ハーレーFXWG購入日記(完)

[ リスト | 詳細 ]

記事検索
検索

全1ページ

[1]

カスタム箇所は?

イメージ 1

さて、カスタム開始前にこのバイクの主なカスタム内容をチェックしましょう。

このハーレーは元々はワイドグライドシリーズのどちらかといえばスポーティーなバイクですが、すでに相当カスタムされているのでストックの面影はあまりありません。

上の画像は同時代のショベルですが、ストックはほぼこんな形をしていたはずです。

前から順番に見ていくと・・・・

まずフロントタイヤ。16インチホイールにエイボンの150/70/16が付いています。おそらくショベルのFL系のフロントタイヤを移植したのでしょう。その証拠に、メーターのドライブユニットがFL用になっています。

 https://blogs.yahoo.co.jp/IMG/ybi/1/88/41/norik1023/folder/595075/img_595075_4803953_11?1260516029

 https://blogs.yahoo.co.jp/IMG/ybi/1/88/41/norik1023/folder/610176/img_610176_5284442_1?1260869186

しかしサビがすごいです。

フロントフォーク。フォークスライドはワイドグライドの純正がそのまま付いていますが、インナーは2インチ短いものです。インナーチューブはストックと同じですが、インナーの先っぽのパーツが短くなっていました。
 https://blogs.yahoo.co.jp/IMG/ybi/1/88/41/norik1023/folder/595075/img_595075_4803953_12?1260516029

フロント周り。ツリーはストーツの3度レイク。ライザーは社外の4インチ。ハンドルはドラックバーです。
ツリーはこれが装着されていました。

 https://blogs.yahoo.co.jp/IMG/ybi/1/88/41/norik1023/folder/610176/img_610176_5284442_0?1260869084

タンクはハイトンネルのワイドマスタングタンク。この形は好きです。
メーターは左サイドのチョークレバー付近にミニメーターが設置されていましたが、見にくいので移設しました。

 https://blogs.yahoo.co.jp/IMG/ybi/1/88/41/norik1023/folder/610176/img_610176_5267358_2?1260854111

プライマリーはプリモの3インチオープン。セルは付いていません。

 https://blogs.yahoo.co.jp/IMG/ybi/1/88/41/norik1023/folder/595075/img_595075_4803953_6?1260516029

シートはシングルのサドルシート。ホールドが出来ない上に滑ります。
リアフェンダーはフラットですが、仕上げとフィット感は抜群で気に入っています。
リアショックはほとんどリジットなハードなサスです。

 https://blogs.yahoo.co.jp/IMG/ybi/1/88/41/norik1023/folder/595075/img_595075_4803953_7?1260516029

排気系は2インチのドラッグパイプ。なんと出口のバッフル以外は何も付いていないストレートですが、それほどけたたましくはありません。車検通りました。
キャブはミクニのHSR42。アクセルのつきが恐ろしく良いためハードな乗り味に一役買っています。

 https://blogs.yahoo.co.jp/IMG/ybi/1/88/41/norik1023/folder/595075/img_595075_4803953_8?1260516029

テールランプとナンバープレート。ランプ類はすべてLED化されています。このリア周りの雰囲気はすごく気に入っています。この辺はいじらずに置きます。

https://blogs.yahoo.co.jp/IMG/ybi/1/88/41/norik1023/folder/610176/img_610176_5267448_1?1260854051

https://blogs.yahoo.co.jp/IMG/ybi/1/88/41/norik1023/folder/610176/img_610176_5267448_0?1260854051

このほか、点火系をポイントに。コイルをアクセルの製品に替え配線も引き直してあります。イグニッションスイッチはミッションの右側に付いていました。

ヒューズとリレーが納められている箱です。

https://blogs.yahoo.co.jp/IMG/ybi/1/88/41/norik1023/folder/610176/img_610176_5267416_1?1260854070

カスタムの出来はかなり丁寧に作られています。間違いなくプロの手によるものです。
ベース車両は23年前のものですが、カスタムしたのは比較的最近ではないかと思います。
下手にいじるとビルダーの意図をぶちこわしにしてしまうので、このフォルムを崩さずにうまくカスタムできればよいのですが・・・・




お読みになったら下の「にほんブログ村 バイクブログ」のリンクをポチっとお願いします。
↓楽しいバイクのブログがたくさんあります↓
にほんブログ村 バイクブログ
https://bike.blogmura.com/img/bike88_31.gif





ハーレー FXWG4速エボ 貧乏カスタム日記
http://www.tokyovalley.com/yahoo_blog/article/article.php

この記事に

開く コメント(0)

さてどうしたものか

イメージ 1

一夜明けてこいつとじっくりご対面。

ここでこのバイクの説明を少しだけ・・・・

いわゆる4速フレームはショベル時代のフレームでこの形のフレーム&ショベルエンジンの組み合わせは確か84'までだったと思います。その後、エボに移行する85〜86年まで制作されたのがこの車両です。
ですから、4速フレームにエボエンジンを乗っけるために前半分がエボ用後ろ半分がショベルのままというハーレーの中でも特に変なフレームです。

