野の百合のブログ(断酒して生き方を変える)

人生の半ばを過ぎて、自らの依存症に気付き、断酒をしています
十代で日本に来て、厳しいけいこに耐え、一番一番を大事にし、勝利を重ねて横綱になる。

私たちにはわからない苦難と努力の道でしょう。

そうやって築き上げた横綱の地位が、一度の酒の間違いで消えてしまう。

なんと残念なことでしょう。

酒は、私たちから、客観性や理性をもぎ取ります。

どんなに体を鍛えた力士でも、酒の前には無力です。

悲しいけれど、酒は人を不幸にします。


私にも、悔やみきれない酒の失敗があります。

今まで何十年もかかって築き上げた私のイメージを、一夜にして失ったのです。

詳しくは、とても書けません。

でも、その事件から、断酒をしようかと思うようになりました。

実際には、それから断酒するまで、5年くらいかかりましたが。


酒の上のことだから許されるという風潮は、もう過去のことになりつつあります。

飲酒運転、暴行、線路に落ちる、道路に寝てしまう、スリに会う、転倒、転落など、酒にまつわる事件や事故は、他人を巻き込み、すべてを不幸にします。

酒を飲んでいる本人は忘れてしまっていることでも、被害者は決して忘れません。

後悔しても、起きてしまったことは、元には戻らないのです。


自戒の念を込めつつ、酒で失敗する可能性がある人は、酒から遠ざかるべきです。

それが、平和で豊かな人生を歩む道です。

今日も百合のブログに来てくださり、感謝します。

ご一緒に今日も一日断酒でまいりましょう。
ブログ村、断酒、禁酒ランキング
https://sake.blogmura.com/kinshu/
ブログ村、アルコール依存症ランキング
https://mental.blogmura.com/izon_alcohol/

この記事に

開く コメント(0)

開く トラックバック(0)

幸せは笑顔から

私はこわい人だと思われています。

試しに、鏡の前でにっこり笑ってみました。

精一杯、笑顔を作ったつもりでも、ひきつったような変な顔。

顔の筋肉がこわばっています。

無理やり口角を上げて、笑顔を作っていると、しんどいです。

なぜこんなことをしているかというと、脳をだましているのです。

楽しいから笑うのではなく、笑うから楽しいのだそうです。

人間の意識は、脳の働きの一部にしかすぎません。。

無意識の部分は、もっと奥深く、その人を動かしているのです。

体が先、脳が後。

やる気がなくても、まず起きてみる。

動き出してみる。

そうすると、なんとかやるべきことに、手をつけることができます。

やがて、それが普通になっていきます。

ルーティンというものです。

例えば歯磨き。

子供の頃は、親に言われていやいややっていたでしょうが、今では、習慣になっているのです。

磨けないと気持ちが悪くなるでしょう。

そこまでくると、しめたものです。


だから、自分の脳をだますルーティンに、挑戦しています。

あくまで、ゲーム感覚で。

少しずつ増やしています。

トイレ掃除〜掃除機〜床のモップがけ

この習慣づけに、1か月かかりました。

ほこりで死んだ人はいないというのが、私の口癖でしたが、そんな私でも、脳をだますことによって、なんとかここまでこぎつけました。

笑顔に関しては、なかなかうまくいきません。

無意識に、厳しい表情に戻ってしまうからです。

いつから笑ってないのでしょう。

この表情のない私が、いつか心から笑えるようになるまで。

闘いの日々は続きます。


断酒も、初めは脳をだますことから。

もう、酒を止めようと思ってから、実際に止めるまでには、多少の時間がかかります。

でも、止め始めて、いろいろなことがあったとしても、断酒を継続していると、いつしか、酒が心を占める割合が少なくなります。

飲まないことが当たり前になってくるのです。

ただし、依存症であることを忘れないようにしなければならないという注意書きは忘れずに。


今日も一日断酒。脳に言い聞かせて。

もちろん、笑顔も忘れずに。

今日も、百合のブログに来て下さり、ありがとうございます。

ブログ村、断酒、禁酒ランキング
https://sake.blogmura.com/kinshu/
ブログ村、アルコール依存症ランキング
https://mental.blogmura.com/izon_alcohol/

この記事に

開く コメント(4)

開く トラックバック(0)

