル展
京大 学位授与問題!!
長野平和の旅
日本はなぜ戦争責任問題を解決できないのか
武蔵村山の国立感染症研究所問題!!
安倍政権の歴史改ざん政策(中国人ビザ発給拒否裁判)
「北東アジア国際関係の激変と日中関係」 大西広慶応義塾大学教授
4月18日(木)18時〜「ビザ発給拒否国賠裁判」報告会
731と米国の核戦略
防衛省731部隊情報公開裁判の途中経過から見えてきたこと
原子爆弾症研究者都築正男と米の核戦略
武見太郎と金原節三の関係
731部隊関連年表


香港の皆様へ!!
北宏一朗さんを偲ぶ
6月10日に、北宏一朗さんが逝去されました。
横浜の「戦争の加害展」では、私は大変お世話になり、色々相模海軍工廠の事や、関東大震災時の横浜での虐殺事件のことを教えていただきました。
また、映画「沈黙」の上映会の時は、茅ケ崎、横浜、横須賀と体調の悪い中、先頭に立って、上映会を成功させたことが大変印象に残っています。
心より、ご冥福をお祈りいたします。



追悼 北宏一朗さん  2019年1月26日文京区民センター



相模海軍工廠・寒川と平塚にあった秘密毒ガス工場
北宏一朗
海軍の毒ガス工場・相模海軍工廠 (寒川町)で、どのような化学兵器が作られていたのか、化学実験部=海軍技術研究所(平塚)では? 

平塚にあった海軍技研は現在美術館、警察署、合同庁舎建設現場〔ここから大量の毒ガス(主に青酸)瓶が出てきている〕から北側高砂香料、不二家、パイロットにわたる一帯に研究、実験、製造工場等があり、毒ガス生産の規模拡大の為、寒川に大規模な毒ガス工場を作りました。海軍は毒ガスのことを特薬と名付け(陸軍は色で呼ぶ)、1号特薬(催涙)(緑)、2号特薬(クシャミ)(赤)、3号特薬甲(びらん)イペリット(黄1号)乙(びらん)、ルイサイト(黄2号)、4号特薬(致死)青酸(茶)があり、他にホスゲン(青)、窒素イペリットガス等があり、細菌兵器として11号特薬もある。兵器として砲弾、爆弾(30kg、60kg)、手投弾、噴射、雨下散布等が作られ、他に風船爆弾発火剤用エチル亜鉛(ガラス瓶)数万個、サイダー瓶に詰められた青酸1万本、そして細菌兵器の数々、敗戦時、戦犯逃れの為、そのほとんどが遺棄、隠匿され、全国に及ぶ。



何で微罪で長期勾留する??
微罪で長期勾留?おかしくないか?日本も人権意識が欠如している!!
以前までは香港の日本領事館が南京大虐殺の抗議を受け取っていたが、去年は受け取らないので、日本まで抗議に来たという。
香港人「靖国神社」建造物侵入事件"長期勾留"の謎?

靖国神社でぼや、横断幕も=中国籍の男を逮捕


●徳仁・日本政府・日本医学界は、731部隊のことを謝罪し、戦争被害者の救済、戦争をしない政策にお金をかけるべきだ!
日本の医学界はなぜ謝罪しない???
又、ヒロシマ・ナガサキ・ビキニ・フクシマと4度被曝した日本は、世界に先駆けて核兵器廃絶・脱原発と叫ぶべきではないか!!
なぜ、日本医学界は、先頭に立って「脱原発!!」と叫ばないのか!!
戦後、731部隊員はアメリカの核戦略に協力した!!

「731部隊・100部隊・毒ガス戦」パネル展 2019年4月29日〜5月3日
「日本はなぜ戦争責任問題を解決できないのか 」 田中利幸さん


日本はなぜ戦争責任問題を解決できないのか


●沖縄
沖縄戦全記録 2015 6 14


海は命!!
シバサシ−安里清信の残照− ダイジェスト






沖縄は、核と枯葉剤で汚れている!!
「天皇メッセージ」 (てんのうめっせーじ)
枯れ葉剤を浴びた沖縄とベトナム戦争


沖縄と核




●水爆実験ブラボーで被爆したのは第5福竜丸1隻ではなく、延べ1000隻近くの漁船が被爆した!!

