ここから本文です
浮世離れの世迷言
嫌なものは嫌

書庫全体表示

記事検索
検索

全436ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]

ライトアップと言われるとつい行きたくなる。

こないだだって、明るいうちに六義園のツツジを観て前日とはうってかわって暑い盛りに帰宅してゆったりしてから、わざわざ薄暮に着くように夕方に川口を出て足利まで、上り線の渋滞を横目に東北道を走ったのは足利フラワーパークのライトアップを観たかったからだ。


イメージ 1


好い日で、大藤はこの日を挟んだ数日が真っ盛りであったようだ。
じつにどうも、この、果報もんてぇやつでして。


イメージ 2


この日、白藤はまだ五分程度、キバナフジはまだまだと言うところだった。
じつにどうも、けしからんもんで、てへっ。

そのうえ石楠花も真っ盛りだった。
じつにどうも、アタクシみたいな好い男ですと、花の方も気を遣うというほどのものでげしょう。

ところが、その肝腎の石楠花の花てぇものが、この、写真というものが無い。本人は撮ったつもりだてんですが、無いものは無い、無いものを脇から出せという方が無理というわけで、こうなっちまっては別のもので茶を濁すてぇますから酷い話があったもんで、おいおい、おまい、どこい行くんだい、


イメージ 3


ワタシが六義園の年間パスポートを切らさないでいるのは、春の枝垂桜と秋の紅葉のライトアップの日に入場券を買う並び列を横目にすいすい入場できるそのお気楽さを味わいたいのが第一の理由なのは日本人の80%は知っている話だけれど、同じ伝で旧古河庭園のバラ庭園のライトアップの日にすいすい入るのが快感でそちらの年間パスポートも切らさないでいる。


と言うのは嘘八千で、こんなに長いこと旧古河庭園に通っているのに、ライトアップをしているってのは今年初めて知った。
バラなんかライトアップしてどうすんだい、と思ったけれど、そこはそれ、ついこないだ足利で新しい撮り方を憶えたもので試したくてうずうずしているところにこの話だから跳びついた。


イメージ 4


三脚なしでこんなふうに撮れるところがウデじゃなくてカメラの力で、あらためて写真の出来はカメラがほとんど、という原則を思い知ったのであった。

でも、本当を言うと夜景は iPhone の方がきれいに撮れる。

でもでも、もっと本当を言えば、ワタシにとっては結構良いつもりの一眼レフカメラより、iPhone の方が高い。たぶん。
だから、あっちの方がきれいなのは当然で、つまりそういう点から言っても原則は正しいことが証明されたのであった。


イメージ 5


ただまあ、やっぱりクローズアップしたくなるバラの花は、夜間のライトアップだとちょっと曖昧さが強くなってしまうので、写真が目的なら、やっぱり明るい方がいいのかなと思いもした。

このカトリーヌドヌーブはまだ日が暮れる前に写せたもの。
いろっぺえね。

ふしぎなのは、カトリーヌドヌーブもイングリッドバーグマンもマリアカラスも、あちらの美人を冠したばらは赤が多い。
もちろんあちらで作出している。

日本人の名前を冠したバラは、それはたいてい高貴な方々の名前なのだけれど、白が多い。
作出はもちろん日本である。

なんとなくだけれど、感性の方向性が見えるような気がした。


イメージ 6


皆が知ってることだけれど、ワタシが好きなバラのひとつのライラックビューティはとても好い匂いで、風が吹くとあまりに素敵な香にクラクラして、失神してしまいたくなる。

自画自賛するが、若いころ霞ヶ関駅で当時大流行したディオールのプワゾンをぷんぷん放散している女の人に心を奪われて、丸ノ内線の電車の反対方向に乗ってしまったほどだ。
仕事の付き合いの人たちから「きつい香水のにおいは迷惑でかんわ」とか「香水きついとたわけ言うたくなるでね」とか「におい振り撒きゃ―がるで迷惑だぎゃ」なんてことを言われると、こっちも立場が弱いものだからお説ごもっともと言ってきたけれど、なに言ってやがる、オレは好い匂いが大好き過ぎて香水もお香も好きなんだよ。


