ここから本文です
Rolling Wheels 楽しい自転車生活
ゆっくり、じっくり。 〜画像無断転載お断りしますので…〜

書庫全体表示

DV-1 と F-Moultonのチェン

久しぶり
64年式 F型 Moultonに跨ります、
とある発表会に向かって走ります〜♪
イメージ 2

浅草を過ぎた辺り、大きなガラスのビル、信号待ち…
イメージ 1

浅草橋界隈、目的地に到着〜♪
今日は、モールトン輸入代理店、「ダイナベクター」さんの新車発表会。
イメージ 3

こちら新発売♪ スポークテンションのフレーム。
モールトン博士は途中まで研究していたスポークをフレームに取り込んだモデル。

ダイナベクターの富成さんが研究開発を引き継いで具現化したモデル。
パイプはカイセイ、フレーム&パーツ製作は日本国内で行い
一部パテントはモールトンのモノを使用して…

こちら変速にスラムを使ったモデル
前後ブレーキワイヤーだけのシンプルな佇まい。
イメージ 4
イメージ 5
イメージ 6

こちらは色違いのフレーム。
ワイヤー類が少し五月蝿い様子…
イメージ 7
イメージ 9
イメージ 8
はい、こんな感じのカッコいいフレームです。

++++++++++++++++++++++++++++++++

さて、会場を後にして…
ペダルを踏み込むと、何やら「バキッ…!」と大きい音がして後方を振り向くと
大きい黒い塊が宙を舞い、同時クランクが空転して…

現行新品を装着して、走行距離は多分200kmほど
チェンって割れるんですね…!(驚)
イメージ 10

よーく見ると…
イメージ 11

いつも携帯している工具より
チェン切りで2コマ分詰めて繋ぎ直して完成〜♪
イメージ 12

2コマ詰めるとブレーキシューの位置がこんなに変わります。
イメージ 13
残念だった国産のIチェン。
次はどこのチェンを使おうかなぁ??

  • 顔アイコン

    こんばんは。

    ピン抜けはありますが、プレート切断は珍しいですね。
    熱処理が悪いのかなあ。
    しかも外装でなく内装変速機ですもんね。

    輪行菩薩

    2017/11/28(火) 午後 10:49

  • 顔アイコン

    > 輪行菩薩さん
    おはようございます♪
    返信遅くなりましてすいません…

    はい、あまり無いことですよね…?
    セッティングが悪いかったんでしょうかね???
    それとも日頃の行い…???

    一瞬何が起こったか分かりませんでしたけど
    事故にならないでよかったです。(笑)

    NOGU

    2017/12/12(火) 午前 8:41

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事