ティーチングプロ奮闘記

皆さんのゴルフライフをサポート!しっかり練習して実践で活かして下さいね。 応援の方も宜しくお願いしま〜す!!

全体表示

[ リスト | 詳細 ]

記事検索
検索

全204ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]

イメージ 1
イメージ 2

トップオブスイングで右脇が開くいわゆるフライングエルボー状態になると右手が複雑な動きをし、ミート率の

低下に繋がってしまいます。

今回はこのような右脇の開きを抑える練習法を紹介します。

右手首を甲側に曲げながらバックスイングしていきます。

このように右手首を甲側に曲げてバックスイングすることで右脇が閉まり、トップオブスイングの手のおさまりも

安定します。

繰り返し練習し、右脇の開きを抑える感覚をつかんでくださいね!



この記事に

開く コメント(0)


イメージ 1
イメージ 2


ボールをとらえようとするあまりにボールに向かっていってしまい、ダフりやトップが出てしまうケース

あります。

ボールに向かって打ちにいってしまうとクラブヘッドの抜けが悪くなってしまいます。

このように今回はボールに向かって打ち込んでいき、ダフリやトップになる動きを抑える練習法

紹介します。

やり方は左足上がりの状況で傾斜に逆らわずに傾斜なりにスイングしていきます。(2枚目写真)

この時、スムーズにクラブヘッドが抜けてボールをしっかりとミートできた時の感覚が、ボールに

向かっていくのを抑える打ち方に繋がります。

前回の練習法同様に実際のラウンド中やコースの傾斜地でも行うことができますので、ボールに

向かっていきトップやダフリが出られている方は是非試してみてくださいね!







この記事に

開く コメント(0)

☆アベック優勝♪

イメージ 1
イメージ 2

TSURUYA CUPジュニアチャレンジ大会にて教え子のRちゃん、Hちゃん姉妹が中学生の

部、小学生の部で共に揃ってアベック優勝しました!

試合当日は姉のRちゃんは調子がいまひとつ戻りきらなかったようですが、悪いなりに

まとめるゴルフが出来てきたようで成長を感じました。

妹のHちゃんはアドバイスした練習の成果が出たようで、先日行われた西日本女子アマチュ

アゴルファーズ選手権地区決勝大会も通過し、全日本競技大会の切符を手にしました。(今回

は都合により辞退です)大人や年上の方の出場が多い中、2日間の競技を頑張り抜いたと

思います☆

姉のRちゃんも今月末に全国大会予選を控えているので、しっかり調整してベストの状態で

迎えられるように取り組んでいきたいですね。

二人とも大会前は少し調子を落とし気味でしたが、課題や伝えていた基本である練習を

しっかり行ったようで先日のレッスンで確認したところ、調子が上がってきているようで

したので一安心しました。

今後も二人の更なる飛躍を期待しています。

この記事に

開く コメント(2)

イメージ 1
イメージ 2

ボールを上げようとするあまりにすくい打ちとなってしまいダフってしまうケースがあります。

ボールを上げる為の打ち方はいろいろとありますが、基本的にはクラブの番手を変えてクラブの

ロフトなりに打つことで対応することが簡単でミスも抑えていけます。

今回はこのようなすくい打ちなどによるダフリを抑える練習法を紹介します。

やり方は左足下がりの状況で傾斜に逆らわずに傾斜なりにスイングしていきます。(2枚目写真)

この時に上手くクラブヘッドが抜けてボールをしっかりとミートできた時の動きが、すくい打ち

ダフリの防止に繋がります。

実際のラウンド中やコースの傾斜地で素振りを行うだけでもイメージが膨らみますので、

すくい打ちやダフリで悩まれている方は是非試してみてくださいね!


この記事に

開く コメント(0)

遠心力を活かす

イメージ 1
イメージ 2

ゴルフスイングは回転運動であり、クラブヘッドは円を描くように振られるので遠心力が

働きます。

しかし、遠心力を使って飛ばすと言われても、どうやれば上手く活用できるのかがイメージし難い

ところがあります。

ゴルフスイングで手は何もしないとかスウェーしないという意味は、ダウンスイングの途中で余計な

動きを行えば、遠心力がほどけるからです。特にボディーターンスイングの場合は、背骨を軸に身体

を回転させるだけで、他の動作は一切行わないことが非常に重要になります。フェースが開くのを

避けようと下手に手を返すよりも腕とクラブを一体にして、ハンマー投げのように回転軸を動かさずに

その場でクルンと回る事だけに注意してスイングすれば正しく遠心力が働いてインパクトゾーンでは

クラブヘッドが勝手にターンします。

ですから、ボディーターンスイングを身に付けるためにはとにかく腕を振らないことと、身体の回転軸

を動かさない事が重要になります。

これが遠心力を活かしたスイングとなります。(腕とクラブが一体となり、手で動かそうとせずに身体の

回転に勝手にクラブが戻ってくる感覚)

今回はこの遠心力を活かす感覚をイメージする練習法をカゴの中にボールを使用し紹介します。

小手先だけでカゴを回すとスピードも出ずにカゴの中のボールが落ちますが、円を描くように身体を

中心に回すようにするとスピードが増し、カゴの中のボールも落とさずに回すことができます。

この時の感覚が遠心力を活かした回転となります。

遠心力を活かしてスイングするイメージをもち、身体を使うスイングを繰り返し練習してくださいね!





この記事に

開く コメント(0)

全204ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]


.


みんなの更新記事