全体表示

[ リスト ]

せっかくシクロバイクを組んだので…って事で、初シクロレースに参加してきました。

参加したイベントはコチラおもてなしまえばし シクロクロス2015

おもてなし前橋→おもてなしまえばし で良いのかな?

3月22日となると…14-15シーズン国内最後のシクロイベントって事になるみたいです。

朝から天気はサイコーの「チャリ日和」

7時の受け付け開始でサクッとエントリーの受付を済ませて準備開始。

正直、初参加なのでレース前の段取りがわからずテキトーにスタート。w

早朝に到着して、コースウォークとかした方が良いのカナ?とか一瞬本気モードのスイッチが入りそうになったケド、「コースウォークで攻略方法を考える程のセクションは無いでしょ」って事で、アップも兼ねてのんびり試走でコースチェック。

サスガに一周目は「アレ?このラインはパッと見は良いんだけど走ってみるとイマイチなラインだな…」とか「このコーナーのラインはイン/アウトのドッチが良いかな?」なんてポイントも有りましたが、二周目には自分の走行ラインの選定と他のライダーのラインチェック/並走時のシミュレーションをしながら試走する余裕が出来ました。
で、結局試走は本番に備えて三周で終了。

開会式が8時30に終わって、ちょうど1時間後にエントリーした「ファンクラス」の出番

ちなみに、ファンクラスは9時35分のスタートで競技時間は30分間

レースの観戦に来たバイクショップ フレッシュのフレッシュ中山氏とレース観戦しながら、だベったりしてスタート前まで時間を潰して、スタート15分前からアップ開始。

エントリー順?にコールされてスタートグリッドへ。

「シクロってスタート後の混乱に巻き込まれたらどうしたら良いんダロ?」とか思いながらも、リラックス状態でスタート。

スタートでスイスイっと縫ってトップグループの後ろに張り付くも案の定、目の前でクラッシュ発生。
とりあえずバイクを担いでクラッシュ団子をパス。

この時点で前に数人のライダーしかいなかったのでシングル順位にジャンプアップ。w

その後は目の前がクリアだったので気持ちよくリスタート。

トップの選手の背中を、やや離れた位置から見ながら2、3セクションをマイペースで追走。


が、ココでシクロクロス経験の無さが出たと言うか…油断したと言うか……。

ペースを上げて逃げに入っているトップの選手を追うか?後半に向けてマイペースで走るか?なーんて考えていたら、バイク担ぎから乗る瞬間にペダルを踏み外して単独クラッシュ。凹

膝とスネを派手にぶつけて流血。イタイ

レース中特有の「アドレナリン効果」で痛みは我慢できたんですケド…

どーも、膝のワルイ所を打ったらしく可動に違和感を感じるヤツ。

ちょっとヤバいカナ?と思いながらも、かるーくコギ始めたらなんとかペダルは踏めそうだったのでレース再開。w

が、やっぱり膝の感じは良くない雰囲気がプンプンだったので完全マイペースモードに。

レース序盤〜中盤は、もう少しまわりにライダーがいる事も想像していたんですケド、シングルスピードのせいか?ペースが合わず最初の1,2周で一、二人にコギで抜かれた後は、追走・並走してきたライダーをコーナーでプレッシャーをかけて「お掃除」した結果、早々にコースクリアで結果オーライのラクラク単独走行。

その後はずーっと膝の違和感と相談しながら走行。

残り2周のレース終盤に差し掛かった段階でも、前のライダーはカナリ先/後ろのライダーもカナリ後ろ…といった感じだったので前は諦めて後ろとの距離にアジャストする作戦。


