ここから本文です
ブログ始めました!

書庫全体表示

LIZとさよならランチ

イメージ 1

帰国まで1週間。
おかげさまで皆さんに送別会をしていただき、それ以外はキッチンも使わないことにして、粗食に甘んじつつ荷物の片づけをしている今日この頃です。

今日は2回のロンドン生活を通してお世話になってきたLIZと最後にもう一度会いました。セルフリッジのネスプレッソで待ち合わせ、それから彼女が万年筆の調子が悪いのでみてもらいたいからと、バーリントンアーケードの万年筆屋さんへ。亡くなったご主人にお誕生日に買ってもらって長年使っているという万年筆をお店できれいにしてもらい、ペンは無事復活しました。ご主人は専門家が一つの商品にこだわって取り扱い、その商品のことに精通しているような店が大好きだったのだそうです。
「昔はセカンダリースクールに入るときに万年筆を買ってもらう、というのがbig presentだったものよ」と聞いて、そういえば中学に入るときに万年筆と腕時計を買ってもらって、大人になったような気分がしたな、と思い出しました。今は、そういう特別なお祝いってあるのかしら。物があふれすぎていると、「特別なお祝い」なんてなくなってつまらない。

それから中華街に行ってお昼を食べようということになり、行きつけのJOY KING LAUへ。そこでいろいろな話をしました。PINK SCARF GROUPの遠足が楽しかったこと、みんな素敵な女性たちだったこと。私はお客様で、行くたびにみんなにこやかに楽しい話をしてくれていたけど、その会がどんなふうに出来上がって行ったか、メンバーとどうやって知り合っていったかなどを聞いていくうちに、それぞれの人にいろいろな人生のドラマがあったことを知りました。

ちょうど、ご主人の妹さんが心臓の発作で倒れ入院していることもあって、それから話はLIZのご主人が亡くなったときの話になりました。以前の滞在時、帰国するときには家の前で手を振ってくれたLIZとPETERでしたが、それから7年後、PETERはがんで亡くなりました。
イギリスにはマリー・キュリー・カンサーケアという団体があり、家で看取るために毎晩無料で寝ずの番をしてくれる看護師さんを派遣してくれるそうです。彼女たちは特別に訓練されたナースで、毎晩10時ごろに患者の家に来て、家族が休んだ後も夜通し付き添い、何かあったら起こしてくれるのだそうです。LIZは彼女たちはそのときが近づくとわかるんだと思う、と言っていました。明け方、そっと起こされて部屋に行ってみると、ご主人はまさに息を引き取るところでした。

「ノリコ、誰かが亡くなる瞬間を見たことある?それは美しいのよ。何かに包まれて安心しているみたいになって、苦しみは消えて、微笑さえ浮かんでいたの。それまではカトリック信者として『神様を信じる』と言っていたけど、ピーターが見せてくれた最期の顔を見て、私は本当に神様を信じる、ってこういうことだとわかったの。本当に信じられるの。大丈夫なのよ。昔は多くの人が家で息を引き取ったから、人々はこういうことをちゃんと知っていたんだと思う。スコットランドでは誰かが亡くなると、その家はカーテンを全部閉めるのでわかったの。棺が通ると、女性は十字を切り、男性は帽子を取って挨拶したのよ。」

イースターの頃、黄色いラッパ水仙のバッヂをつけた人をよく見かけましたが、それはこのマリー・キュリー・カンサーケアのバッヂでした。今から60年ほど前に、ハムステッドにあったマリー・キュリー病院がNHSの病院に変わる際に、その名を残そうという意味もあって一部の人々ががん患者のためのターミナルケアのボランティア組織を立ち上げました。その最初の基金は、エンゲージリングの寄付が元になっていて、その売り上げから成っていたそうです。

イギリスは日本人から見るといい加減な人や仕事が多いように見えますが、こういうところは本当に素晴らしい。本当に必要なことのためには惜しげなく寄付をします。また、それをきちんと運営していける社会なのです。寄付金を募るための楽しいイベントを考えるのも上手。今後ますます老人社会になっていく日本で、最期を家で迎えたいと考える人たちのために、夜中安心して病人を任せられる看護師さんがいてくれたら、それも無料で、なんて、そんなことが可能なこの国はすごい。

別れ際に、しっかりとハグしてくれて、「これからもしかしたらいろんなことがあるかもしれないけど、sense of humourを忘れないで。連絡を取り合いましょう。ノリコのために祈るからね。」と言ってくれたLIZ。こんな遠い国で出遭った、こんなにも近しい魂。彼女と出会い、彼女と話したことで、私はきっとこれから日本に帰ってもがんばれる、と思った。ありがとう、LIZ。

この記事に

  • 顔アイコン

    えっと、初めてブログに書き込みさせて貰いますヾ(´▽`*;)
    迷ったんですけど、どうしてもありがとうを伝えたくて書き込みしました(∩_∩)

    スポーツとかでもそうですが、ブログも小説みたいに書き手のセンスが問われるんだなって。
    同じようにブログを書いてる者としては刺激的でもあり、実力の差を知ってちょっとがっかりしたり笑(*^-^)

    でも純粋に一読者として楽しくブログを拝見させた貰いましたし、あっというまにファンの一人になってましたヽ(*’∀’*)/

    自分のブログでもないのにちょっと書くか迷ったことがあるんです。
    というのもちょっと抱え込んでる悩みがあって。
    私の悩みにどんなことを、noriko_mayfairさんなら言ってくれるんだろうって率直に知りたい気持ちです。

    koikaren@i.softbank.jp

    時間がある時でもちろん構わないので、もしよかったら連絡を貰えませんか。

    [ can*yy4*rwy* ]

    2015/2/14(土) 午前 7:50

    返信する
  • 顔アイコン

    コメントしちゃっていいですか♪
    色んな人のブログの中で一番気になりました♪
    何を元にブログを書かれてますか?(*^_^*)素敵だなと思って♪
    ブログを見せて頂いて意欲が沸いたので、私も更新しますね♪ 削除

    [ ゆうこ ]

    2015/5/4(月) 午前 2:42

    返信する
  • 顔アイコン

    ブログクルーズ中に立ち寄りました♪
    私なんかより丁寧な文章で驚きました♪
    やっぱりヤフーブログはステキなブログが多いので見ているだけで楽しいです♪
    実は在宅ワーカーなので時間だけはあるので色々更新してみるので是非、遊びに来て下さい♪ 削除

    [ ゆうこ ]

    2015/11/13(金) 午後 4:03

    返信する

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
  • 名前
  • パスワード
  • ブログ

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事