ビキニ「死の灰」世界各地へ


日本は、あの侵略戦争を反省して、憲法9条を作った!!

平和条約締結は「日本が大戦の結果認めること」 露外相
●憲法第9条
1、日本国民は、正義と秩序を基調とする国際平和を誠実に希求し、国権の発動たる戦争と、武力による威嚇又は武力の行使は、国際紛争を解決する手段としては、永久にこれを放棄する。
2、前項の目的を達するため、陸海空軍その他の戦力は、これを保持しない。国の交戦権は、これを認めない。

日本の政治の常道【historyとは、彼(his)(権力者)の物語(story)】

・まずい事は隠す!!(=あったことを無かったことにする、=データ改ざんは当たり前)
・責任を下に押し付ける!!(=権力者は、責任を取らない)
統計不正聴取に厚労省官房長同席 中立性への疑念、更に
水爆実験で被爆したのは第五福竜丸だけではない!!延べ992隻が被爆!!
なぜ、「731」と書かれた戦闘機に乗れるのだ???

2013年5月12日 安倍 731と書かれた戦闘機に乗る!!宮城県松島市にある航空自衛隊の基地で撮影

オリンピックにお金をかけるのではなく、いじめ対策・貧困対策・戦争被害者対策にお金をかけるべきだ!!


●戦争とは何だろうか??
隠されたトラウマ〜精神障害兵士8000人の記録〜


戦争神経症



治安維持法10万人の記録 


治安維持法と長野県


NNNドキュメント「防衛大学校の闇 連鎖した暴力…なぜ」


東南海地震:「地震の次は何をお見舞いしましょうか」とB29がビラ



●ニュース
エボラ出血熱のウィルスなど危険の高いものをなぜ輸入する?
日本は全く細菌戦の反省をしていない!!
危険性高いウイルスの取り扱い 住民に伝達 国立感染症研究所

危険性高い病原体扱えるBSL4稼働へ 武蔵村山の施設



防衛費よりも震災対策にお金を使うべきだ。
山肌がむき出しに 地震から一夜明けた新潟・村上市の様子

避難所近くのり面が崩壊…震度6強の新潟・村上

「新たなミス 遺憾だ」秋田市長 標高調査データの誤り受け

リニア反対!!
リニア静岡工区、JR東海と静岡県の対立再燃 大井川の減水対策で 15年来のしこりも

これもいらない!!
津波対策の必要性認める 陸上イージス、国の説明一転

イージス・アショア「防衛相は辞任すべき」 立民 枝野代表

"老後2000万円"で解る安倍政権の不誠実

「陸海空軍その他の戦力は、これを保持しない。国の交戦権は、これを認めない。」と言っている国が、なんで空母を持つのだ???
防衛省、護衛艦「いずも」「かが」を空母化へ 自衛隊内部からも疑問の声


辺野古の埋め立て加速 玉城デニー知事「暴挙以外の何ものでもない」

自衛隊の不祥事!!
日航機123便墜落の真相 〜JALボーインング747に訪れた悲劇の全貌〜



このままでは終わらせない…“森友事件”のいま【ザ・ドキュメンタリー】



“私は不妊手術を強いられた” 〜追跡・旧優生保護法〜

医学界の反省の弁はないのだろうか???原因は何だ???
強制不妊、首相「反省とおわび」 救済法成立時、談話発表へ

福島第一原発の原子炉建屋 開けられる鍵が9000本以上


彼の無念晴らしたい 森友疑惑 自殺職員の元同僚


なぜ、日本医学界は「脱原発!!」と叫ばない!!
「わざわざ自分らのことを『げんしりょくむら』とは?

