ここから本文です

書庫全体表示

記事検索
検索

全59ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]

21P彗星 2018.8.12

2泊で遠征予定でしたが、昨日から天候が悪く待機状態でペルセウス座流星群極大の夜を迎えています。ほぼ絶望的ですね。
 そんな中、昨日は0時頃奇跡的に星が見える時間帯もありました。折角の休日なので自宅から撮影しました。
まずは火星から。
イメージ 1
今回全然模様が写らず。うーん。気流が今一。

あと彗星21Pのテスト撮影しました。
イメージ 2
21P(ジャコビニジンナー彗星) 2018.8.12 0:28〜
R200SS+コレクターPH+Seo-Cooled6Ⅾ(SEO-SP4C)+HEUIB-2フィルター
AXD赤道儀にて恒星時追尾。
90秒×5枚 ISO1600

試し撮りでしたがしっかりコマも写りました。来月メジャー天体とのランデブー楽しみになってきました。

この記事に

本当なら今日から遠征のはずでしたが、天候不順のため自宅で悶々としています。折角暇なので、原村で撮影した惑星達の処理をしました。
イメージ 1
2018年8月3日、4日原村八ヶ岳自然文化園駐車場
C9.25XLT+テレビューパワーメイト2.5倍バロー+ZWO ADC+ ASI224MC
SXP赤道儀にて追尾

木星はイマイチ。火星は結構模様が見えてきていますね。ダストストームの影響かなり軽減している印象です。

木星がキツかったのでやり直しました。
イメージ 2






この記事に

8月3日から5日まで長野県原村で開催された原村星まつりに参加してきました。

イメージ 1


当日昼まで仕事だったので、昼ごろ出発し、15時丁度に到着しました。やはりいつもの駐車場は一杯で入口は封鎖され、第2駐車場に行くように促されましたが、少し待てば空く事わかっていましたのでしばらくゲート付近で待っていると10分くらい待ってで通してくれました。

ゲートではtezさんが迎えに来てくれて、駐車スペースが狭い中誘導していただきました。ありがとうございました。

待ち合わせのkaienさん、たーちゃんさんとも1年ぶりに再会を果たせました。ほかにもにゃんたさん、高丸さん、こもロハスさん、荒隆さん、佐○さん…。こもロハスさんは2年ぶりの再会となりました。ここでしか会えない人もいて、半分以上はこのために来ているようなものです。

さて、ここから会場で見つけた掘り出し物や、目からウロコな情報です。

ランキング方式でお伝えします。


原村星まつり情報ベスト10

第1位:高丸さん親子紙飛行機飛ばし大会二人揃って入賞❗

第2位:50cmドブ+双眼装置+イーソスでの月にビックリ

第3位:ニコンの超高級双眼鏡の見かけ視界の広さと星像にたまげる

第4位:国際光機のモーフィアスアイビースとビクセンHRアイビースを比較しそこねた…なんのこっちゃ。

第5位:惑星撮影中自分のSXP赤道儀のピリオディックモーションの大きさに驚く

第6位:ステラショットのデモ見学。多段階露光に対応出来ていないことが残念

第7位:トウモロコシが無茶苦茶美味かった

第8位:タカハシののみの市で欲しいものが一つもなかった

第9位:ビクセン新製品情報を聞き出す

第10位:機材紹介させられた

イメージ 2

イメージ 3



あっという間の3日間でした。
ご一緒していただいた皆さんありがとうございました。また来年も宜しくお願いします。

この記事に

毎年8月の第1金曜日からの3日間、長野県原村で開催される『原村星まつり』に今年も参加します。今年で連続4回目かな?

 現地で知り合った方との1年に一度の再会が一番の楽しみです。ほかには天文ブースでお買い得品の探索、大きく珍しい望遠鏡の展示など夢のような時間を過ごしてきます。

 今年は23時頃月が昇ってくること、火星が接近中ということもあって持ち込む望遠鏡はC9.25XLTで、惑星を撮ろうと思います。

 3日間の天気は良さそうな感じです。
現地で見かけたら声かけてくださいね。

イメージ 1

火星
左7月30日未明、右8月2日未明
C9.25XLT+テレビューパワーメイト2.5倍バロー+ZWO ADC+ASI290MM,ASI224MC
AXD赤道儀にてガイド

この記事に

火星7月29日

7月29日〜30日の火星です。
いまいち解像感が足りません。台風が過ぎた日だったので気流がいまいちだったでしょうか。

今回初めてL・RGB合成しました。
WINJUPOSでL・RGB合成できるものと思っていましたが、それぞれL・R・G・Bフィルターで撮影したものはDe-rotationコマンドがあるのですが、L画像とRGB画像の合成はできませんね。RGBを分解して保存すればよいのですが、面倒ですね。

イメージ 1

2018年7月30日0時10分頃 自宅観測所
C9.25XLT+PowerMate2.5倍バロー+ZWO ADC+ ASI290MM (ASI224MC)
AXD赤道儀にて追尾
290MM、224MCともに 180秒 2セットをDe-rotation後合成

この火星をとる前に土星を撮影していました。
イメージ 2
土星
2018年7月29日23時15分頃 自宅観測所
火星と同じ機材

この記事に

全59ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事