ここから本文です
さよなら原発・小田原
神奈川県小田原市で脱原発行動を行う市民グループです。Twitter:@NonukesOdawara

書庫全体表示

映画「日本と原発」自主上映会 小田原


なぜ弁護士がドキュメンタリー映画を作らねばならなかったのか?

福島第一原発事故から、4年。
もう一度、立ち止まって改めて原発のこと、考えてみませんか。

*満員御礼*
2日間で260名ほどの方にご来場頂きました。
ありがとうございました。
想定外の客入りで会場を広げたりしたため、
見にくかったり、聞きづらかったりしたかも知れません。
ご迷惑をお掛けして申し訳ありませんでした。

*15日の河合監督挨拶を西湘Streamさんがインターネット中継して下さいました。
こちらからご覧になれます(8分36秒)。






ストーリー

1953年、国連総会で「原子力の平和利用」が世界に発信されて以降、「夢のエネルギー」として国を挙げて取り組んできた原子力発電。
<夢のエネルギー開発が明るい未来を創る>。
これを信じ、原発の安全を信じてきた私たち。
でも、その夢は2011年3月11日に発生した東京電力福島第一原子力発電所の、発電史上最悪の事故によって、無残に砕かれることになりました。

しかも、それは、地震・津波によって瓦礫に埋まったままのまだ生きているかもしれない人々を放置して故郷を後にするという経験したことのない災害という形になって私たちを苦しめることになってしまったのです。

故郷を追われた人々は今も苦しみ続けています。それでも再稼働を推し進めようとする政府と行政。
何がそうさせるのか、新規制基準によって再稼働することにはどんな問題があるのか。どんな利益があるのか。

丸2年の歳月をかけて、弁護士河合弘之と盟友弁護士海渡雄一、訴訟を共に闘う木村結の3人は、いくつもの裁判を闘いながら、多くの被災者に向き合い、有識者と語り合い、故郷を手放すことになってしまう災害とは何かについて、真実の声を聴き続けてきました。

私たちは原発で幸せですか?




小田原自主上映会

第1回 2015年3月15日(日) 18:00開場 18:30開演 
       *15日は、上映前に監督(河合弁護士)による挨拶があります
第2回 2015年3月17日(火) 9:30開場 10:00開演

小田原箱根商工会議所 Aホール (小田原駅下車 徒歩7分)

イメージ 1


チケット/前売り券 800円  当日券 1,000円 (第1、第2回共通券)

主催/「日本と原発」自主上映実行委員会 小田原

問い合わせ先/tekkaa1023okubo★docomo.ne.jp (★印を@に変えて下さい)

後援/小田原市、小田原市教育委員会、南足柄市、南足柄市教育委員会

前売り券販売所 /
    伊勢治書店(本店、西武店、イトーヨーカドー店)、エプーゼ(尊徳記念会館前)、
    小田原診療所(富水駅前)、和カフェ茶々(柏山駅前)、平井書店(小田原郵便局前)、
    ミントココア(宮小路)、ポタジェララ(巡礼街道)、チャルカフェ(国府津)、
    鴨宮歯科医院(鴨宮駅近く)、コミュニティ・ストア塚原すずきや(塚原駅前)、
    スワベ洋菓子店(大雄山駅近く)、スリランカレストラン・ラーワニヤ(岩原駅近く)、
    カフェぷらっと(大磯町役場向かい)

3月15日 同日開催/
   「おひさまマルシェ」 10:00〜16:30 
   小田原城二の丸広場
   物販飲食ブース・太陽光発電によるライブ・トークイベント

   みんなの広場(お堀端通り 警察署跡地) 集合

インターネット生中継/
   3月15日(日) 18:30からの河合監督挨拶を、Ustream配信します。
   こちらからご視聴下さい。


イメージ 2

イメージ 3

報  道

●神奈川新聞 2015年3月10日掲載

イメージ 7


●新かながわ 2015年3月12日掲載

イメージ 8

イメージ 9


●西湘タイムス 2015年3月12日掲載

イメージ 10


●ポスト広告 2015年3月13日掲載
イメージ 11


●朝日新聞 2015年3月13日掲載

イメージ 12


●東京新聞 2015年3月14日掲載

イメージ 13

この記事に

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
  • 名前
  • パスワード
  • ブログ

開くトラックバック(0)

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事