Nobby のサーフ&グルメ

ナダクとその周辺のグルメの探求に、時々サーフィン時々スノボ

全体表示

[ リスト ]

布引の滝 池の白い亀

今回は家から近いのに行ったことがないシリーズの第一弾で「布引の滝〜布引ハーブ園」に行ってみました。
阪急六甲から市バス2系統(又は18系統)三宮行きで布引まで行きます。
(三宮まで電車で行って歩くか地下鉄・新神戸でも可)
バス停布引から新神戸駅が見えているので、駅の正面に向かうと布引の滝への案内が見えてきます。
イメージ 1
 
雌滝までは、駅から10分程で行けてしまいます。
梅雨の中休みですので、天候を睨みつつさらに進みます。
イメージ 2イメージ 3
 
右の階段を上がってゆくと雄滝直行、左は、雌滝経由です。
自身は左を選択。
イメージ 4
 
雌滝
イメージ 5
 
その後そこそこ急な登り平坦な道を進みます。
息が上がるほどのところは今のところなしです。
イメージ 6イメージ 7








 


雄滝 夫婦滝イメージ 8

上部が雄滝、下部が夫婦滝ということらしい。
イメージ 9


おんたき茶屋 ここは布引ラーメンというのが名物らしい。
ここで、ラーメンとビールを頂いて帰るちゅうても有りかなあと思われたが・・・
イメージ 10イメージ 11











ここから5分ほどで、「みはらし展望台」に出ます。
しかし、雲っていて湿度も高い故、景色は白く霞んでいます。
よって写真はなし。
 
「布引貯水池」のゲートここもハイキングコース内です。
イメージ 13

少し進むと「猿のかずら橋」これを渡ると再度山に至るので渡らずに直進です。
イメージ 12
 
五本松の隠れ滝
ダムがオーバーフローした時にしか見れない滝だそうです。
今回は梅雨時という事もあり見れました。
イメージ 14
 
五本松の隠れ滝を過ぎると布引ダム、正式には五本松堰堤が姿を現します。
 
イメージ 15

貯水池を眺めていると白いものが・・・
鯉?                                            ううん? 手があるし
イメージ 16イメージ 17

  







亀だった。
白い亀はかなり珍しいかも。 しかもけっこうでかい。
イメージ 18

 布引貯水池
イメージ 19

イメージ 20イメージ 21











貯水池からやや登って平坦な塗装道を進むとハーブ園のゲートが見えて来ます。

写真が多く、ページが重たくなるので「布引ハーブ園」編は次項へ続く。
                                      ↓


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事