……で、結局ラストラップも追い上げでプレッシャー受ける事も無く、無事ポジションキープで終了。

「まあ、シングルリザルトかな?」くらいの感じで、5周完走のシングルフィニッシュでした。




フィニッシュ後は、お約束の「もう動けません」ってヤツですね。w

レース終わった瞬間から怪我ポイントがメッチャ痛くなりバイク降りた途端に膝が動かせなくなりました。w 

「アレ??あの人さっきまでフツーに走ってたよね??」って視線を感じながら、足を引きずりなんとか水道へ。w

レース序盤から、流血していたので傷口を水道で洗うも、完全に乾いてしまっている為に傷の中が洗えずにメッチャ痛い。凹

ガマンして洗って、また血が流れてきてしまったので大会テントの救護で処置して貰う事に…。

…が、ガーゼどこ?ハサミ無い?とカナリのカオスっぷり……運営のお忙しいトコロに更にバタバタさせてしまい申し訳御座いませんでした。

そんな救護テントの中で足から血を流すワタクシと、隣にはペチャンコになったコ○トンが……
なんか切ない気分で待つ。w

後からハサミは出てきたものの、何かの刃物?やら道具を駆使してガーゼ切って・当てて・テープ切って・固定して…で処置完了、有難う御座いました。

その後はサッサと着替えてレース観戦モードへ。

エントリーで貰える500円分のタダ券で、イベント特製のコロトン焼きそば(ステッカー付き)をゲットして食べながらレース観戦。美味しかったデス。

三月も後半の気温で天気が良いと、シクロのイベントとしては気温が高い設定になるらしく、昼前に気温が上がり始めた頃から「脱水症状にご注意ください」ってアナウンスが入ってました。

観戦する側からすると、ポカポカ陽気で気持ちよかったので…会場で買ったお茶を飲みながらギャラリースタンド?でマッタリしてました。w

表彰式とかお楽しみ抽選会まで残るつもりだったのですが…だんだん足が痛くなってきて帰りの運転が心配になって来たので早め撤収させて頂きました。凹


と言っても、帰りにバイクショップ フレッシュに寄り道して帰り道の渋滞に巻き込まれる事に……キツかった。凹



おもてなし前橋シクロクロス2015

天気も最高でイベントとしては手軽で楽しく、会場のアクセス良し雰囲気もマッタリしててアットホーム……楽しかったです♪

コースがドライでコンディションが良く走ってて楽しかったって事がポイント高かったかな?
もしマッドのレースだったらどーなってたんだろ?w

後は、もう少し参加者が増えてくれれば、もっとに盛り上がるんじゃないかな?とおもいました。



個人的に課題と思うのは…

1.水道の整備。
一個しかないのはしょうがないと思うんですケド、仮設トイレの設置場所と離れた場所にあるとか水場が一か所にまとまっていないデザインはイマイチ…。

2.仮設トイレの数。
現在のレベルの参加者数ならなんとか…って感じですケド。2個は少ないのでは?(逆にエントリー締切後にエントリー数を見てコントロールしてるのかな?とは思いますケド…)

3.ゲストのプロ選手の活用。
せっかく、「プロの選手」をゲストで呼ぶなら大会企画の段階でオファーを出しておいて、キッズスクールとかレッスンとかのイベントが有ればイベントの幅が広がると思います。

4.エントリー費4000円はチョイ高。
500円分の食券が付くので実際は3500円って事になるので実際は、そんなに高くないんですケド…アットホームなローカルイベントとしてエントリーするなら3800円(食券付)とかにしてもう少し下げるだけでエントリーしやすくなると思います。
後は逆に食券で食べられる物をエントリー募集の段階からメニュー表示したりしてわかりやすくしたり、「美味しい物が食べれる」プレミアム感が有ると宣伝効果も高くなるとおもいます。

って感じカナ?


シクロって、もっとキツイレースかと思ってましたケド、思ってた以上に楽しかったのでまたシクロイベントに参加してみようと思います。

閉じる コメント(1)

顔アイコン

週に何度も来てすいません(笑)お邪魔します!♪
前も読ませて頂いたんですがやはりイイですね♪
週1位で更新しているか実は見に来てるんです(笑)
ここはこうすれば見易いんじゃない?なんてアドバイス下さい♪ 削除

2015/6/9(火) 午後 8:48 [ ゆうこ ] 返信する

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

開く トラックバック(0)


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事