「あつまれ!げんしりょくむら」に批判相次ぐ サイト閉鎖

20190330 UPLAN 小出裕章「フクシマ事故8年 原子力を廃絶させる道」



731部隊の病理解剖の顧問をした清野謙治も、窃盗事件で京大を追われた後、戦後は東京医大教授になった。731部隊で細菌を製造していた柄沢も東京医大だ!!
日本の底にツルハシでも崩れない差別がある 東京医科大の不正入試提訴 会見詳報

イージス・アショア 田岡俊次 青木理



なぜ、日本は脱原発と叫ばないのか??
20181104 小出裕章と樋口健二のコラボ講演会


2005/12/25 【原発問題】推進派vs反対派 小出裕章氏


竹田恒和JOC会長、IOC委員を辞任




竹田会長の記者会見は本当に「潔白主張」なのか
海外メディア「かえって疑惑深まった」 JOC竹田会長の会見

【大竹まこと×金子勝×室井佑月】 日立がイギリス原発輸出を断念! 世界に逆行する日本と経団連の責任


森友・加計問題 疑惑の核心/下 政治家、官邸官僚… 「安倍側用人」を覆う「黒い霧」

「水俣病は終わらない」公式確認から60年―私たちに託されたメッセージ

松本元死刑囚らの死刑執行文書、ほぼ全て黒塗りで開示

“旧優生保護法”強制的な不妊手術 事業として推進(18/04/27)


真実を隠すために死刑にしたのでは??
オウム13人死刑で「上川陽子法相」一生SPつきの生活


京大の「731部隊」論文疑惑(上) 勝間田秀樹(京都支局)

731部隊将校の学位取り消しを 人体実験疑い論文で京大に




●横浜「戦争の加害展」感想


2月13日
・大変勉強になりました。(男性、40代)

●「特殊部隊731」
秋山 浩著 (三一書房 1956年6月30日 発行)

第3部

魔の廃墟のあとに

つい一週間前までは、私達がふさぎこんでいると、
「おい元気を出せ。原っぱへ行って歌おう。大きな声を出しゃァ、ふさぎの虫なんか吹っ飛んでしまうさ」
と明るい笑顔で私達を励ましてくれた小枝傭員である。
何んという変わりようであろう。しかし無理もないことであった。佐々も泣いていた。彼は自分が入院したときのことを、この現実に当てはめているのであろうか。
(本当にお世話になりました・・・・・)
と私は、おそらく再び逢えはしないだろう人に、心ゆくまでお礼を言っておきたかったのだが、永遠の別離になるだろうと思えば思うほど、それを口に出して言えないのであった。
「傭員殿、自分たちは新しい任地で、傭員殿がおいでになる日を待っています。お体を大事にして、早く退院して下さい」
そういう気持に偽りはないのだが、私の言っていることは、この場合、あまりにも現実離れしていた。
「早くなおって下さい」
と佐々も声を詰まらせた。
「君は、・・・・・秋山、君は、知っているんだな?」
小枝傭員は、わなわなと震える指先で枕元を探していたが、間もなく眼の前にかざしたその細い指の間には、私達もさっき渡されたばかりの、青酸カリの小瓶が光っていた。





●日本は、日中戦争で国際法に違反して、毒ガス戦、細菌戦、無差別爆撃を行った。日本政府は、この事実をきちんと認めていない!!
『日本の中国侵略と毒ガス兵器』 歩平著(山邊悠喜子、宮崎教四郎訳)明石書店より

第6章 悪魔の兄弟たちの毒ガス網

731部隊との関係
2人は短い会話を交わしながら車を降り、速足で玄関からロ号棟に入り、廊下左隅の手動エレベーターに乗り込んだ。エレベーターは屋上に通じている。片隅に大型のプロパン液化ガスボンベによく似た、鋼鉄製のボンベが転がっていた。男たちはボンベの近くに歩み寄り、あごを上げてロ号棟を取り囲む中庭を見た。そこには窓に鉄格子のはまった左右対称の2棟の建物があった。第731部隊特設監獄―通称マルタ小屋である。
「建物の容積はざっと目測でいくらだ。それを室数で割るといくらになる?青酸の有効濃度はいくらだ?」
青酸、という言葉が大尉の口を突いて出た。


