こまんたれBOO!のブログ

鍛冶、砥石、包丁、研ぎ、刃物関連、諸先輩方のご指導よろしくおねがいします。

日記

[ リスト | 詳細 ]

記事検索
検索

イメージ 1
 
親子で一緒になって五寸釘を使ってナイフを作る鍛冶体験です。完成したナイフはお持ち帰りいただけますが、紙を切ることができる「刃物」ですので取り扱いにはくれぐれもご注意ください。

開催日:8/24(土)・8/28(水)
時間:10:00〜 14:00〜 2回開催 (体験時間は約2時間です)
会場:滋賀県埋蔵文化財センター
予約:7/3(水)9:00〜受付開始 
 公益財団法人滋賀県文化財保護協会 077-548-9780 
定員:各回8組(16名 先着順)
※必ず保護者の方と一緒に参加ください。
参加費:500円(ひとり)
注意事項
・屋外での体験イベントです。暑さ対策(帽子・水分補給)を必ずしてください。
・火を使うため、大変暑くなります。タオルのご用意をお願いします。
・安全のため、必ず長ズボン・スニーカーでお越しください(半ズボン・サンダル等は不可)。

開く コメント(0)

開く トラックバック(0)

イメージ 2

神戸新聞NEXT 2019.7.1
長持ちするはさみ作りたい 美容師に愛され半世紀 宝塚のメーカー

イメージ 1

カン、カン、カン−。工場で鋭い金属音が一定のリズムを刻む。職人の男性が金づちでたたくのは、理容師や美容師専用のはさみの刃。時折、蛍光灯の光に当てては、真剣なまなざしで刃の厚さを確認する。
 兵庫県宝塚市安倉北2に本社を構えるはさみメーカー「ナルトシザー」。もともと理容師だった徳島県鳴門市とゆかりのある創業者が「長持ちするはさみを作りたい」と、1963年に宝塚市で前身の会社を立ち上げ、半世紀がたった。今は新潟県燕市の刃物工場で製造されたはさみを同社の職人が独自の技術で刃付けする。
 品質は業界内で定評がある。はさみの中心軸にベアリングを取り付け、2枚の刃にわずかなカーブを入れた独自の構造は、手の負担を軽減し、商品の劣化を防ぐ。宝塚市安倉中5の美容室「ヘアリゾート メリア」のオーナー今田歩さん(41)は、同社のはさみを10年以上愛用する。「開閉
が楽で、毛の切れ味がまるで違った」と、初めて使った時の印象を振り返る。
 美容師らから注文を受けると、指の太さや希望する使い心地に合わせて職人が指穴や刃を研いでいく。はさみはシリアルナンバーが刻まれ、仕上げた情報が修理にも役立てられる。創業時に購入した商品を使い続けている人もいるという。
 職人歴14年の渡辺信太郎さん(38)は「こちらが良いと思うものではなく、相手に納得してもらえる商品を作るのが仕事です」と、培ってきた情熱と誇りをにじませた。(風斗雅博)

開く コメント(0)

開く トラックバック(0)

職人の技「とんてんかん」
http://www.shigayukan.com/news/2019/06/post_943.php
滋賀夕刊新聞社

イメージ 1

鍛冶屋でまちおこしイベント
 鍛冶職人の技が体験できるイベント「とんてんかんin鍛冶屋」が16日、鍛冶屋町で開かれ、約700人(主催者まとめ)の人出で賑わった。
  古民家「坐外堂」では五寸釘からペーパーナイフを作ったり、木でブローチを製作するワークショップや田舎料理バイキングなどがあり、鍛冶小屋「ふりーすぺーすまんよ」では野鍛冶の実演や体験があったほか、集落の広場では鹿肉バーガーや焼きそばなどを提供する店が並んだ。
  この日は時折、強い雨が降る悪天候だったが、各会場にはテントが設営され、体験などが実施。愛荘町から訪れた古市学さん(50)は「物珍しいイベント。ペーパーナイフ作りは楽しかった」と話していた。
  イベントは地域住民による「とんてんかんin鍛冶屋実行委員会」が地域の伝統文化「草野鍛冶」の継承と賑わいの創出などを目的に開いている。

開く コメント(0)

開く トラックバック(0)

土佐打刃物の後継者育成へ「鍛冶屋創生塾」 第1期の塾生募集
https://www.kochinews.co.jp/article/286727/
2019.6.21高知新聞

イメージ 1

土佐打刃物の後継者を育てる「鍛冶屋創生塾」(西山武塾長)の建設工事が、高知県香美市土佐山田町上改田の「土佐刃物流通センター」敷地内で始まった。11月の開塾に向け塾生の募集もスタートし、官民連携で進む一大事業が動きだした。 
 「鍛冶屋創生塾」は土佐刃物連合協同組合が、徒弟制度や家族経営が続く業界で深刻化する担い手不足を解消しようと2016年から構想。国や県、香美市の支援の下、計画を進めてきた。
 土佐打刃物が国から伝統的工芸品の産地指定を受けた1998年、県内には約160の鍛造業者がいたが現在は70軒ほど。一方、世界的な和食ブームを背景に、和包丁の需要が海外で高まっており、土佐刃物連合協同組合によると「生産が追い付いていない。腕を磨けば生計は成り立つ」という。
 「鍛冶屋創生塾」はセンター南にあった資材置き場などを解体し、実習棟(鉄骨平屋建て約116平方メートル)を新設。鍛造に使うベルトハンマーや加熱炉などを整備する。建設・整備費用約5200万円は県と市が捻出する。
 塾の研修期間は2年。年間3人を受け入れ、定員は6人。組合の職人や元大学教授らが鍛造技術や材料学、経理を教える。卒業後は市内の業者の下で腕を磨き、3年後の独立を目指す。その間も塾がフォローアップ講座を開きサポートする。
 運営費は国や県、市の補助金を活用。塾生は研修費として毎月約6万円を支払うが、県の伝統工芸品の後継者育成対策補助金(毎月15万円、卒業後に香美市で就業するなどの条件あり)を利用できる。
 西山塾長は「独立までしっかりサポートする。入塾希望者が増えれば、増築や移築などで塾の拡充に努めたい」と話している。(竹内将史)
1期生募集
 土佐刃物連合協同組合は、第1期の塾生を募集している。中学校卒業以上の40歳未満の男女で、日本国籍を有する新規就業希望者。履歴書を同組合に7月31日必着で郵送。8月に面接試験を行う。問い合わせは創生塾事務局(0887・53・9530)へ。

開く コメント(0)

開く トラックバック(0)


本日は、「鉄の小物作り」の体験がありました。
ふいごを使って火をおこし、軟鉄を熱してS字状のフックを作りました。

イメージ 1

開く コメント(0)

開く トラックバック(0)


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事