田舎で楽しむクルマとバイクの話題など

みなさん、お気軽にコメントしてください!!

過去の投稿日別表示

[ リスト | 詳細 ]

全1ページ

[1]

おおよそ必要な部品が揃いましたので、いよいよインジェクションポンプの取り付けを行います。

ポンプとシリンダーブロックの接合面とそこについているOリングにエンジンオイルを薄く塗っておきます。
イメージ 1

クランクシャフトが1番シリンダーの圧縮上死点後15°になっているのを確認したら、ポンプを取り付け、スプロケットのボルト(左ネジ)を仮止めします。
イメージ 2

ポンプをシリンダーブロックに固定する3本のボルトを仮止めしたら、ポンプの回り止めプラグを抜き取り、タイミングチェーンテンショナーを取り付けます。
イメージ 3

クランクシャフトを何回か手で回した後に、ポンプの噴射始めのツメが、1番シリンダーの圧縮上死点後15°で見えることを確認します。この作業が一番てこずりました。 ポンプを取り付けた後に、ポンプ自体の取り付け位置をずらして、噴射のタイミングを微調整できるようになっているのですが、できるだけ元の取り付け位置でタイミングを合わすために、ポンプの脱着を4,5回しました。
イメージ 4

スプロケットのボルト(左ネジ)を45Nm、3本の取り付けボルトを25Nmで締め付けます。
イメージ 7

不具合のあったバキュームポンプは、Febi製のOEM品を使用します。メタル製のガスケットは付属していませんでしたので再利用です。締め付けトルクが不明でしたので10Nmで締めておきました。
イメージ 5

2つの燃料フィルターも新品に交換しました。インジェクションポンプの配線や配管を取り付けます。ポンプやフィルター内は燃料がすっからかんなので、始動までの時間を短縮するために、ブレーキ液用の吸引ポンプを使って、インジェクションポンプのシリンダー側にあるリターンパイプの取り付け穴から燃料が出るまで吸引しました。
イメージ 6

インジェクターの配管、インテークマニホールド、冷却ファンまわりを元に戻していきます。インジェクターのリターンホースや燃料ホース、フューエルサーモスタットも新調しました。
イメージ 8

何とか、完成です。新品のインジェクションポンプが光輝いております。
イメージ 9

緊張のエンジン始動!! 長いクランキングの末、エンジンがかかりました!! 5分もアイドリングすれば、メカノイズが落ち着いてくるはず・・・・ですが・・・。

かなりノイズが出ています。 が、マフラーからの黒煙は出ていません。

勇気を出して、近所をひと回りしました。  力はそこそこ出ているようです。  でも、ノイズが大きいです。

マフラーからの黒煙とパワーが出ない症状は改善されました。  ノイズの原因についてはもう少し調べてみたいと思います。

どなたかアドバイスをいただければ助かります。

全1ページ

[1]


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事