ここから本文です

書庫■『DA俳句』年間句集

■1990年10月から、5人で始めたDA句会
  小田原市内で、年4回1泊俳句漬けが
 えんえんと続いています。

 DA句会の記録として、自選作品を集めて
 年1冊『DA俳句』を発行
記事検索
検索

全6ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6]

[ 次のページ ]





DA俳句28号・2018年12月発行
 
第110回 DA句会(2017.12)から
第113回 DA句会(2018.9)までから抄出
 
■俳句雑誌『DA俳句』とは・・・

年間4回のDA句会に発表したメンバーの

作品を1年毎に纏めた合同句集

第28号には5人参加 掲載俳句はnora作

DA:
ドイツ語・・・・・・漠然と存在を示す
フランス語・・・・・全くの意味の強意語

日本語(駄)・・・・馬一頭に負わせる荷物の分量
                             酒が三斗五升入  樽二つの事
 
イメージ 1




         亀裂ギャオ 




2017.12



私は早起き老人亀裂ギャオ



冬雲と相乗りあれは小学生



真相ははっきりしない最中かな
      
白山茶花散る散る散る散るカラスたち

残菊はそのまま二人鍋奉行


冬入りす丹波龍の髄羊歯の髄

さび猫と双曲線の酒匂川


しじまかな黒山茶花と黒珈琲

紺と黒しんしん越冬ルリタテハ


デミリタライズドゾーン
D M  Z の冬草難航す


猫ときどき後肢を伸ばす自由かな


朝焼けの欅がつんと衝突だ


蹴ちらかす枯草老犬再会す


背高泡立草は穂で穂で川は冷たいね


赤犬をひきずっている酒匂川



鳥や獣の雲湧く冬の三角山




椋鳥数百粒にまじって漂流す


トイプードルのような枯岸もう帰ろう


刺蛾の繭カラスの小便担桶の冬
 
赤紐は芒を縛る犬繋ぐ

えんぴつ派すなわち美食派には降参



■2018.3

菜の花ギギ各駅停車尾を振って


幼年の深層海流はらぺこの


小松菜を蒔いては空をかぶせたり


春近しざぶざぶ歩く小鷺われ



この道は細く曲がって赤大根


河青きαβ初ツバメ


連翹が連翹を喰う朝日かな


春はことに日光浴となまけ菌


噦をジャクリーヌと呼び捨てた


雪柳やがて空気を追いかける


春の空とってもコガタルリハムシ
          
直立すアラスカ黒唐檜よ長子


春闌ランダム歩きなお続く


藪かんぞう東北なまり芽吹きけり



■2018.6
 
万緑や鰹象虫ぽろり落ち


よく滑る落日のよう端渓は
 
あばうとな粒粒春の窓に来て


青肌の白花あわあわ浴びにけり


いつからか脳のキャベツに蛞蝓が

 

