親子二代車大バカ日記(二代目)

人生一度きり。後悔しない生き方をしたい。

全体表示

[ リスト | 詳細 ]

記事検索
検索

ドリンクホルダー問題

 
…ということで前回記事の続きです。
 
イメージ 1
 
 
1つのドリンクホルダーを2つにするグッズをオートバックスでみつけ
「これにて一件落着」 (…と思いきや)
 
 
〜〜〜〜〜
 
数日たって、運転席の左側からビリビリと異音が
 
ドリンクホルダーを疑って、さわってみても変化なし。
 
グローブケースの中も異常なし。
エンジンルームも見える範囲は異常なし。
 
…う〜ん。
ということで、ディーラーに連絡し1か月点検のときにみてもらうことに。
 
 
〜〜〜〜〜
 
…さらに数日後。(本日)
すべての段差で大きくカタカタ・ビリビリと音がするように。
 
何か部品が外れたと思い、仕事帰りにディーラーによることを決意。
そして、帰り道に飲み物をドリンクホルダに置いたら
突然、ガタンとななめに
 
 
犯人はやはりドリンクホルダーでした。
 
 
イメージ 2
 
この台座をもとのホルダーに差し込んでネジをしめると
幅が広がり固定される仕組みなのですが、
ねじがゆるんで台座が抜けかけていました。
 
上と台座の部品が干渉してる?とだけ疑って、
見える部分だけ触っていたので、中のネジは盲点でした。
 
しかも、今朝までドリンクホルダーとして機能していたので、
少しずつ緩んできていたのでしょう。
 
 
そもそも、かなりきつめに締めてあったので、変だなと思い
もう一度ギュッとやってみましたが、重いドリンク(500cc)を上の部品に置いて負荷をかけると、少しずつゆるんできます
もとのドリンクホルダーが浅めなので、これは使えないようです
 
〜〜〜〜〜
 
ビビり音はなくなりましたが、ドリンク問題は振り出しに
さてと、また何か考えます。
 
この車に乗っている他のオーナーはどうしているのでしょう?
(助手席の人は細缶??)
ディーラーにも先人のアイディアを聞いてみましょう。
 
alfaのときと同じく、細かなところはこちら側の順応が大切なようです(笑)
 
 
順応といえば、セミATには慣れてきました
走りの感想はまた次回 こちらはいい感じです

開く コメント(6)

開く トラックバック(0)

 
イプシロン号、今のところ大きな初期トラブルなく経過しております。
 
まずは、アンテナからモディファイ
 
ジョイントつけないと立体駐車場に入らず、
ジョイントで曲げた純正アンテナは
トランクをあけると長くてあたる…というお決まりのパターン。
 
というわけで、
 
イメージ 1
 
 
amazonで汎用アンテナを購入
低価格でしたが、なかなかの見栄えです
 
 
さて、インテリア紹介
 
イメージ 2
 
オーディオやエアコンまわりは、ピアノブラック
そして、落ち着いた濃いブラウンのレザー
 
センターメーターは、スピードメーターが遠くまだ慣れませんが
「0が6時」や始動前にびゅんと動くなど、細かい演出もされてます
 
 
イメージ 3
 
シートも同色のレザー
マニュアルだと、少しすべるので気になるかもしれませんが
オートマ街乗りでは問題ないようです。
 
座面は少し短めで、女性が乗るにちょうどよさそうな長さ。
これはfiat500と同じですね。
まぁ、私にとっては深すぎるより乗りやすいです(…脚が短い?)
 
