空と風

他ブログへの移行作業中です。追って告知します。

全体表示

[ リスト ]

「阿波古事記研究会」や「大杉博氏」は、ともに、徳島県が古くは「イ」国であったとしています。
主張の内容は若干違いますが、どのような説か紹介します。

阿波が「イ」の国であるかどうかは、古事記の舞台が徳島であるのかどうか?邪馬台国が徳島であるのかどうか?に関わる大きなポイントなのです。

私なりに気づいた部分なども付加しながらまとめていますので、それぞれの本来の主張と食い違いがあれば、私の責任です。
今回は、阿波古事記研究会の説を中心に書いて見ます。



古事記や日本書紀などの古い文献には、四国のことを伊予の二名島と表記しています。
「四国」を「伊予の二名島」とし、「愛媛」を「伊予国」、と書いています。
そのため愛媛県は、「伊予」は愛媛の名称であると同時に、もともと四国全体の総称であるとしているようです。


  生子、淡道之穗之狹別嶋

  次生、伊豫之二名嶋。

  此嶋者、身一而有面四、毎面有名。故、伊豫國謂『愛(上)比賣』
  讚岐國謂『飯依比古』
  粟國謂『大宜都比賣』
  土左國謂『建依別』


阿波古事記研究会は、二名島という表記に注目し、
四国は 「伊」「予」 の二つの名を持った地であったと指摘します。
愛媛は昔から「予州」と呼ばれ、「伊州」とは言いません。

ちなみに、南海道 は、紀伊国(紀州)、淡路国(淡州)、阿波国(阿州)、讃岐国(讃州)、伊予国(予州)、土佐国(土州)、です。

上記のように、第一字を州名に使うのが一般的です。
南海道では愛媛だけが第二字を使っています。
最初、他の州とかぶるのを避けたのかと考えましたが、たとえば「伊賀」は「伊州」と「賀州」であり、「加賀」もまた「加州」と「賀州」です。

伊予が「伊州」を名乗らないのは、やはり不自然ですね。
もともと「予」だったから、と考えるのが自然でしょう。


では、「伊豫」之「二名嶋」とは何か? もうひとつの「伊」はどこだったのか?

それを大まかに言って、四国西部が「豫」で、東部が「伊」であると仮定します。
そして「伊」の中心は「阿波」であったとするのです。



その根拠として、地名を挙げます。
徳島には「イ」のつく地名が多いという指摘です。


徳島西部の香川県境の峠が 猪之鼻峠 です。
中部の県境、香川側にも 猪の鼻 の地名があり、また、淡路島の南部にも 猪鼻 の地名があります。さらには、徳島県南部の海陽町にも 猪ノ鼻 があります。

「鼻」は「端」を意味していて、岬などの地名に多く使われるほか、徳島では普通に「端」という意味で「ハナ」と言います。
「その端の方を持って・・」と言うときなど「そのハナの方持って・・」と使います。

つまり、徳島を囲むように、  の はな という地名が複数存在するわけです。


そして、徳島県の中央部である神山町に一ヶ所、木屋平村に二ヶ所、 猪の頭 という地名があります。
「頭」は文字通り、アタマ・中心ですし、徳島の地形を考えれば、中心地の山上にその地名があるわけです。
その木屋平〜神山の一帯は、古事記の神話の舞台が阿波であったとする研究者たちによって、まさに 高天原 と考えられている場所なのです。


以上をつなげれば、これらの地名は 「イ」の国の「中心」と「端」 を表していると考えられるわけです。



それ以外にも、徳島県内には「イ」のつく地名が多数あります。
徳島の西には 祖谷(いや) 、東には 伊島 、中央には 井の内 、といった具合です。(下に記載)

私は、(これは面白い!)と思って、自前の地図を広げて「イ」のつく地名を探してみました。
よくある、たとえば「井上」とか、たんに「イ」の音が入っているだけ?に見える「石井」とかは飛ばして、上記のように イの国の位置を示すような地名 はないか?
という視点でだけ見たところ、それでもかなりのものがありました。

一般的な地図には、細かい地名までは入っていませんから、実際にはもっと多くの興味深い地名があるのではないでしょうか?

