奈良の日々

『住み込み観光客』だった日々。2006年から2008年の記事が中心です。

全体表示

[ リスト ]

イメージ 1

毎年9月30日、10月1日には、氷室神社の例祭が行われます。
特に10月1日の18時からは舞楽奉納があるというので、お邪魔してきました。

とは言っても、きっと2、3曲の奉納だろうと思っていたのですが、
当日着いて、お賽銭箱の上に置いてあった「目録」を見てビックリ!
最後の奏楽「長慶子(ちょうげいし)」を抜いても10曲です。
終了は22時ごろというのですから、本当に驚きました。
あとで確認しましたが、奈良の恒例行事でこれだけの舞楽を観れるのは、
「おん祭」と、この例祭だけだということです。

イメージ 2

「氷室の神酒」。
境内に入ったらいきなり「どうぞ」と渡され、
かなり恐縮してしまいました。「いや、そんなつもりじゃ〜」(笑)。

それにしても、人、少なっ!
とても貴重な機会だと思うのですが、観る人が本当に少ないです。
舞人と管方の方が多い気がする。
神様に奉納するものですから、それでもいいのかも知れませんが・・・

イメージ 3

最初に「東遊(あずまあそび)」が舞われます。
音楽も舞殿上で奏でられ、
笏(しゃく)を打って拍子を取る人、笛としちりき、
あとは5人の歌によります。


イメージ 4

こちらも「東遊」。
一度下がった舞人が、衣装を若干替えてもう一度舞います。
こういうのを「諸舞」という・・・のかな?
もっとちゃんと勉強しないと説明できません。スイマセン。
写真は2枚とも、2つ目の舞のもの。


イメージ 5

「振鉾(えんぶ)」左舞。
このあと右舞がありましたが、
三節はありませんでした。
「振鉾」に関しましてはこちら↓
http://blogs.yahoo.co.jp/nonbay55/18648884.html
と、こちら↓をご参照願います。
http://blogs.yahoo.co.jp/nonbay55/28400756.html

イメージ 6

「万歳楽(まんざいらく)」。
鳳凰を表現した舞だそうです。
中途半端な写真でスイマセン!




イメージ 7

「延喜楽(えんぎらく)」。
舞楽には中国大陸から伝来した「左舞」と、
朝鮮半島から伝来した「右舞」があります。
通常「左舞」は赤系の衣装、「右舞」は緑系の衣装で、
交互に舞われることになっています。
この「延喜楽」は右舞で、
「万歳楽」と組み合わせられることが決まっているそうです。

イメージ 8

「賀殿(かてん)」。

このあたりから、カメラの電池が無くなって来ました。
実はこの日、昼間は柳生街道を歩いてきていて、
かなりの枚数を撮っていたのです。
メモリの空きをかせぐため、
画像を見返して削除していたのも災いしました。

イメージ 9

「登天楽(とうてんらく)」。
個人的には、ちょっとかわいらしい
動きのように感じました。

それにしても電池がホントやばい・・・
篝火で暖めながら、
少しでも長持ちさせようとしていました。

イメージ 10

「陵王(りょうおう)」。
「蘭陵王(らんりょうおう)」とも言うそうです。
この前までは優雅な「平舞」でしたが、
ここから動きのある「走舞」へ。
氷室神社に伝わる陵王の面は重要文化財に指定されており、
現物は奈良国立博物館へ寄託しているそうです。
ここではそのコピーが使われています。

このあと「納曽利(なそり)」が舞われました。
「納曽利」については↓(さきほどと同じ記事です)
http://blogs.yahoo.co.jp/nonbay55/18799127.html

イメージ 11

「抜頭(ばとう)」。
本来恐ろしげな面をかむる一人舞ですが、
ここでは花冠を付けた2人の童舞風にアレンジされています。
舞ってらっしゃるのはご姉妹でしょうか?
かなり動きの激しい舞でしたが、
ぴったり合っていてたいへん美しかったです。

このあと「楽蹲(らくそん)」が舞われましたが、
「人手不足」?ということで、二人でなく一人舞でした。
(奈良では二人舞を「楽蹲」と呼びます)

最後に「長慶子」が奏される中、
観ていた人みなのリレーで「撤饌」が行われました。
非力ながらお手伝いさせていただきました。

これだけの行事なのに、本当に人が少なくて驚きました。
そろそろ来年のカレンダーを準備する方もいらっしゃると思いますが、
10月1日にはあらかじめ「氷室神社」と書いておきましょう。
今回の終了は、21時ちょっと過ぎでした。
凄いボリュームです。

この記事に

閉じる コメント(16)

すごい行事があったんですね、きっと平日というのも手伝って人が少なかったのもあるのかな、、
来年は私、ぜひ見に行ってみたいです。

2008/10/2(木) 午前 7:26 [ yur**23y*ra ] 返信する

行きたかったです〜。 行ければ行こうと、車にカメラは積んでたんです
けどね。。。。
月初めは忙しくて、行く気力も失せてしまってました。。
でも、そんなに空いてたのなら遅れてでも行けばよかったです。

来年はぜひ! リンクさせていただきますね。 ポチ!