イメージ 7


こんな感じで背景が真っ黒になるのはちょっと得した気分だった。

咲き始めの「初恋」。
ワタクシが満を持してお届けする、一番好きな品種ですね。


イメージ 8


つまりこんな雰囲気のライトアップと言うことでした。

まあ、よかったです。


タイトルのダジャレは誰も意味が判らないだろう。

まあ、いいです。

バラの品種名はすごい。
一杯ありすぎて1%も知っているかどうかすら怪しいくらいだ。

シャルルドゴールとかヘルムートシュミットとか、
ダイアナ・プリンセスオブウェールズとかイングリッドバーグマンとかカトリーヌドヌーブとかマリアカラスとか、
クリスチャンディオールとか、
ダブルディライトとか、
アブダカタブラとか、
ラフランスとかインカとかサハラとかカリフォルニアドリーミンとかリオサンバとか、
あるいは万葉とか初恋とか恋心とか芳純とか朱王とか。

ワクワクするような名前がある。


イメージ 1
これはたぶんシャルルドゴール。

ダイアナ・プリンセスオブウェールズが今年がエレガントレディという名前に変わっていたけれど、カッコ内に元の名前が書いてあった。
プリンセスオブウェールズと言う品種もあるけれど、ダイアナが付いている品種の方が華やかで美しい。


イメージ 2
これはたぶんリオサンバ。

黄色いバラが人気で、でも黄色いバラの花ことばは嫉妬だそうだ。

古来黄色という色に不吉を感じとったらしいが、ワタシは黄色やオレンジ色が大好きなので、「嫉妬」ではなく「変態」せめて「間抜け」くらいになってくれないかなと思う。


イメージ 3
これはたぶんクリスチャンディオール。

高芯剣弁に真っ赤なんてカッコよすぎる。
さすがはオードリーヘプバーンが着たデザイナーであるね。

それにしても、オードリーヘプバーンってカタカナで書いても、
バラの絵によく似合うわ。
素敵だもんねえ。
バラの精だな、うん。


イメージ 4


スブニールドアンネフランク。
この株は樹の下に入って、青い空の日でも昼近くになると陰になる。

思いを致すにちょうどいい場所なのかもしれない。




売店でバラのアイスクリームを買ってなめたり、洋館で紅茶を飲むくらいはできるのだけど、下の茶室でお茶を喫したり、テントの店でバラの香の品物を求めたり、というのはオヤジ一人ではなかなか致しかねる。

なかなか不便である。


まあ、いいです。



開くトラックバック(0)

上野の博物館でやってる東寺の展覧会に行ったのは連休が始まる前なので、ひどい混雑では無かったので助かった。

なにしろ昨今博物館美術館はどうしてこんなに勉強好きが多いのだろうと訝るほどの大混雑で、そのわりにはこの社会は間抜けな方向に進んでいるのが不思議で、美術だの科学だの宗教だのあれこれだのに対して実に立派な知見を有していても、それがすなわち知性ではないのだなあと言うことを今さらながら気付いたりするのだけれど、オレだってそれは同じなんだろう。

いや、オレは立派な知見は無いな。

まあ、いいです。


イメージ 1


最近はネット利用者がばか増えたおかげだろう、主催者がそうシャルネットワークを通じての宣伝効果を期待してのことなのだろうが、これだけは撮影オッケーでーす、なんてところが準備してある。
今次もこの帝釈天が象に乗っかった像が撮影が許されていた。

ワタシはいつだって写真を撮りたいのは、なにしろ能く憶えていられないがためであって、たとえば新薬師寺の屋根裏の柱と梁の組合せとか秋篠寺の梁一間目の頭貫の補修のようすだとか、そういうところを憶えていたいのだけれど、写真撮影は許されないのですぐに忘れてしまう。
せめてそういう部分の写真を売っていればよいのだけれど、たいてい売っていないので、売っているのは仏像だとか全体とかに限られていて、どこでも頭貫だの入母屋の母屋なんてものの絵葉書を作るはずがないものね。

そんなに写真ばかり撮っていないで自分の目で観ればいいじゃん、って言うかもしれないけれど、目なんかよりカメラのレンズの方がしっかりと対象を捕えてくれる。
言わば目の代わりである。自分の目と脳の記憶能力なんて信じられるわけがない。
長いこと生きてそれはよく解ってる。