 
さて、インテリアでひとつ問題がみつかりました。
 
イメージ 4
 
 
何が困るかというと…
 
イメージ 5
 
 
ドリンクホルダーの形が左右非対称で、
助手席側はペットボトルが入りません
 
 
ヴィッツ、マーチクラスの車をここまでおしゃれに仕立て上げ
そして、オチもつくる(笑)
イタリア人にしかできないです
 
 
…ということで、カー用品店にいって対策をしました。
インテリアがおしゃれなだけに、
イメージを崩さずモディファイするのが難しい。
 
 
写真を撮り忘れてしまったので、またのちほど

開く コメント(10)

開く トラックバック(0)

 
2/11 建国記念日
我が家にイプシロンがやってきました
 
記念撮影は、おしゃれな街 丸の内で
 
 
イメージ 1
 
 
なでなでしたくなる、リアデザイン
 
 
イメージ 2
 
 
フロントは、ほんとうにPTクルーザーみたい
 
お昼はイタリアン と、納車を祝福し
 
そして、赤坂の日枝神社へ。
今週、結婚記念日を迎えるので、恒例の参拝です。
 
イメージ 5
 
 
家内安全、仕事も安全、交通も安全。
「安全」をテーマに祈願してきました。
 
イメージ 4
 
おさるさん、マフラー(?)巻いているので寒い日が続くけど大丈夫かな
 
 
 
イメージ 3
 
 
駐車場に戻り、眺める。
 
クライスラーイプシロン、かっこいいじゃないか。
好き嫌いはあると思うけど、このデザインはツボに入りました。
私もどんどん乗っちゃいそうです
 
白と迷ったのですが、この色もよかったです。
 
 
インテリアや走りなども、またレポしていきます

開く コメント(10)

開く トラックバック(0)

 
来週は、いよいよクライスラーイプシロンの納車です
 
 
イタリア自動車雑貨店より、小包が届きました
 
イメージ 1
 
*ミニカーは別売り(笑) (500と二代目イプシロン
 
 
エアバルブキャップはイプシロンのものですが、
着せ替えキーケースは、fiat500のポップなデザインに
 
この2台は、兄弟車なのでキーケースも同じものが使えるとのこと。
fiat500には、おしゃれな小物がいろいろ出ているので、
他にも使えるものがないか、さがしてみようと思います。
 
 
〜〜〜〜〜
 
さて、前述のとおり500と三代目イプシロンは兄弟車。
(ちなみに、新型パンダも合わせると三兄弟
 
試乗での段階ですが、
500とイプシロンは、よく似ているけれども、異なる印象も受けました。
 
デザインだけでなく、音の入り方や、足回り、ミッションなど、
走った雰囲気の違いが大きいのかもしれません。
エンジンやミッションなど同じはずなのに、セッティングの妙ですよね。
 
500は、わかりやすく楽しさを追求した車
特に『500 C』は、楽しさという点でベストな小型車だと思います。
 
 
一方でイプシロンは、試乗だけでもいろんな表情をみせてくれました。
 
美しい大人なイメージなのに、ふと、かわいらしい一面もみせてくる
宣伝としては「大人」を全面に出しているようですが、
個人的には、このアンバランスさが稀有なのかなと。
 
 
楽しく遊びに行く日、仕事で疲れた日、
いろんな毎日で乗りたいと思える車になるんじゃないかな?
というのがイプシロン試乗の感想でした。
 
 
イプシロン、不思議な魅力の車です。
これからの毎日に、どんな色合いを与えてくれるかな。
来週の納車が楽しみです
 
 
〜〜〜〜〜
 
<蛇通信
蛇号帰還いたしました
原因は、レリーズでした。
4万キロオーバーだったので、工賃をもう一度払うならと一式直してしまいましたが、147のクラッチ、どうして整備しにくい構造に設計したかな
…というのが感想です。いた〜い出費…

開く コメント(12)

16万キロ達成♪

 
14年目のシルビア
 
イメージ 1
 
 
16万キロ達成♪
 
昨年マフラーを交換して、さらに楽しさ増してます
 
マフラー1本で、こんなに車が変わるとは。
 
また少しずつ手入れをしていきたいと思います
 
 
 
〜〜〜
 
ちなみに、蛇さんはまだ入院中…
大がかりな整備になってしまいました。クラッチマスターじゃなかった…

開く コメント(18)


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事