イメージ 1


見づらいですが、赤○が「猪の鼻」、青○が「猪頭」(あとの二箇所は地図上で見つけられませんでした)、黄○が「イ」のつく地名の代表的な場所です。
字名まで含めれば、この何倍もあります。


また、単に「い」のつく地名なら当然もっとありますが、下に書いたようなものは、
たとえば、徳島の中心(山中・高天原の比定地)あたりでは

「一宇」「市宇」(いちう)
=実際の発音では(いちゅう・いっちゅう)で「イの中(中心)」の意味だと考えられる。
「井の内」 「井元」 「元井」 「奥野井」

というような地名になり、その周辺・ふもとでは

「井口」 「市の下」 「井関」、(「井関」だけでも数箇所ある)

川は「井川」
山の谷間は 「井ノ谷」 「猪ノ谷」 「井窪」
平野部は 「伊沢」 「井の原」 「いのそば」

などというように、徳島を「イの国」と考えれば、ほとんど「地形と意味」がばっちり合ってしまう配置なのです。


これには、私も地図を見ながらわくわくしてしまいました。
また、ネットで地名を調べると、さらに「イ」に関連した同じ地名や、同じ発音で別の字を当てはめた地名を、県内にバラバラに何箇所も発見して驚きました。
どう見ても、古代の阿波と「イ」の地名は関係がありそうです。


下に、その「一部」を書きます。同じ地名が何箇所もあるので実数はこれよりも多いです。


 三好町(井坪) 三野町(井の久保) 脇町(井口・猪尻 《いのしり》) 
 穴吹町(市の下)(穴吹字井口)  阿波町(伊沢) 鴨島町(飯尾《いのお》)
 
 木頭折宇(字宇井ノ内)  木頭北川(字宇井ノ瀬)  沢谷(字井元)  
 白石(字井ノ浦)  拝宮(字井ノ元)  平谷(字井ノ口)

 阿野(字井ノ谷)  鬼籠野(字猪ノ頭)  美馬町(字井ノ神) 

 西祖谷山村(一宇) 西祖谷山村(尾井ノ内) 東祖谷(元井) 
 井川町(井内) 井川町(井関) 池田町州津(井関) 
 東みよし町西庄(字井関)  阿南市宝田町(井関)
 池田町白地(井ノ久保)

 大林町(字戸井ノ内)  山川町(井傍《いのそば》)


※ 他にも

 井の原 井ノ原  

 奥野井 奥の井  

 元井 井元 井ノ元 
  
 井ノ内 井の内 井内 
 
 一宇 市宇  

 井の谷 井ノ谷 猪ノ谷 
  
 井ノ口 井口

 井沢 伊沢   
    

 井の木根 井窪 井坪 井堀 井ノ尻 ・・・。


このように、同じ地名のほか、一字違い・漢字違いなど、次々に出てきます。
調べれば、まだいくらでもあるでしょう。




※ 古事記のなかで、イザナギが使う 「天之尾羽張(あめのおはばり)」
  またの名を 「伊都之尾羽張(いつのおはばり)」 という剣が出てきます。

「天」「伊都」同じであることが分かります。

「天」「天之」とは「高天原」「天つ族(人・物)」のことを指しますから、

「高天原」は「伊都」(イツ)なのです。


天正13年(1585年)蜂須賀家政は、「渭津」(イツ)の渭山(いざん)に築城し、この地を「徳島」と命名しました。
徳島城は今でも別名「渭津城」と呼ばれます。
「イツ」は徳島の地名でもあったのです。


高天原は「山」ですから、「ヤマ」の「イ」または「イツ」=「ヤマイ(ツ)」国、とも考えられます。
邪馬台国の正しい読みを「ヤマイ」または「ヤマイチ」とする説が強いことも連想させます。
(『魏志倭人伝』の版本には、すべて「邪馬壹國」または「邪馬一國」と書かれている)


上記の古事記の一節に、

  粟國謂『大宜都比賣』

とあります。
粟(阿波)の国の大宜都比賣(おおげつひめ)は,有名な五穀の神・食糧の神です。
讃岐(香川)は

  讚岐國謂『飯依比古』

とあり、「飯」(イ)に「依」っている国であると見ることが可能です。


飯依比古は,綾歌郡飯山町にあり讃岐富士と呼ばれる「飯野山」の飯神社に祀られています。
香川の地は、昔、阿波忌部が進出・開拓しており、忌部の神社・地名が所々に残っています。
阿波忌部にも関係する「鷲住王」(履中天皇の后の兄)は、徳島に住んだ後、香川に移住して、讃岐国造となり、同じ飯野山の麓に祀られています。


これらのことから、阿波の「イ」の国は(飯の国)のこと、という仮説もあります。
邪馬台国四国山上説の大杉氏は、阿波山上は、「池」「井戸」の文化で、これが「イ」の国の元ではないかとする説を述べています。

