ここから本文です

書庫天体写真

すべて表示

大規模なダストストームにより、火星の表面が砂に覆われてしまった17日から1週間後の本日久しぶりに火星の撮影をしてみました。
イメージ 1
火星
2018年6月22日 03時15分 自宅観測所
Ⅽ9.25XLT+MEAD2倍バロー+ZWO ADC+AstronomikUV-IR cut filter+ASI224MC
AXD赤道儀にて自動追尾

お?なんだか模様が淡いながらも見えていますね。
もしかして砂嵐収まりつつある?
・・・文献によると大きな砂嵐が起こると2ー3ヶ月は続くとありましたので、鵜呑みには出来ませんが、今回は1ヶ月程度で収まってくれるかも.....
 

書庫その他の最新記事

すべて表示

  • Seo-cooled6DMark脅注開...

    2018/6/10(日) 午前 9:57

    瀬尾さんの ホームページ を見に行ったら、6DMarkⅡの冷却改造機、Seo-cooled6DMarkⅡが 受注開始 となっていました。 昨年末、テストでお借りして問題なかったものの、夏場の結露 ...すべて表示すべて表示

  • 冷却6D(SEO-SP4C)用のUV-I...

    2018/3/29(木) 午後 11:33

    瀬尾さんの冷却改造デジカメSeo-Cooled6Dですが、当初UIBAR-Ⅲを内蔵したSEO-SP4モデルを購入したのですが、HEUIB-Ⅱフィルターを付けたときに赤いハロが輝星の周りに盛大に出現。解決するためにクリ ...すべて表示すべて表示

  • ε-130D、R200SS、VC200L...

    2018/3/11(日) 午後 11:14

    この冬友人から購入したML16000のCFW1-5はε-130D用にケラレを防ぐ+オフアキを可能とするために開口径を広げ、テーパーリング直付け仕様に改造されていました。(有効内径47mmφ)ε-130Dだけならこのままで使えますが、手持ちの ...すべて表示すべて表示

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事