こまんたれBOO!のブログ

【移行先】FC2ブログ https://commentallezboo.fc2.net/

過去の投稿日別表示

[ リスト | 詳細 ]

全1ページ

[1]

イメージ 1

生物や農業のための環境づくりを専門にする日本大(神奈川県藤沢市)学生の体験学習が8日、一関市大東町で行われた。同町中川の京津畑交流館「山がっこ」を拠点に11日まで滞在し、地元の人々と触れ合うほか、草刈りなどの農作業や昔ながらの製鉄炉造りなどに挑戦する。
  来町しているのは日本大生物資源科学部生物環境工学科の学生と教員ら17人。同町での体験学習は5年目で、京津畑地区と下内野地区に分かれてそれぞれ活動している。
  このうち下内野地区では、たたら炉造りと薬草園の草取りを実施。砂鉄川たたら製鉄学習館では地元のホッパの会と共に土とわらと水を混ぜ合わせて粘土を作り、金属製の枠の中に入れて丁寧に固め、伝統的な製鉄炉の構造や使い方に理解を深めた。
  学生の製作した製鉄炉は、9月に大原小学校児童が砂鉄から鉄を作る体験学習に使用する。吉川奈津子さん(4年)は「粘土を作る作業が思ったよりも大変で、10回くらい混ぜ合わせてようやくちょうど良くなった。頑張って形にしたい」と話していた。
  学生は、10日に同町大原字岩脇地内の砂鉄川で行われる石磨き大会にも参加を予定している。
2019.8.9 岩手日日新聞社
町田地方史研究会・町田市生涯学習センター共催講演会「乞田鍛冶屋濱田家と町田」
https://www.city.machida.tokyo.jp/bunka/bunka_geijutsu/cul/chuokominkan/eventkozakoenkai/machidachihousi.html
講演会の受講生を募集します

イメージ 1

 
幕末の刀鍛冶「乞田鍛冶」の濱田家は、麥花塚(ばっかづか)の建立や、原町田への乞田鍛冶の出店、武相交輪会とのかかわりなど、町田とゆかりの深い家です。本公演では、乞田鍛冶と町田との関わりについて紹介します。
注記:「濱田家」の正しい表記は、「省」は「眉」になります。

日時:2019年8月24日(土曜日)
午後2時から4時まで(開場は午後1時30分)
定員:118人(先着順)
参加費:無料
講師:公益財団法人多摩市文化振興財団学芸員 橋場万里子氏
会場:生涯学習センター7階ホール
町田市原町田6-8-1
まちだ中央公民館、レミィ町田(旧109MACHIDA)が、あるビルです。

受付期間
1次受付(ウェブ申し込みのみ):8月1日(木曜日)正午から8月1日(木曜日)午後7時まで
2次受付(電話・ウェブ申し込み):8月2日(金曜日)正午から8月21日(水曜日)午後7時まで
注記:受付終了時刻が、ウェブと電話では異なりますので、ご注意ください。
(ウェブ:午後11時59分まで、電話:午後7時まで)
注記:定員に達し次第、受付を終了いたします。
申し込み方法
電話での申込みは、町田市イベントダイヤル(電話:042-724-5656)、年中無休、午前7時から午後7時まで受付
WEBでの申込みは下記リンクから(24時間受付)
外部サイトへリンク 新規ウインドウで開きます。ウェブの申込みはこちら
https://www.event-sys.call-center.jp/WebEntry/machida/EventApplication.aspx?event_id=190802G&event_id_sub=A
注記:8月22日(木曜日)以降は、直接生涯学習センター(電話:042-728-0071)へお申込みください。

全1ページ

[1]


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事