空と風

他ブログへの移行作業中です。追って告知します。

過去の投稿日別表示

[ リスト | 詳細 ]

全1ページ

[1]

仏生山温泉(香川)

イメージ 1

とても都会的?な、おしゃれな温泉。
外観からして温泉っぽくない。

内部の写真は、土曜で利用者が多く撮影できなかったため「仏生山温泉」で検索して、
他のHPやブログでご確認ください。(いいかげん)
人気が高いと見え、豊富な写真や詳しい解説が簡単に見つけられる。

「都会的」という表現は、建物の設計にもあてはまる。
どういうことかというと、限られた面積をできるだけ「有効」に、かつ「広く見せつつ」使う、
という設計がなされている。
と、書くと、施設が狭いように見えるが、そこそこの広さはある。
良くも悪くも「流石、高松市街の外れ」という感じである。

風呂の要は「中庭」である。
中庭を中心に、北側にガラス張りの脱衣所。
東西南に内風呂と露天風呂が配置され、どこからも中庭が眺められることで開放感を出している。
よって、写真で見ても実物以上に広く感じる。

脱衣所自体にガラス越しの日差しがさんさんと注ぐため、
設置された椅子に座ってぼ〜っとしてる人もいる。が、少々狭すぎる。

風呂場入り口に、全浴槽「掛け流し」だと書いてある。
内風呂が一つに、露天風呂が大小四つあり、露天風呂はそれぞれ湯の温度が違うように設定されているようだ。
センスのない温泉では、露天風呂のお湯が熱すぎて長湯できないところも多い。
また、しょぼい音響設備で、演歌や懐メロががんがん流れていたりすることもあるが、
ここでは、ちょうどよい湯温で、湯船に流れ落ちる温泉の水音だけを聞きながら、
中庭上空の青空に浮かぶ雲を眺めつつ、ゆったりと入ることができる。

内湯の隣には岩盤浴?の設備があるが、バスタオルの準備が必要だ。
「部屋に入っても汗が出ない」と書いてあるサイトがあったが、そりゃ当然だ。
しかしスペースが狭く、2人も横になったらいっぱいという感じで、見ず知らずのおっさんと
添い寝するのも気が進まず、利用しなかった。

主役の中庭には、同じ種類同じ高さの木が12本、碁盤目状に植えられているが、
このへんはガーデニングのプロにアドバイスをもらったほうがいいのではないか?
木の種類や高さ、配置で、視覚的な満足度が大きく変化するのである。
建物のデザインを損なわないように、今のようにしているのはわかるが、今ひとつ物足りない。

中庭にもカランが設置されている。
寒いので誰も使っていなかったが、「ここはひとつ、俺が漢を見せてやる」と鳥肌を立てながら体を洗ったら
案外気持ちよかった。
タオルを泡立ててゴシゴシ体を洗っていると、車を洗車しているような錯覚を覚えた。
屋外で体を洗うことなんか滅多に無いもんね。

建物 ☆☆☆☆
お湯 ☆☆☆☆
風情 ☆☆☆☆
食事 未食
従業員 ☆☆☆☆
利用客マナー ☆☆☆
マッサージ器 未使用

総合評価 ★★★★

我が家のネコ事情2

イメージ 1

タイヤの上で寝るグレイ

昨年はじめ、どこからともなく、全身グレイでふさふさした毛並みの子猫がやってきました。
とてもかわいく、なついていたのですが、何者かに食べられてしましました。

誰に聞いても、獣医さんに聞いても、「わからない」「そんな例は見聞したことがない」と言います。
車庫の中に、手か足の先っぽだけがひとつ落ちていたのです。
血の跡はどこにもありませんでした。被害に合ったのは外で、それを他の子が咥えてきたのかもしれません。
もう腹が立って腹が立って、助けられなかった悔しさとやり場のない怒りでいっぱいになりました。
野生の動物か何か?仇をとってやりたかったけれど、どうしようもなく・・・・


同じころやってきた子猫は、とても私になついて、私の姿を見たり帰宅した車の音を聞いては
まるで犬のように走りよって来ました。
そして、肩に上っては、私の頬に顔をすり寄せてあまえるのでした。
「小次郎」と名づけたその子は、近くの幹線道路で車に轢かれて死にました。
目鼻がいつもぐずぐずしていて病気を持った子でしたが、完治したら内ネコにしようかと思っていたくらい可愛く思っていました。
山の中の小さな土地に埋めてお墓を作りました。
車に乗って帰ろうとしてお墓の方をふと見ると、いつものようにダッシュして走り寄って来る
小次郎の姿が見えました。
何もない下の方向へ手を伸ばす私に「何してるの?」と嫁が訊ねましたが、私は何も説明しませんでした。
「わかったよ、家の周りにいなさい」と連れて帰りました。

イメージ 2

小次郎


9月に、家のすぐ近所で「鉄」が子猫を見つけました。
9月にやってきたので「九(キュー)」と名づけました。

イメージ 3



12月に、近所で腹をすかした子猫が泣きわめいていたので連れてきました。
年末にやってきたので「末(マツ)」と名づけました。

「末」が来てから、甘えんぼだった「九」がよそよそしくなりました。
最近まで知りませんでしたが、ネコは環境の変化にとても敏感なんだそうです。
新入りが入るだけで、出て行く子もいるといいます。
「桃」が出て行ったのも、そのせいかもしれません。

「九」が来てから「海」がいなくなりました。
「末」が来てから「鉄」がいなくなりました。

良かれと思って子猫を拾ってきたけれど、もともと居た子達にかわいそうなことを
してしまったのかも知れません。

全1ページ

[1]


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事