ここから本文です

書庫作業

記事検索
検索
オーバーホールの続きです。

ヘッドにはカーボンが結構付いてます。
シートの当たり幅も広くなってる、
メーター読みで50,000km 
バルブガイドも交換かな。
イメージ 5

I N バルブにもカーボン堆積
当たりも広いですね。
イメージ 6


腰下もバラながらチェックして行きます。

まずはクラッチ側 
クラッチハブはそれなりに段付き摩耗有り、
クラッチ板に焼けとサビも有る 。
交換しましょう。
イメージ 1

ピックアップコイルに、謎の切断線が!
2ピックアップを1ピックにしてる、、、?
後期のエンジンでイグナイターも後期、
なのに力技で1ピックにしてる、、、。
ブチっと切って行けるんや!
イメージ 2

クランクケース開けた。
メタルはそれなりですが。
イメージ 3

ジャーナルに傷なし、、、、一安心 !
イメージ 4

つづく
シーズンインになる前にエンジンオーバーホール。
大きなダメージは無いのですが、新車以上のエンジンに!
まずは分解から。

カムはお決まりの、、、、、、、。
オイル供給穴が有るヨシムラカムでも、、、、
柔らかいオイルで
アイドリングさせ過ぎたんだろなぁ〜
イメージ 1


オイルの減りが早かった原因はリングの合口が、、、
トップとセカンドリング 、、、揃ってる。
これもよく見る光景です。
イメージ 2


シリンダーも1気筒だけ縦傷が。
イメージ 3


測定してみた、ボーリングの時期ですかね。
イメージ 4

次は腰下をチェックします。

GPZ900R 冷却系の取付

GPZ 900R  「忍者」の冷却系の取付工夫
ラジエター下にオイルクーラーを付けるタイプは
ステーとボルトの関係で大きな空間が空きます。
自分的には、このスペースがある事で、
ロードクリアランスがなくなる事、
見た目が悪いなどの理由で
取付方を変更してオイルクーラーを極力上に、
見た目もシンプルにしてます。
どうでしょう?  こだわりすぎ? 
自己満足ですみません。

プロトラジエター& アールズラウンドTYPE   ↓
イメージ 1

ACTIVE ラジエター & アールズラウンド TYPE   ↓
イメージ 2

前回のクランクホルダー割れ事件の続編です。
やはり、ブローしてた〜。
簡易のクランク点検棒さえ入りません。
イメージ 1

イメージ 2


参考までにこのKZ1000AのクランクはOKかな。
イメージ 3

さあ !  腰下、探そう !


ヘッドのリフレッシュ

ヘッドのオーバーホールしました。
バルブもガイドも新品です。
Z系のエンジンはガイド交換率が高いです。
プラグを外したら、バルブの当たりが見れますので
確認して下さい。

イメージ 1

イメージ 2

NEW です。
イメージ 3

組む前に リークチェックします。
クーラントチャージャー で代用してます。
イメージ 4

いつもご依頼ありがとうございます。

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事