五十センチ掘ると限界夏の穴


書き損じばかり万緑の家は


白鷺三十一羽光となって壊れたり


ピレネー犬白く沸き立つ夏の道



梅枝尺らひら六月洗脳中


六月の右往左往やクルリ棒


十両編成小田急走るグラジオラス


さくらんぼの赤い実が降る蟻地獄

時間かな雲の形はあばら骨


軽鴨の子十羽劇薬製造中


蛍袋咲いたよ俳句はじめよう


人声と冷気六月交差して


盲点は茄子の葉裏にかくれたり
  


■2018.9

向日葵のとんとが首をまわしけり

平田修虚無僧尺八吹奏弾

白木槿咲き続けたり修正液

   アカガネサルハムシ           
構造色の赤銅猿金花虫来て露台

朝顔の螺旋階段掃除した

閖上のコスモス知ったあの日から


新銀河生まれつつあり縄文尺


鰯雲猫の棒立ちすぐ崩れ


酒匂川部員精霊飛蝗飛ぶ



気まぐれな猫と夏風邪を抱っこ


もう九月長い睫毛の五葉松


快晴の河原撫子切れやすし


ラプラタ河きっとひろびろ洗濯日和


金狗尾草ぞんざいに揺れ実存派



青松虫中空を占めブラック

隙あらば秋のがちゃがちゃ猫がちゃがちゃ

鳥葬虫葬それから紺碧ロプノール

陳子昴ざらざらしてる夏の果

秋の水ががぼご泣き虫小学生










DA俳句27号・2017年12月発行
 
第106回 DA句会(2016.12)から
第109回 DA句会(2017.9)までから抄出
 
■俳句雑誌『DA俳句』とは・・・

年間4回のDA句会に発表したメンバーの

作品を1年毎に纏めた合同句集

第27号には5人参加 掲載俳句はnora作

DA:
ドイツ語・・・・・・漠然と存在を示す
フランス語・・・・・全くの意味の強意語

日本語(駄)・・・・馬一頭に負わせる荷物の分量
                             酒が三斗五升入  樽二つの事


イメージ 1

       


                      ダ ー ク マ タ ー
                 
                    暗黒物質 


   2016.12

猫は今日暗黒物質麦粒腫


冬の家スプリング式ねずみ罠


紅葉とどまらず犬走り猫走り


蛇の髭の青い実懐刀とす

つり銭のような時雨を持ってます


口曲がる苦さはありぬ冬の河

カストロ逝き十一月の槿挽く

葉を透かす快楽はあり窓と言う 

金色の風知草などありました

ハイエナは臆病なわれ泡立草


合器蔓のキャップぱかっと割れるとです

鶫五羽枝に咲いたりキョキョ乱舞

肉狩りとは多肉植物買うことさ

里芋掘り皇帝ダリアひょろと咲く

富士見行白い四駆をおおいに誉め




瓜坊よきょうは皮を干す日なり

もぐら談義あっちこっちで富士っ晴れ

クロコウガイビルの頭も時雨たり


もう冬芽猫は香箱組みにけり

葛のつるにつまづく我ら酒匂川


  ■2017.4

ドーナッツ現象春の猫走る

団子虫捩子花オレオレ詐欺師かも

十二時だ天涯孤独という植物

春来たるモグラの配電盤走る
                    
わが下流老人荒地羊蹄の属



三月の海よ仙台麩を修す

宇宙ゴミ遊びをせむと春の人

頭からかぶると菜種梅雨だった

チューリップ耳石ありやなしや昼

にがよもぎ草の鉄格子よ春仔


屋根叩く雨か遠州トラックか
        
手のひらはとても大きなコゴミたち

大大鷺とタンポポ珈琲ブレークした

菜の花に乗っかっている犬の糞


  ■2017.7

青虫よもくもく橅の峰走り

長子猫背ビロードツリアブとも呼ばれ

看守兼友人ならぶ立葵

かなへびの更新いいね草むしり

赫梨は孔子が拭いた青梨は 


広瀬川水系M七月八日誕生日

仙台の水と胡瓜を真二つ

ひん曲がった胡瓜青空吸う虫たち

くりかえす夕日でありぬ立葵

                            アル マ ン ナ ギ ャ オ
持久走全人類の   割れ目   かな


猫の詞林朝からにゃあと鳴くしかない

あざらしの昼寝単純化を目指す

行行子ぎょぎょしかな独り言

ヒメジョオンX白鷺Yの平野かな

酒タバコして草蜘蛛の巣をつつく


空き缶を叩いて笑ったよう蜩

不在証明ペラペラヨメナ夏青空

猫に言う下肢静脈瘤の嘆き

槿咲く犬穴今日は水たまり


       ■2017.9


君の荒波われの荒波九月かな

三ツ指怠け者っぽいダリアたち

波照間島と呼んでは風草風知草

戦術はささくれ一夜茸に決めた

となりの猫見返り美人青冬瓜


冬瓜の暴れん坊を三個ほど

大茄子はねそべって咲き猫またぎ

どどんぱで十月十四日を越えた

カイツブリ子カイツブリ冠水す

午前六時畑のほかは行き場無し


なりゆきで豚草葉虫と滑りけり

シャーと威嚇紺朝顔のラッパかな

5・19ヒメムカシヨモギ横浜空襲

積み上げて巨石文明角砂糖

うちの竜舌蘭は朝から喧嘩腰


精霊飛蝗のイデオロギーに出くわした

小水葱咲く首体操を愛してル

荒地瓜白花なして空っぽの巣


イメージ 2








  
 



