Touareg

[ リスト | 詳細 ]

記事検索
検索

全2ページ

[1] [2]

[ 次のページ ]

BYE-BYE TOUAREG

購入して1年半。

夏のビーチ、秋のキャンプ、冬のスキーと活躍?してくれたTOUAREG。

秋のキャンプ場ではバッテリーが上がったり、荷物があまり積めなかったり、

冬のスキー場ではまたまたバッテリーが上がったり、

春のキャンプ場ではタイヤがパンクしたりと何かとお騒がせなTOUAREG。

バッテリーやら、スタッドレスやら、夏用タイヤやら、専用キャリアやら、ナビやら

もろもろも割高な出費を致しました。

燃費も高速道路は兎も角、街中はかなり厳しい数値。

とにかく手が掛かりました。

でも、SUVでありながら高速道路での安定性、雪道での走破性、室内の高級感等々、

高級SUVの名に恥じない作りは乗っていて大変有意義でした。

この所、エアコンの調子が悪くなり夏前に修理に出そうと見積もりを依頼したら、

なんと数十万円との事。これに車検費用等々かかるの?

正直悩んでしまいました。

維持費が掛かり過ぎる!

前回のVOLVO君の時より更に手がかかる。

VOLVO君の時は柊ちゃんも颯くんも居なかったから世話出来たけど、

2人も子供が増えると少々辛い。

これは手放し時か?

ついに1BOX車オーナーに転向か?

う〜ん。悩む。

今年はECOカー減税&購入補助金制度で車を買い替えるには良い年だと思うけど。。
(年収BASEでは今年は大幅DAWNなんだけどね(悲))

そういった事情で車を買い替える事に前向きな我が家なのです。

イメージ 1


イメージ 2


イメージ 3


イメージ 4


今迄1年半楽しい思い出をありがとう。

TOUAREGくん。

開く コメント(0)

GWにパンクしたタイヤをやっと交換する事が出来ました。

GWのキャンプに行く前にタイヤ屋(コストコ)にスタッドレス→夏用タイヤに履き替えの時に

「サーキット走行出来るくらいに減っていますね。」と冗談交じりに言われたので

履き替える心積もりは出来ていました。

パンクが交換の良い機会になりました。

新しいタイヤはミシュランのLATITUDE Tour HP
http://www.michelin.co.jp/tires/pc/latitude/index.html 

履き替え後、木更津に行く時に高速道路に乗りましたが音も静かで、

グリップも良く、満足でした。

イメージ 1


イメージ 2


コストコのGW割引も使えて、割安に履き替える事が出来ましたし。
(と言っても元々高価なタイヤなので財布には痛かった。諭吉が10枚程飛びました(悲))

今週末のキャンプは足回りも洗車して出かけようと思います。

開く コメント(0)

VOLVOからTOUREGに買い換えた最大の理由は走破性。

特に雪の季節の雪道での走行性能を重要視したからです。

足回りの最重要ポイントはタイヤです。

ゆえに雪山に頻繁に行く我が家にとってスタッドレスは必需品なのです。

今回、履き替えたタイヤはMICHELIN
http://www.michelin.co.jp/tires/pc/winter/latitude_x-ice/index.html
 
自分としてはブリザックかなと思っていたのですが、

欧州車との相性が良いミシュランを選びました。
(まあ、ブリジストンに比べて安かったのもありますが。。。)

作業は近所のコストコで行いました。

やはりコストコは作業費がべらぼうに安いので使用期間でトータルすると

カー用品店よりも安くなると思います。

イメージ 1


但し、土曜・日曜・休祭日での作業は時間がかかります。

受付順なので朝早くカー工場に行って並ぶ覚悟が必要です。
(実際、朝0900には列が出来ていました。)

まあ、入間だと隣接したアウトレットで時間を潰せるので

待ち時間はあまり苦になりませんが。。。

イメージ 2


さて肝心の使用感は

タ−マックでは通常の夏タイヤと遜色ない乗り味を実現していると思います。

雪道でのインプレッションは近い内に行います。
(今週末は雪道にならなかった。)
http://corism.221616.com/articles/0000048909/

イメージ 3


しかし、車が大きくなるとタイヤ代もかさんで困りものです。

今年の賞与はパパへの報奨分は無しですかね(苦笑)

開く コメント(1)

朝靄の中で

キャンプ場の朝靄の中のTouareg

イメージ 1


紅葉も始まりました。

雪景色はもう少し先のようです。

開く コメント(0)

久々にトゥアレグのネタを。

先代のVOLVO君に比べてラゲッジスペースが狭いトゥアレグ。

キャンプに行くにも自立式タープ(コールマン)が横置きに積めない。

これには参った。我が家は夏季にはキャンプ道具はラゲッジに入れるので

基本的にはジェットバックは外してしまいます。

しかし、必要な荷物が積めないのでは仕方が無い。

トゥアレグ用にスーリーのベースキャリアを着ける事にしました。

背が高いトゥアレグにベースキャリアを付け、更にジェットバックを付けるのは

結構、力仕事でした。(深夜に作業しました(笑))

装着すると、ジェットバックの位置は相当な高さになり、物の出し入れは大変です。

現在、車載用の脚立を物色中。(キャンプ時にはクーラーボックスで代用)

冬季の雪山行きの時までには仕入れておかないと。

しかし、積載能力はかなりUPして、

チェア4脚、タープ2張、シュラフ4個、エアマット3個を収納可能でした。

イメージ 1


イメージ 2


上はキャンプ場でのトゥアレグ。

きちんと収まっています。走行時にも風切音はしません。色も綺麗に合っています。

が、洗車が結構面倒になりました。。。。大きめの脚立でも辛い(悲)

開く コメント(0)

全2ページ

[1] [2]

[ 次のページ ]


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事