noda jijiの部屋

jiji は 意地悪「ジジィ 」ではなく , 可愛く「 ジィジ(爺治)」と読(呼)んでください。 m(_ _)m

健康

[ リスト | 詳細 ]

記事検索
検索

全4ページ

[1] [2] [3] [4]

[ 次のページ ]

入院 by 心筋梗塞



 2017.04.09〜19(11日間)  心筋梗塞で入院しました。

 9日、13時から公民館活動の囲碁クラブで新年度の総会をしました。
 総会の後 恒例の 囲碁大会をしました。
 
 13:30頃からビールを飲みながら囲碁を始めました。 
 1本飲み終わった頃から少し胸が痛くなって、熱くなりシャツ1枚になって仰ぎながら最終(18時)まで打ちました。
 私の結果は4勝1敗で、同率の3人で優勝を分かち合いました。 
 
 碁が終わり、帰宅しても痛みが治まらないので掛かり付けの総合病院に行きました、家内の運転で15分程のところです。
 痛み止めをもらう位の気楽さで診療券だけ持って行ったのですが、心電図を撮ったら、即 手術になりました。 エッ! うそ! 

 手術を受けながら、今日は日曜日だし専門の医者はいないだろうから、これは絶対誤診だ!と思っていました。
 


イメージ 1
    手術後にこの画像で説明を受けて、本当に危ないところだったのだと驚きました。
 
 手術はカテーテルという細い管の先に風船や金網を付けて太ももの血管から心臓の患部まで持って行き下図のように血管を広げるのです。
 私の場合は、大きい血管の詰まりはステントという金網で広げ、細い血管は風船で広げました。
イメージ 2


イメージ 3
     手術後は自爆テロまがいの格好で心臓の動きをモニターで監視され乍ら過ごしました。

イメージ 4
                      朝 昼 夕  3食とも おかゆ200g と少々の 雑菜  時にはパン一枚。
イメージ 5
        この食事が1週間ほど続いた、 たまりかねて普通ご飯にしてくれとお願いしました。
             許可が下りて 少しましな食事になりました。ご飯は100g 

イメージ 6
 手術後から続けてきた「心臓リハビリテーション」 での経過も順調で、また明後日には老人会でのグラウンドゴルフ大会を仕切らねばならないこともあり、主治医に「明日(19日)退院させてください」 とお願いしたところ、許可してくれました。
イメージ 7
  無事 19日退院して先ずホームグラウンドを見に行きました、グラウンド周りの桜は花びらを落として花殻のだけのピンク色になり、入院前には咲いていなかった花々がたくさん咲いていました。 季節の移ろいの早さを身にしみて感じました。 

イメージ 8
 
           〜〜〜〜〜〜〜〜〜 20日朝 05:30 〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
イメージ 9
                         我が家のユキヤナギ

イメージ 10
                   隣家の花々が格別奇麗でした。
 空調された病棟の中の空気とは比較にならない すがすがしい 朝のたとえようのない美味しい空気。
             こんな事を感じるのはやはり歳をとったと言うことかな(笑)
イメージ 11


イメージ 12


イメージ 13
         桜の花ビラが一枝、二枝 満開の桜よりひときわ奇麗に咲いていました。
              正に「一輪の朝顔」に込めた利休の心を感じました。
イメージ 14


                      しだれ桜は散り始めていました。
イメージ 15


イメージ 17


〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜 21日 〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

イメージ 16
あまりにも天気が良く、体調も絶好調!
でも調子に乗りすぎました。ちょっと歩きすぎ、後悔して 少しおとなしくしています。

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜なぜ心筋梗塞になったのか〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

 何が原因で、なんの兆候もなしに突然 心筋梗塞になったのか? 主治医に聞きました。「判らん」 

 私は毎年「高齢者 特定検診」を受け、また持病の喘息のため定期的に胸部レントゲンや血液検査をしており、
主治医も同じ病院だからこれらのカルテは見ていると思います。
 私生活でも毎朝 裏山の散歩1時間強、月一回位仲間との登山や海外トレッキング等々 身体は年の割には動かしているし、タバコも40年ほど前に止めたし、食事の面でも塩分は控えめで、正に健康老人だと自負していたのです。 
 でも入院中ベットの上でいろいろ考えていて気がついたことがありました。
  