次回は大杉氏の説を中心に書いてみます。

(続く)

閉じる コメント(17)

顔アイコン

邪馬台国四国説を支持する一人として、『徳島は倭(イ)の国か?』というのは実に嬉しいタイトルです。ただ、今夜は焼酎を片手にしたたか酔っていますので、明日、酔いが醒めてからゆっくり読ませて頂きます。失礼...。 削除

2008/8/6(水) 午後 7:28 [ 桜島 ] 返信する

顔アイコン

勉強不足ですけど、大目に見てください。(笑)

2008/8/6(水) 午後 11:19 のらねこぶるーす 返信する

顔アイコン

仮説・【金印に刻まれている文字は「漢委奴国王」。そこで、「委」の文字を使った地名を国内に探すと、わずかに一ヶ所を確認できるのみ。それは、南あわじ市の「倭文委文・シトオリイブン」。『文』は「斜めに交差した模様、入り組んだ仕組、ものの筋道や区別」という意味を含んでいる。すると、倭文委文とは「倭の国」と「委の国」が交差するところ、分岐点という意味なのか。いや、この地から阿波にかけて封印という暗号なのか...】
ちょっと強引だったかも知れませんね。「委」の文字を使った地名が他に見当たらないため、このような仮説を立ててみました。ここでは猪鼻という地名も大きく関係してきます。また、「委」「倭」については国名の変化であり、君が代の「巌となりて...」は、「委・倭・大」となりてではないかと考えることもあります。つまり「委の国・倭の国・大和」です。「まあ、こういう考え方もあるんだな〜」と、大きく笑い飛ばしてもらえれば結構です。 削除

2008/8/7(木) 午前 9:54 [ 桜島 ] 返信する

顔アイコン

桜島さんのコメントも参考にしつつ、少しずつ続きを書いているのですが、時間がかかります。
この程度でも体力的にきついのです。ご勘弁を。

2008/8/10(日) 午後 11:21 のらねこぶるーす 返信する

顔アイコン

入院中の文章を拝見していましたので、もしかして...と感じていました。何といっても体が資本ですので、くれぐれもご自愛ください。現代農業は化学肥料と農薬に頼っていますので、充分に食べたつもりでも慢性的ミネラル不足の状態らしいです。それが万病の元になっているとも。私は「野島クリニック」の「超ミネラル水」を愛飲しています。 削除

2008/8/11(月) 午後 4:15 [ 桜島 ] 返信する

顔アイコン

仮説その2・【輸入された「命(メイ、ミョウ)」という漢字に、日本人は「みこと・いのち」という二つの日本語を充てた。高貴な人々を古くから「みこと」と呼んでいたことから、「みこと」の語源はそこにあると考えられる。では、「いのち」の語源は何だろう。「いのち」とは生物が生きていくための根源だが、それは隠された天皇家の古里「委の地」が語源にあるのではないだろうか。つまり、「委の地」は日本人にとっての「命」という解釈である。また、「田舎」についても同じようなことが言える。田舎と書いて「いなか」と強引に読ませているが、「委中」が語源であったと考えれば、その強引さも笑って許せる。さらに言うと、「稲荷」も「いなか」と読んだほうが自然である。稲荷神は「穀物の神々」の総称であり大宣都比売神も含まれるが、大宣都比売神はまさしく「委中」の神であり、阿波そのものを指している。日本語には多くの言霊が含まれているというが、もしかしてそれは...】
いやはや、益々強引な仮説になってきましたね。 削除

2008/8/13(水) 午後 4:07 [ 桜島 ] 返信する

顔アイコン

仮説その3・古事記の冒頭に書かれている「独神」とは、一神教を持ち込んだ神々のことではないだろうか。そうであれば、「身を隠した」(歴史に残せない)ことも頷ける。

「天地(アメツチ)初めて発(ヒラ)けし時、高天(タカマ)の原に成れる神の名は、天之御中主(アメノミナカヌシノ)神。次に高御産巣日(タカミムスヒノ)神。次に神産巣日(カミムスヒノ)神。此の三柱の神は、並(ミナ)独神(ヒトリガミ)と成り坐(マ)して、身を隠したまひき。次に国稚(ワカ)く浮きし脂の如くして、久羅下那州多陀用弊流(クラゲナスタダヨエル)時、葦牙(アシカビ)の如く萌え騰(アガ)る物に因りて成れる神の名は、宇摩志阿斯訶備比古遅(ウマシアシカビヒコジノ)神。次に天之常立(アメノトコタチノ)神。此の二柱の神も亦、独神と成り坐して、身を隠したまひき」。

