空と風

明けましたのでおめでたいらしいです

全体表示

[ リスト ]

イメージ 3  イメージ 4

信濃国一宮である名神大社「諏訪大社」は、長野県の諏訪湖の周辺に4箇所の境内地をもつ神社であり、全国に1万とも2万ともいわれる諏訪系神社の本社です。

諏訪大社のHPを見ても、その起源は定かではなく、
「御鎮座の年代、起源等の詳細については知るすべもありませんが、我国最古の神社の一つに数えられます」
と記載されています。

つまり、創祀年代等は不明だが、古事記の、しかも「国譲り」、日本建国以前の話に出てくる地名と神名の社なのだから“それなり”の古さであろう、ということなのでしょう。

神話に詳しくない方は、こちらを参照。



御祭神は、建御名方神(たけみなかたのかみ)、八坂刀売神(やさかとめのかみ)の二柱です。
建御名方神は、大国主神と高志河比売神の御子神で、八坂刀売神は妃神です。
下社には御二柱に併せて御兄神、八重事代主神が祀られています。


式内社「事代主神社」が全国で阿波にだけ(島根にさえ無い)あるように、事代主命は阿波の人物でしょう。
高志河比売神とは、別名・高志沼河姫で、高志(地名)の沼河姫のことです。
この「高志」とは、徳島県板野郡の地名です。

このように古事記の話は、徳島に当てはめていけば、ジグゾーパズルが完成していくのです。
この高志を北陸地方のことと解釈するから、出雲族の話は島根だ、九州だ、北陸だ、信州だ、空の上(高天原)だ、とあちこち飛び回り、ファンタジーワールドになるわけです。
「出雲」が島根で、「諏訪」が長野なら、ルートからいって「高志」とは「越」のことだろうという“連想”なのですが、出発点が違っていたら必然的に連想もバツになるのです。


「イズモ(イツモ)」も「コシ(タカシ)」も「スワ」も阿波の地名なのでした。

※ 地名については今後順次調べて記事にします。(いつになることやら)スワだけではありません。
  オオサカ・カワチ・スイタ・アワミ・カモ・キョウト・ヤマシロ・ギオン・ケタ・ミマ・ミノ・
ヨシノ・ クマノ、ナラ、イセ、スミヨシ
  その他いろいろ。
  徳島の地名は、そのまま古事記か畿内を見ているようです。
  しかも自然にストーリーと位置関係が一致するのだからリアルです。

話がそれますが、聞きなれた「長野」をキーボードでnagaとまで叩いて、どきっとしました。
「長の(naga no)国」とは阿波の国の、しかも郷土史研究家が、葦原中国に比定する地域の旧地名だからです。
あまりに有名で聞きなれているせいで「長野」という地名を見ても、その意味を考えようなどとは思いもしません。
阿波の「長の国」と「長野県」に関連がある、と言っているのではありません。
その可能性などを「考えてみよう」とさえも思わない「先入観による思考停止状態」が問題だと思うのです。
四国など古事記とは何の関係もないと「思い込んでいる」ほとんどの日本人も、これまでに与えられた「情報」に思考が縛られているのです。

「長野県」という命名は明治ですが、その元は長野村(長野市)から来ていて、長野とは文字通り長い野(平野)の意味だというのですが・・・。
漢字の意味から見た「後付け」にも感じられます。長い野、って・・。

その長野村のすぐ南には麻績村(おみむら)があり、地名からして阿波忌部の名残を感じます。
麻績の神社については、検索しても桜の話しか出てこないので、調べようがありません。
県南部の阿智村に「栗矢八幡」があります。
この神社の御祭紳、なんと阿波の忌部氏の祖神「天日鷲命」であります。
地元の研究者も「なぜこの地に、そんな神が祀られているのか?」と不思議がっているようです。

この天日鷲命の子孫のなかに「麻績氏」があります。
この珍しい名前、そうそう偶然に一致しないと思うのですがどうでしょうか?
こうやってみると、古代、阿波忌部が信州に進出していた可能性も充分考えられます。


