プロギャンブラーのぶき⇒講演家なう⇒夢☆ボランティア政治家

芸能事務所「イエローキャブ+」さんから、文化人枠でスカウト頂きました。身に余る光栄すぎる件♪いやっほい

過去の投稿日別表示

[ リスト | 詳細 ]

全1ページ

[1]




イメージ 1

ツイッターをするか、何度も何度も熟考してきた。
メリットもあれば、デメリットもある。
特に時間がかかる。
いや、かけてしまうwww
無記名なので、アンチを対処してるやりとりもアホらしい。
いつも、最終判断は「しない」だった。

けど、政治に行きたいなら、いくつも乗り越えるべき壁がある。
そのひとつが『ツイッターをする』かと考えてみた。

そして、facebook仲間に聴くと、23票賛成、反対はわずかだった。
なら、してみることに決定。
3月はヨーロッパでギャンブル指導してた。
なので、3月下旬にスタートするより、4月からにしてみた。

3月下旬は、ツイッターの使い方へ学びの時間にあてた。

いざ、昨日、しようとすると、ギャンブラーって名前がバイオレンスでダメなせいでか、
「電話番号を要求」された。
持ってねーし、番号。
このご時世、電話番号は持たなくなるって考えてる。
ネット通話ができるので、すでに必要ない。

ギャンブラーはツイッターから拒否された。

しょーじき、無理なら、最初からこんな手間ひまかけたくなかった。
時間の無駄だった。
マジでツイッター論外だろ。
職業差別だし、電話を持てない貧困層への差別でもあり。
うぜー。

終了と決定。

数時間後・・・
とはいえ・・・
facebook仲間に聞いた手前、悔しくても、他の方法でトライしてみるべき。
それが「人へ聞いた恩返し」
半端な動きなら、聴く資格なし。

なので、要求されるメアドを、使用してないので登録し、
僕の情報を一切載せずに登録してみた。
登録が通る。
ギャンブラーを差別する会社だからこそ、半端なので節穴あり。

登録後に 個々の設定を変更してみたら、今のとこ差別されずに大丈夫。
けど、丸1日を費やした。

今月はツイッター月間として、メイン軸で動いてみる。
フォローバックしまくるので、フォローしてもらえると、ありがたいです。
よろしくお願いいたします。

開く コメント(0)

開く トラックバック(0)

全1ページ

[1]


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事