田舎で楽しむクルマとバイクの話題など

みなさん、お気軽にコメントしてください!!

その他のクルマのメンテナンス

[ リスト | 詳細 ]

記事検索
検索

全5ページ

[1] [2] [3] [4] [5]

[ 次のページ ]

縁あって、かねてから気になっていた、78プラド(LJ78G)を手に入れることができました。
1990年式の初期型のナローボディです。

 手入れが行き届いており状態はすごくいいのですが、前オーナ様のご指摘通り、譲っていただいた当初よりクラッチの切れが良くありません。 原因は、クラッチのマスターシリンダーだとわかっておりました。部品を前オーナー様のご厚意で手配していただき、本日手元に届きました。早速、作業を行いました。

 まず、スポイドでできる限りブルードを抜き取ります。
 マスターシリンダーは遮熱版を取り外し、配管のナットを外し、ペダルに連結されたピンを抜くと、あとは、2つのナットを緩めると、取り出せます。

ダストカバーを取り外すとスナップリングが見えますので、これを取り外すことで分解できます。

ピストンと一緒に、かなり汚れたフルードが出てきました。

 リザーブタンクを外すのに少してこずりましたが、何とか分解できました。パーツクリーナを使って、シリンダー内とリザーブタンクを洗浄し、エアで十分パージします。

きれいになりました。

前オーナー様より送られたリペアキットです。

ピストンのラバーカップにシリコングリスを薄く添付したら、シリンダーに戻しスナップリングを取り付けます。

無事にオーバーホールすることができました。

 あとは、元のように取り付けし新しいフルード(トヨタ純正DOT3)で充たしたら、リレーズシリンダーより新しいフルードが出てくるまでクラッチペダルをポンピングしました。この作業は一人ではできないので息子にペダルを踏んでもらいました。ブレーキフルードのエア抜きと同じ要領です。

クラッチの切れが大変よくなり、軽い力でペダルを踏みこむことができます。ギアもスコスコ入るようになり、より快適な車になりました。
嫁さんのPANDAに使ったRECSですが、溶剤がかなり余ったので調子に乗って父親のマークⅡ(走行13万キロ)にも施工してみました。
方法は、PANDAと変わりませんので詳しくはこちらをどうぞ。
 
イメージ 1
 
溶剤は標準の200cc使います。吸い込ませるところは、スロットルボディーのすぐ下にちょうどいいところを見つけました。
イメージ 2
アイドリングで20分ほど吸い込ませると溶剤がなくなります。負圧の接続を元に戻し、再度エンジン始動。
今回は、エンジンの回転数が3000rpmになるように、嫁さんにアクセルペダルを踏んでもらうことで、私はマフラーから出る白煙の様子を確認することができました。回転数を上げて、ほどなくして白煙が出始めます。異臭を伴うので、近所にご迷惑をかけないように気を付けましょう。
イメージ 3
白煙がでなくなったら、作業終了です。
 
試運転していませんので、効果は確認していません。ただ、やってみたかっただけですから・・・。
車検の要領を忘れてしまわないように、一年に一度はユーザー車検をするように心がけています。
 
今日は台風が接近する不安定な天気の中、エルグランドの車検に行ってきました。
事前整備としては、灯火類と下回りのチェック、エンジンオイル&フィルターとラジエター液の交換を行いました。
 
自宅から40kmほど離れた最寄りの陸運には9時半ごろつきました。
検査ラインはガラガラでした。ラッキー。エルグランドはディーゼルエンジンなので、ガソリンエンジンにない検査があるのですが、検査官がアクセルペダルを煽ってエンジンの吹け上がりを確認する検査もそのひとつです。これって、何を検査しているのでしょうか? 謎です。
光軸が気になっていましたが無事に合格しました。 久々の一発合格です。
 
かかった費用です。
用紙代:20円
重量税:54,000円(高っ)
自賠責保険料:27,840円(24ヶ月)
検査手数料:1,800円
で、合計83,660円かかりました。近所の予備検屋で調整してもらうと、1,400円かかるのですが、今回は一発合格でしたの必要ありませんでした。
 