2008/10/2(木) 午前 9:24 [ あかね ] 返信する

氷室神社は、先日東大寺ー興福寺を歩いているときに足を止めました。反対側を歩いていたので、めんどくさがって立ち寄らなかったのが残念です。

2008/10/2(木) 午前 10:35 [ - ] 返信する

顔アイコン

「氷室の神酒」、一本だけで済みましたか?(笑)
写真を見た感じ、明かりの暗い状況に見えますが、きれいに写されてますねえ。

2008/10/2(木) 午後 0:54 タカ 返信する

顔アイコン

キレイですね。献氷祭には行ったことがあるのですが、この舞楽は知りませんでした。でも来年はものすごい人だったりして。

2008/10/2(木) 午後 5:26 麺読斎 返信する

顔アイコン

こんなすごい会があったのですね。
雅楽の龍笛をやっていましたが、氷室神社の話はちょっときいたことがありましたがこんなたっぷりの演奏だとは思いませんでした。
来年は行こう!!写真、きれいですね、ほんと、きれい。

2008/10/2(木) 午後 7:55 京秀.京都のいちまさん 返信する

顔アイコン

春にはしだれ桜、初夏には池の蓮の花とお邪魔することが多かったのですが「舞楽奉納」は知りませんでした。来年は是非おじゃましたいと思います。きれいな衣装ですね。

2008/10/3(金) 午前 10:56 akainu7 返信する

はじめまして ランダムから参りました。
現在、奈良在住ですが、引っ越して未だ1年はほど・・・
まだまだ観光客のノリで
昨日も初めて「依水園」に行って記事UPしたところでした♪

地元をこんな形で紹介していただけて、とても嬉しいです(^O^)/ポチッ凸

私もこれからは 紅葉を見がてら 少し奈良を散策しようかと・・・
またお邪魔しま〜す☆彡

2008/10/3(金) 午後 3:17 madam 返信する

顔アイコン

yuraさま。
それはもう寂しかったですよ。来年はぜひいらしてみて下さい!

2008/10/4(土) 午前 2:00 のんべえ 返信する

顔アイコン

あかねさま。
それはもったいないことを・・・
ぜひ来年はいらしてみてください。
途中からでも問題なく楽しめると思いますよ。
ポチありがとうございます!

2008/10/4(土) 午前 2:02 のんべえ 返信する

顔アイコン

ペロさま。
何もないときには若干地味な神社です(失礼!)が、
昔から奈良の舞楽の拠点だった、由緒ある神社なのです。

2008/10/4(土) 午前 2:03 のんべえ 返信する

顔アイコン

慈楽堂さま。
その場では飲まずに大事に持ち帰ってきましたよ。まだ飲んでいません。
暗い所で動く被写体は難しいです〜。

2008/10/4(土) 午前 2:05 のんべえ 返信する

顔アイコン

麺読斎さま。
それはもう、もの凄いボリュームで舞楽を堪能できます。
来年はぜひ!

2008/10/4(土) 午前 2:07 のんべえ 返信する

顔アイコン

京都のいちまさま。
龍笛を吹かれるのですか!素晴らしいですね。
ここは旧南都楽所の拠点だったそうですよ。来年はぜひいらしてみて下さい。
写真、もっと動きのある写真も撮りたかったですが、上手くいきません。

2008/10/4(土) 午前 2:12 のんべえ 返信する

顔アイコン

akainuさま。
枝垂桜はキレイですね。蓮も美しいらしいですね。
私もこの舞楽は今年初めてでしたが、もっと知られていい行事だと思います。

2008/10/4(土) 午前 2:14 のんべえ 返信する

顔アイコン

madamさま、はじめまして、ようこそいらっしゃいました。
私は奈良に住んで2年半になりますが、いまだに観光客気分真っ只中ですよ(笑)。
場所ももちろんですが、行事を追いかけ始めると止まりませんから、
どうかお気をつけ下さい。
どうぞまたお立ち寄りください!ポチありがとうございます!

2008/10/4(土) 午前 2:18 のんべえ 返信する

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

.


みんなの更新記事