イルミネーション


 今年もあとわずか・・・・・昨日は3つ目の忘年会でした。
 さすが胃の腑が少しお疲れのようです。でも 食べて 飲んで 歌って
 完全なる憂さ晴らしはありませんが、楽しいひと時でした。

 渋谷 代々木公園のイルミネーションを見てきました。
  「青の洞窟」と命名されて、テレビで何回も放映され、どんなにすばらし
 いかと思ってましたが、距離も思ったより短く、すごく感動したという訳で
  もありませんでした。

イメージ 1

イメージ 2
バカラ クリスタルツリー
イメージ 3
渋谷駅の近くで
           non



この記事に

開く コメント(0)

スケッチ会

 12月2日 中美展の仲間たちと、スケッチに行ってきました。
 昨日まで暖かかったのに、晴れてはいたけど寒い1日でした。
 場所は飛鳥山公園   この公園は8代将軍・徳川吉宗が江戸庶民の行
   楽地として、飛鳥山に1000本以上の桜を植樹しました。以降現在に
 至るまで、桜の名所として親しまれています。

 園内には、渋沢栄一旧居 庭園 接客用の別邸 更に資料館など、見所
  も多数あります。
 
イメージ 1
渋沢資料館
イメージ 2

イメージ 3
         晩香蘆 渋沢栄一喜寿の祝いに寄贈された西洋風茶室
         サッとペンで描きました。

                              non

この記事に

開く コメント(2)

旅行 その3

 今日は津和野巡りです。湯田温泉駅からjr山口線で津和野へ 特急スーパーおき3号に乗って、約1時間
 まず観光案内所で、アドバイスをもらって、ゆっくり徒歩観光です。
 津和野と言えばやはり街中の清流に鯉が泳いでいる、光景を思いますよ 
 ね。
イメージ 1

イメージ 2

イメージ 3
有名な鯉の米屋さんで話をききました。こちらの池にも沢山の鯉が。
昨日萩で聞いた話 津和野の鯉が鯉ヘルペスにかかって、今数がぐっと少ないそうです。今はそのままになっているそうですが、いずれ入れ替え
??? 
昔ながらの街並みをゆっくり歩いて、太鼓山谷稲荷神社に行きました。朱
の鳥居がいっぱい 京都の伏見稲荷を思い出しました。
イメージ 4

イメージ 5

其の後は津和野カソッリク教会を見たりして,「安野光雅美術館」へ
水彩画が好きで、著書も3冊持ってます。司馬遼太郎著「街道をゆく」の
挿絵  須田剋太画伯の後を継がれました。2人の画風は全く違うのに
また 楽しんでみてました。
イメージ 6
安野光雅美術館の前で
 
アッという間の2泊3日の旅でした。ずーっと行きたいと思っていた所だったので、楽しく 思い出いっぱいの旅行となりました。
                non

この記事に

開く コメント(2)

 旅行 その2

 今日は1日萩めぐりです。もうずーっと前から萩の街に行って見たいという願望がありました。いつも一緒の友人からも快く承諾してもらって、そして明日は津和野という楽しみ一杯の旅になりました。
 2015年にnhk大河ドラマ「花燃ゆ」があり、その時は連日見物客で、大賑わいだったようです。今年の大河は「せこどん」なので、幕末と関係があります。でも萩はほんの少々でしたね。
イメージ 1
松下村塾 
イメージ 2
吉田松陰先生の象
イメージ 3
毛利家の菩提寺 東光寺
イメージ 4
萩の反射炉  
イメージ 5
笠山より日本海を望む 反射炉からほど近い
笠山は椿の群生地としても名高いそうです。
  
ランチは道の駅で美味しい海鮮丼をいただきました。
もちろんタクシーの運転手さんに連れてもらって。
イメージ 6
萩の城下町 素晴らしい町並みが残ってます。
もちろん有名な志士達の住居も沢山残って

今日は1日中タクシーを借り切っての超らくちん
でした。とても良いドライバーさんで説明もうまく
スッポトでは写真を撮ってくれたり、ランチもおいしくいただけました。
明日も良いお天気を祈って      nonn



この記事に

開く コメント(2)

旅行 その1

 公募展が終わり、何をする気力もなく、ぼーっと日々過ごしてます。
 作品展の前に実は旅行をしてました。
 忙しさに紛れ、日時は過ぎましたが、旅の思い出を載せました。
 
 羽田から飛行機で山口宇部空港へ いつものように旅の前途を祈っての祝盃はありません。やはり列車の方が情緒があるかも・・・・・
 空港から湯田温泉にまっしぐら  ホテルに荷物を置いて、タクシーで湯田界隈をめぐりました。

イメージ 1
常栄寺 雪舟庭園
イメージ 2
瑠璃光寺 国宝五重の塔

イメージ 3
中原中也記念館

湯田温泉にある松田やに行き、幕末の志士達がよく談合したそうです。
イメージ 4
西郷 木戸 大久保 会見所

       non


  

この記事に

開く コメント(0)

[ すべて表示 ]


.


みんなの更新記事