                〜〜〜〜〜〜〜〜 私なりの推測 〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
 私は58才の時喘息を発症、それから喘息の発作を予防するための粉末の薬を吸入し続けてきました。
その吸入回数を医者の指示を無視して自分の体調に合わせて吸ったり吸わなかったり、1吸入したり2吸入したりしていたのですが昨年初め頃から体調が良くても朝・夕 共2吸入づつ、咳が続くときは各4吸入するように厳しく指導されました。
 にも関わらず今回入院したとき、朝・夕とも1吸入にするように変更の指示が来ました。
 
 このことから喘息の医師がこの吸入薬が心筋梗塞の原因ではないかと考えたのだと思います。

          〜〜〜〜〜〜〜〜私の心筋梗塞がなぜ軽かったのか 〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
 奇しくも退院した19日、TVの「ためしてガッテン」で心筋梗塞について放映されました。
 それによると、時には心臓に大きな負担をかけておくと心筋梗塞になったとき助かる確率が大きいとの事でした。 そのための運動も心拍数 110位になるような運動だと言っていました。
 
 その点、私は 48才から69才までフルマラソン(15回)はじめ青梅マラソン・奥武蔵駅伝等々たくさんの競技に参加しましたてきました。 その頃はジムにも通い心拍数120にセットしたマシンを使っていました。
 70才からは膝を痛めたので登山で過ごしてきました。
 このようにして心臓には大きな負担をかけ続けてきていたようです。
 そのお陰で 発作が起きてから6時間近くまでも囲碁を楽しむ事ができたのだとおどろいています。
 
             〜〜〜〜〜〜〜〜〜 私なりの対策 〜〜〜〜〜〜〜〜〜
 退院後は喘息薬の吸入していません。  
 しかし喘息で長く苦しむより心筋梗塞で逝った方が楽かもしれませんね(笑い)


半月板切除


 先のブログ「退院後初日」と投稿が前後しましたが入院になった経緯や病院生活などを報告します。

 去年の半ばごろから時折右膝が激痛で立てなくなることが起きるようになりました。
 それはテーブルから離れるとき等、不用意に上体を動かして膝がねじれると、右膝関節で音がして激痛が走り立てなくなるのです。 
 
 その症状が出て約1分位 膝を伸ばしたりいろいろ頑張っていると又、音がしたような感じになると正常になって普通に歩いたり走ったりできるのです。
 医者は「関節の間に半月板が傷んで出たゴミがはまるのだから関節内のクリーニングをしたがいい」という。
 
 でも真っすぐ歩いたり走ったりしているときや、山に登っているときにはそのような症状になったことが無いので手術を先延ばしにしていたのですが、先日旅先で柔らかい布団に寝ていてその症状に襲われました。
 このことがあって手術することにしました。
 
 4/2(土)入院、 4/4手術と決まりました。 内容としては「半月板の全摘」
イメージ 2
      病室からは満開の桜を眺めることが出来て、毎日が花見でした。ただお酒がないのがさみしい
      この時満開だから退院のときは終わっているだろうと思っていました。

イメージ 1
 手術は下半身麻酔で1〜1,5時間かかりました。

 脊髄から麻酔薬を打ってしばらくすると腰から下の感覚が全くなりました。
 腰から上は全く正常、現代の医学の進歩は素晴らしいですね。
 手術も膝頭を開くのかと思っていましたが、カメラとメスと水を注入する小さな3っつの穴を開けるだけでした。

 手術は水を循環させて中を膨らませて
LED照明で明るくしてカメラで見ながら不具合ヶ所をメスで切り取っていました。
 メスは鉛筆みたいで先が電気カミソリのようになっていて半月板の崩れた部位を吸い取るようにして切除していました。

 手術中は実施状況をTV画像で見せてくれて、説明しながらなので面白かったです。

 手術の結果は、半月板全摘を覚悟していたのですが、ラッキーで半月板2コの中 外側の1コだけ半分強の切除で済みました。 半月板はクッションの役目だから3/4近く残って良かった。
   手術後はこんな格好にされました。