イメージ 1


さてさて、上記の「高志」(上板町)の南隣り、直線距離で2〜3キロの、名西郡石井町浦庄字
諏訪 に、式内社・阿波國名方郡 多祁御奈刀弥(たけみなとみ)神社 があります。

御祭神は、諏訪大社と同じ「建御名方命」です。


神社の由緒には「祭神建御名方命は大己貴命の御子なり。御母は
阿波の高志 の沼河比売なり」とあります。

『阿府志』は、
高志国造 の阿閇氏が、 この地に産まれたという建御名方命 を祀ったもの、と記します。

古事記に、此八千矛神(大国主のこと)、将婚
高志国之沼河比売 、幸行之時、到其沼河比売之家、歌曰、
と求婚の様子があり、その大国主と高志の沼河比売の間に生まれたのが「建御名方命」なのです。

「諏訪大社」という呼称は、昭和23年からのことであり、元々は、
信濃國 諏訪 南方刀美(みなかたとみ)神社 でありました。


「多祁御奈刀弥神社」社伝によると、信濃諏訪郡の南方刀美神社は、この阿波の多祁御奈刀弥神社から、
宝亀10年(779年)に移遷されたもの、となっています。

『名西郡史』には、こう記されています。

社伝記ニ光仁帝ノ御宇宝亀十年、信濃國諏訪郡南方刀美神社名神大、阿波国名方郡諏訪大明神ヲ、移遷シ奉ル

(大杉博氏の著書では“宝亀10年”、『記・紀の説話は阿波に実在した』の、同引用では“宝亀12年”となっている)

昔は、この「多祁御奈刀弥神社」が「諏訪大明神」と呼ばれていたことがわかります。


イメージ 2


名西郡の『浦庄村誌』には、高志郷、現高原村関に「沼河比売」を祀った旧跡のことが記されているそうです。
『阿府志』では、式内社 阿波國麻殖郡「天水沼間比古神(社)天水塞比賣神社」2座 の神を「建南方神」「高志沼河姫神」としています。


そもそも、御神名の「建御名方命」の「名方(なかた)」は、この神社の鎮座する地名である「阿波國名方(なかた)郡」からの命名と考えられます。

古事記に登場する神々、天皇の御名を見ると、地名(出身地?)から命名されたと見えるものが多々見られます。


大杉博氏の『邪馬台国は間違いなく四国にあった』によれば、
「長野県の諏訪は、養老5年(721年)に信濃国を割いて諏方(訪)国を置いたのであり、それ以前に長野県に諏訪国はなかった」
のであるから、記紀神話に登場する「諏訪」は、長野のことではない、と書きます。

阿波を建国の歴史から黙殺する陰謀論?から見れば、古事記の書かれたあと(712)、信州に「諏訪国」をつくり(721)、本来の阿波の諏訪から「諏訪社」を移し(779)、古事記の舞台をカムフラージュした、ということになりますね。


古事記原文には、「科野國之洲羽海」と書かれています。
ある郷土史家の本には「科野」も阿波の古地名と書かれていますが、現在地でどのあたりか、私はまだ確認できていません。わかったらまた書きます。
ただし、「洲羽の海」について、諏訪湖のような「湖」のこと、という説明が苦しいことは主張済みです。
当社の鎮座する石井町諏訪は、現在よりも海面の高かった古代、吉野川の河口に近いまさに諏訪の海だったのです。

古事記や万葉集に、阿波の海について書かれた箇所が複数ありますが、これをこれまでの通説では、海のない奈良や琵琶湖などに当てはめて解釈されてきたのです。
その苦しさは複数の方が指摘しているので、今後またどこかに書きたいと思います。


両社ともに『延喜式/神名帳』(927年)に、式内社として記載されているわけですが、

 信濃國諏訪郡   南方刀美神社  
 阿波國名方郡諏訪 多祁御奈刀弥神社

字が違っても、同じ神名の神社、御祭神も同じ、地名も同じ。
何かしらの関係があることは、当時の人もわかっていたのではないでしょうか?