DA俳句26号・2016年12月発行
 
第102回 DA句会(2015.11)から
第105回 DA句会(2016.9)までから抄出

 
■俳句雑誌『DA俳句』とは・・・

DA句会に発表したメンバーの

作品を1年毎に纏めた合同句集

第26号には5人参加 掲載俳句はnora作

DA:
ドイツ語・・・・・・漠然と存在を示す
フランス語・・・・・全くの意味の強意語
日本語(駄)・・・・馬一頭に負わせる荷物の分量
                             酒が三斗五升入  樽二つの事

イメージ 1



  クロルリトゲハムシ
   
黒瑠璃棘葉蟲 




■2015.9

ラジペンで冬の日抓む猫と我
          
残菊と冬河ドルフィンキックかな

冬菜から言葉と蛞蝓這ってきた

ひかれもの皇帝ダリアの大首たち

日の庭や隣の雉猫グログログロ
      

ゴミムシと凸凹さらす冬畑

冬の咳真正面に青鷺晴

冬の蛾のような飛行機にも乗った

青鷺飛ぶタネツケバナでも食べようか

柿の蔕蛾というやつ網戸にとまりけり


扁平な柿の種には乗ってみた

もろもろがまわりはじめた欅の空

くねくねの道をたどれば足柄葱

柚子買いに朝から言葉はやめたり

気まぐれに千切った葉たちもう居ない





■2016.3
        クロルリトゲハムシ
葉脈を齧ると黒瑠璃棘葉蟲

もたれこむ南開成小学校校庭
 
手打ちうどん秩父往還ひゅうと泣く

関東平野冬の名残りの尾骶骨

ヤゴの背に朝日をとどけ黒瀬川

コオニタビラコ誤作動続く曽比の家

精神棒猫は尻尾を立てにけり

日本スゲ属二六九種かな日本人


たわむれに菅笠かぶる悪人われ

二月の電車ごとり乗り込む谷地坊主

老眼二度空気をみがく蕗の薹

大老化の蕗の薹指す四人かな

小さな蛾春の河にてフィフィ


草の矢が飛び交っている犬の糞

大島櫻われは老猫一等賞
          
梅干し猫梅干し婆極めたり

孤独死というやつ一個角砂糖

しーんという菜の花畑やってきた


鶫来て菜の花畑長ーい駅

夏みかん青夏みかんまだ遠い

菜の花の匂い分からずワンと鳴く
   
       
 ■ 2016.6
六月や黒い花葵と呼ぶ日かな

    ア ナ ベ ル
白紫陽花のホバリングかな坂の上

ジャカランダ八本咲いた夏岩流瀬

ジャカランダ紫いちばん遠くに立つ

電子辞書の上を歩くよ猫と海


夏の如雨露と猫の肉球もて捺印

ソラマメのように空見る双眼鏡

このわたのような夜汽車に乗りました

ジュラ紀から吹き上げてきた青葉風

蝿ぼぼ生れ無灯自転車漕ぎにけり


犬連れて遠浅してる夏の朝

通りすがりの猫と人間ザボンザボン

右まわりに雑巾しぼるヒメジョオン

リトープス・コノフィツムほか全否定

散歩おわる葉蘭の上の雨蛙
   
  

■2016-9
秋の河ざらざら土手の人となる

彼の膝ぽきと鳴ってる芒原

滑舌はも怪鳥というべきか
 
修正ペンなんでかんでん落としけり

空の歯と水引草の歯を愛す


へくそかずら廃車にからまる秋の我

彼もまたサンバ蜿蜒紅蜀葵

八月や蓮華升麻の深い穴

精霊飛蝗よりも難解ニホニウム

クククク族ウルサイ族も青空す


オオゴミムシ土中空中ぴかぴかす

秋雨かしゅっとかすめる前頭葉

別れきてパンパスグラスのような雨

うちの猫ミャンマーと鳴き消えにけり

パタンパタン地球がまわるトタン屋根


秋関節小鳥のように鳴かせけり

盗人萩両面羊歯もすぎゆけり

蚊よけスプレーしゅっと一吹き正九月

山の蚊は帽子が好きでプンと鳴く

磯鵯ぱぴぷぺぽぱぴ秋の家




   DA俳句25号・2015年12月発行 

第98回   DA句会(2014.12)から
第101回 DA句会(2015.9)までから抄出

 
■俳句雑誌『DA俳句』とは・・・
DA句会に発表したメンバーの作品を1年毎に纏めた合同句集
第25号には4人参加  掲載俳句はnora作

DA:

