noda jijiの部屋

jiji は 意地悪「ジジィ 」ではなく , 可愛く「 ジィジ(爺治)」と読(呼)んでください。 m(_ _)m

全体表示

[ リスト | 詳細 ]

記事検索
検索

半月板切除


 先のブログ「退院後初日」と投稿が前後しましたが入院になった経緯や病院生活などを報告します。

 去年の半ばごろから時折右膝が激痛で立てなくなることが起きるようになりました。
 それはテーブルから離れるとき等、不用意に上体を動かして膝がねじれると、右膝関節で音がして激痛が走り立てなくなるのです。 
 
 その症状が出て約1分位 膝を伸ばしたりいろいろ頑張っていると又、音がしたような感じになると正常になって普通に歩いたり走ったりできるのです。
 医者は「関節の間に半月板が傷んで出たゴミがはまるのだから関節内のクリーニングをしたがいい」という。
 
 でも真っすぐ歩いたり走ったりしているときや、山に登っているときにはそのような症状になったことが無いので手術を先延ばしにしていたのですが、先日旅先で柔らかい布団に寝ていてその症状に襲われました。
 このことがあって手術することにしました。
 
 4/2(土)入院、 4/4手術と決まりました。 内容としては「半月板の全摘」
イメージ 2
      病室からは満開の桜を眺めることが出来て、毎日が花見でした。ただお酒がないのがさみしい
      この時満開だから退院のときは終わっているだろうと思っていました。

イメージ 1
 手術は下半身麻酔で1〜1,5時間かかりました。

 脊髄から麻酔薬を打ってしばらくすると腰から下の感覚が全くなりました。
 腰から上は全く正常、現代の医学の進歩は素晴らしいですね。
 手術も膝頭を開くのかと思っていましたが、カメラとメスと水を注入する小さな3っつの穴を開けるだけでした。

 手術は水を循環させて中を膨らませて
LED照明で明るくしてカメラで見ながら不具合ヶ所をメスで切り取っていました。
 メスは鉛筆みたいで先が電気カミソリのようになっていて半月板の崩れた部位を吸い取るようにして切除していました。

 手術中は実施状況をTV画像で見せてくれて、説明しながらなので面白かったです。

 手術の結果は、半月板全摘を覚悟していたのですが、ラッキーで半月板2コの中 外側の1コだけ半分強の切除で済みました。 半月板はクッションの役目だから3/4近く残って良かった。
   手術後はこんな格好にされました。

イメージ 3




ベットから
花見が出来ました。

















イメージ 4


3日の夕食から4日の夕食まで食べ物抜きでした。
4日の朝6時までは水のみOKでした。



朝食








イメージ 5


イメージ 6





 昼食














 夕食


 ご飯は毎回100g
 お代わりなし





イメージ 7
             ☆マークは手術の時足を間違わないための印だそうでした。 

イメージ 8


イメージ 9


イメージ 10
          正に展望食堂でした。  いい部屋で良かった。
イメージ 11

























イメージ 12

イメージ 13
       西側の食堂兼談話室からは秩父連山(右端の山は武甲山)や富士山も遠望できました。                  
イメージ 14
              
      〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜4/8(金)退院しました。〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜  

イメージ 26
病室から見えた桜の下は「カタクリ」の群生地、時期が少し過ぎていたけれどたくさんの人が見に来ていました。

イメージ 27
          イメージ 15


イメージ 16
                         ボケとスミレのコラボ

イメージ 17
       どこにでも咲いているタンポポですが、まばゆい位 新鮮で綺麗に感じました。

イメージ 19
           帰宅途中花見をしました。 久しぶりのビールとお寿司 美味しかったー

イメージ 20


イメージ 18

イメージ 21
しばらく横になって桜を眺めていました。 日本には四季があって本当にいいなー

イメージ 22
綺麗だなー

イメージ 23


イメージ 24
酔っぱらうほどは飲んでいませんよー
イメージ 25
 あきらめていた花見が出来てよっかったです。


退院後初日

退院後の初日。
入院の経緯は後ほどとして、膝の半月板切除手術して昨日退院しました。
桜の満開の時に入院したので入間川桜並木の桜が気になって早朝からストックを友として出かけました。
イメージ 1

イメージ 2


イメージ 3


イメージ 4
         阿須のグラウンドでは子供たちがランニングを楽しんでいました。羨ましいー
  後ろには八高線の鉄橋、その向こうには美杉台、更にその後ろには武甲山が遠望できる良いグラウンドです。

イメージ 5
           「流れ橋」大雨で増水したときは橋げたは外れるようになってる。

イメージ 6
                       アオサギ 羽根を広げると1m強           撮影: R
イメージ 7


イメージ 8
                                                        撮影: R

イメージ 9
          何時もはもっと沢山の人が朝ランを楽しんでいるのだけど・・・今日は少ない

イメージ 10
                            レッドアロー号
イメージ 11


イメージ 12
                      入間市景観 50選  「入間川の桜並木」
イメージ 13
                                                           撮影: R

イメージ 14


イメージ 15
                    入間市景観50選  「入間川・中橋から望む風景」
                 画面中央右端のグラウンドが自分たちのホームグラウンドです。