(広島県大久野島毒ガス工場)




●天皇制廃止に向けての第一歩:雲上人を人間化する運動を!
田中利幸
2)天皇裕仁の免罪・免責を目的とした憲法1章と2章9条の設定
これが、「マッカーサー憲法三原則」と呼ばれるものであるが、下記はその全文である。

1、天皇は国家の元首の地位にある。皇位は世襲される。天皇の職務及び権能は、憲法に基づき行使され、憲法に表明された国民の基本的意思に応えるものとする。

2、国家の主権的権利の発動たる戦争は、廃止する。日本は、紛争解決のための手段としての戦争、さらに事故の安全を保持するための手段としての戦争をも、放棄する。日本はその防衛と保護を、今や世界を動かしつつあるある崇高な理想に委ねる。日本が陸海空軍を持つ権能は、将来も与えられることはなく、交戦権が日本軍に与えられることもない。

3、日本の封建制度は廃止される。貴族の権利は、後続を除き、現在生存する者一代以上には及ばない。華族の地位は、今後どのような国民的または市民的な政治権力を伴うものでもない。予算の型は、イギリスの制度に倣うこと。



●特集 軍拡に走る安倍政権と学術①

西山勝夫さん(滋賀医科大学名誉教授)に聞く
にしやま・かつお=滋賀医科大学名誉教授、 15年戦争と日本の医学医療研究会事務局長、「戦争と医の倫理」の検証を進める会代表世話人、軍学共同反対連絡会共同代表

5、いまどんな議論が必要か

■今後の検証で重要なこと

―今後さらに検証を進めるうえで重要なことはなんでしょうか。


厚生労働省社会・援護局業務課が2010年3月に、保管していた戦没者等援護関係の資料については、公開と後世への伝承を図るため、原則として戦後70周年に当たる2015年度までの5カ年の間に国立公文書館に移管することを発表し、ほぼ予定どおり実行されました。
移管された資料に記載された人数は延べ約2300万とのことです。国立公文書館ですでに公表された一覧表から、防疫給水という名のついた部隊の留守名簿が約70あることがわかりました。開示については「要審査」のため時間を要しましたが、731部隊、北京にあった1855部隊、シンガポールにあった9420部隊等については入手することができ、目下分析中です。しかし、それらは「要審査」とされ、審査期間は通常30日程度よりはるかに長期を要するなどの問題があります。これらの問題が一刻も早く解決され、全てが開示されれば、731部隊・「石井機関」の全容を明らかにする大きな一歩となると思われます。 

―ありがとうございました。 




昨年2018年12月に、『留守名簿 関東軍防疫給水部 満州第659部隊』2冊が発売されました!!(不二出版)


●「化学学校記事」情報公開裁判
9月4日 11:30〜(522号法廷)

●「衛生学校記事」とはどんなものだろうか?
なぜここまでして、国は衛生学校や化学学校で作っていた機関誌を公開しないのだろうか?

次回 第23回『衛生学校記事』情報公開裁判
9月26日(木)11:30〜419法廷

金原節三氏が寄贈した資料が、衛生学校庁舎3階の彰古館に1982年に「金原節三コーナー」として展示された。
その2000点を超える資料はその後どうなったのであろうか?
防衛省の回答では、金原氏の目録と一致する資料は、今現在は641点だという。
あとの資料はどこに消えたのか?
彰古館に勤めていた人(1996年から2013年)の聞き取りでは、彰古館では、きちんと整理していていなかったようである。
金原資料は、1995年に防衛庁戦史部に移管されたが、翌年また彰古館へ戻したという。
その時はすべてを戻したわけではなかったようだ。
2010年に、彰古館が学校庁舎3階から今の建屋になり、資料も移管されたが、金原資料の整理はきちんとされていないようだ。
金原資料の一部はあるようだが、その他の金原資料は、どこに保管しているのだろうか。
また、彰古館には旧軍資料しか置いていないともいう。本当に「衛生学校記事」や教範類は置いていないのだろうか?
次の裁判までに、勤めていた人の陳述書を防衛省側は出すという。