ドイツ語・・・・・・漠然と存在を示す
フランス語・・・・・全くの意味の強意語
日本語(駄)・・・・馬一頭に負わせる荷物の分量

                             酒が三斗五升入  樽二つの事
 
イメージ 1









小田原銀蝿  野良





   2014.12


剣玉は空を飛び交い花八つ手

冬電線椋鳥一五〇〇羽鳴った

冬瓜の道はざらざら白かった
    
枇杷の花真昼蟲の眼蟲の鼻

ペンタゴン長子のゴミ箱正五角形



風草は骨になる頃ジョウビタキ

背高泡立草きっとガザ地区境界線

銀杏を毎晩食べる引き込み線

鰯雲出たよ電気炊飯器

猫気分豆腐屋の角曲がりけり



ざる菊や鉄パイプなど放置

冬河にRの流れカワアイサ

桃色のシャコパンチだ山茶花

犬の木登り山羊の木登り普通の日

冬紅葉のように釣り銭降ったりす



落雁や軽い骨など遊びけり

モンゴルの青空羊の前頭葉


  2015.3
 
エボラ出血熱大島桜はまだ莟

猫の手は上りっぱなしチューリップ 
   
三月の別名ズボズボ地蜘蛛かな 

きりきり舞い紅梅の名は黒雲

砂かぶり猫かぶりかなおらが春
 


やぶから棒猫は香箱組みにけり

手動式関東たんぽぽ蓄電池

早春やティラノサウルスのような奴
 
雑魚われのざこざこ日記かきくけこ

セキレイは尾振る地葱は折れている



赤らんで多肉植物猫っぽい

猿ぽぽのように連なり花と人

菜の花の前にしゃがむとすぐ風化

隣の猫ガガと呼ぶ時前転す

ち  ぶ  つ
惑星地球物理学かなスズメノエンドウ立ち上ル

磯鵯のピーヨ食言にはあらず




  2015.6   

太陽ぐえ百個水田に浮きにけり

雨蛙十八未満黒まだら

カルガモと競歩緑が濃くなった

糞ころがしピカソのゲルニカころがした

自転車のわれと桑の実熟成す



夏野して龍頭の溝に及びけり
 
山法師咲きはじめたよ猫の地図

ゴキカブリ五月の机解体す

雨蛙とてもひゃっこい日和見菌 

川鵜もし真っ白ならば河原かな


 
天井はやけに高くてサンショウバラ

めいっぱい登った這った今日の蝶

宮ノ下のわき道ホタルっぽいのです

百回目の四人蛍を見に行こう

芦ノ湖をさまよう小田原銀蝿だ

ミソサザイ
三十三歳のように鳴いてるのぞき窓



  2015.9

露草の青極めたりダクトかな

静寂がごちそうとなる朝飢かな

黒部西瓜大きすぎたよもう居ない

大蚯蚓うどんのように滑るかな

野良猫たち栴檀草の実となりぬ



一本道蛇骨は細く白く咲く

棘亀蟲静かにとまるあなたの上

アンドロメダ星雲薔薇状猫の家

あっちむいているよ野良猫岩のごとし

ヒメムカシヨモギ・オヒシバ・メヒシバ
姫昔蓬・雄日芝・雌日芝行く

今日は雨蝶は飛ばないダラニスケ



     ゴキカブ
掃除機のような蟋蟀呉器齧り

秋の森めまとい一党つれ歩く

濁流や海抜24・2メートル秋の口

犬稗や人の頭も混じりおり

朝鴉それからしわしわ酔芙蓉





                              帯化ミツマタ
イメージ 2




 
 
          

   DA俳句24号・2015年3月発行 

     第94回DA句会(2014.1)から
     第95回DA句会(2014.3)
             第96回DA句会(2014.7)
     第97回DA句会(2014.10)までから抄出
 
 

■俳句雑誌『DA俳句』とは・・・
 年間4回の DA句会に発表したメンバーの作品を 

  1年毎に纏めた合同句集
 第24号には4人参加  掲載俳句はnora作
 

DA: ドイツ語・・・漠然と存在を示す
   フランス語・・全くの意味の強意語
   
日本語・・・・馬一頭に負わせる荷物の分量・酒が三斗五升入る樽二つの事
 
 
 
イメージ 1
 










岩流瀬  野良





     2014.10.