イメージ 16
                               入間市運動公園

イメージ 17
                     私たちのグラウンドゴルフ・ホームグラウンド。

イメージ 18
                 我が家は徒歩1分                 撮影: R

さくらがたくさん残っていたので楽しかったです。



                          旅行二日目
イメージ 1
                    和倉温泉から金沢の白川郷に向かいました。

イメージ 3
                          駐車場から橋を渡って集落へ

イメージ 2


イメージ 4

イメージ 5
平日なのに大勢の観光客でにぎわっていました。
日本語が聞こえたら「日本人だ!」と振り返るほどでした。

イメージ 6

イメージ 22
メイン通り いろんな店があったけど観光客はまばらでした。
皆さん集落の中を散策していたようです。

イメージ 7
散策を終えて駐車場へ

イメージ 8

イメージ 9
集落を一望できる展望台からです。

イメージ 10
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
兼六園に移動
イメージ 11


イメージ 12
                健六園では樹医さん達が老木を手入れしていました。

イメージ 13
                       天然の噴水
イメージ 14



イメージ 15
                      銀色に輝く白山が遠望できました。

イメージ 21
                       プロのカメラマンによる撮影  

イメージ 16
                   兼六園で最も枝ぶりが見事な「唐崎松」

イメージ 17
                     明治記念の標「日本武尊像

イメージ 18
                                霞ヶ池

イメージ 19
               この日が大学の卒業式だったそうです。おめでとうございます。

イメージ 20
                      兼六園のシンボル的な「ことじ灯篭」
                 〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜


白川郷も兼六園も自分は初めての探訪でした。他の二人は以前来たことがあるのに
自分のために来てくれたようです。有難う、感謝です。




写真クラブの仲間が能登2泊3日の格安旅行を企画してくれたので3人で行ってきました。
羽田空港から能登空港へ約1時間で着きました。
イメージ 1
    天気予報では午前中雨だったので傘を用意してきたのですが、能登に着いたときは晴れていました。


イメージ 2
     能登空港からレンタカーで観光しながら和倉温泉のホテルに向かいました。
  まずは輪島朝市(日本三大朝市)へ 輪島塗、魚、焼きいか、飾り物等々沢山の出店でにぎわっていました。

イメージ 3


イメージ 4
 観光案内所の勧めで能登キリコ会館に来ました。
 
イメージ 5
         キリコと言うからガラスのキリコと思って来たら超でっかい灯篭でした。
      最大のキリコは高さ15m 重さ2トンもあり、これを150人で担ぎあげて激しく練り回るそうです。
イメージ 6
 夏の壮大な祭りで昨年、日本遺産に認定されたそうです。

イメージ 7
    世界農業遺産「能登の里山里海」の代表的な棚田 「白米千枚田」です。

イメージ 8
                            窓 岩

イメージ 9
                         軍 艦 島

初日は能登空港から半島の北半分を走り回って和倉温泉の宿にチェックインしました。
二日目は金沢を旅しました。次回のブログ「金沢編」で掲載します。

                  〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
金沢からの帰りに海岸を回って和倉の宿に帰りました。

イメージ 10
      日本で唯一車で走れる砂浜(8km)を走って来ました。(千里ヶ浜なぎさドライヴウエイ)

イメージ 11


イメージ 12


イメージ 13
                             部屋からの展望
                   〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
                      三日目の早朝 和倉温泉街を散歩しました。
  

イメージ 14
                          和倉温泉の湯元

イメージ 15
                             朝日の出
    
イメージ 16
                                源 泉 
               

イメージ 17
                     観光をしながら能登空港にむかいます。

イメージ 18
        源泉の温度は98℃ 囲いの中にはゆで卵用のざるが用意してありました。
                   飲んでみましたが海水より塩辛かったです。

イメージ 19
平 家 庭 園

イメージ 20


イメージ 21
巌  門
源義経が隠れていたと言う洞窟もありました。

イメージ 22
      食べたことが無いけどこの赤なまこが一枚 6480円 余程の珍味なんだろうなー                    
   空港に着くのが少し早かったので焼酎 1本(中ビン)買い、おばさんから紙コップをもらって飲みました。
   3人で飲んで、空ビンを返しに行 ったら売店のおばさんびっくりしていました。
イメージ 23
  格安旅行を企画・進行してくれた仲間と 観光地を事前に調べそして車を3日間運転してくれた仲間、自分は何もしないでおんぶにだっこでした。 お二人さん本当に有難う、感謝しています。 

国民保護訓練

27日(土) 第9回 入間市 国民保護訓練が西武地区で行なわれ、それに伴って計画された自主防災避難訓練に参加しました。
 12時に区の「避難集合場所」に集合して警察と消防の方に誘導してもらいながら避難集結地点の西武小学校に向かいました。
イメージ 1


イメージ 2
              西武小学校校庭で「国民保護訓練」の準備が行なわれていました。
      ここで私たちは訓練の様子を見学しました。
イメージ 3
 12時30分 「小学校でのイベント中にテロ組織による化学剤が散布された」 と言う想定で訓練が開始されました。
 消防や警察の車両がけたたましいサイレンを鳴らしながらぞくぞく集結。 しばらくすると航空自衛隊や陸上自衛隊のなどなどの車両もやってきました。

イメージ 4
たちまち対策本部、救護テントなどが出来、また薬剤除染テントが空気圧で瞬時に建ちました。
 化学処理隊も活動開始。

イメージ 5


イメージ 6


イメージ 7


イメージ 8
                        除染テント
 

イメージ 9


イメージ 10


イメージ 16


イメージ 11


イメージ 12
イベント関係者の保護と負傷者の救助、搬送が終了しました。

イメージ 13
陸上自衛隊の除染車両が会場付近を除洗します。

イメージ 14
全ての「国民保護訓練」が終わり入間市長が挨拶されて訓練を終了しました。

イメージ 15
             武力テロ対処のためにこのような車両も配備されていました。

 訓練は訓練として有事のために必要不可欠ですが、このようなテロ事件がない日本であり、そのような世界となってほしいでものすね。

 

.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事