足助のおばさん日記

MEN☆SOUL大好き。連句やってます。

過去の投稿日別表示

[ リスト | 詳細 ]

全1ページ

[1]

iPodの孤独

中国語の勉強のためにiPodシャッフルと言うものを購入しました。定価の8割くらいで売っていたので、まもなく投売り状態になるのではないでしょうか。270タイトルOKというコピーでしたが、操作をPC上で行うので、面倒くさいんです。0120のフリーダイヤルで、親切なアドバイザーがあれこれ説明してくれて、何とか起動するようになりました。
で、先日中国語の試験が終わり、中身をミュージックモードに入れ替えようとして、やはり小一時間アドバイザーのお世話になりました。でも、出来上がりましたよ、79曲、時間数にして8時間分の新生iPodシャッフルが。アルバム丸ごと収録したものや、代表曲をピックアップしたもの、あと、中国語の楽曲で、以前の中身を受け継いだもの、色々です。もちろん、私の趣向で選んだ曲ばっかりなので、洗濯物を干すときなど、大滝詠一のあとにジュリーが現れたり、メンソがかかったかと思うとアジアの純真が出てきたり、まったく玉手箱のようです。
が、そうして一人で聞いている分には優れもの(語学など、まさにうってつけ!)なのですが、そのヨロコビを共有できないんですね。台所に小さなCDラジオがあって、メンソがかかりっぱなしなんですが、「ここ、このギターのナキがいいのよね」とか「この三味線が絶妙じゃない」とか、そういう会話ができないんです。
でも、「この歌が聞きたかった」と言う、一曲だけのために購入したコンピレーションアルバムなど、一回聞いてお蔵入りしてたようなCDが甦りましたから、どちらかと言うと○ですね。
あと、迷ったのが吉田拓郎です。吉田拓郎は子供に名前の一部をもらったくらい好きなんですが、シャッフルで聞くのはどうかな、と思いました。拓郎を聞くときは、拓郎の世界に浸りたい。と言うわけでセレクトからはずしました。
まるで、私が音楽に詳しいような話をしてしまいましたが、本当はiPodがあったから使ってるだけで、ラジオが向こうでセレクトした楽曲を楽しむと言うのが、一番ラクチンなんですがね。

開く コメント(5)

全1ページ

[1]


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事