イメージ 3




ベットから
花見が出来ました。

















イメージ 4


3日の夕食から4日の夕食まで食べ物抜きでした。
4日の朝6時までは水のみOKでした。



朝食








イメージ 5


イメージ 6





 昼食














 夕食


 ご飯は毎回100g
 お代わりなし





イメージ 7
             ☆マークは手術の時足を間違わないための印だそうでした。 

イメージ 8


イメージ 9


イメージ 10
          正に展望食堂でした。  いい部屋で良かった。
イメージ 11

























イメージ 12

イメージ 13
       西側の食堂兼談話室からは秩父連山(右端の山は武甲山)や富士山も遠望できました。                  
イメージ 14
              
      〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜4/8(金)退院しました。〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜  

イメージ 26
病室から見えた桜の下は「カタクリ」の群生地、時期が少し過ぎていたけれどたくさんの人が見に来ていました。

イメージ 27
          イメージ 15


イメージ 16
                         ボケとスミレのコラボ

イメージ 17
       どこにでも咲いているタンポポですが、まばゆい位 新鮮で綺麗に感じました。

イメージ 19
           帰宅途中花見をしました。 久しぶりのビールとお寿司 美味しかったー

イメージ 20


イメージ 18

イメージ 21
しばらく横になって桜を眺めていました。 日本には四季があって本当にいいなー

イメージ 22
綺麗だなー

イメージ 23


イメージ 24
酔っぱらうほどは飲んでいませんよー
イメージ 25
 あきらめていた花見が出来てよっかったです。


脊柱管狭窄症(2)

 私の脊柱管狭窄症の症状を1月18日のブログに載せましたが、そのときは未だ軽い間欠跛行だったので、血行を良くする薬の投薬で改善を図ってきました。が然し2月下旬になると200mも歩くと痺れがひどくなって歩けなくなるようになりました。
 それで、いろいろのリスクも考えましたが手術を受ける決心をしました。
 3月中旬に手術をすることになり予備検査のため3月5日に入院しましたが、その前日(4日)の朝から手の甲に原因不明の腫物ができました。
 その腫物が感染症だと悪いので、それが完治してから本手術することになりました。
 
 4月24日に入院して27日手術を受けました。
イメージ 1
     3時間半の手術で目が覚めて時はこのような格好で寝かされていました。 

イメージ 2
術後3日目には尿管その他すべての器具が外されて窓際まで歩行器で歩くことが出来ました。

イメージ 3
     5月1日(術後4日目)には回復室から6人部屋に移りました。
     窓からは富士山や大岳山・秩父の山並みが遠望できました。

イメージ 4
        術後14日目 リハビリも進み このころには病院周りを1km歩いたり
        有酸素運動20分で汗をかいた後、看護師さんに体を拭いてもらっています。


イメージ 5
 5月12日(術後15日目)に傷口のガーゼが取れてからは毎日シャワーを使っています。
 この手術痕は手術後21日目で、明後日5月20日に退院です。

                     食事の思い出
イメージ 6
            5月5日こどもの日の昼食 かしわもちも付きました。

イメージ 9
                       雉焼き丼

イメージ 7
        退院の前日の夕食 とんかつ (病に勝つ)偶然とは言え縁起が良い

イメージ 8
              本日退院です。最後の朝食はウインナー(勝者
 退院時の先生からの注意
     3ケ月は大きな動き、重い仕事はしない事。
     駆け足は半年後・・・・・・・・本当に走れたら嬉しいナー

脊柱管狭窄症

 1年ぐらい前から朝の散歩で20分位歩くと左足がしびれて来るようになりました。
でもそれを我慢して歩いているとしびれが薄らいで、そのまま家に帰るまで何ともなく帰れていました。
 
 それが山に行くときは不思議なことにそのようなしびれは全く感じられないのです。
 それで試しに、 散歩の時に6kgほどのザックを背負って歩いてみると、しびれが出ないのです。
 そのことを医者に言ったのですが 「前傾姿勢になるのがいいのかなー」と言うだけでした。
 特に不自由はないのでそのままで過ごしていました。
 
