箱根・足柄・酒匂川〜聞き書きせむ山仕事を〜

山仕事の楽しみ、古老の話、郷土のささやかな自然発見をつづります。。小田原山盛の会事務局のブログ。。

小田原山盛の会

[ リスト | 詳細 ]

記事検索
検索

全9ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9]

[ 次のページ ]

イメージ 2

イメージ 1

シンポジウム「箱根山地シカ問題の解決に向けて」
−丹沢・箱根山地から見えてきたもの−
日時; 2018224()       
小田原市生涯学習センターけやき 大会議室 13:3017:30
主催;NPO法人小田原山盛の会 後援; 小田原市・箱根町・小田原環境志民ネットワーク(予定)・ブリの森づくりプロジェクト
             
第1部  箱根山地の現状報告 13:3014:45
柏木聰氏 (仙石原野生鳥獣クリニック・NPO法人小田原山盛の会)
シカのホットスポット、オスジカの分布、シカの胃内容物の分析
川島範子氏 (NPO法人小田原山盛の会)
林業被害 の実態 森林植生の劣化  アオキ墓場の紹介
古林賢恒氏
 (元東京農工大学森林生物保全学研究室・第2回丹沢大山学術調査 副団長) 
丹沢・箱根山地から見えてきたもの
 
第2部 総合討論「〜箱根山地シカ問題の解決に向けて〜」
司会・古林賢恒氏 パネリストの発表15:00 ~16:00
羽太博樹氏(神奈川県自然環境保全課)
   県の取り組みと箱根山地および定着防止地域の対策について
大場孝裕氏(静岡県農林技術研究所)
   となりの静岡県のシカ状況
濱崎伸一郎氏 (野生動物保護管理事務所)
    箱根山地における環境省委託事業の紹介
総合討論1600-1730 
・・・・
本会は2015年度より県の助成により箱根山地のシカ生息状況の調査を行っておりますが、シカ影響は年々増しており、所により丹沢並みにまでなっている事が分かってまいりました。シカの嗜好性の高いアオキは、採食により標高500m以上の多くのエリアで退行し、明神ヶ岳や足柄峠では丹沢と同じように消滅したアオキに代わってスズタケ、ハコネダケなどの採食が始まっております。
スギ・ヒノキの新植地では林業被害が頻発しており、累積圧がかかれば成林の危機が懸念されます。落葉広葉樹林においても下層植生の劣化が進行し、森林の更新の阻害、水源林機能の低下が懸念されています。また里山地域では農業被害で耕作放棄地が出ています。これまで不嗜好と思われていたお茶が採食され、捕獲されたシカの胃からはミカンやキウイまで見つかりました。このような事態となり、シカ対策を強化する取り組みが急を要します。是非多くの方にご参加いただき、対策にむけ活発なご意見を頂きたくお願いいたします。
 
お問い合わせ
NPO法人小田原山盛の会
090-9349-7014 (川島)
burimori.p※gmail.com(※は@に変換してください)

この記事に

開く コメント(0)

森を知ろう! 学習会


http://blogimg.goo.ne.jp/user_image/36/c4/bcbe9269fc109d2bca8f27e282cdc797.jpg

学習会「森を知ろう❢」
講師; 古林賢恒さん
(元東京農工大森林生物保全学研究室)


第1回 1月17日(火)終了しました。
第2回 1月31日(火)
第3回 2月15日(水)

小田原市生涯学習センターけやき4階第4会議室
13:00〰17:00

間に休憩をはさみ、じっくり勉強会をいたします。
飲み物持参でお越しください。

●森林の生物の多様性を維持するためには、その基盤となる土壌が発達し、その上に生産者である植物群落があり、分解者との生物間相互作用が多様であること、つまり、植物群落を構成する植物種が多様であることが全ての基本になります。
●我々は、江戸時代の人たちの森づくりの恩恵を受けてきました。森林国の日本列島に棲む住人としては、その恩恵を知り、それを保全する義務があります。 蛇口からふんだんに出てくる水、それは緑のダムがあっての話です。
●神奈川県のシカ管理の目標を見ますと、森林の生物の多様性を保全すると書かれています。それはどういう事なのか、大学では1年かけて講義する奥深い内容です。
●皆さんとキャッチボールしながら、その奥深さを少しでもお伝えできればと考えております。
●第2回目は樹木と土壌のお話しです。

資料代500円
お申込みは、氏名・当日連絡先を添えて
NPO法人小田原山盛の会 川島まで 
norako.k@nifty.com
携帯 090-9349-7014
・・・・・

第一回目は「里山と森林」でした。
一部抜粋
里山は多くは二次林で、コナラ林は放置すると、シイ・カシ類、アオキ、林床の暗い常緑広葉樹になる。コナラ、クヌギだけにすると虫害がおこる。里山整備をする場合、目標とする植生に向かって、何を伐り、何を残すか考える。

森林地帯の植生
 植物の生理活性は、温度に依存していて、冬の低温が長く続いても、ある一定の温度が長く続けば温度の高い期間に比例して種々の植物が生息できる。

小田原市の月別平均気温と温量指数

富士山の植生分布
亜高山帯針葉樹林の下層植生の3つのタイプ
北半球の温帯にある日本列島の植物の分布を分析するに際して
樹木の耐凍性


などなど、大変勉強になりました。
どなたでもご参加いただけます。
お申込みお待ちしています!