1957(昭和32)年7月『衛生学校第1号』発刊


第4代衛生学校長
『衛生学校記事』を発刊したときの、衛生学校長金原節三とはどんな人物なのだろうか?
金原節三(1901〜1976)
陸軍省医事課長時代(1941.11〜43.8)に731部隊から報告を受けていた。「陸軍省業務日誌摘録」
厚生省東海北陸医務出張所から衛生学校へ 1955.8.1

金原節三と細菌戦
金原の略歴を見ると、昭和16年11月に陸軍省医務局医事課長になっていて、17年に8月に軍医大佐になっている。
細菌戦資料センターの会報には、次のような記載がある。「陸軍省医務局医事課長だった金原節三元軍医大佐が、1955年に陸上自衛隊に入隊した。細菌戦部隊を指導していたのは、陸軍参謀本部、陸軍省医務局衛生課そして陸軍省医務局医事課である。金原は、「金原業務日誌摘録」に細菌戦部隊からの報告を記録している。


金原節三と武見太郎
金原と戦後日本医師会会長になり、医師会、薬剤師会、歯科医師会に大きな影響を及ぼした武見太郎は、軍隊内の先輩・後輩関係にあった。『金原節三資料目録』(陸上自衛隊衛生学校)の巻頭言は、日本医師会長武見太郎が書いている。

「衛生学校30年のあゆみ」
発刊によせて
陸上幕僚監部 衛生部長
陸将 宮崎利雄

将来の進みたい道を質問されるとともに、軍医とは何か、何が使命かをこんこんと教えていただいた情景が、今もなお昨日のように思い出されるのである。「学校で勉強せよ」の一言が私を未だに制服を着用させていただいている1本の宿命的絆であった。それ以来、歴代の名校長にいろいろ教えを受け学校の歴史とともにその道程を歩み続けて来たのである。この30年間に数え切れぬ先輩の教訓、同僚の助言、部下の忠告がどれだけ現在の若い医官にいわゆる「軍医」の道を説くのに役立ったかは枚挙にいとまがない。人生においてよき師、よき友、よき部下に巡り合える幸せは最高のものである。




※細菌戦に関わった金原と、戦後日本医師会で権力をふるった武見。こんな2人に関係があると、日本医師会が細菌戦のことなど反省するはずがない。防衛医科大学校は、武見と金原の人間関係で設立された。もちろん、生物戦、化学戦、原子戦などを想定して、色々なことに取り組んでいるのではないかと思う。すべて防御のためと称して。