 それが最近、街歩きをしている時のしびれがひどくって数分座り込むようになりました。
 それで本を買って調べるとその記述が私の症状と全く同じでした。
 
 その病名は「神経根型の腰部脊柱管狭窄症」でした。
                         病院でMRIによる診断
 
イメージ 1
   神経が通っている管のの部分2ヶ所がほとんど潰れた状態でした。
   私の予測通りの結果でした。
   今は血液の流れを良くする薬と痺れを少なくする薬を投薬されています。
 
 医者は「これは加齢によるものであり元のように広げることはできない」 と言う。
 でも変形性膝関節症と診断された時も「手術する段階だ」と言われたのが ノルディックウオーキングで歩行姿勢を矯正した結果 医者が不思議がるほど正常に近くになった。
 
 だから今はこの狭窄症も治せる筈、と信じて腰部の筋肉強化に努めています。
 山歩きも重りを入れたザックを背負ってノルディックウオーキングに励み、腹筋、背筋運動、接骨院でのマッサージ等々頑張っています。
 
 このような状態なので当分の間、グループでの山行は 「痺れた時数分間の座り込み」 などで迷惑をかける恐れがあるので参加を我慢しようと思っています。
 
      そんなわけで今日も例のザックを背負って2時間 加治丘陵の山歩きです。
      昨日も多峯主山(とおのすやま)を楽しみましたよ。
 
イメージ 7
 
 
イメージ 2
    今日の加治丘陵の桜山展望台からの展望  富士山  飯能市街背後には天覧山・多峯主山
    その後ろには武甲山などの山々。
イメージ 3
 
               
イメージ 4
 
イメージ 5
入間川で鯉を釣り上げたところに出会いました。
 
 
 
 この鯉はリリースされて元気に川に戻っていきました。 
 
 
 鯉のつぶやき
  「あー痛かった、死ぬかと思ったよ!
  こんな遊びは止めてほしいヨナ
  でも、良かった、良かった 
  ありがト」
 
 
 
 
イメージ 6
     運動公園ではジョギングを楽しむ人が沢山居ました。 羨ましいーーーー!
     もう一度ホノルルマラソンを走るぞーーーーーーーーーーー
 
 
前回までの 「人生を豊かに」 のブログ    クリックしてください
1 (健康が第一)     http://blogs.yahoo.co.jp/noda_jiji/53698336.html
2 (横浜ハイテクセンター)  http://blogs.yahoo.co.jp/noda_jiji/53725065.html
3 (環境にやさしい水) http://blogs.yahoo.co.jp/noda_jiji/53733879.html
        
       〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
  HRD社のホームページでは2005.年(H17)12月までダイポールの効力について。 
      体内の活性酸素を消去する
      ぬめり、カビの発生を抑える
       台所、洗濯等のせんざいは通常の1/3でよい
      異臭を軽減させる
      水道水の塩素を無害の二酸化塩素にする
      
   等々と報じていましたが 2005.年(H17)12月27日の朝日に公正取引委員会からつぎのような
    指摘の記事が載りました。
      { 「体内の活性酸素を消去」 「ぬめり、カビの発生を抑える」 といった広告には根拠がない。}
      
        〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜  
   それに対してHRDは実験データーなどを提出したが、公取委は「合理的な根拠がない」として
  認められなかったので HRD社のホームページから上記の表示を中止しています。
 
  これらのことについて私なりに 次のように解釈をしております。
     公取委が通常の 「効果がない」 と言う指摘ではなくではなく 「根拠がない」 としたのは、
    実は公取委はこれらのことについて実験して それが事実であると言う事を認めている。
    
    とは言うものの物議を提出した企業に対しての「 顔建て」 のために 「根拠がない」で〆た。
      
             〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
 
    以上のことから「ダイポ^−ル (高密度磁束活性水装置)」 の効力は公的に立証されたようなもの
   と信じています。 今のところデーターとして説明が難しく、使った人だけが実感できるのです。
 
   設置して8年、私の家族と我が家の超高齢猫「デン」がその多くの効果を享受して来ました。
         
              〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
 
              次回 のブログ { 人生を豊かにー5−(私の体験) } を見てください。
 
 

全4ページ

[1] [2] [3] [4]

[ 次のページ ]


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事