どの窓口も検査ラインもすいていたので、全てにかかった時間は30分ほどでした。帰りにお目当ての「美味しいラーメン」を食べて帰りました。 チャンチャン。
MCCスマート(GH-MC01K)は、職場の同僚のクルマです。
 
先日、運転する機会がありまして、ステアリングのガタに気が付きました。 オーナーに忠告したところ、修理を希望しました。 2、3年前から、ステアリングコラムシャフトのユニバーサルジョイント部の動きが悪くなることがあり、その都度グリスを注油してやり過ごしていました。 しかし、いよいよダメになったようです。
 
ユニバーサルジョイントだけで部品が出ませんので、シャフトassyの交換です。部品は、地元の部品問屋より入手しました。39,000円ほどでした。
 
ネットで検索しますと、どうも定番の不具合のようで、いろいろと情報がありました。
とりあえず、フロントパネルとアンダーカバーを取り外します。 スマートのアンダーカバーはリフトで上げないと外せないようになっています。
イメージ 1
 
下から覗いてみますと、問題のジョイントが見えます。 何とか手も入りますので、ラジエター&エアコンコンデンサーを外さなくてもアクセスできそうです。
イメージ 2
室内側は、コラムカバーとダッシュボードを取り外す必要があります。ハンドルも取り外しました。
イメージ 3
ステアリングシャフトは2つのブラケットで固定されています。計4本のボルトを抜くことで、シャフトはフリーになります。あとは、下からユニバーサルジョイントのボルトを抜き取ります。13ミリのボルトです。ボルトを抜いてしまわないとシャフトが抜けないようになっています。
イメージ 4
あとは、室内側にシャフトassyを抜き出します。わりとすんなり抜けてくれました。 お決まりの新旧比較です。
イメージ 5
 
問題のジョイント部分のアップです。 古い方はクルクルと動いてしまいます。ガタも確認できました。
イメージ 6
新しいシャフトを、逆の手順で取り付けます。ジョイントのボルトの取り付けトルクは不明でしたので、電動インパクトが止まってところでやめました。
イメージ 7
 
試運転しましたが、ガタはすっかり改善されました。 しっとりとした手ごたえのあるステアリングに変わりました。
またまた更新をサボってました・・・。
 
この梅雨の湿気で、300TDTのボンネットインシュレーターが剥がれ落ちてしまっています。 整備記録を確認してみますと、8年ほど前に交換していました。 思ったよりもちませんね。  近いうちに張り直します。
 
さて、エルグランドのフロントスピーカーを交換しました。 低音がビリビリ割れる症状は譲り受けたときからありましたが、デッキのイコライザー調整で誤魔化して乗っておりました。
 
家族車のエルグランドは子どもたちを乗せることがほとんどで、DVDビデオを視聴する機会が多いです。ディズニーやらジブリって、結構重低音が効いているんですね。 最近はどんなに低音側をしぼってもビリビリなっています。
 
そこで重い腰を上げてフロントスピーカー交換することにしました。
 
ドアの内張りは、ノブとスイッチパネルのネジ、押し込み式のクリップ3個、ノブのフレームとパワーウインドースイッチを外せば簡単に剥がせます。 
 
止めている4本のネジを緩めて、スピーカーを外しました。新車からついていたと思われるそれは、コーンの一部が完全に無くなっていました・・・。 これでは、ビリビリ鳴るはずです。
 
純正品の中古を探そうとも思ったんですが、また同じようになっては困るので、ケンウッドのKFC-RS161を新調しました。 ネットで4,000円しませんでした。
スピーカーに付属していた端子に合わせるために、車体側の配線に平端子に取り替えます。
新しいスピーカーは元のフレームにジャストフィットです。取り付けネジも元のものを使いました。
 
配線を繋いで、鳴るのを確認したら、内張りを元に戻して作業終了です。
 
当然ですが、ビリビリ鳴らなくなりました。  調子に乗ってデッキの設定を重低音側にふってみます。
 
ビリビリ鳴ってます・・・・。  リアスピーカーから・・・・。 こっちもそのうち交換します。

全5ページ

[1] [2] [3] [4] [5]

[ 次のページ ]


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事