第5代衛生学校長
井上義弘【1904〜1969(65歳)、石川県出身
1929年に台北医専卒、陸軍見習士官を経て1931年3等軍医、1948年軍医中佐、その間、陸軍軍医学校教官、陸軍医務局課員、シンガポールに設置された細菌戦部隊(南方軍防疫給水部9420部隊)に所属、戦後、第1復員省、厚生省復員局勤務、1953年復員局から保安庁に出向、陸上幕僚監部衛生課長、陸上自衛隊衛生学校第5代校長、陸上幕僚監部衛生監を歴任1960年退官。近代5種競技世界選手権大会(ブタペスト)に日本選手団長として参加中、1969年9月急逝。1969年日本体育協会近代5種・バイアスロン連合会副理事長となり、専門の体力医学の分野で活躍】
第4代衛生学校長であった金原が1957年12月突如転任になり、第5代の衛生学校長になったのが井上だ。両人とも戦時中の細菌戦部隊にかかわった人物である。それも金原は細菌戦部隊の指導的な立場にあった。それがアメリカの圧力か何かで、衛生学校長の職を転任になり、その後を井上が引き継いだ。
井上は、自衛隊に保管されていた731関連の資料を自宅に持ち帰り、保管していたが、ブタペストで急逝したため、何も知らない遺族がそれらの資料を廃棄してしまった。ところがそれが神田の古書店に行きつき、某大学の研究者の目に留まり、その大学で買い取った。そこで改めてその資料を検証すると、731部隊の毒ガス実験等の論文があった。某大学では、その買い取った731関連の資料や、731部隊のデータを使って書いた論文等は、以前はその大学研究者は許可を得て見ることができたが、今ではそれらを見ることができなくなっている。
又、京大の次に多くの医学者を731に送った東大も細菌戦に関する資料を公開せず問題になっている。
東京医大等の不正入試だけでなく、大学医学部の戦中の細菌戦関連の資料の隠蔽も今、大きな問題になっている。
※1955年に二木秀雄が精魂塔を多磨霊園に建立し、731部隊の戦友会「精魂会」が発足した。
1950年には日本ブラッドバンクが内藤良一(元731部隊員)らによって設立され、元731部隊員は復権に向けて動き出している。
南方軍防疫給水部(岡9420部隊)





イタイイタイ病を究明した男 萩野昇

驚愕!御用医学者をさかのぼると、すぐに731部隊に行き着く

水俣病問題

小島三郎国立予防衛生研究所所長の過去

小泉親彦と宮川米次の絆

ヒロシマからフクシマへ

宮川正

「想定外」 と日本の統治—ヒロシマからフクシマへ—

ビキニ「死の灰」世界各地へ

自衛隊とサリン

相模海軍工廠・寒川と平塚にあった秘密毒ガス工場

日本の国家機密

兒嶋俊郎さんを偲ぶ



●昭和天皇の戦争責任を問う!!大嘗祭反対!!
天皇万歳に浮かれる無責任国家  田中利幸より
重要なことは、アメリカが、日本占領支配のために、裕仁の戦争責任を隠蔽してまでも、彼の天皇としての「権威」を政治的に利用したことである。つまり、私たちが本当に問わなければならないのは、「絶対的権力を保持していた国家元首の戦争犯罪・責任の免罪・免罪の上に制定された民主憲法が、果たしてどこまで真に民主主義的であるのか?」ということである。







(ハーバード・ピックス著『昭和天皇』より)
第3部   陛下の戦争
1931(昭和6)年―1945 (昭和20)年
※昭和天皇は、平和主義者でもなんでもなかった。好戦的であり、常に軍部に色々と指示を出していた!!


第9章 聖戦

このため、日本政府は戦争の初期から繰り返し「支那事変」を「聖戦」と称していた。戦闘が泥沼化し長期化すればするほど、イデオローグたちはこの「聖戦」という言葉に固執した。それは昭和天皇と天照大神の御稜威(御威光)が全世界に輝くように八紘一宇(天皇の大御心による統治)の下に世界を統一するという国家的使命の表明であった。
11月初旬までに、近衛首相、天皇、陸海軍統帥部は、現地の陸海軍を統制し、国策を実施するには、より合理的で効率的な最高指導体制が必要であると認識するようになっていた。すでに内閣企画院が10月に設置されていた。天皇は、27日には近衛の提案に基づき、宮中に大本営(天皇の司令部)を設けるよう命令を下した。大本営は、これを通じて天皇が大元帥としての憲法上の役割を果たすことができ、陸海軍がより一致して作戦行動ができるようにするための、純然たる軍事機構だった。大本営設置後、一週間に数日、午前中の数時間、参謀総長、軍令部総長、陸相、海相、陸海の作戦担部課長、侍従武官が宮中で執務した。200名以上の定員を持つ大本営は、近衛が本来、心に描いたような戦争遂行と政略ならびに戦略を調整する効率的な機構ではなく、むしろ当初は無計画に将校を集めたものだった。







憲法9条を生かそう!!




開く コメント(0)

全519ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事