ここから本文です
サイトの改ざん、コンピュータウイルス・セキュリティ、検索エンジンYahoo!/Googleらへん...☆彡

書庫全体表示

イメージ 1

 
 読売新聞の夕刊一面に、ドドーンと『新型ウイルス「ガンブラー」、ホンダ、ラジオ関西など4社HP感染』がのってたので、このガンブラー(Gumblar)ウイルスを始めとする正規サイトの改ざん被害に自分のパソコンが巻き込まれないための6つの対策をあらためて挙げておきます。お金はいっさいかかりません。

 ちなみに、ウイルス攻撃のターゲットは、Windowsパソコンを利用する全ユーザーです。パソコンに導入してるウイルス対策ソフト・セキュリティソフトは、これらの対策をあなたに代わっていっさいやってくれません;)
(1) 「Windows Update」(Microsoft Update)の”自動更新”を有効にする
(2)  PDF閲覧ソフト「Adobe Reader」を最新版に更新する
(3) PDF閲覧ソフト「Adobe Reader」の設定でJavaScript機能を無効にする
(4) インターネット閲覧ソフト用アドオン「Adobe Flash Player」を最新版に更新する
(5) 「Java」を最新版に更新する (不要なら削除、あえて導入する必要なし)
(6) 「Apple QuickTime」を最新版に更新する (不要なら削除、あえて導入する必要なし)
 3番は、「Adobe Reader」を起動して、[編集]メニュー→[環境設定]で[JavaScript]→[Acrobat JavaScriptを使用]のチェックマークを外すことで無効にできます。その他もろもろの更新方法については、下のページも参照あれ。
初心者必読! しないと怖い「プラグイン」アップデートの方法 (So-net セキュリティ通信)
ホームページから感染するウイルス拡大中 (サイバークリーンセンター)

 この6つの対策の中で1つでも欠けていた場合は、不正なデータが埋め込まれたページをインターネット閲覧ソフト(Internet Explorer、Firefoxなど)で単に見ただけで、自動的にウイルスが発動してしまう危険な状態になってます。ちゃんと対策されていれば、ウイルスの発動は回避されます。
(上の画像は記事を書いてる時点で今回の不正なデータが埋め込まれ、ウイルス散布サイトになってる国内の企業サイト)

 ここ最近、感染報告がかなーり多い偽ウイルス対策ソフト「Security Tool」(スパイウェア)も、今回のウェブ改ざんと深く関連していて、上の6つの対策の中でどれか1つでも行われてないWindowsパソコンが被害を受けます。


https://s.yimg.jp/images/sicons/affiliate16.gif  私のおすすめ:
セキュリティソフト

この記事に

  • 顔アイコン

    また今年も違うガンブラーが流行ってきているようで、ガンブラーの情報を探していてたどり着きました。こういった方法があるとすごく助かります。ブックマークさせて頂きます(*´∀`) 削除

    [ ガンブラー対策@たぬきち ]

    2011/1/2(日) 午後 0:05

    返信する

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
  • 名前
  • パスワード
  • ブログ

開くトラックバック(3)

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事