A_space

A_spaceへ、よー来なった。ちーと見ていきんさい

A_space TOP

[ リスト | 詳細 ]

記事検索
検索
土曜日は仕事で本日の観察に備えました。
先週と同様に太陽が昇るまでに現地に到着
どこかな?どこかな?コウノトリを探しますが
カラスとサギが殆どです。
そんな中騒々しいカラスの集団に…
追っかけられている鳥はシルエットですがコウノトリです。

飛んで行った先を見失わないようにしましたがやはり見失いました。
その方向に移動し周囲を観察かなり遠いのですが太陽光発電の
モジュールの上に発見! 
近くに寄れないかなと周辺を見渡しますが寄れません
とりあえず撮影しました。

先週の反省を踏まえ見失わないようにしばらく遠くから観察
やはり飛び立ってしまい見失ってしまいました。
イメージ 1

飛んで行った方向に移動しながら他の野鳥も観察…
今日も珍しい野鳥を観察することができました。
しかしコウノトリを見つけることはできませんでした。

その後、地元のY氏と合流し色々と貴重な情報をいただいたり
観察させていただいたりと、度々ありがとうございます。

Y氏と別れ、再びコウノトリを探してうろうろと
日ごろの行ないに感謝・感謝、意外とあっさり再び出会うことができました。
イメージ 2

しかしまたまた飛び立ち近くの太陽光のモジュールへ
珍しい鳥なので観察者も多くかなりプレッシャーが掛かっているようです。
再び飛び立ちしばらくは行き先を追っていましたがとうとう見失ってしまいました。
イメージ 3
先週とは調査範囲を広げて観察しましたが結局再び目撃することは
できませんでした。
16時30分本日の観察終了でレオパレスに向けて移動開始、観察終了です。

今日はコウノトリ以外に色々と収穫があり次回紹介したいと思います。

来週は我が家の016のメンテナンスで津山に帰り、その次の週は
自身のメンテナンスと2週間観察ができません
その次まで残っていてくれればいいのですけれど…

出水市のツルもそろそろ北に向かって旅立つ頃…
悩ましいところです。

開く コメント(0)

やっと宮崎市内でコウノトリに出会うことができました。
色々と情報をいただいた地元のバーダーの皆さんありがとうございました。

やはり日曜日はいつもに無く本気で観察に出かけ
まず、太平洋に昇る朝日を撮影することが本日の第2目標
「けあらし」と言うのでしょうか少しですが波間から水蒸気が昇っていました
水平線近くには雲もあり最高な状態ではありませんが
思いのような場面に遭遇する事ができて感激です。
イメージ 1

目標の1番目はやはりコウノトリ…
少し朝焼けているので綺麗には写せませんでしたが
宮崎で生のコウノトリが観察できたことにまたまた感激です。
イメージ 2

イメージ 4
ただ、このわずかな時間のみの観察となり少々残念な観察となりました。
脇でアオサギがウナギらしきものを咥えているのが気になりわき見をした間に
飛び去りそのまま行方不明となり一日中周辺の水路や居そうな場所を探しましたが
結局見つけることはできませんでした

胸の周りと足元が茶色に汚れており周辺の似たような色の水路を見つけて
探しましたがやはりそこにも姿はありません少し範囲を広げて水路と水気のある
田んぼやヨシ原を探しましたが足跡すら見つかりません… 

後悔だけが残りましたがこの次は塒入りまで付き合うつもりです。

探し回っている間に観察した野鳥…
毎年やってくるらしい危惧種の「クロツラヘラサギ」です。
何回か周辺を回るうちに14羽が観察できました。
イメージ 3
豊岡の戸島湿地でヘラサギを観察したことがありますが
クロツラヘラサギは図鑑でしか見たことが無かったので
またまた感激です。

改めて色々と情報をいただいた地元の皆さんありがとうございました。

開く コメント(3)

先週末に急遽、東京出張が決まり18日・19日と久しぶりに移動しました。
宮崎からの陸路は時間がかかるため飛行機での出張でした。
半日以上緊張感のある打ち合わせで少し疲れました。

夜は同僚とささやかな食事を済ませましたが会議と居酒屋の雰囲気が覚めず
寝付けれません、窓の外を見ると向かいのビルではまだ仕事中です
ホテルの8階から見下ろせば綺麗なイルミネーション
しばらくビールを飲みながらiPoneで撮影、向かいのビルの人ごめんなさいね!