だから写真を撮らせてもらえるのはたいへん嬉しかった。

密教と言うのは、思考の隘路に自ら嵌まっていくような感じがする。
鎌倉仏教が生まれる必然性が判ったような気がするが、もちろんテキトーに書いてるだけである。
密教の仏像の技術は素晴らしいけれど、術に塀を立てているような感じがする。
鎌倉時代の仏像がああなった必然性が判ったような気がするが、これももちろんテキトーに書いてるだけである。

中世になって人間が変わったと言うよりは、世の中が変わったので言えなかったことが言えるようになったということなのだろうと推量する。
思ったよりもずっと重苦しい時代だったんだろう。
そういうことを考えた。

開くトラックバック(0)

ゴールデンウィークも残すところ三日となって、たいへん暗い気持ちである。

もうそんなことを気にしないで良いようなペースでやっていけるはずなのだけれど、いつも日程に追われているような気がしてならない。
しかし約束が迫っている仕事はいくつかあるのでそうそう気楽なばかりではないのも事実だけれど、このあたりの心の持ちようが昔から不器用でどもならん。


イメージ 1


この休みの前半は、酷い天気に腹が立ったうえに病院通いで気持ちがざわざわしていた。
というのも、四月の半ばあたりから歯が痛みだし、じきに治るだろうと思っていたのがちっとも改善されないので、いやいや近くの歯科医に行ったら怒られた。親知らずらしい。

それはまあ、もう年寄りで、人なみの知識もあり、じっさいに経緯を一番把握しているのは他ならむワタシ自身ではあるので、怒られても仕方ない。仕方ないけれど、もうそれ言っても仕方ないじゃん、という話だ。


イメージ 2


歯科医も大人なのでそこのところはすぐに呑み込んでくれたけれど、ともかく連休を控えたタイミングであることと、簡単では無い治療をしなければならないとのことで、大きな病院に紹介状を書いてもらった。休み中でも前半は開けていると言う。

それで入院覚悟で病院に行ったら、まあ当たり前だけれど相手にも都合があるわけで、だいぶ先の日程を予定することになった。幸いなことに、ここまでの薬が効いて、今すぐに何かしなければならないと言う状況ではないらしい。


イメージ 4


物忘れが激しいワタシが忘れないように、あっちの病院の同意書とこっちの病院の同意書をそれぞれクリアファイルに入れて壁に貼りつけた。
なんだか仰々しくて気分が好い。

気分は好いが、あれこれの副次障害の可能性を予告されたので、それはあまり気分が好くない。

まあ、いいです。


イメージ 3


そうは言ってもせっかくの休みなので、病院の予定が無く、痛みも無く、仕事も、今すぐにやらないで後に延ばしても何となく大丈夫なような気がしてきたようなタイミングで外出はした。

いつものように東京都立電車に乗り、ジョイフル三ノ輪でパンと古書を買い求め、荒川自然公園に戻って青い空の下で花を観て、また電車に乗って梶原まで行って古書と都電最中を買い求め、その足で旧古河庭園まで歩いてバラの開花状況を確かめた。


イメージ 5


とにかく古書店で物色した結果は良好で、こんなに運が好くていいのだろうかと生きているのが怖くなるくらいだ。
きっと悪いことがやって来るに違いない、その前に少しだけいい気分にさせてやろうと言う話なのだろうと言うことは解る。


イメージ 6


そろそろこのブログをどこに移動するか考えなければならないことを思い出した。

明日考えようっと。

塔談義

五重塔が好きなのはインフェリオリティコンプレックスのゆえである、と看破したのはほかならぬワタシだけれど、最近は己を知り身の丈に鑑みて三重塔が好きになった。
それでもまだ針小棒大であるね。


イメージ 1


法輪寺の三重塔が再建されたのが1975年。
ワタシは高校生であったらしい。
当時はまだ西岡常一棟梁と言う人を知らなかった。ただ幸田文が尽力して再建にこぎつけたと言うことを、たぶん国語の教科書だったろうか、斑鳩の記、という文章で読んだ記憶があるばかりだが、それすらも実は怪しい。
果たして、ただいま進行中の話を書いた新しい文が教科書に載るだろうか?
そんなことはこの国では絶対にありえない。
それではなぜその文をワタシが知っているのか、あるいは法輪寺三重塔を知っていたのか。

