ここから本文です

Mrs. Noguchi のひとりごと


幼児クラスは、年少さんから年長さんまで、


3学年合同クラスです。


この中から、4月になったら新1年生に進級する子どもたちが、


幼児クラスを卒業して、新しい1年生クラスを新設することになります。


1年生になるまでの目標は、


1から20までの数字をバラで読めること。


アルファベット大文字小文字をバラで読めること。


頑張っていますよ!!


イメージ 1

イメージ 2 イメージ 3


イメージ 4イメージ 5



この記事に

ご・あ・い・さ・つ


長いお休みをいただいておりました。


ブログは3週間。


教室のレッスンは2週間。


教室を開設して初めての長期休養でした。


生徒のみなさん、保護者の皆様には大変ご迷惑をおかけいたしました。


さあ!!気分一新、気合十分です!!


今週の幼児クラスの子供達の様子をお知らせします♪


イメージ 1


イメージ 2


イメージ 3


イメージ 4




この記事に



久し振りの野口産婦人科医院ネタで恐縮です。



厨房シェフが毎日心を込めて作ってくれるお食事。


イメージ 1


入院中のママさんに召し上がって頂くものと同じものを


私も頂いております。


私がいただくのは「ランチ」です。


イメージ 2


カロリーも計算されています。


母乳のためにやさしい野菜がたっぷり!


イメージ 3



和・洋・中華、それぞれのプロが作ってくれます。


イメージ 4


イメージ 5


イメージ 6


この記事に


1年生クラスの参観レッスンが終了しました。


保護者の皆様には、お忙しい中をご参加いただきまして、


誠にありがとうございました。


スピーチコンテストまでの2ヶ月間、


ご家庭でのサポートを賜りますよう、お願い申し上げます。


下の写真は記事とは関係ございません。


(ケネディ大統領スピーチの暗唱をする5年生)


イメージ 1 イメージ 2


イメージ 3 イメージ 4



(キング牧師スピーチの暗唱をする4年生)



イメージ 5 イメージ 6


イメージ 7 イメージ 8




この記事に


4月に新1年生に進学するまでの目標は・・・


1から20までの数字をバラで読めるようになろう!!


アルファベットA〜Zまでの大文字(できたら小文字)を


バラで読めるようになろう!!です。


ご家庭でも、ときどきチェックをお願いいたします。




イメージ 1


イメージ 2


イメージ 3


イメージ 4


イメージ 5


イメージ 6


イメージ 7 イメージ 8




この記事に



昨日の1年生参観レッスンへは、


全保護者の皆様にお集まりいただき誠にありがとうございました。


熱心にメモを取りながらお聴きいただき、


保護者の皆さまの熱意を感じました。


これからスピーチコンテストに向けて練習が本格化いたしますが、


私ひとりの力には限界があります。


ぜひ、保護者の皆さまのお力をお借りして、


子どもたちの英語力をさらに伸ばしていけたらと思っております。


何卒ご協力を賜りますよう宜しくお願い申し上げます。


なお、金曜日1年生クラスの参観レッスンは2月2日です。


ご参加のほど宜しくお願いいたします。

この記事に



幼児クラスの子どもたちは身近な生活用品の語彙の学習をしています。



イメージ 1



たとえば、お風呂場や洗面所にあるもの



イメージ 2


shampoo・soap・water・tap


イメージ 3イメージ 4


towel・mirror・toothbrush・tooth paste


イメージ 5


toilet・toilet paper  などなど。


トイレの話になると必ず笑いが沸き起こります。


なぜ?


こどもたちにとっては(も)「シモの話」は楽しいのでしょうね(笑)


この記事に


すでに出席カードやお子様を通じてご案内しておりますが、


参観日は1月30日(火)2月2日(金)です。


ご家庭での英語学習のポイントなど、お伝えしたいことがたくさんあります。


人の前に立っても恥ずかしがらずに堂々と自己表現できる人に育ってほしい!


日頃のレッスンでもクラスの前で発表する機会をたくさん設定しています。


お母様の前でとても緊張するかもしれませんが、一人ずつ発表してもらいます。


どうぞ参観レッスンに足をお運びください。


※参観レッスンでのビデオ撮影はご遠慮下さいますようお願い致します。


※下のお子様の同伴はOKですが、レッスン中は静かにお願い致します。



下の写真は緊張のあまり硬い表情の1年生です。


イメージ 2イメージ 1イメージ 4イメージ 6イメージ 3イメージ 5


ところが、少し動きのあるテクニックを取り入れると、


いっきに雰囲気が変わりました。


イメージ 7イメージ 8イメージ 9イメージ 10イメージ 11イメージ 12



この記事に


4年生はキング牧師のスピーチ"I have a dream"の暗唱に挑戦。

1963年8月28日に行われたワシントン大行進において

リンカーン記念堂の前で有名な“I Have a Dream”(私には夢がある)で

始まるスピーチを行い、

人種差別の撤廃と各人種の協和という高邁な理想を

簡潔な文体と平易な言葉で訴え広く共感を呼びました。

即興にて行われたものといわれる部分もありますが

その内容は高く評価され、

1961年1月20日に就任したジョン・F・ケネディの大統領就任演説と並び

20世紀のアメリカを代表する名演説として有名なものです。


イメージ 1


イメージ 2


野口英語教室の4年生が暗唱するのは以下の部分です。

I have a dream that one day on the red hills of Georgia, 
the sons of former slaves and the sons of former slave owners 
will be able to sit down together at the table of brotherhood.

I have a dream that one day 
even the state of Mississippi, 
a state sweltering with the heat of injustice, 
sweltering with the heat of oppression, 
will be transformed into an oasis of freedom and justice.

I have a dream 
that my four little children will one day live in a nation 
where they will not be judged by the color of their skin 
but by the content of their character.
I have a dream today

イメージ 3 イメージ 4

イメージ 5 イメージ 6


イメージ 7 イメージ 8

イメージ 9

この記事に

5年生はケネディ大統領就任演説の一部暗唱に挑戦。

1961年1月20日に就任したジョン・F・ケネディの大統領就任演説は

20世紀のアメリカを代表する名演説として有名です。

もっとも有名なのは

「国があなたのために何をしてくれるかではなく、
あなたが国のために何ができるかを考えようではありませんか。
アメリカがあなたのために何をしてくれるかではなく、
人類の自由のために共に何ができるかを考えようではありませんか。」

というフレーズです。


イメージ 1


5年生が暗唱するのは以下の部分です。


In the long history of the world, 
only a few generations 
have been granted the role of defending freedom 
in its hour of maximum danger.

I do not shrink from this responsibility―I welcome it.

I do not believe that any of us 
would exchange places with any other people 
or any other generation.

The energy, the faith, the devotion 
which we bring to this endeavor 
will light our country and all who serve it―
and the glow from that fire can truly light the world.

And so, my fellow Americans: 
ask not what your country can do for you―
ask what you can do for your country.

My fellow citizens of the world: 
ask not what America will do for you, 
but what together we can do 
for the freedom of man.


イメージ 2


イメージ 3 イメージ 4

イメージ 5 イメージ 6

イメージ 7

この記事に

[ すべて表示 ]

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事