南方刀美神社が、信濃國一宮の名神大だから格上とは限りません。
同格の神社が、阿波国内では並だった、ということかもしれません。




神社の様子は、また「徳島の神社」に書きます。

やっと書きました。
   ↓


 
※追記 式内郷社 多祁御奈刀弥神社由来 (石井古事記研究会提供)


イメージ 5



(▼0▼)/~~see you again!

この記事に

閉じる コメント(20)

顔アイコン

日本は不思議な場所がたくさんありますよね
ヨーロッパのようにどうして誰もキチンと調べないんだろう?
って時々思います

2009/1/13(火) 午後 11:46 クチワルお嬢 返信する

顔アイコン

なるほど「長の国」と考えると合点がいきますね。昨夜の三人による(一人は風邪でダウン)邪馬台国論争もそうですが、動画や資料を使ってジグソーパズルを埋め込んでいっても、すぐに得意?とする中国や朝鮮の文献の話に飛んでしまい、「神話の世界は封印...」と切り出すと「有り得ない・考えられない」と軽蔑の表情に変わる。もっと柔軟な発想が出来ないものかと思うのですが、彼らには日本最古の前方後円墳と考えられる萩原2号墓も、当時の水銀採取場として日本で唯一発見されている若杉山遺跡も、万葉集にも歌われ天照大神の墓が存在するのではと考えられている矢野神山も、天皇家に代々“アラタエ”を献上してきた三木家も、西日本最大の弥生集落であった吉野川流域のことも、九州のことではないため全く意味のない、全く関係のないことのように映るようです。想像はしていましたが、正直なところ“どっと”疲れましたね。 削除

2009/1/14(水) 午後 2:57 [ 桜島 ] 返信する

顔アイコン

なぜ調べないか?
というと「隠されている」というのがひとつでしょうね。
宮内庁も隠していますし。
あとは、もうすでに観光化その他、各地で飯の種、税収になっているモノを、いまさら真実を暴いて失ってしまうことには想像以上の反発があるでしょうね。

2009/1/14(水) 午後 9:21 のらねこぶるーす 返信する

顔アイコン

お疲れ様でした。^^;
桜島さんが特異な方であって、その他の方々が普通だと思いますよ。
何事かを調べ続けるには、その熱意の元が必要ですが、郷土愛はその代表例だからです。日本中そんな感じですね。

大杉博氏や岩利大閑氏、折口信夫氏のように、生粋の阿波人でもない人々が阿波の古代に魅せられた理由を知ってもらいたいところです。

2009/1/14(水) 午後 9:36 のらねこぶるーす 返信する

顔アイコン

中国の文献、というのも日本人は丸呑みで信じすぎだと思います。
中国に対する抜きがたい信頼が日本人にはありますからね。
魏志倭人伝も初めて全文読んだときの印象は??でした。
真実とでたらめが混在していると思うのです。

その後、中国史の専門家の視点で書かれた岡田英弘氏の「日本史の誕生」を読むと、魏志倭人伝をデタラメと切り捨てていました。
ただし、100パーセントの創作と断定しているわけではなく、そこからどれだけ真実を読み取るか?という謎解きのようなレベルのハナシになるようでした。
他の文献も、どういう趣旨で書かれたものかというような背景も知る必要があると思います。専門的すぎて普通の人には難しいでしょうけど。

2009/1/14(水) 午後 9:56 のらねこぶるーす 返信する

顔アイコン

いゃ・・・もの凄く詳しく調べられていますネ♪
徳島の地名は本当に不思議で面白いです!!
諏訪大社の神紋が「穀(かじ)の木」で、この木が阿波剣山地に自生し、その皮は「大嘗祭」にあたって「阿波」から貢進される「木綿(ゆう)」の原料になっていることと、長野県では育ちにくい木でる・・・と「阿波に秘められた古代史の謎」の中に書かれています!!
(*⌒▽⌒*)♪ 削除