また、エンジン自体は確かにオールアロイのエボエンジンですが、クランクケースがショベルのままなので、フライホイールはショベル時代の重いものがついています。ミッションもショベルのままなのでシフトパターンもそのまま4速なのです。

私がこいつをほしがった理由は
.轡腑戰襪狼貅峭イがたくさん乗ってる
▲轡腑戰襪魯瓮鵐討大変
エボは丈夫だがダイナのフィーリングはいまいちだった
ぅ愁侫謄ぅ襯侫譟璽爐蝋イになれない

こんな理由でした。ひねくれ者といわれようと、こいつを最後のバイクにしようと思って(今のところ)考え抜いた結論でした。

しかし、すんげーワイルド、すんげーじゃじゃ馬。でもあっちこっちサビだらけ。よく言えばロックなラット、悪く言えばただのぼろハーレー。さてはてどう料理しようか。この形はこれで完成されているので、下手にいじるとへんてこなバイクになりそう。だけどこのままじゃどこへも行けない。

そこで、カスタム計画を4段階で考えました・・・カスタム日記へ続く



ハーレー FXWG4速エボ 貧乏カスタム日記

この記事に

開く コメント(0)

早く帰ろう〜

イメージ 1

アイドリングすごいです。いわゆるハーレーの3拍子(本当は変則2拍子)きっちり出てます。点火システムはポイントにしてあるようで、HSRのキャブとの相性も良くワイルドな感じがよくでています。

さて、セルがないのでエンストすると面倒なこいつのクラッチを握り(意外と軽い)1速にシフト・・シャラシャラシャラ・・・乾式クラッチの音いいですね、これも初体験です。

軽くアクセルをあおってクラッチミート・・・ドッカーン・・・どどどどど・・・まいりました、オープンプライマリー〜乾式クラッチ〜ベルトドライブ〜ほとんどリジットのリアサスのおかげで駆動系にまったく緩衝する余地がないです。ようするにエンジンの回転がそのままリアタイヤに伝わる感じ・・・ちょ〜ダイレクトです。
おまけにサドルシートがつるぺたなのでハンドルにしがみついていないと確実にバイクは走るけど体はその場においてけぼりになります。

「これはとんでもないじゃじゃ馬かも・・・」家までたどり着くかしら?

こうなったらどんなに混雑しても16号&17号の黄金直線一般道で帰るしかありません。ただしエンストは御法度!国道でエンストしようものなら後ろの車に「すんませぇん」しながら路肩に寄せてキックの儀式をおっぱじめなければなりません。

結局、高回転ぎみで発進をしながら、なおかつ出来るだけ緩やかに走ることにしましたが、乾式クラッチに半クラ多用は禁物ですね。左足元から例のいやーな焦げ臭いにおいが・・くらっち焼けてるぅ・・

コンビニでバイクと自分を休ませながら、2時間かかってやっと自宅に到着!うおー今日はなんもせん!!寝る・・・続く

ハーレー FXWG 4速エボ 貧乏カスタム日記

この記事に

開く コメント(2)

イメージ 1

まず最初の壁・・セルモーターがない!!そうキックオンリーでした。

昭和30年代に生まれたこの体ではたしてハーレーのキック始動ができるのか?

・・・おそるおそるスイッチオン・・・??メインスイッチどこだ?
なんとトランスミッションの右側についていました

まずシートの上にひざ乗りして、キックペダルで上死点をさがして・・渾身の脚力でキック!!!・・・う動かない・・・重!

気を取り直してもう一度、ケッチンこわいので一気に踏みおろす・・ドリュ〜ン・ドドドド・・かかったー!!

てなかんじで第一関門突破しました。

さて、この恐ろしいバイクで千葉から埼玉まではたて無事帰れるでしょうか?・・・続く

ハーレー FXWG 4速エボ 貧乏カスタム日記

この記事に

開く コメント(4)

やっと自分のバイクに

イメージ 1

いやー時間がかかりました

バイクに乗って30年、エボフェチの私としては、体が動くうちにど〜しても4速エボに乗りたくて、ヤフオクを検索する毎日が続きましたが、やっと見つけました!!

86年のハーレーFXWG・・千葉の輸入カーショップが出品していたのですが、これがまた結構なカスタムであり「ひとめぼれ」ってやつですかね。

フロント16インチ・フォークローダウン・ストーツの3度レイクツリー・ワイドマスタングタンク・プリモ3inオープンプライマリー・サドルシート・ショートリアショック・HSR42キャブ・フラットフェンダー・LEDテールランプ・2inドラッグパイプ・・・・

このほか書ききれないほどカスタムされています

なんとか資金を工面して、引き取りに行ったのですが・・・・続く

ハーレー FXWG 4速エボ 貧乏カスタム日記

この記事に

開く コメント(2)

全1ページ

[1]


.


みんなの更新記事