左のほうが日本橋の方向
イメージ 1

そして右の方向が東京駅の八重洲口の方向になります。
イメージ 2

イメージ 3
ずいぶん飛行機には乗っていなかったので
どこでどうすればよいのか不安だらけでした。
ネットで予約を入れていれば意図も簡単に乗れてしまい
拍子抜けの感がありました。

帰路で東京駅から羽田に向かうのに戸惑い宮崎市内で自宅に
帰るのに迷い、飛行機に乗るよりそちらのほうが難しかった様な…

土曜日は仕事になりましたので宮崎市内の生コウノトリは
日曜日までお預けです。

開く コメント(2)

土曜日の14日は急遽、自身のメンテナンスで午前中に病院へ行くことになり
とりあえず鶴の越冬は次回へ見送り…
午後から身近で何処か良い所がないかとwebをうろうろして宮崎・コウノトリで
近場にコウノトリがいることを見つけ居てもたってもおれず現場へ向かいました。

土曜日はよく目撃される場所周辺をうろるろしてみましたが手応え無し

あきらめきれず昨日(15日)も再度現地に向かい、地元の観察者Y氏に出会い
有力な情報をたくさんいただきました。
Y氏は郷公園の大迫先生をご存知で毎年年賀状をやり取りしている仲とか?
野鳥観察のかたわら野鳥貴重種や海ガメの保護など熱心に自然保護に
活躍されているそうです。

Y氏からお聞きした情報を元によく目撃されている場所を中心に周辺を調査…
しかし姿を見つけることはできませんでした。

コウノトリの情報を得たページのコウノトリの脚やお腹、首周りが茶色く汚れている
こと等から水路を中心に探した結果水路にコウノトリの足跡?を発見
頬が緩んだのはこの時だけでした。
イメージ 1

中々見つからないので少し息抜きをして太平洋を眺めてみました。
イメージ 2

防風柵と言うのか物珍しさについ撮ってしまいました。
イメージ 3

結局再度周辺を探してみましたがやはり姿を見つけることはできませんでした。
秋から飛来しているらしくもの珍しさから撮ろうと追い掛け回していた人が後を
経たないそうで人や車を警戒しているとの事、Y氏はこの時も周辺の目撃された
箇所を見て回ってくれていたそうで感謝・感謝です。

更にお知り合いになれた観察者K氏はきっちりと写真に収めており宮崎でコウノトリが
観察できると実感しました。
土曜日は今のところ休めるかどうかは決まっていないので日曜日には再度長めに
観察予定です。

先ほどK氏よりメールが入り本日も目撃されたとの事、日曜日が楽しみです。
K氏にも改めて感謝・感謝です。


開く コメント(3)

仕事とは言えついに九州上陸です。
数十年ぶりに乗ったフェリーにテンションは上がりっぱなし
年を寄せた子供の雰囲気です。

どうしても夜景の神戸港が気になり手ぶれも気にせず
撮りまくりましたカメラはAZオフロードの中にあるため
取りに行くことができず仕方なくiPoneで撮りました。

旅客機ではよくスタッフの方が見送ってくれる場面を記憶していますが
船での経験ははじめて? 記憶に無いだけかも…
イメージ 1

出航前から低周波の振動が伝わります
宮城で経験した周波数の低い震度1の地震のような感じがしました。
神戸ハーバーランド方向かな? 現物はもっと綺麗です。 出航!
イメージ 2

大きな船の割には揺れが… 足元がふらつきます。
太平洋を航行するため仕方の無い事かもしれません
もしかしてただの老化なのかもしれませんが…

この景色が見たくて早くから目が覚めそわそわと
イメージ 3

到着した宮崎市はもっと暖かいと思っていたのですが
完全に大間違いで寒さは津山とあまり変わらないと感じました。

帰省を考えて防寒着の準備をしておいてよかったー ほっ

しばらくは宮崎に滞在することになります
来年の年末に帰れればいいのですけど、どうなることやら

一生懸命仕事、そして休みには写真撮影を… 楽しみです。

開く コメント(0)


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事