2009/1/16(金) 午後 8:03 [ すドン ] 返信する

顔アイコン

すえドンさん、こんばんは。
そうなんですか・・なんか思いつきで書き始めたんですけど、案外的を射てたりして。
阿波の古代は深いですね。
それにしても流石マニアックな本をお持ちですね。^^;

2009/1/17(土) 午後 10:07 のらねこぶるーす 返信する

顔アイコン

ほんとに唐突ですいません。
美郷に品野って地名がありますよね。
それだけなんですけど。失礼しました。 削除

2009/11/27(金) 午後 8:10 [ ぐーたら ] 返信する

顔アイコン

ほう。
そんなところにありましたか!
知りませんでした。

しかも地図で見ると、上のほうには「諏訪」があるし、下のほうには「長野」もありますね。

もっとも「長野」は、徳島〜香川にかけて何箇所もあります。
「なが」の国の人間の仕業と考えています。

2009/12/5(土) 午前 1:29 のらねこぶるーす 返信する

顔アイコン

侵略される前の日本王国の言語は、ヘブライ語が主体ですよ。
侵略したのは支那の住民、遣唐使(遣隋使)は言葉の違うのにどうやって貢物を唐や隋の皇帝に献上することが出来たのでしょう。
従って、宮崎県から徳島周辺は侵略さえた範囲内なので徳島説は消去法で消えます。 削除

2010/3/7(日) 午前 9:16 [ きむち ] 返信する

顔アイコン

大治元年(1126年)、 西範僧都の六百年忌が阿波大山寺で行われており、西範僧都は帰化人と考えられます。
遣隋使の派遣は、西範僧都の時代から100年も後の話です。
会話も筆談も充分可能でしょう。
そもそも朝貢とはされる側の中国側が欲したものです。
古代中国の国とは、皇帝個人の商業ネットワークのようなもので、日本にも触手は伸ばしましたが、侵略するメリットはないでしょう。

2010/3/7(日) 午後 5:09 のらねこぶるーす 返信する

顔アイコン

これは痺れましたね
すばらしい。

徳島には卑弥呼縁の神社もあり、例の剣山に聖櫃が隠された説もあります
調べれば調べるほど、不可解な点が出てくるのが徳島(阿波)
やはり邪馬台国か何か、秘密があるのでしょうね 削除

2010/11/20(土) 午後 11:07 [ 神社マニア ] 返信する

顔アイコン

神社マニアさん、はじめまして。
コメントありがとうございます。
仰る通り、「調べれば調べるほど」阿波国と古事記、倭とのつながりが出てくる一方なのが徳島の古代史です。
私の知識やこのブログに書いてあることは、そのなかのほんの一部ですから。
これからも宜しくお願いします。

2010/11/23(火) 午前 9:32 のらねこぶるーす 返信する

顔アイコン

すみません。不勉強で(最近特に何も勉強考察できてないんですが)、申し訳ないですが、多氏は忌部なんですか?
なるほど、多氏の子孫が国造となった先を見ると興味津々です。

建御名方命。建美奈命。建は尊称、ミナ+名方(ナカタ)=ミナカタ。
ミナ+トミ=ミナトミ。(この神社の北、吉野川北岸、高志の東隣が中富(ナカ+トミ)ですから、本来の名が美奈命である可能性は十分ありえますね。
頭に置いて関連を考えてみます。

