ここから本文です
降っても晴れても・・・
さてぼちぼち走ろうか

書庫全体表示

筑波山羽鳥道と薬王院

筑波山にももう数えきれないくらい登りましたが、ちょっと久しぶりでまた登ってきました。
ケーブルカーやロープウェイのある南面の登山道はいつも賑わっていますが、北面の桜川市からのコースはいたって静かなもの。とりわけ羽鳥道で登山者に出会うことはめったにないのです。
この道は古くから山岳修験の道であり、江戸時代には庶民の参詣道としても登られていたとのこと。しかし今では痕跡の失われてしまった部分もあります・・・


【2015年12月19日】
つくしこ駐車場9:50〜山麓の道〜羽鳥道合流点11:30〜大滝不動13:00〜男体山山頂14:00〜薬王院14:55〜駐車場15:30  19.0km

つくしこ調整池の駐車場からスタートした。今日はやっと冬らしい、いい天気に恵まれた。まずここから羽鳥道に合流するまで、山麓の道を歩いて石仏の顔を眺めたりしていくことにした。

真壁町椎尾のひなびた風景の中を歩いていくとさっそく如意論観音などが並んでいた。この地方特有の実にのどかな表情だった。真ん中は二十三夜塔。
イメージ 1

そして今度は馬頭観音文字碑。こんな調子で辻ごとにいろんな石仏・石碑に出会うことができる。さっそく楽しい気分になってきた。
イメージ 2

東山田の大宮神社へ立ち寄った。拝殿から本殿まで斜めの渡り廊下でつながっていて、趣があった。すぐ下には熊野神社もあった。
イメージ 27

熊野神社から裏に出て、隣の最勝王寺へゆく。
広い境内の中に長い石段が続いていて、両側は墓地。ちょっとした高野山奥の院のムードだった。その一角にあったのが延命観音。これはめずらしい。
イメージ 3

いよいよ真壁町羽鳥の集落へ入ってゆく。標高72mの丘の上に建つ、歌姫明神
かわいい名前だけれど、「うたづめ」と読むそうだ。
小さな社殿がぽつんと建っていた。石段に座ってお昼にした。
イメージ 4


スタートから1時間半もかかってようやく羽鳥道の途中に合流した。
この道の起点はもっと麓のリンリンロードの近くにあって、古い道標もそこにあるという。合流点の少し上には上の榎不動があって、地蔵石仏や石碑群がある。
その先で羽鳥道からそれて集落を抜けていくと観音堂がある。中を覗いてみたらすばらしい准胝観音を見ることができた。
筑波山の北面は驚くほどに石造木造文化財にあふれているようだ。
イメージ 28
観音堂です。
イメージ 5

再び羽鳥道に戻って登っていくと楓不動を過ぎて薬師堂がある。
こちらの中には誰もいらっしゃらなかった。
イメージ 6

薬師堂の少し先には石碑群がある。(こういう史跡の場所には必ず古い案内標識があって、場所自体も分かり易いです。)
その中に一基の石龕があって中には石龕仏が一体。かなり摩耗している。
イメージ 7

羽鳥の集落も終わりとなって太い道に合流して左へ登っていく。
ゆるくカーブしながら登ると右手に古道らしき道形があったが、かなりヤブっぽかったのでここは入るのをやめた。少し先で古道の出口を振り返った所。
「羽鳥道」の古い標識があったので間違いない。
イメージ 8

その出口の目の前には二十三夜供養塔があったが、よく見ると、、、
夜の字の左右から下には道しるべの文字が刻まれていた。
右 ○○○みち  左 やまみち
イメージ 9

その向かい側、八坂神社の入り口に小滝不動石仏がある。
不動明王と二童子の丸彫りで、立派なものだ。
イメージ 10

その先の左手、今度は明瞭な古道の入り口あり。これを入っていく。以後何度か舗装路を横切って古道は続く。
イメージ 11

道は次第にはっきりしてきて迷うことはなかった。
途中にこんな立派な石鳥居が立っていた。損傷したようで、スチールを巻いて補強してあった。高遠石工の作品とのことだ。高遠石工といえば、旅の石工とも出稼ぎ石工とも呼ばれる。
イメージ 12

冬枯れの羽鳥道を登る。
イメージ 13

再び舗装路を横切る所に、男の川水分神の巨大な碑が立っていた。
碑の右手からまた山道に入り、直登していく。
イメージ 14

やがて舗装路の脇に鬼ヶ作国有林の看板があり、その先は羽鳥道は一旦消滅する。
ただし古道は男の川の沢沿いに登るのであって下草のない樹林なので、強引に登れば登れないことはないようだ。今日はやめておく。
しばらく舗装路を登っていくと男の川を渡る所で右手の山道に入り、すぐに大滝不動に到着する。
イメージ 15
丸顔の堂々たる不動明王だった。羽鳥道ではこれほどたくさんの石仏その他に出会えるのである。昔走って登ったときにはほとんで見ていないし、そもそも忠実にたどっていなかった。
イメージ 16

ここからはやっと本格的な登山、という感じになりひたすら登るのみである。
最後は右に大きくトラバースして、薬王院コースに合流した。あとは御幸ヶ原まで平坦な道である。
イメージ 17

御幸ヶ原も今日は登山者・観光客が少なめか。さっそく男体山の山頂へと向かった。
山頂の神社に狛犬が一匹だけいることも今日初めて気が付いた。ずいぶんと眺めのいい、特等席に。
イメージ 29

関東平野。
イメージ 18

そして休憩もそこそこに下山を開始した。自然研究路をぐるっと回って、さっきの合流点に戻ってさらに直進。薬王院コースに入っていく。このコースは筑波山のリピーターがちらほらと登るくらいの道である。今日もそれなりに入っていた。
うんざりするような丸太階段以外は気持ちのよい道である。

山頂から1時間弱で薬王院に到着。濡れ縁に並んでいるお大師様。
イメージ 19

外陣には木造大黒天。ここはいろいろと見るものがあって楽しい場所だ。
イメージ 20

山門の境内側左右には風神と、
イメージ 21
雷神の力強い姿あり。
イメージ 22

イメージ 23

門前の石段をどこまでも下ろうと思って下ったら、ヤブに覆われて行き止まりになっていた。しかたなく少し車道を回ってから南側の谷間へと下った。
谷川の対岸には小堂があった。
イメージ 24

渡って中を覗いてみたら石造の不動明王がいた。
ここまで会いに来る人もめったにいないのだろう。どこにも書かれていなかった不動堂であるから。
イメージ 25

その向かい側には二十三夜塔と苔むした石段があった。
この石段がさっき敗退した石段に続いていたのだろう。自分が新発見をしたような気分だった。この分断された道をつなげたら、薬王院コースの古道的存在価値がぐんと高まるような気がする。
イメージ 26

さらにしばらく歩けばつくしこの水面が見えてきて、筑波山のワンデイ登山は幕を閉じた。とても刺激に満ちた周回コースだった。

イメージ 30
            この地図は、国土地理院長の承認を得て、同院発行の電子地形図25000を複製したものである。
                                     (承認番号 平27情複、 第741号)
この地形図のスケールは編集されています。距離を参照される場合は元のスケールで確認してください。
画像の右下クリックで拡大表示できます。


顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
  • 名前
  • パスワード
  • ブログ

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事