さてさて、強引な仮説はどこまで続くのでしょうか。恐ろしいやら、申し訳ないやら...。 削除

2008/8/13(水) 午後 4:40 [ 桜島 ] 返信する

顔アイコン

仮説その4.【真言密教の最高の儀式「学修灌頂」において授けられる言葉は「バア」であり、そのときの印契は「指し示さない・教えない・隠している」の形をしているという。大杉氏は、「バア」とは「アワ」をひっくり返したものと解釈しておられる。すると、日本人が昔から子供に「いない、いない、いない、バア〜」とやってきたのは、「隠されているのは阿波」という伝承だったということか?

日本では高齢のご婦人を「バアさん」と呼び、中国では「阿婆・アバ」という。ところで「阿婆」を分解すると「阿・波・女」となる。「年すでに長大なる」といった年齢まで政をつかさどった卑弥呼も、まさしく「阿波女」である。魏志が卑弥呼を「阿婆」と呼んだか知る由もないが、「阿波」という地名の由来を探る一つの候補に上げてもいいのではないだろうか。また、南九州では黙して語らない人(聾唖者)を「アバ」と呼んできた。語源は分からないが、黙して語らない「阿波」と重なって聞こえる】

何だか、恐ろしい仮説の連続になってしまいましたね。しかし、他の説ではこうはいかないのです。四国でなければ...。
削除

2008/8/15(金) 午前 7:56 [ 桜島 ] 返信する

顔アイコン

「倭文」(しとり・しずり)もまた阿波忌部に関係のある氏族で、淡路の地名もいわれがあるのかもしれません。興味が尽きませんね。

2008/8/17(日) 午後 2:18 のらねこぶるーす 返信する

顔アイコン

「田舎」を「いなか」と読むのは苦しいですよね。
「委中」なら納得です。
「稲荷」の指摘も鋭いと思います。
イの国の神の神社から生まれているんですから。

2008/8/17(日) 午後 2:23 のらねこぶるーす 返信する

顔アイコン

「独神」の指摘は目から鱗です。
古事記を自分流に解釈できないかと読んだことがありますが、この部分は謎でした。
「隱身也」の「身をお隠しになった」という一般的な訳し方に疑問を持つ人もいるようです。

2008/8/17(日) 午後 2:29 のらねこぶるーす 返信する

神山町神領上角に「上一宮大粟神社」があり、その祭神に、「大宜都比賣命」とあるのが、ずっと気にかかっています。
神山温泉のすぐ隣なのに、少しも宣伝もされないで、参る人も少ないのも気になっています。

2009/3/29(日) 午後 3:02 阿波野ひみ子 返信する

顔アイコン

「上一宮大粟神社」にも参ってますがまだブログに書いてません。
大宜都比賣のことを書き始めると、どんどん話が広がるからです。
それで、神社のコーナーと徳島の不思議のコーナーを分けてるんですけど。(笑)

他にも書いてないことがいっぱいあるので、少しづつ記事にします。

2009/3/29(日) 午後 3:17 のらねこぶるーす 返信する

神山町にもう一か所「い」の付く地名が古くからありますが、
阿川に、「井の谷」です。
一がつくのは割合多くあります。
一ノ宮、一の坂、一宇夫、などです。

2009/3/29(日) 午後 3:54 阿波野ひみ子 返信する

顔アイコン

阿南の「八桙神社」に行っている間に凄い展開になっていますネ!!
「井の頭」を捜して・・・と頼まれています(^^~
神山町の「井の谷」は気になる地名だなぁ・・・と通る度に思っていました(^^~
(*⌒▽⌒*)♪ 削除

2009/3/29(日) 午後 8:18 [ すえドン ] 返信する

顔アイコン

八桙神社ですか〜!
いいですねえ。
絶対行かなければならない神社のひとつですよね。
私もそのうち絶対行きます!

2009/3/29(日) 午後 9:16 のらねこぶるーす 返信する

顔アイコン

わはは。
今、下の広告見たら
「“伊都”国歴史博物館周辺のホテル予約は楽天トラベル」
と、出ていました。

本文中の文字を読み取って関係ある広告出すんですねえ。(笑)

2009/3/29(日) 午後 9:20 のらねこぶるーす 返信する

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事