ここから本文です
浮世離れの世迷言
嫌なものは嫌

書庫過去の投稿日別表示

全1ページ

[1]

塔談義

五重塔が好きなのはインフェリオリティコンプレックスのゆえである、と看破したのはほかならぬワタシだけれど、最近は己を知り身の丈に鑑みて三重塔が好きになった。
それでもまだ針小棒大であるね。


イメージ 1


法輪寺の三重塔が再建されたのが1975年。
ワタシは高校生であったらしい。
当時はまだ西岡常一棟梁と言う人を知らなかった。ただ幸田文が尽力して再建にこぎつけたと言うことを、たぶん国語の教科書だったろうか、斑鳩の記、という文章で読んだ記憶があるばかりだが、それすらも実は怪しい。
果たして、ただいま進行中の話を書いた新しい文が教科書に載るだろうか?
そんなことはこの国では絶対にありえない。
それではなぜその文をワタシが知っているのか、あるいは法輪寺三重塔を知っていたのか。

まったく事情が思い出せない。

父の書棚で幸田文を探したら、文学全集に幸田文はあったが、1973年の発刊とて1975年に関わる文章など載っているはずもなく、こんなにネットが便利になっているのに、サマリーさえ出てこない。

つまり、ネット社会と言っても、ワタシに便利なものでは無くて、誰かが得をするための便利なのだと言うことを、いまさらだけど痛感するのだ。


イメージ 2


ワタシの憤慨などあっちに飛ばしておいて。

初めて法輪寺を訪ねたのはもうずいぶん昔のことで、たぶん塔の再建からすぐではないけれど、できたて感がまだ残っていた頃のことだと思う。西岡常一棟梁が存命のころだったはずだ。棟梁死去の報を知るよりも以前に観ているのは間違いない。

たぶん。


その時の印象は、今よりもずっとあっけらかんとしているお寺と、ずいぶんさっぱりした塔だなあという、そんな記憶が残っている。
観光客は誰もいない境内で、なんとなくさびしいような気配の中で観た塔の漆喰に朱だか丹だかが流れて、それでいてたとえば薬師寺の西塔や金堂や、あるいは興福寺の中金堂のような華やかさは感じず、ちょっと意外に思った。
もっと創建時は華やかだったのだろうという思い込みがどこから来たのか解らないが、たぶん天平と白鳳だか飛鳥だかの様式がごっちゃになっていたのだろうと推量する。
それに何より、ああやっぱり朱じゃなくて丹なのかな、木に塗った赤い色が想像より黒くてびっくりしたことも憶えている。


このたび、中宮寺から集落を歩きぬけ、途中であまりしつこくイソヒヨドリを撮影したものだから反撃を受けて脇の築地塀に突っ込んで飛び去られたあげく、


イメージ 3


集落から出た道のわきの田の畔に咲くレンゲに、

行く春や種撒き甲斐あり蓮華草

などとしたり顔で発句しながら、ふと見上げると立派な塀の先に見えた三重塔は、昔の印象とはずいぶん違っていて、

花散りて昭和は遠くなりにけり

などと、まだたいして散っていない桜の花びらを思わず想像で散らしたりしたのであった。


朱だか丹だかの刷き流れはまだ残っている。
白い漆喰がだんだん汚れていく中で周りと同化して消えていくのであろう。
それはまだしばらく先で、もちろんワタシはそれを観ることができない。
そのかわり、その時の人たちが見ることができない創建の姿をワタシは観ているわけだ。


講堂に入ると、どこの学校か判らないが、たくさんの学生が並ぶ仏像をスケッチしていた。
お寺の人が、ご迷惑で申し訳ありませんとしきりに謝るのだけれど、いやいやどうして、若い人が盛んに勉強するのを邪魔する年寄りの方が悪い。
彼女たちが仏像が好きかどうかそれは知らないけれど、一心不乱にスケッチをしている姿と言うのは、訳知り顔で芸術を語る年寄りに較べれば間違いなく数百倍は尊いものであって、そんな所に一緒させてもらったこちらが頭を下げるべきものに決まっている。

ワタシも学生時代に同じような経験をしたことがある。
さる寺の国宝だったか重要文化財だったか曖昧だけれど、秘仏を見せてもらい、さらには須弥壇に昇らせてもらい、ごく間近に像の細部や光背の造作を見学した。
美術館長を務める非常勤の教官が教室の遠足でセッティングしてくれたもので、つまりそういう類のものであろう。

その機会をワタシは全く活かせることができなかったところが先生にとっては無駄な手配だったわけだが、あのスケッチをしていた学生たちは、ワタシのような間抜けな人生を送ることは無かろう。
素晴らしい未来が訪れてほしい。


イメージ 4


三重塔と言うとずいぶん小さいイメージがあるけれど、そんなことは無い。
実にがっしりとした立派な塔で、重厚と言うほどには重たくは無いよね、と言うくらいの違いであろうか。

以前観た時の50倍くらい感心しながら見上げたのは、やっぱり西岡常一と言う人を知ったからであろうということは認識している。


塔にも花にも像にも学生にも、好もしい印象に振り返りながら、法輪寺を後にした。

ワタシだってたまにはそんな気分になることがあるのだった。

全1ページ

[1]

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事