この記事に

開く コメント(0)

 
イメージ 1
  
箱根の秘境を歩く〜芦ノ湖西岸歩道観察会
【講師】 田代道彌さん(博物学者)
【時】 9月13日(土) 予備日10月18日(土)
【集合】 小田原市西口早雲公像前  Am8:00・出発Am8:20
【主催】 小田原山盛の会
 芦ノ湖西岸の無垢の湖岸は箱根で最も神秘的な景観を醸し出しています。静かな湖畔にはヨシやヤナギの群落が、樹陰の道にはタテヤマギクなど箱根の希少植物が群落をなしています。芦川では狼と戦った唐犬のエピソードがある駒形神社と、石畳脇の石仏群を見学し、対岸の神山・駒ヶ岳の雄姿を堪能しながら歩きます。白浜から桃源台までの平らな約10kmの道を歩き、箱根観光船に乗って箱根町に戻ります。
 
【受講料】 3000円 (箱根観光船料金・保険代含む 正会員は2500円)
【持ち物】 筆記用具・お弁当・飲み物・軍手・雨具・折りたたみ傘。防寒具、雨具は必ずお持ち下さい。
■靴は歩き慣れた登山靴でお願いします。中止の際は前日21時までに連絡します。
 
【当日の行程】 小田原駅西口早雲公像前 8:00集合、乗用車に分乗し8:20出発 ===9:00箱根町船着場P(トイレ)===駒形神社・芦川石仏群10:00 ===白浜(トイレ)・・・・真田浜・・・お昼・・・深良水門・・・湖尻水門・・・15:00桃源台 (トイレ) ===観光船===箱根町船着場16:00===小田原駅西口17:00頃  
※終了後、魚がしにて懇親会があります。自由参加です。費用3000円位。
 
【お申込み】 小田原山盛の会 川島まで 電話(夜間)ファックス0465-36-4815 
携帯090−9349−7014
メール norako.k@nifty.com
 ご連絡お待ちしています!
 
■次回予告10月18日(土)箱根の秘境を歩く「矢倉沢峠〜火打石岳」(今回予備日となっています。)
 
 
 

この記事に

開く コメント(0)

12月14日、二市八町の「水源森の恵みを感じるツアー」が白銀山に来ました。
午前中のわずか「1時間40分の中でお願い」と言われ、短時間で楽しんでいただけるプログラムを考えました。
その結果、白銀山でのいろいろな取組の説明はコンパクトに紙芝居にしました。

イメージ 1

イメージ 2

山盛りメンバー10名による山頂での紙芝居。
これは案外楽しんでいただけたようです。

イメージ 3

間伐デモンストレーション。
随行の森林インストラクターによる木工品づくりなど・・・。

この後地球博物館で、水源林のお話を聞き、鈴廣でかまぼこ作りと盛りだくさん。
参加者は、ほとんど横浜などの都市部の親子だったようです。
皆さん楽しんでくれたかな?

この記事に

開く コメント(0)

1月12日、大観山&函南原生林観察会に行って来ました。
 
大観山では風衝林のブナ林観察に始まり、元米軍無線中継所跡地(トロポサイト)、県有林でのブナ種子採取など。
午後は函南原生林を歩きました。
午前中はカメラのどこかをいじっておかしくなり、
まともに撮れなかったので伊豆川君の写真をお借りします。
 
イメージ 1
 
ブナ種子採取。
田代道彌先生も、ほら、こうやって枯れ葉をどけるとあるでしょ、と・・。
私は探し下手ですが、上手い人は上手いのですね。
 
イメージ 2
 
県有林には申請して御許可を頂いています。
芽が出てくれるといいのですが、ブナは本当に難しいです。
 
イメージ 4
 
ここではブナの胸高周囲と間隔を計測。
 
イメージ 5
 
伊豆川君に記録していただきました。
太さと間隔によってその林分の大体の年齢を推測することができる。(かも。)
ここは直径30〜50cmくらいでした。
 
イメージ 6
 
函南原生林に来ました。
函南原生林には意外とこれが多い。
対生で激しく重鋸歯。
この葉っぱ、なーんだ。
答え、チドリノキ(カエデ科)。谷筋に多いのだ。
 
イメージ 7
 
ブナの大木の下には花芽の膨らんだ枝が落ちていました。
花芽が多いと春の結実も多く、豊作となるかも。
これで豊作を判断する方法もあるらしい。
思わずほぐして見ると、やっぱり花芽でした。
来年の結実が気になっています。
 
イメージ 8
 
沢沿いのブナ巨木は直径80cmでした。
こんなのがにょきにょき立っています。
 
イメージ 9
 
沢沿いにはケヤキが多い。
 
イメージ 10
 
イメージ 11
 
この瘤はヤドリギの寄生した部分。
種子は粘液質で、ヒレンジャクが食べて糞をすると、肛門から長く粘液で垂れ下がり、木にくっ付いた所から発芽するという、ウソのような本当の話を田代先生がしておられた。
 
 
イメージ 3
 
巨木林の林床から、一同呆然と見上げるばかり・・・。
 
 
 
イメージ 12
 
終了後は勿論、第二部の反省会でモーレツに反省なのだ。
 

この記事に

開く コメント(2)

全9ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9]

[ 次のページ ]


.


みんなの更新記事