今はやりの糖質ダイエットには反しますが( ^ω^)・・・

新米がおいしい季節ですね。

先日、新米のコシヒカリを購入しました。

いつもは、あきたこまちの無洗米を食べているのですが、今回はデパートからのセールスの電話を断り切れず、つい買ってしまったのです。

ピカピカの大粒の米に「おおっ」と声を上げ、大枚をはたいた罪悪感をごまかしつつ(笑)、

早速炊いてみました。

この頃、うちでは、圧力なべでご飯を炊いています。

モチモチ、つやつやに炊けるのです。

時々、おこげもできますが、それはそれでおいしいのです。


というわけで、とてもおいしく炊けました。

米はやっぱりおいしいのに限りますね。


では、また。

お腹いっぱいで、幸せな百合でした。

皆様、おやすみなさい。

この記事に

開く コメント(0)

開く トラックバック(0)

病は気から

長年、腰痛に悩まされています。
夜寝ようとすると、体中のあちこちが痛みます。
「腰が痛い。湿布貼って。足がつる。さすって。おなかが痛い。頭が痛い。」
まるで、痛みのデパートのような寝る前の私。

ダーリンは、湿布を貼り、足をさすり、お腹をなぜ、ロキソニンを持ってきて、と大忙し。

これが毎晩です。

その上、毎晩の悪夢。途中で飛び起きることもよくあります。

先日、「腰痛は怒りである」という本を読みました。

科学的かどうかは、今一つわかりませんが、読み終えた後、お腹のあたりが、温かく緩んだ気がしました。

過去に何回も、腰痛で動けなくなりました。

椎間板ヘルニアと診断されました。

急性腰痛症で入院したこともあります。

この本によると、原因は「怒り」にあるというのです。


なるほどと納得した人は、腰痛がましになるそうです。

脳は、極度のストレスにさらされると、体の痛みを生じます。

そして、強制的に、心の問題から目をそらせるのです。

一種の自己防衛本能です。


ある意味、飲酒も、自己防衛本能だと思います。

酒を飲めば陽気になれる。気持ちよくなる。何もかも忘れられる。

だから、毎晩眠るまで飲む。

それを繰り返し、耐性ができて、酒量が増え、アルコール依存症になる。

結局、問題は逃げの姿勢にあるのです。


「病は気から」

急性腰痛で入院する少し前に、心のどこかで、「楽になりたい」という思いがあったことを思い出しました。

自分のことに当てはめると、確かにうなずける点が多くあります。


本の途中から、いろいろなスピリチャルなことが出てくるので、そこは飛ばしました(笑)

今は、腰の痛みに心を割くのではなく、心の中を探りながら、能動的に生きようと思っています。


近況としては、湿布を貼ってもらって、おとなしく寝るようになりました。

他の痛みは、今のところ出ていません。

腰痛ではなく、筋肉痛ではないかと思っています。


それでは今日も一日断酒で、元気にまいりましょう。

ブログ村、断酒、禁酒ランキング
https://sake.blogmura.com/kinshu/
ブログ村、アルコール依存症ランキング
https://mental.blogmura.com/izon_alcohol/

この記事に

開く コメント(0)

開く トラックバック(0)

報酬系の罠

脳の中には、報酬系というところがあるそうです。

ネズミの脳の報酬系と電流をつなげて、ネズミがスイッチを押すと、快感が得られるようにします。

ネズミは、学習して、ひたすらスイッチを押し続け、食べることも寝ることもしなくなります。

最後には、餓死してしまうのです。


もう、酒は飲まない。

こりごりだ。

そう言って、断酒を誓ったとしても、なかなかやめられない。

入院して、強制的に断酒しても、退院したら飲んでしまう。

なぜなのか?

答えは、報酬系と直結しているアルコールというスイッチを押したとたん、止められなくなるからです。


アルコールは、世の中に満ち溢れています。

そのスイッチに手を出さない勇気、決断力、持続力は、並みや大抵ではありません。

じりじりとした飲酒欲求。突き上げるような思い。

気が付けば、アルコールを手にしていることもあるのでしょう。


今、断酒が続いていても、いつ何時、報酬系のスイッチに手を伸ばさないとは言えない病気。

それがアルコール依存症です。


ブロガーの皆さんは、それぞれのやり方で、報酬系のスイッチを押さないよう、努力しておられます。

私もそうです。

酒から遠ざかり、心を静め、今の平和な家庭を壊さぬよう、つとめています。

報酬系の罠。

酒を飲んだら、至福の喜びがある。

これにかからぬよう。

死に直結している罠から、逃げましょう。

どんな方法でもいいから。


このネズミのような最期は悲しすぎます。

今日も一日断酒。皆様と共に。

ブログ村、断酒、禁酒ランキング
https://sake.blogmura.com/kinshu/
ブログ村、アルコール依存症ランキング
https://mental.blogmura.com/izon_alcohol/

よろしければ、文字クリックにご協力ください。

ご訪問、感謝します。

この記事に

開く コメント(0)

開く トラックバック(0)

[ すべて表示 ]


.


みんなの更新記事