大晩夏きゅうりのように横たわる



秋茄子のアーユルベーダ十個ほど
                                   がら ぜ
出鱈目な秋の予感の岩流瀬かな

秋の蚊やオレオレ詐欺の電話鳴る

私は野良朝顔のざざざざざ



騒害はわたくし青松蟲のリーリ

青空と赤ん坊が降るという

猫の兒ちょっと歪んで通りけり

風草やことにちくちく美空かな

豆腐の角十月の角来たる 



消しゴムの杭立てている朝詩人

最初はぐースッポン茸がはじまった

衣被つぎつぎとび出す通行人

飛魚の刃が飛んでいる夜長かな

大蓑虫絶滅危惧種一人旅




一人カナリヤ一人カラオケ秋高し




スパティフィラム葉と歯毎日磨きけり




  2014.7

廃屋はさらに崩れて花立葵

カールドン今日も逆さの星蜂雀

橅青葉十糎ほどコピーかな

瓜坊はぎゅーぎゅー集団的自衛権
         
左瞼蟲に刺されて黄落す



         ご き か ぶ          
卓袱台の伏字の上を御器噛り

三角ベース蟲来てぎざぎざ発信す
  
キツネノチャブクロ埃噴きあげよJAZZ

朝畑から昼飯までのドロップショット

日本雨蛙かぼちゃの花の真正面



這ったり咲いたり粘菌族やコロット族
  
ラジオ体操第一茄子のアキレス腱

ガガンボモドキ
大蚊 擬の人生なんぞ誰か知る

翻車魚よりも平たい我ら梅雨明け待ち



  2014.3  
 
   
わたくしは猫のおふくろ山櫻   




御殿場線無人駅「谷峨」 があがあ鳴く




きききききどどどどどどど春の駅 


    

隕石のようなフランスパン旨し





二月八日大雪降った電気カミソリ









雉猫と春の尻尾を追いかけた




放れ鳥放れ花して子が二人


 
浪漫・死をサラダに一滴隠し味 



          
クチブトガラスクチボソガラス春の日は



白いテーブル百個並べて春の丘



ウーだかラーだか春の頭はからっぽだ                



秒速430m流れていたり春地べた
 
唐突にパパイヤ実る危険老人

満開のミモザたどれば黄の底なり

鯨骨かスモモ白花真正面



自転車で登ってきたよ翡翠葛

春ある日われとバナナは草である

ストリートオルガン春の御殿場線も手動

わたくしの肖像でっちあげ春宮殿




  2014.1.
 
冬の硝子燦燦ツミってどんな鳥

反射板のような背中だひゅーひゅー

バクチノキ自爆くりかえして春へ

雀日和無線キーボードを叩く

横槍もディベートも好きわがカラス



生きいそぐなよマララ・ユスフザイ冬薔薇      

あの岸に人影沈むカイツブリ
          
鷺のように雀のように自転車は

体幹はススキでありぬ河一本

素心蠟梅かほるよフーテン老人たち



冬鷗自動演奏ピアノかな

白猫が降ってきそうな雪催

引き出しに猫を入れたり出したりす



        蘇鉄・雌花  2009-1-11

イメージ 2



  
 2015年3月21−22日 

第99回DA句会が終った

 DA俳句24号 年間句集の原稿が集まり 

一人90句ほど 四人分を掲載
 

次回DA句会は 100回記念集会となり

2泊3日で 箱根宮ノ下の「富士屋ホテル」に決定

ジョンレノンもお泊りした 古い作りが有名です
 
 

全6ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6]

[ 次のページ ]

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事