のりちゃん旅をする

すでにマレーシア気分ではなくなったけれど、ブログは続く…(笑)

全体表示

[ リスト ]

芭蕉が訪れた天龍寺を見学した翌日は
いよいよ
今回の旅行のメイン・イベントの
永平寺です
 
 
13時からの写経も申し込んでいたので
それに間に合うように
出かけました
 
 
福島から
永平寺まで直行バスがあります
720円・所要時間30分
 
イメージ 1
バスから降りた場所
 
永平寺への直行バスは
永平寺の入口の前まで連れて行ってくれます
(帰りのバスは、バス停の場所が違う
 
えちぜん鉄道では、永平寺まで行けません
 
 
イメージ 2
永平寺の入口
 
 
イメージ 3
永平寺の参道
 
 
 
この参道をまっすぐ行くと。。。
 
イメージ 4
よく写真で見る、永平寺の勅使門
 
 
この門を入ると
山門があって
山門からの出入りは
永平寺の住職さんしかできないそうです
 
修行僧の方
はじめて永平寺に来て修行を許されたときに
山門から入り。。。
修行が終わって出ていくときに
山門から出ていく。。。
生涯で2度だけ出入りが許される
尊い門のようです
 
 
トーゼン
私たちのような一般人は
通ることはできません(笑)
 
 
外から写真を撮ることができるのは
ここまでです
 
 
 
イメージ 5
永平寺の案内図
 
永平寺にはたくさんの建物(伽藍)があります
実はココノ建物
全部、中でつながっていて
お庭から建物を眺める・・・とか
お庭を歩きながら、建物と建物を見て歩く・・・とかしない
外を歩かないお寺 なのです
 
つまり
永平寺は一度入ってしまうと
帰るまで外に出ないんです
 
 
そのことに
私は
翌日、帰るときになって
ようやく気づいたのでした
 
 
イメージ 6
案内図の左手にある通用門
 
一般人は
この通用門を入って
拝観料を払って見学します
 
 
私は
宿泊です
と言うと
案内の方が出てきて
私の名前入りの下足箱まで案内され
なんだか・・VIP待遇(笑)のようでした
 
 
 
 
 
 
 
 

この記事に

閉じる コメント(0)

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

開く トラックバック(0)


.


みんなの更新記事