Nobby のサーフ&グルメ

ナダクとその周辺のグルメの探求に、時々サーフィン時々スノボ

全体表示

[ リスト ]

今回は家から近いのに行ったことがないシリーズの第二弾で須磨にある鉢伏山に登ってみました。
鉢伏山は260mの低山で、山陽須磨浦公園駅からロープウエイでも上がれますが、一応山歩きの一環というか、六甲山縦走はとても無理なので、縦走路上にある山のピークだけを登って戻るというつもりで歩いています。
イメージ 2

新開地で、阪神電鉄の特急に乗り替え須磨駅で待っている山陽電鉄の普通に乗り替えるのが一番早いようです。
改札を出るとすぐロープウエイの切符売り場がありますが、登山口はどこかよくわかりません。
イメージ 3イメージ 4










参考にしたどなたかのブログの写真を想い出して西の方に舗装した登り坂が見覚えがあったので、そちらに向けて歩きだすと標識が出ていました。
途中茂みの隙間から海釣り公園が見えています。イメージ 5イメージ 6











イメージ 9

一応ずっと舗装路と石段という感じなのですが中盤から勾配がきつい階段が続くので、息が上がってしまい途中で2度休憩しましたが、30分足らずでロープウエイの山頂駅に辿り着きました。
イメージ 7イメージ 8










須磨浦公園は、全体にさびれた感じで展望台付近には昭和な歌謡曲が流れていたりして、なかなか「いなたい」雰囲気です。
イメージ 12

山頂駅のちょい奥が鉢伏山の山頂になります。
イメージ 1

そこから10分程で旗振山山頂に行けるということだったので、行ってみました。
旗振茶屋は閉まっていました。
景色はまずまずですが、梅雨の中休みですが霞んでいる上に逆光なんで写真写りは前回の「布引の滝・ハーブ園」と同様に全く良くないです。
旗振山山頂・旗振茶屋
イメージ 10

旗振山山頂から鳴門大橋、淡路島を望む
イメージ 11


下りは例によってロープウエイのでの下山です
布引のとは違い、空で動いている車両はありません。
この車両で定員が30名ということなのですが、そう考えるとちょっと怖いですね。
今回は自分を含め3名で運行。
イメージ 13

海へ向かって降りてゆきます。
イメージ 14

イメージ 15

イメージ 17

イメージ 16

ロープウエイをおりて海へ出て見るとはやり海辺は気もち良いですね。
海釣り公園は昨年の台風20号のダメージを受けたまま閉鎖されていました。
あれから、もうそろそろ1年が経とうとしています。





.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事