2013/7/4(木) 午後 10:04 のらねこぶるーす 返信する

顔アイコン

阿波の古地名「科野国」はどのあたりか、おわかりになりましたか?
さんざん調べているのですが、わかりません。

2017/8/14(月) 午前 10:32 [ cs3_premium ] 返信する

顔アイコン

質問ありがとうございます。私も多忙で調査研究は全くしておりません。

「阿波の古地名」というならば「科野国」ではなく「シナノ」ということになります。
私の拙い記憶によれば最低二箇所あったと思うのですが、確か一箇所は県東南の地図に見た記憶があります。重要視しているのは上のコメントにもある「品野」です。
歴史や神社に興味を持てばわかるように上古から近代まで同じ地名や人名を複数の漢字で表記する例は数多存在します。もちろん使われている漢字に意味がある場合も多いのですが、まずは「音」を重要視すべきというのが私の考えです。

この「美郷の品野」という場所は正に阿波忌部の本貫地麻植郡にあり聖地高越山の山麓にあります。このすぐ隣に上記画像にも記載されている式内社「天水沼間比古神天水塞比売神社」の論社の一つ「美奴間神社」があります。

天水塞比売とは、なんと建御名方命の母「阿波の高志 の沼河比売」なのです。そして、天水沼間比古とは、その夫「大国主命」であると考えられます。

続く

2017/8/14(月) 午後 4:42 のらねこぶるーす 返信する

顔アイコン

石井古事記研究会の研究によれば(私が当ブログに書いている内容と一致するのですが)、天水沼間比古とは同時に天日鷲命でもあると発表されています。
つまり、品野ー忌部ー大国主命ー高志ー沼河比売ー諏訪ー建御名方命、という繋がりが見られるのです。

ただし、古事記の「科野國之洲羽海」という表記がリアルであれば、この品野と諏訪には約20kmの開きがあります。
しかしながら、本来のシナノはこの品野のような地形の地方を指すのだそうです。

続く

2017/8/14(月) 午後 4:49 のらねこぶるーす 返信する

顔アイコン

※「しなの」の語については,種々の説があるが,信濃国に多い更級,埴科,倉科,穂科,仁科,妻科,明科,駄科,蓼科などの「級」あるいは「科」の付く地名のある場所は,丘陵地帯ないし山麓地帯にあるのを共通点としているところから,段丘または崖錐地形に付けた名が級で,全国的にもその例が多いので,「しなの」と名付けられたとする説が有力である。賀茂真淵の『冠辞考』,鹿持雅澄の『万葉集古義』や吉沢好謙の『信濃地名考』もみな同様の見解を取っている。なお,「しなの」に宛てる漢字は,「科野」,「信濃」のほかに「信乃」も古くから用いられている。

『長野県の地名』

なお、神社と御祭神の関係については、以下をご覧ください.

https://blogs.yahoo.co.jp/awanotadikarao/35953692.html?__ysp=5aSp5rC05rK86ZaT5q%2BU5Y%2Bk44CB5aSp5rC05aGe5q%2BU5aOy

ご参考までに。

2017/8/14(月) 午後 4:49 のらねこぶるーす 返信する

顔アイコン

ご丁寧なお返事、ありがとうございました。
文字より音 これは仰るとおりですね。
県東南は、阿南方面ということでしょうか?

「段丘または崖錐地形に付けた名が級で,全国的にもその例が多いので,「しなの」と名付けられたとする説が有力である。」
これが私には非常に参考になりました。

お返事の内容を基に、さらに勉強させていただきます。

2017/8/16(水) 午前 7:22 [ cs3_premium ] 返信する

顔アイコン

はじめまして。父方のルーツが阿波の久米氏なので、こちらで色々学ばせてもらっています。

土佐の「幡多郡社誌」によれば『信濃諏訪明神六十六代の苗裔三河守寿康の嫡男敷地民部藤康云々』とあるのですが、土佐一条氏の重臣でもあった敷地氏は、現在の幡多郡三原村に諏訪大明神を祀っていました。

徳島には「敷地」という地名があり、昔の淡路では三原郡の中に幡多村があったと最近知り驚いてます。
なんだか繋がっている感じがするのですが、のらねこさんは、どう思われますか?

2017/9/19(火) 午後 0:03 [ yab***** ] 返信する

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事