まったく事情が思い出せない。

父の書棚で幸田文を探したら、文学全集に幸田文はあったが、1973年の発刊とて1975年に関わる文章など載っているはずもなく、こんなにネットが便利になっているのに、サマリーさえ出てこない。

つまり、ネット社会と言っても、ワタシに便利なものでは無くて、誰かが得をするための便利なのだと言うことを、いまさらだけど痛感するのだ。


イメージ 2


ワタシの憤慨などあっちに飛ばしておいて。

初めて法輪寺を訪ねたのはもうずいぶん昔のことで、たぶん塔の再建からすぐではないけれど、できたて感がまだ残っていた頃のことだと思う。西岡常一棟梁が存命のころだったはずだ。棟梁死去の報を知るよりも以前に観ているのは間違いない。

たぶん。


その時の印象は、今よりもずっとあっけらかんとしているお寺と、ずいぶんさっぱりした塔だなあという、そんな記憶が残っている。
観光客は誰もいない境内で、なんとなくさびしいような気配の中で観た塔の漆喰に朱だか丹だかが流れて、それでいてたとえば薬師寺の西塔や金堂や、あるいは興福寺の中金堂のような華やかさは感じず、ちょっと意外に思った。
もっと創建時は華やかだったのだろうという思い込みがどこから来たのか解らないが、たぶん天平と白鳳だか飛鳥だかの様式がごっちゃになっていたのだろうと推量する。
それに何より、ああやっぱり朱じゃなくて丹なのかな、木に塗った赤い色が想像より黒くてびっくりしたことも憶えている。


このたび、中宮寺から集落を歩きぬけ、途中であまりしつこくイソヒヨドリを撮影したものだから反撃を受けて脇の築地塀に突っ込んで飛び去られたあげく、


イメージ 3


集落から出た道のわきの田の畔に咲くレンゲに、

行く春や種撒き甲斐あり蓮華草

などとしたり顔で発句しながら、ふと見上げると立派な塀の先に見えた三重塔は、昔の印象とはずいぶん違っていて、

花散りて昭和は遠くなりにけり

などと、まだたいして散っていない桜の花びらを思わず想像で散らしたりしたのであった。


朱だか丹だかの刷き流れはまだ残っている。
白い漆喰がだんだん汚れていく中で周りと同化して消えていくのであろう。
それはまだしばらく先で、もちろんワタシはそれを観ることができない。
そのかわり、その時の人たちが見ることができない創建の姿をワタシは観ているわけだ。


講堂に入ると、どこの学校か判らないが、たくさんの学生が並ぶ仏像をスケッチしていた。
お寺の人が、ご迷惑で申し訳ありませんとしきりに謝るのだけれど、いやいやどうして、若い人が盛んに勉強するのを邪魔する年寄りの方が悪い。
彼女たちが仏像が好きかどうかそれは知らないけれど、一心不乱にスケッチをしている姿と言うのは、訳知り顔で芸術を語る年寄りに較べれば間違いなく数百倍は尊いものであって、そんな所に一緒させてもらったこちらが頭を下げるべきものに決まっている。

ワタシも学生時代に同じような経験をしたことがある。
さる寺の国宝だったか重要文化財だったか曖昧だけれど、秘仏を見せてもらい、さらには須弥壇に昇らせてもらい、ごく間近に像の細部や光背の造作を見学した。
美術館長を務める非常勤の教官が教室の遠足でセッティングしてくれたもので、つまりそういう類のものであろう。

その機会をワタシは全く活かせることができなかったところが先生にとっては無駄な手配だったわけだが、あのスケッチをしていた学生たちは、ワタシのような間抜けな人生を送ることは無かろう。
素晴らしい未来が訪れてほしい。


イメージ 4


三重塔と言うとずいぶん小さいイメージがあるけれど、そんなことは無い。
実にがっしりとした立派な塔で、重厚と言うほどには重たくは無いよね、と言うくらいの違いであろうか。

以前観た時の50倍くらい感心しながら見上げたのは、やっぱり西岡常一と言う人を知ったからであろうということは認識している。


塔にも花にも像にも学生にも、好もしい印象に振り返りながら、法輪寺を後にした。

ワタシだってたまにはそんな気分になることがあるのだった。

全436ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事